インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリ大地震の被害状況とそこから思ったこと
チリの大地震による津波は約1メートルの高さでハワイに到着したようだが、幸い被害は出ずに済んだ。

日本でも現在、気象庁による津波警報が出ている。
太平洋側のJR線は、北海道―近畿地方で運休となっている路線が多い。

インドネシアは今回全く被害を受けずにすんでいる模様。

今回のチリの大地震とは関係ないが、昨年大地震の影響をうけたスマトラ島のパダン。
少々情報が入ったのだが、復旧が遅々としているようだ。
地震により陥没した場所が、雨季による雨のために更に陥没を起こしており、道路の状況が非常に悪いとのこと。 注意して車を走らせないと、突然道路が大きく陥没している場所が存在しているので危険らしい。

チリで起きた大地震はM8.8という大きな力を解放したので、M5以上の余震が続いている。

ハイチが地震に襲われた後のチリ大地震。
チリ、ペルーは地震の多いところなので、いつ巨大地震が起きても何ら不思議ではないのだが、そろそろアメリカの西海岸が危ないなあと考えていたので、あれっ?といった感がある。

チリの大地震は既に300人以上の死者を出している。
損壊家屋は150万戸以上。
インフラの破壊が著しく、200万人以上が被害を受けている。
一部の国民が店等を襲い商品を略奪という暴徒化している模様。

ハイチでさえもまだ復興したとはいえない状況で、世界各国はチリの救助活動を至急検討要となったので、弱り目に祟り目である。
ともかく人命が第一なので、各国の良心とその行動に期待したいところである。

チリは銅の世界需要の34%を担っているそうだ。
このことをロイターが真っ先に報道したのは、ロイターらしくて思わず苦笑いしてしまった。
果たしてどのレベルで影響が出るのか現在は不明だが、銅=商品相場なので、需要に対して供給が減れば、価格は高騰する。

そうでなくても現在の商品相場は、ヘッジファンドや投機家の巨大な賭場と化している。
世界の経済状況は報道や指標とは裏腹に、悪化の一途を辿っているにも関わらず、価格が高騰を続けている商品があることからも、それは簡単に理解出来る。
ドル後の世界を考えた動きともとれる。
近年起こったオイルの高騰がいかに理由のなき高騰を見せていたかは、聡明な人なら気づいている筈だ。
仮に仕組まれなくとも、天変地異が起これば簡単に商品市場の流れは一変する。

チリの大地震の被害状況で、商品相場のことを語るのは不謹慎だと思われる方もいると思うが、あえて記載したのには理由がある。

今後、食料で同様の懸念が世界で起こる可能性が高い。
食料があってもハイパーインフレにより、購入できないケースが、近年起こるように仕組まれているし、地震だけでなく太陽活動が影響している気候からでもそれは起こる。
食料危機は、一つは地球の人間に対する復讐とも言える天変地異から起こるインフレで、もう一つはエゴが引き起こした金融市場の破壊によるハイパーインフレから。

いやはや凄い時代に生きる羽目になってしまった我々だが、それはそれで楽しむ以外に道はない。

悪性インフルエンザ、地震の備えと、理由や名目はなんにせよ、食糧備蓄は今後、個人と家族のライフラインを守るので、余裕のある人は備えたほうが良いです。
何も起きなければ起きないで、備蓄した食糧は、少しずつ食べていけばいいだけですから。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:チリ - ジャンル:海外情報

ハワイは津波に要注意
チリで起きた地震は、地震直後に数メートルの津波を引き起こし、チリ沿岸部にも被害を及ぼしている。

日本にも1-2mの津波が来る可能性が警告されているが、ハワイにも最大4.8メートルの津波が押し寄せる可能性があるようだ。

ハワイに津波の第1派が到達するのは27日午前11時19分頃と予想されている。
太平洋津波警報センターは、ハワイの住民らに海岸付近から即刻避難するよう呼びかけているようです。

過去には流行していた海外卒業旅行。
いまだに流行っているかは知らないが、調度そんな時期であるし、ただでさえハワイには日本人観光客が多い。

ハワイも津波の危機に晒されているので、旅行中の人は細心の注意が必要です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:ハワイ - ジャンル:海外情報

