インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア経済 好景気の要因と今後の予測
インドネシアはリーマンショックからの立ち直りも早く、日欧米と比較すると、羨ましいほどの好景気を享受しているように見て取れる。

流行っているモールは人も多く、食事の時間帯はレストランも盛況で、首都ジャカルタで暮らしている人には、不景気さを微塵も感じさせない、むしろインドネシアは好景気と言っても過言ではない状況が続いている。

人口は世界第4位の2億4000万人。
経済規模は5140億ドルで、東南アジアでは最大。
2010年のGDP(国内総生産)の伸び率予想は6%。

仮にGDPの伸び率を達成すると、G20領域では、中国、インドに継ぐ第3位となり、ロシアとブラジルを凌駕することになる。 そんなことも理由に「BRICs」にいつもう一つのI(Indonesia)を足すかと世界中から注目もされている。

日欧米の景気や先行きの暗い経済動向の中で、何故インドネシアが好景気を保っていられるかは、多くの専門家達がその理由を指摘している。 それら理由にざっと補完説明を付け加えると、好景気の理由は分かり易い。

資源が豊富及び資源価格の高騰
世界最大の石炭輸出国、世界最大の金鉱山、銅、ニッケル、スズ、天然ガス。 更に、天然ゴム、パームオイル、カカオ、キャッサバ、コーヒー、米に加え、領土の3倍はあると言われる海からの海産物。

人口に支えられた旺盛な国内消費=内需は持続可能
人口減少と少子化問題から日本の未来のマーケット縮小が想像可能なように、インドネシアはアセアン諸国でもまだ人口増大しており、日本とは全く逆を想定すると分かり易い。

対中貿易の拡大と中国からの投資
中国とは反目している時代もあったのだが、世界中の資源を狙う中国にとって、インドネシアは地政学的にも繋がりの強化を推し進めたい国である。 インドネシアの対中貿易額は、05-09年の4年間で2倍以上に増え、さらにチャイナFTAを促進させている。
元々、インドネシア経済の70%は華僑(客家が多い)が握っていると言われている。 
そんな経済土壌も影響し、中国からの投資額は年々増加している。

著名コンサルタント曰く、「インドネシアの一部の大企業は、アジアの中でも最優秀」と発言している人もいるようで、そのことは世界の富豪リストの中に何人ものインドネシア人が含まれていることからも証明出来ないこともない。

世界金融危機後、他国同様にインドネシアの株式市場は低迷したのだが、中央銀行の舵取りも上手く、持ち直しが早かったという言われ方もしている。

経済は生き物なので、ひとつの要因から理由や原因を見極めようとすると、大きく判断を誤るのだが、上記の専門家達が指摘する様々なファクターを検証すると、確かにインドネシアの現在の好景気は理由付けが可能となる。

しかしながら個人的には、現時点でのインドネシアは表に出てきていない様々なネガティブファクターが、今後表面化してくることを懸念している。

世界金融危機後、インドネシア経済の立ち直りが早かったのは、インドネシア中央銀行の舵取りが上手かったと評価されているが、実際のところは、金融に関して言えば、インドネシアはまだまだ後進国であり、先物やデリバティブの影響による損失が少なかったという点が挙げられよう。
グローバル経済の中の一員でも、金融に関しては、その中心からかなり離れたところに存在していたため、大打撃を被らずに済んだということだ。 これが何よりも現在のインドネシアの好景気を支える要因の一つとなっている筈だ。

幸いにも脆弱な通貨であるルピアも、97年の通貨危機時のような大多数の国民が食べていけなくなる通貨の下落と悪性インフレを起こさずにすんだため、物価は年々上昇するも、国民生活を破壊することがなかったことも幸いしている。
資源価格の高騰もインドネシア経済にとっては追い風になっていることは確かだ。

金融的な的な意味での被害が少なく、資源価格や人口に支えられた好景気に沸くインドネシアには、同じく好景気に沸く中国からの投資だけでなく、各国からの投機の金が流れ込んできていることが想像できる。 過去に日銀が世界中にバブルを創出した低金利政策だが、世界金融危機の際に欧米でも同様の策をとらざるを得ず、キャリートレード(金利の低い通貨で資金調達して、金利の高い通貨で運用して利ザヤを稼ぐ手法)として世界中に流れ出している。
そんなお金も投資、投機としてインドネシアに流れ込んできているわけだが、そういう金は逃げ足が非常に速い。
今後、金融メルトダウンが世界中で認識される時は、インドネシアのマーケットも再び大暴落に見舞われるので、よくよく注意が必要である。

インドネシアも他国同様に、貧富の格差が大きく拡がっており、将来、大きな問題になることは確実に予想される。 
それでも、97年の通貨危機で没落した中間層も、多くは再び上を目指している。 持てなかったものを手に入れようとするそのポジティブとも取れるマインドとその人口は、国内消費に拍車をかけている。

しかしながら旺盛な国内消費は、銀行とノンバンクによる貸し出しと低金利に支えられている側面が存在している。
私のようなレベルの個人にさえローカル銀行からの借り入れ許可がすぐ下りるからと、頻繁に勧誘が来る。 クレジットカードの勧誘も非常に増えている。
インドネシアの人々はお金のマネージメントが非常に下手なので、増えたクレジットカードの分、この先、自己破産がカード会社の不良債権となることは想像に易い。

