インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso
トバ湖の見える公園からはシピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Pisoも楽しめる。

いつの頃に出来た滝から知る由もないが、中々豪快に落下する滝である。
約120メートルの高さから水が落下する光景は中々圧巻である。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 1

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Pisoの左右の崖は、トバが大爆発を起こした時に削り取られた後ではないかと想像すると興奮した。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 2

写真上からも伺えるように、滝の近くまで舗装されたような道がある。
時間もあった。
シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Pisoの滝の水が落下する地点まで近づいてみたい。
滝の水量と勢いをまじかで感じてみたい。
そう思うと、既に歩は下る道へと進んでいた。

道はところどころ痛んでいるとはいえ、結構しっかりしていた。
崩れて土が剥き出しになっており、注意が必要と思われる場所は2箇所ほどしかなかった。
そんな場所さえ注意をすれば全く危険はない。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 3

落ちてくる少量の水が道を作っている場所がある。
そんな場所で足を滑らせ落下すると大怪我は避けられないだろうが、足元に注意を心がけていれば危険はほとんどなく、実際に道中で女性ともすれ違ったので神経質になるほどの危険は全くない。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 4

道中、トバ湖が少し別の角度からも楽しめる。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 5

シピソピソの滝が近づいてくると、豊富な水を落下させている音が大きくなってくる。

下りとはいえ暑かったので、滝に打たれたい気持ちになるが、近づけば近づくほど、豊富な水の落下する勢いを実感し「そいつは不可能だよなあ」と独り言が出た。

観光客とおぼしき少人数グループと3回ほどすれ違った。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 9

下まで降りてくると、売店らしき小さな小屋があるのだが、開いてはいなかった。
その先より道はない。

シピソピソの滝の水の落下音と清々しさをしばし楽しみ、行けるところまで歩を進める。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 8

足元は水滴が作った水があちこちで道を作っている。
それらを上手く避けながら、滝壺近辺に歩を進める。

吹く風の角度によっては、突然細かい水飛沫が襲ってくる。
とっても気持ちは良いのだが、びしょ濡れになる覚悟が必要だ。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 6

写真も水飛沫のせいで、曇って見える。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 7

これが体全体を濡らさずに撮影できるギリギリの地点で撮った写真。

水が落下するドオーという爆音が、自然の偉大さとととに脅威を超えて畏敬の念さえも感じさせる。
細かい水飛沫を全身で受けるも、マイナスイオン効果のせいか、不快感は全くない。

道のあるところまで引き返し、シピソピソの滝をもう一度瞳に焼き付けた。

Tシャツを着替え、今度は登りです。
気持ちよさを十分味わったので、軽快に階段を登るも、暑くて汗が止まりません。
車を駐車しているところまで戻ると、おみあげ屋でTシャツも販売しているので、そこで一枚購入し更に着替えました。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Piso 10

往復で40分くらいだっただろうか。

シピソピソの滝 Air Terjun Sipiso-Pisoは遠くから眺めても素晴らしい景色ですが、もしそこまで行けた人は、滝の落下地点近くまで降りて、自然の雄大さを感じるのもお勧めです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1240-b0289b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。