謎の深海魚リュウグウノツカイの謎の漂着
謎の深海魚と言われているリュウグウノツカイ。
この魚が最近日本海に漂着しているようだ。

チリで起きたM8.8の地震が原因で、日本の太平洋沿岸にも津波が起きる可能性も出ているようだ。
1m位の津波で、仮に太平洋沿岸に到達するとすれば、28日の午後1時頃になるらしい。
漁業関係者や太平洋沿岸にお住まいの方はくれぐれも注意して頂きたいと思う。

「2012年」に映画のように人類が滅びるとか、アセッションが起こるとは、私は考えていないが、これから起こる自然界や経済界の事象を目の当たりにする人類の中で、確実にマインドが過去とは異なり、非常に天の理にあった方向性に進む人は増えるような気がしている。 そしてそれは差し詰め日本からスタートするような気がしている。

私が火山や地震に興味を示すのは、1個の偉大なる生命体として見た場合の地球の息吹(火山噴火)や痒い場所を掻く行動(地震)が興味深いからなのだが、差し迫った問題としては、日本とインドネシアはこれからも大きな地震や火山活動を起こすと考えているからでもある。
インドネシアの首都ジャカルタは揺れに敏感になりながらも、しばし問題はないと思うが、日本の首都東京や東海は、近年どこかで相当なダメージを負うと予想しているからでもある。

チリで今回起こった地震は、我々日本人にある意味では参考になるプレート境界型である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
南米チリで発生したマグニチュード(M)8・8の地震について、島崎邦彦東京大名誉教授は「日本で想定されている東海地震などと同じく、プレート境界で発生する大地震と考えられる」と話す。

 島崎名誉教授によると、震源となった南米チリ沿岸部から沖合にかけては、1960年のM9・5をはじめ、大きな地震が頻発。太平洋側からナスカプレートという岩板が南米大陸に向けて動き、陸側の南米プレートの下にゆっくりと沈み込む。それに伴ってたわんだ陸側のプレートが耐えきれずに跳ね上がると、プレート境界型の大地震が起こるという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポニチ 2010年2月27日

さて謎の深海魚と言われているリュウグウノツカイ。

謎の深海魚 リュウグウノツカイ

Wikiなどを参考にするとリュウグウノツカイは全長5メートル、長いものでは10メートルにも達すると記載されている、生態系がよく解明されていない深海魚である。
通常深海200メートルから1,000メートルが生息域とみられている。
そのリュウグウノツカイが、最近日本海沿岸に漂着する現象が多発しているらしい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 富山県では昨年12月以降、定置網で捕獲されたり、海岸に漂着したりするなど4匹が見つかっている。石川県では昨年11月以降、十数匹が見つかり、京都や島根、長崎などでも発見されている。地元では、漁業関係者の間で話題となっている。

 魚津水族館は、これほど相次いで見つかったとの報告例はないといい、「海から陸への風が強い時期に漂着している。なぜ集中しているのか分からない」と首をかしげる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読売新聞 2010年2月27日

なおリュウグウノツカイを試食した人のコメントも記事になっていたのだが「脂の塊のようで美味しくない」らしい。
人間界では、寒い場所では脂肪が付きまくった人の方が痩せている人よりも強いと考えられている。
その説は謎の深海魚リュウグウノツカイが「脂の塊のよう」という温度が低い深海に生息する強い理由付けにもなる。

それはさておき、普段見ることのない謎の深海魚リュウグウノツカイは、「姿を現すと地震の前触れ」とも言われてきた魚である。

不安を煽るつもりは毛頭もないが、動物の通常ではない不思議な動きは、自然界の変化の影響をそのまま受けた結果ともとれる。
謎の深海魚リュウグウノツカイが太平洋側に漂着していたなら、今回のチリの地震の前触れだったと考えられないこともないが、打ち上げられているのは日本海側である。

それでも別段、心配する必要はないと思う。
人類が知っていると思っていることはまだ非常に限られた浅い世界である。
今後どこで、何が起こるかは、天のみぞ知る世界という言い方になるのだろうが、謎の深海魚リュウグウノツカイに関して、私が綴っておこうと思った理由は、その現象から何かを感じる、感じられる訓練が、これから益々必要な世の中と考えたためだけにある。

