インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロアリ
インドネシアはその衛生観念の弱さから、例えインドネシア在住の日本人があまり目にしたことがなくても、ゴキブリとネズミの天国である。
そしてもう一つ、生命を謳歌する生物が存在する。 シロアリである。

日本人や外国人が住むようなアパートに住んでいた頃は、シロアリの存在などほとんど気付きもしなかったのだが、ごくごく普通の住宅に住むようになると、例え古くなく、見栄えの悪くない住宅でも、シロアリの存在は非常に気になる。

シロアリが繁殖する土壌は、家の建て方にも要因がある。
腐っても木材輸出国であったため、あらゆる場所は木材が使用されており、下手をするとペンキを塗っただけで、風雨にさらされる場所も木材である。
高級住宅でなく、普通の家庭の天井は、合板使用の場合が多い。
そしてローカル建築だと目に見えない部分の工事も粗く、「何で建物のキワや土台がこんなレベルで土壌に接してしまっているの?」なんて思う建て方がされている。
インドネシアに何種類のシロアリが存在しているかは知らないが、飛んでくるものしかり、土壌からも入り込め、注意をしておかないと家の中がシロアリ天国と化す。

シロアリは注意をしていても、その痕跡が見つからないと駆除のしようがない。
また自身の所有する家なら十分なケアーもするだろうが、私のジャカルタSohoは賃貸なので、ケアーにお金をかけるのにも限度がある。
それでもローカルの人が借りるより、私は随分とケアーしているし、オーナーさんもそのことを良く理解しているせいか、最近は最早契約延長の時にしか顔をみせない。

オーナーは若くて綺麗で聡明そうな奥様。 最初に会った時は、可愛い感じの奥様だなあと思ったのだが、最近会った時は、昔付き合っていた女にそっくりになって来ていて、お手伝いさんと「どういうこっちゃ?」と顔を見合わせるシーンがあった。
祟りじゃー、って、傷つけたり、そんな悪いことはしていない。

話が飛んだ。

今回シロアリのことを綴ったのは、注意していたにも関わらず、巣を作られてしまったからである。

シロアリ 1

いつも家の修繕をしてくれるママンを呼んで、駆除をしてもらった。

シロアリ 2

日本人だと中々見ることの出来ないすごく大きなシロアリの巣。

まずは殺虫剤で手当たり次第、駆除する。

シロアリ 3

凄い量のシロアリ。

気持ちの悪さもあるのだが、数の多さに、油で炒めたら酒のつまみになりそうな気がしてくるので、不思議なものである(笑)。

シロアリ 4

ママンの腕には兵隊アリが食らいついている。
噛まれた後は、痒いそうだ。

ママンには、日本の夏の必需品、<ウナコーワ>を進呈した。

シロアリのことは知っていそうで、良く知らないため、今回少々様々なWebを閲覧してみた。

http://shiroari.sanix.jp/
シロアリって、どんな虫?

このWebが興味深く面白く読めた。

中でも特筆すべき発見は、アリの仲間だと思われているシロアリは、ゴキブリの祖先と一緒だと考えられている点であった。
また熱帯・亜熱帯に多いことは知っていたが、世界で2891種が確認され、日本には22種が定着。

シロアリ 5

まるで大きな蜂の巣である。
蜜がたれてこないのが非常に残念(笑)。
こぼれ落ちるのは木屑とシロアリの糞とおぼしきものばかり。

最近の日本の夏は熱帯と言っても良いので、シロアリの繁殖と被害は拡がっていることは、ニュースで報道されていたのを観た事がある。
シロアリ被害は日本も人事ではないのである。

以前、ジャカルタの中心にオフィスで使用していた一軒屋では、コンクリートを見事に壊し、額縁内に進入し、中の生地までボロボロにし始めていたことがあった。
まさにシロアリ恐るべし!と実感した瞬間だった。

しかしインドネシアにはシロアリ駆除や予防業者はあるのだが、使用したという人の話はほとんど聞かないし、誰も気にしていない様子。

「だって、普通にいるんだからしょうがないじゃん」 そんな感じである。

シロアリ天国。
そんな部分もインドネシアの一面である。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1151-c9d78507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。