インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタ商品の生産工程
アタ商品を扱うお店や会社は日本にごまんとありそうだが、アタ商品の生産工程を紹介しているWebは少なそうなので、今回はそちらを紹介します。

アタ商品の生産工程 1

アタはこんな束で購入しています。

アタ商品の生産工程 2

そしてアタを編みこんでいく作業。

アタ商品の生産工程 3

こちらは商品のサイズによって、必要とする日数が異なる。

アタ商品の生産工程 4

商品によりますが、一人4-8個/月くらいです。


アタ商品の生産工程 5

編みこみ作業後、約1週間、日干し。
日本から注文が入り始める10、11月以降、インドネシアは調度雨季に突入するので、思うようにこの工程が進まないケースがあります。

日干し作業後、蒸す工程に入ります。

アタ商品の生産工程 10

4日間、蒸し作業。 3時間ごとにアタ商品を裏表の位置を変更したりします。

アタ商品の生産工程 6

カラー付きのアタ商品、例えばブラックカラーの場合、約1時間、染料と商品を一緒に煮込みます。
その後、水洗い。
天然カラーの場合は、フィ二ッシング作業に入ります。

アタ商品の生産工程 7

再び約4日間、日干し作業。 裏返し作業も行い、満遍なく乾くようにします。

アタ商品の生産工程 8

写真はフィ二ッシング剤を塗る作業。

ブラッシングを行い、ライニングや巾着が必要なものには装着の工程。

どうです。
非常に手間ヒマかかっているのが、アタ商品です。

アタ商品の生産工程 9

仮に日本人が作製したとしたら、いくらの工賃を必要とし、いくらで販売しないと利益が出ないか、想像してみるのも良いでしょう。
山葡萄のバッグ同様、5-8万円位でないと採算の取れないことは間違いないでしょう。

諸々のコストや工賃の安い場所で物作りを行うのは、資本主義の宿命ですが、アタ商品はバリ島トゥガナン村からの貴重な贈り物です。 そしてアタ商品の村バリ島トゥガナン村には、資本主義の宿命などは全くおかまいなしに、素朴で楽しい時間が流れているように感じるのは私だけでないはずです。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1046-3fa34a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。