謎の深海魚、美味くないのか・・・酒のつまみにもなりそうもないのが残念。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:海外にて日本を考える - ジャンル:海外情報

チリで巨大地震 M8.8
沖縄で99年ぶりとなる震度5弱の地震が起きたかと思えば、今度はチリでM8.3の巨大地震が発生。

チリも地震の多いところで有名ですが、27日早朝6時34分頃にM8.8巨大地震。
巨大地震発生によりチリとペルーには津波警報が発令されています。
チリは日本、インドネシア同様に津波が起きやすい国でもあります。

チリで巨大地震 M8.8

震源地はコンセプシオンの北東約115キロ。
震源の深さは約60キロ。

チリの首都サンディアゴでは一部停電被害。
これから状況が明らかになってくるのでしょうが、被害が少なければ良いのですが・・・。

経済だけの揺れではすみそうもない2010年。

追記 当初アメリカ地質調査所はM8.3としていましたが、M8.8と訂正があったので、このブログ上も訂正致しました。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:チリ - ジャンル:海外情報

デング熱の流行
蚊の駆除の作業を行ってくれた人、仕切っていた警備員や近所の人々に話を聞くと、インドネシア全土で、デング熱が流行しているようだ。
ジャカルタSohoエリア界隈でも、相当猛威を振るっているようで、ざっと聞いただけでも10人以上の患者数だった。

デング熱は蚊を媒介して流行する。
現在のインドネシアは雨季。
通常通りなら3月には雨季は終了するのだが、今年もどうだか。

雨が降るとあちこちに水溜りが出来る。
雨がやんで陽がさし始めると、そんな水溜りに蚊が卵を産み、そこにボウフラ→蚊が大量に発生するという過程を繰り返すので、デング熱にやられる人も必然と増加する。

たかが蚊なのだが、デング熱にかかると結構厄介であり、今年も猛威を振るっています。
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/blog-entry-391.html
過去にデング熱に関してまとめたので、ご興味ある方はご一読を。

生命を脅かすほどではないが、ともかくデング熱が流行している現在。
バリ島やインドネシアを旅行する方、あたらな赴任者の方は、注意するにこしたことはない。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

蚊の駆除
物凄い煙。

近所で火事が発生したわけではない。 テロ組織が毒ガス攻撃をしかけたわけでもない。
蚊の駆除剤を散布しているシーンである。

近所で「デング熱」の患者が発生した。
デング熱は「蚊」を介してかかる病気なので、エリアに告知がなされ、蚊の駆除を行うことになった。

蚊の駆除剤散布は「ブゥゥーーー」と低い音を立てる小さなエンジンのついた機械で散布される。 結構な勢いで、家の前を通る側溝にも行き渡る。

蚊の駆除 1

この蚊の駆除。
駆除されるのは、蚊だけでなく、ゴキブリやその他の害虫も一網打尽。

蚊の駆除 2

散布している人は大変だろうと思うのだが、駆除剤は人間の体にも非常に良くない筈だ。
しかしそこはインドネシア。 駆除剤をまく人は諦めているのか、身を守ろうとする装備はしていない。 タオル一枚、口元に巻いているだけ。

蚊の駆除 3

よって写真を撮影の際、私も煙に燻されていた。
身に迫る危険を感じつつも「俺はロバート・キャパだ!」と念じながら、シャッターを切った・・・と、そんな大げさなものではない(笑)。

蚊の駆除剤散布の後、ゴキブリが飛びだしてきて、こちらも駆除される。
過去にジャカルタ市内中心部でこの駆除剤を散布するシーンに出くわした時は驚愕であった。
驚くべき数のゴキブリが、通りという通りに飛び出し、道を埋め尽くしていたのだ。

現在のジャカルタSohoのエリアは、ジャカルタ郊外で更に奥まった新興住宅街の中にあるので、ジャカルタ市内程、側溝や道路、目に見えない部分のあちこちが汚れていることもなく、そんなことも理由となっているのか、死骸となるゴキブリも大した数は見かけない。
緑も多く「気の良い場所」に住んでいると、便利とは言え「穢れ地」とも思えるジャカルタ市内中心部にはもはや住む気はおきない。

