インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギックリ腰では痴漢も出来ぬ
昨日、大笑いしたニュース。

28歳の女性に抱きつき、胸を触り逃走した36歳の男性。
抵抗されたため、逃走したが、60メートルほど先で、ギックリ腰が発生し、動けなくなり、お縄。

「ギックリ腰では痴漢も出来ぬ」体くらい普段から鍛えておけよ!というか、欲情をコントロール出来ないアホな男性が引き起こした痴漢事件。

日本では公職にたずさわる人間もよく痴漢やお触りの事件を起こしているが、「瞬時の欲情を抑えられないのか?」「痴漢行為を行う、そのスリルが楽しいのか?」「ともかく無料なら何でもいいのか?」風俗店がいくらでも軒を連ねている日本で、何でそんなことになるのかが全く理解が出来ん。
魔がさすということは誰にでも起きかねないが、行動する前に一瞬でも、人生を終了させる結果を想像すると止まると思うのだが。

インドネシアではあまり耳にしないが、以前女性達に話を聞いた限りでは、結構痴漢に近い事件は起きているようだ。

それは

混んでいるバスや電車内で、近づき触ってくる=日本同様のスタンダードか!?

観光客の胸を触り、逃走(バリで日本人女性も被害にあった記憶がある)。

バスや電車で座っていると、立っている男性がじっと胸元を覗き込んでいる。

バスや電車で座っていると、横に座った男性が眠ったふりをして、わざともたれかかってくる。

横に座った男性が、寝ぼけたふりをして、太ももあたりに手を這わせる。

ペディーの最中、横のおっさんが曇りのない瞳で凝視している先を追うと、ペディー作業で屈みこみ、胸の谷間が見えている一点に目線が集中していた(私が体験したケース)。

と、ざっとこんな感じで、痴漢はどこも似たような手口とシチュエ―ションで発生している。
痴漢というより女性の隙を狙った目の保養のチャンスを逃していないとも言えないこともないが・・・。

インドネシアはイスラムの国なので、露骨な痴漢は周りが排除する気風もあるのだが、貧しすぎて女が出来ないギラギラしたような若者やオヤジが少くない環境でもある。
それ故にいかにもガラが悪そうなおんぼろバスに乗るのを嫌がる女性は少なくない。

違法DVDや携帯でもポルノはいくらでも見れるし、立ちんぼのおねーちゃんなら500円位で、そん辺の茂みや屋台裏での行為も行われているなんて話も耳にする。

それでも男がいる限り、痴漢はなくならないのだろう。
基本的に男性なら、瞬時に性衝動が沸き起こるなんてことはいくらでもあると思うが、そこで行動に移してしまうかどうかが、人間と動物の境なのだと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
女性の胸触って逃走、ギックリ腰が…36歳無職男を逮捕 鶴見署

神奈川県警鶴見署は暴行の現行犯で、横浜市鶴見区仲通の無職、室田悟容疑者(36)を逮捕した。

 同署の調べでは、室田容疑者は21日午後11時20分ごろ、横浜市鶴見区の路上で、近くに住む飲食店従業員の女性(28)に後ろから抱きつき、胸などを触った。

 同署によると、室田容疑者は女性に抱きついたが、抵抗されたため逃走。約60メートル走ったところで突然、路上にうずくまり、追いかけてきた女性に取り押さえられた。

 室田容疑者は過去に腰を痛めたことがあり、急な動きでぎっくり腰の症状が出て動けなくなったという。被害に遭った女性は「ひどいことをするから、(腰痛になって)当然だ」と怒っていたという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年2月23日 毎日新聞

まさに「バチが当たった」と言えるこの事件。

それでも、この中年男性にもまだまだ続く人生がある。
反省し、強く生きてほしいと思う反面、今回の事件がトラウマとなり、女性の胸を触る度、ギックリ腰になったりしてと思うとやはり笑いが止まらない。

体を支える中心ともいえる腰は常に鍛えておくべきです(笑)!





 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1366-02eb9a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。