身の回りで少々確認してみると、インドネシアでは決して安くないノキアの携帯電話は、無利子の数回払いで購入可能なんていうプロモーションをうっていた。
現在、銀行預金の利子が6-7%なので、借り入れは9-12%くらいだと思うのだが、先日車を分割払いで購入した人の借り入れはびっくりする低金利であった。
様々な局面で、低金利で商品が購入可能になっていれば、国内消費が旺盛になるのは当たり前だ。

何故このようなことが可能かと言えば、インドネシアの裾野の広い中古市場の存在があげられる。
例えば車。 分かり易いように100万円で購入したとする。 2年乗って販売するときでも、価格は80-85万円。 日本人が羨むような価格で販売が可能。
「動産」でもそれなりの価値が付き、担保として活用可能。 よって借金を返済できない人の「動産=お金」を抑えれば、金融機関はそれなりに不良債権を抱え込まずに済むという目算があるためだと考えられる。
こちらもマーケットが健全に機能しているということが大前提なので、来るべき金融メルトダウン時には、「動産」が金に換えられない事態も想定される。 それでも、インドネシア国民は自国通貨ルピアを信用していないフシも多く、2、3年の我慢でやり過ごすことが可能な危機なら、通常ならば価値のある「動産」及び「不動産」購入という動きも、内需を支える要因になっていると思う。

そこそこの流動資金を持つ富裕層から中間層は、「不動産」への投資も多い。
インドネシアの不動産は現在ではバブルと言って過言ではないと判断する。
不動産を借金して購入しても、数年立つと価値が相当上がるということを繰り返してきたので、こちらも一歩誤ると、非常に危険な状況である。
価値が上がることを想定して、投資している人々がおおいため、近い将来のどこかで、銀行は大きな不良債権を抱え込むことが予想される。

私的に考える近い将来表面化すると思われるインドネシア経済のネガティブファクターとしては、・キャリートレードによる投機資金が抜ける時 ・動産活用の低金利融資 ・クレジットカードの個人破産 ・不動産バブルが挙げられる。

インドネシアの好景気の要因と将来見舞われるであろう危機の予測に関する記述はここまでなのだが、ここで終了できない。

仮に世界金融メルトダウンが起きた際、インドネシア経済も再び諸々の影響と危機的状況を負うことは間違いない。 早ければ今年2010年から3年間ぐらい世界中が混乱するだろうか?

しかしながら、その時もインドネシアは、その被害を最小限に出来る可能性があり、それどころかその後、アセアンの中でまだ飛躍的に伸びる可能性さえも秘めている。

一つは高い食料自給率。
来る時には、国民生活も混乱をきたす可能性が大だが、国が国民への食さえ確保、保証出来れば、インドネシアでは暴動のような混乱を回避出来る可能性がある。 98年の際にも学んでいるだろうから、政府は今からでも事態をシュミレーションしておくのも良いと思う。

もう一つはドル後の世界。
ユーロはもはや死に体で、実際のところドルも風前の灯火。
全てがリセットされた際に「コモディティ・バスケット」による新通貨体勢になる可能性が今のところ強い。

コモディティ・バスケットには、貴金属(金やレアメタル、銅、鉛)、天然資源(石油、天然ガス、石炭)、穀物(小麦、トウモロコシなど)を、金額換算して、ひとつのバスケットに入れる。 実物資産を裏打ちとし、担保や保証物にする通貨体勢。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界最大の石炭輸出国、世界最大の金鉱山、銅、ニッケル、スズ、天然ガス。 更に、天然ゴム、パームオイル、カカオ、キャッサバ、コーヒー、米に加え、領土の3倍はあると言われる海産物。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当日記で最初の方に綴った部分。

どの様に転ぶかは全く不明だが、「コモディティ・バスケット」による新通貨体勢になった場合、インドネシアは所有しているものが非常に多い。

インドネシアの政権内闘争に愛想を付かせて辞任したと言われるムルヤ二元財務相が、世界銀行の専務理事に就任した出来事は、近い将来の「コモディティ・バスケット」による新通貨体勢のためと考えると、非常に腑に落ちるストーリーでもあることをお忘れなく。

このことに気が付いている人々が、インドネシアへの投資・投機に大いなる興味を持っていることは間違いない筈である。

現時点では、国際金融資本家達の思惑がまだ機能しており、一方で中央銀行を政府・国民の手に取り戻そうという動き(米国大統領はこれを断行しようとすると、必ず暗殺されている)もあるので、世界の混乱収拾後、どの様に世界が動くかは見極めが非常に難しい。
ただし中国は近未来世界覇権国になる可能性が高く、更にインドネシアも奇跡の躍進を果たす可能性も高いことは、誰にも否定できない一つの事実である。


当文面は私的に思ったこと考えたことを綴っただけです。 素人なので予測は良く外します(笑)。
インドネシアへの投資、投機の判断は、自己責任でお願いします。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2010/06/07 13:34] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1093-eef46735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。