蚊の駆除 4

ともかくこの駆除剤を散布した後は、しばし蚊に悩まされることも減る。
エリアで行うのだが、1回の散布、一軒の支払いがRp.15,000 (約150円)。

私のエリアに住む人達には、そんなにインパクトのある出費ではないと思う。
出来れば、2週間に一度のペースでこの蚊の駆除を行って欲しいのだが、やはりまだまだ衛生観念が低いのだろうか、自治体でそういう方向の意見が出ることはないようだ。

蚊の駆除 5

「デング熱」にかかってから必要となるコストを考えると、150円の防止策は非常に低コストの筈なのだが、どうもそんな物の考え方も普及するのはまだまだ先の話のようだ。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

豊作だよーん
大した広さの庭ではないので、「豊作だよーん」と言ってもたいしたことはないのだが、やはりそれなりの収穫があると嬉しいものである。

ジャカルタSohoでは、来るべきハイパーインフレとそれによる食糧難に備え、家庭菜園を行っている・・・というのは冗談なのだが、土いじりは元々好きな方だし、良い水、良い土作り、そして太陽という天の恵みがあれば、素直に育ち、豊かさをかえしてくれる植物たちには有難さを禁じえない。

雑草とりは雑念を払うには非常に有効であるし、迷いのある時にはジョギング同様、ランニングハイの効果も感じられる。 何よりも自身がそれなりに愛情をかけた分、そのまま形となってかえってくるので、学ぶことも多く、とっても癒され、家庭菜園の効果は絶大である。

ジャカルタSoho不在の間は、お手伝いさんが面倒を見てくれているのだが、東京Sohoから用事があって電話する時は、野菜とペットの魚の様子も聞くのが習慣となってしまっている。

今回はタイミングも良く、戻ってすぐに収穫。
自身では豊作だよーんと感じるほどの収穫だったので、とっても満足である。

豊作だよーん 1

この小粒な柑橘系の実がなる木も、ずいぶん立派になった。

豊作だよーん 2

同じ頃に栽培した木が3本並んでいるのだが、一番太陽が当たり、一番水場に近く、水分を吸収しやすい木が、一番大きく高くなり、水分を豊富に含んだ実を大量に成らせる。

豊作だよーん 4

唐辛子。
こんなに大きくなるとは思っておらず、大分以前に唐辛子の木なんて記載をしたのだが、インドネシアでは普通の大きさらしい。

豊作だよーん 3

大体3回程、唐辛子の実が収穫出来る。 こちらも豊作で、お手伝いさんと分けても、誰かにおすそ分け出来そう。
現在は2度目の収穫時期。
捥いでかじってみましたが、インドネシア人にも十分な辛さで、私の口の中はパニックとなり、すぐ様水分補給。

豊作だよーん 5

カンクン等の野菜も豊作です。

豊作だよーん 6

豊作後は食べる楽しみが待っています。

自身で菜園を行い、収穫して、食べる行為は、食物と言えども命を奪っている自覚が芽生えるとともに、生かされているなあという感謝の気持ちが自然に沸きます。

グレた若いにーちゃん、ねーちゃんにも、特訓のような場所で更正させるのではなく、農家での強制労働が有効と思います(笑)。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

イギリス・ポンドの下落とその原因
欧州ではイギリス・ポンドも下落しています。

イギリスは昨年より、真っ先にハイパーインフレに見舞われる可能性が高い国と見做されていましたが、通貨ポンドが下落しながら物価が上昇するという事態に陥り始めています。
財政赤字も拡大しているので、後のない状況に追い詰められています。

ポンドの下落は、目先の事象のみで動いてはいません。
過去にロイターのニュースで流れた記事をインドネシア情報局でも紹介しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ギリシャ当局とゴールドマンは2002年初め、異なる通貨の異なる金利条件などを交換する「クロス通貨スワップ」という手法を使うことで合意。 約100億ユーロ相当の米ドルおよび円建て債務を一定期間ユーロ建てに交換、その後再びドルと円の債務に戻した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ギリシャはゴールドマン・サックスを使用し、国家債務の飛ばしを行っていたことが発覚しましたが、似たような手法をイギリスもとっているようです。
イギリスの債務飛ばしの手法に気がついた連中が、ポンドから逃避する=ポンドの下落に結びついていると判断して良いでしょう。

