インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本振興銀行の破綻と日本初のペイオフで思ったこと
色々と裏があることは素人でも理解できる日本振興銀行が破綻し、日本初のペイオフが発動され騒ぎになっている。
この日本振興銀行の破綻劇とペイオフ発動。
見事、定石通りというか週末の金曜日に行われた。

金融庁は「他の金融機関へ影響が連鎖する可能性はほとんどない」と判断。 それは日本振興銀行が、普通預金や決済性預金を取り扱っておらず、金融機関同士の決済に使われるシステムにも入っていないことが起因している。 預金残高が小規模なうえ、1000万円を超える預金者が少ないことも、金融システムに影響が薄いとの判断を後押ししたと報道されている。 (毎日新聞 2010年9月10日 参考)

最近のニュースをざっと綴ってみると、

鈴木宗男の収監
鳩山由紀夫前首相のモスクワのロシア外務省外交アカデミーでの講演
外務省の北方4島への渡航自粛要請
尖閣諸島の違法操業で拘束された中国人船長
9月9日から6日間、カリフォルニアのシュワルツェネッガーと貿易使節団の日本、中国、韓国訪問
小沢ガールズ青木愛議員と小沢政策秘書の不倫疑惑
日本振興銀行の破綻とペイオフ=木村剛、竹中平蔵=小泉政権が行ったこと

全ての事件が関わりあるわけではない。
しかし日本の首相が決まる民主党の代表戦を前に、事件や事象の裏では、日本の政治家同士と官僚が物凄い死闘を繰り返しているに違いないのだろう。

民主党の代表戦前の世論調査は、マスコミ(テレビと新聞)が垂れ流す捏造ニュースが多いように感じられ、米国追従者とその手先は、どうしても小沢を日本の首相にはしたくないようだ。 こう考えると、管と仙谷は米国の手におちたフロント=売国奴に堕ちたということか。

管が「増税」を叫び、民主党は参院選で敗退。
そして何故「増税」を叫び続けたのか、示唆するような記事は簡単に見つかる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IMF「日本、消費増税を」 14~22%案提示

 国際通貨基金(IMF)は14日、日本に対する年次審査報告を発表し、先進国で最悪の水準となっている日本の財政状況について、「2011年度から段階的に消費税率を引き上げ、財政再建を始めるべき」と提言した。

 特に税率について、「(消費税率を)15%に引き上げれば、国内総生産(GDP)比で4~5%(20兆円程度)の歳入増が生じる」などと言及している。IMFが税率や引き上げ時期などを詳細に示して増税を日本に求めるのは初めてだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読売新聞 2010年7月15日

IMF(国際通貨基金)=米国=日本の財務官僚の天下り先。
このニュースは様々な新聞で紹介されたのだが、わざと米国の意向を大切にする読売新聞から拾いました(笑)。

ペイオフが発動され、国民がどう動くか?
預金を失った方のインタビューも報道されているようですが、ペイオフ後の国民の行動を一番興味深く観察しているのは米国と霞ヶ関の連中なのだろうと勘繰ってしまいます。

第一次実験終了。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:海外にて日本を考える - ジャンル:海外情報

コメント
マクロ経済に疎い素人でもけじめをつけさせるためには銃殺刑か?
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/PzbA
こんにちは。日本振興銀行が経営破綻しました。しかし、私は、この銀行最初から無理だと思っていました。なぜなら、日本振興銀行の設立の理念である「大手銀行が中小企業の資金需要に応えていない」は、全くの間違いだったからです。これに関しては、マクロ経済学を少しでもかじったものならわかったことです。結局は、この銀行の設立にかかわった元官僚も、元銀行マンもマクロ経済に関しては、ど素人だったという事だと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
[2010/09/11 10:23] URL | yutakarlson #.BcbyNME [ 編集 ]

Re: マクロ経済に疎い素人でもけじめをつけさせるためには銃殺刑か?
はじめまして。

アクセス数アップを考えた大胆なブログ宣伝ですが、貴ブログを少々拝読させていただき、真面目さに感心したので削除せず、返信させて頂きます。 「銃殺刑」とは中々過激な台詞で私的には心が弾みますし。

マクロ経済、特にポール・クルーグマン氏の唱える説は鵜呑みには出来ません。
また日本振興銀行など設立理念云々などは関係なく、最初から信じるに値しない銀行だったと単純に思います。
金利を見ても、まともじゃない銀行は、政治的な後ろ盾が弱くなれば潰れて当たり前。 
もちろん私が見ている視点はコメント頂いた方とは、最初から異なるので致し方ありませんが。

バブル後の日本と措置方法を散々嘲笑った米国と経済学者。
今米国が追い詰められ、過去の日本同様の手を使用して「日本に謝らなければならない」と謝罪したポール・クルーグマン氏の真摯な姿勢は理解できても、あまり学ぶ必要性を残念ながら感じることが出来ません。

マクロ経済に関しての勉強や研究はもちろん大事なことです。
ただし経済学者が予想を外すことが多いのは、理論上では成立しても、現実はどうにもならない事象(デリバティブという博打が生む損失)が多く過ぎるという点に気が付いていてもどうにもならない部分です。
市場で博打のない世界なら、クルーグマン氏が提唱する方法で国も立て直せるかもしれませんが、米国で金を稼ぐ学者として、本当のことを言えない、書けないジレンマもさぞかし多いことでしょう。

あなたのブログは全て読めてはいません。
私の記述上、勘違いや間違ったことを書いていて、指摘いただけた場合はコメントの訂正も考えます。
ただし過去に絡んできたネットウヨ系や大きく思想が異なる人は、議論の時間が無駄なので、削除もありえます。

[2010/09/13 00:55] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1193-a87dca18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。