イギリスはおろか欧州数カ国が「国家債務の飛ばし」を行っているようで、表沙汰になればユーロの崩壊は更に進みます。 市場における「神の見えざる手」が審判を下す日が、欧州方面からも刻一刻と近づいてきています。

現在は表面上景気の良いインドネシアですが、何度も記載してきたように、今年からは厳しい舵取り局面が増加する筈です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:世界経済 - ジャンル:海外情報

明日から3連休 ムハマンドの誕生祭
明日2月26日<金>は、ムハマンドの誕生祭でインドネシアは3連休です。

ビジネスでインドネシア絡みの人はご注意を。

私は本日夜中から、車で友人とちょっくら旅をしてきます。
車なので、腹が減ったら飯を食い、見学したいところがあれば寄る、気ままな旅です。

雨季なので天候に恵まれないかもしれませんが、限られた時間をのんびり過ごすのも性にあわないので、まあ楽しんでこようと思っています。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ユーロの下落とドイツ危機
ギリシャの財政危機に端を発したユーロの下落が続いています。
今回のユーロの下落は、ことによっては今後、世界に激震を走らせることになるので、こちらも警戒が必要です。

ギリシャでは24日に財政緊縮策に反対の130万人がゼネスト。
大企業や官公庁、報道機関などで仕事を放棄したり、故意にゆっくり作業したりで、飛行機の欠航や鉄道の運休が相次いだようです。
首都アテネでは、警察によると約3万人がデモ行進。 一部は暴徒化し火炎瓶で威嚇、対する警察は催涙弾で応酬する場面も。
現在は、アナキスト(無政府主義者)と呼ばれる若者たちがさらに激しい暴動を起こす可能性が懸念されています。

そして23日にはヨーロッパの株式市場も激震。

特にドイツの株式市場の下落が目立ちました。
今後のドイツは危機に陥る可能性があるので、そのことが市場に反映されたということなのでしょうか。

欧州、ユーロ圏の経済の中心といっても過言ではないドイツ。
ドイツはギリシャだけでなく、破綻状況が激しいと言われているアイスランド、アイルランド、ポルトガル、スペインに対して銀行の貸し出し総額が65兆円に達しているそうです(藤原直哉氏 ワールドレポートより)。
このまま事態が悪い方向に進むと連鎖的にドイツが危機に陥るというより、ドイツの破綻も避けられない状態に陥ってしまいます。

更にドバイショックはいつでも再燃する可能性があり、そうなると欧州経済も完全にノックダウン、ユーロも更に厳しい局面を迎えるかもしれません。

今年は倒産、失業率の増加だけではなく、やはり各国で暴動が活発になることは避けられそうもありません。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:世界経済 - ジャンル:海外情報

大雨による地滑り発生 西ジャワ州
今年のインドネシアの雨季。
主に都心部ではあちらこちらで洪水、そして地方や田舎では地滑り被害を起こしています。

ダラダラと1日中、雨が降っている時もあれば、物凄い豪雨の時もあり。
雨は乾季に備え地下水脈の水瓶を豊かに満たすし、日照時間が少ない日はクーラー不要で涼しくてよいのですが、ここ数年、インドネシアでは、洪水や地滑り被害が増加しているように思えます。

23日、西ジャワ州の山間部の農園で、大雨による地滑りが発生。
5人の死亡が確認され、60人以上が不明になっているようです。

救助が急がれますが、重機が不足。
今後、地震被害も増えると考えられますので、救助対策や設備の補充はインドネシア政府の急務です。

昨年、大地震に見舞われたパダン。
私自身では未確認情報なのですが、不動産会社の情報では、都市部の一部が陥没の恐れがあり、すでに富裕層はジャカルタを含んだ別の場所に不動産を購入し、退避する動きがあるようです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

チャ・カンクン = 空芯菜炒めの作り方
チャ・カンクン=カンクンの炒め物は作るのが非常に簡単。

インドネシアでカンクンと呼ばれる野菜は、日本では空芯菜と呼ばれ、沖縄では昔から存在していた。
最近では日本中でそこそこ流通しているのではないだろうか?

この空芯菜は自宅で食したことがなくても、インドネシアや中国、台湾、タイあたりで食したことがある人は結構いると思うし、旅に出なくても日本国内の中華料理屋で食したことのある人は多いと思う。

カンクンはインドネシアでも好まれる野菜。
アクがないので、癖がなく、非常に食べやすい。

インドネシアでは炒めて食べるケースがほとんど。
レストランによっては、カンクン・ホットプレートとかカンクン・ゴレンという呼び方でも通じる筈だ。

今回は自宅で簡単に出来るチャ・カンクンの作り方。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 2

カンクンは太い茎の部分だけ包丁で落とし、残りの部分は全て食すことが可能。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 1

カンクンはニンニクと炒めるのがよくあう。
私はピリッとした辛さが好きなので、唐辛子を使用する。
トマトをスライスしたものを一緒に炒めると、グルタミン酸を豊富に含むトマトの旨味が出て、更に良い味になる。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 3

サラダオイルよりマーガリンの方が美味しく出来ると聞いたので、この日はマーガリンを使用。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 4

まずはニンニクを炒める。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 5

その後に、刻んでおいた唐辛子とトマトを入れて炒める。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 6

おかずとして作るのなら、挽肉を入れてもよし。
インドネシアのレストランでは小エビなんかを使用しているケースもあるが、小エビも良く合う野菜である。
要するに癖がない野菜なので、他の材料となじみやすい。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 7

味付けは塩でもいいし、醤油でもあうと思う。
私はジャカルタSohoでは、インドネシア内で市販されているインスタントの鶏ガラスープの素を一粒使用する。
唐辛子使用なので、他に味付けの必要なし。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 8

炒めすぎるとシャキシャキ感がなくなるので、強火で手早く炒める。

チャ・カンクン 空芯菜炒め 9

チャ・カンクンの出来上がり。

挽肉使用だとご飯のいいおかずになります。
一杯飲む時のつまみにも良く合います。

今回チャ・カンクンの作り方では、挽肉以外全てジャカルタSohoの庭で取れた材料を使用しました。
カンクン=空芯菜が手に入るようなら、お勧めの料理ですので、是非ともお試しを。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:海外情報

ビジネス談義に花が咲く
昨日はアルコールも抜いて、ジョギングをしようと考えていたのだが、様々なビジネス談義に花が咲き、結局、飲む羽目になってしまった。

最初は、夕刻。
ジャカルタSohoの賃貸契約延長で、オーナー、自営業の不動産屋、ウィッシャーの3人が集った。

契約は滞りなく、30分もかからず終了したのだが、集ってくれた人々が皆女性。
これまた皆さん、もし結婚しておらず、もう少し若ければ、美女の範疇に入る自営業のご婦人方。

私が不動産から見て取れるインドネシアの経済状況も興味があり、様々な質問をしたせいもあるのだが、女性たちも個々にビジネスを営んでいるので、女性同士でもビジネス談義に花が咲き、私も面白いので話を耳にしながら、仕事を行い、時には会話に参加して、気がつくと16時半から開始となった賃貸契約のアポは、19時に終了。
 
この時点でジョギングは諦めたのだが、今度はアグンと先日カラオケでご馳走してくれた学校の教材関係を扱うアデンが夕食持参で遊びにきた。
この時点で禁酒の予定も終了。
アデンはアルコールを少々口にするので、私も付き合わないわけにはいかないと自身で理由付けをして、堂々と飲み始めた。

その後、アグンの友人のスタジオミュージシャン、プロのギタリストもやってきて、更に自由な空気の中でのビジネス談義。
特に金銭的にも少々余裕があるアグンとアデンは、新たなプロジェクトに取り組みたくて、私のところに訪れているのが会話からもキャッチできる。

私自身は今現在のところお金はなく、彼らも良く理解しており、彼らのアイディアのアドバイスくらいしか出来ない程度の男なのだが、有難いことである。

アデンとはまだ先日出会って2度目なのだが、フリートークのなかから、こちらの物の考え方やアイディアを理解しようとするのが見て取れて面白い。
役人相手のビジネスなので物事を良く知っていると思いきや、彼の引退した親父さんと兄貴が警察勤務のせいか、物事の本質はよく見る目を持っていると感じた。
ビジネス上の話でも、グレーゾーンの部分はやたら詳しく、そんなビジネスに手を染めた場合のリスクの話は、実に的確で非常に面白かった。

私もいくつかのミッションがあってジャカルタSohoに戻っているのだが、アグンが私の空いているスケジュールを新たな人に引き合わせるために、勝手に埋めてくれている。

これも非常に有難いことで、人と会い意気投合したら、資金は出せなくても、出来る範囲で協力することで、男の世界ではビジネスになるケースも少なくないので、いい感じと言えばいい感じだ。

冗談も入り、皆で大笑いしながら、屈託なく意見を出し合うビジネス談義は花が咲き、気がつくと23時を回っていた。

楽しく酒が飲めたからではなくて、こういう時間の過ごし方は、決して無駄にはならないと思う。 



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

一軒家に落雷 そしてジャワの伝統儀式
一軒家に落雷があるとどんな被害が生じるか?

以前にも隣の家が落雷被害にあったことを簡単に記載したと思うが、今回は生々しい話を聞くことが出来たので、綴っておこうと思う。

数日前はメーカーで現場仕事をしていた。
昼に「昼食を食べにいこう」とメーカー社長のエンドロに誘われたのだが、食べに行っている時間が惜しい。 というより、時間が全く足りない。
「その辺の屋台で食えるもんを買ってくれればそれでいい!」と答えておくと、しばらくして昼食が届いた。

その少し前にエンドロのお父さん、お母さんが、2時間位離れている街からやって来ていたのだが、「もし良ければお母さんが準備した手製の料理を食べて」ということになった。
もちろん異論はない。
とっても美味しく頂いた。

その際に落雷の話を聞いたのだった。

実は私が訪問する数日前にメーカーに落雷があった。
メーカーといっても平屋の一軒家である。

もの凄い雷鳴が轟き、コンピューター、ミシンを使用している人は、瞬間感電したらしい。

エンドロもマウスを握っていたのだが、弾かれたようにマウスを握っていた手が勝手に上に上がったそうだ。
ミシンを操作していた人も同様の状態になったと話していた。
多くのスタッフが感電したと言っても、幸い人的被害にまでは至らず、火災にも至らなかった。

落雷のあった場所は、破壊されたような状況だったらしい。
そして、電気関連の機器は全てダウン。
こちらも幸いだったのは、壊れて使用出来なくなった機器が全くなかったこと。

通常、一軒家に落雷があると、電気製品はほぼ全てやられ、電気製品を操作していた人には感電の恐れがあり、水周りも非常に危険だ。
一軒家の中にいて、命を落とすケースは少ないようだが、恐ろしいのは、火災であり、また地面を横走りする雷も最近多いので、雷を侮ると非常に危険である。

一軒家が落雷にあったといっても、今回のエンドロは非常にラッキーなケースで済んだ。

食事を頂きながらエンドロに話を聞くと、お母さんが料理を持ってきて、スタッフも含めた全員に配ったのは、Upacara Selamatan ウパチャラ・スラマタンというジャワの伝統儀式だそうだ。

Upacara ウパチャラは日本語で「儀式」「記念式」「階級の印」。
Selamatan スラマタンのSelamatは、「安全な」「平和な」という意味なので、Upacara Selamatan ウパチャラ・スラマタンで、「(落雷からの)無事を祝っての儀式」と意訳すれば良いのだろう。

ちなみに落鳴はインドネシア語でPetir プティール。

ジャワの伝統儀式 Upacara Selamatan ウパチャラ・スラマタンでは、通常「水牛1頭」分のメニューとなるそうだ。
それではコストもかかるので、今回は牛肉を変わりに使用して料理。
落雷の報を聞いて他の街からやってきたエンドロの親御さんが、ジャワの伝統儀式の則り、無事であった皆を祝い昼食を振舞ったのだ。

ジャワの伝統料理

料理は牛肉の肝臓と皮の脂部分。
実際に味は美味しかったし、こういう心ある料理はとっても温かくて有難いと思う。

エンドロの話を聞いていると「実は以前にも自宅に落雷があり、その時の方が被害は大きかった」そうだ。
今回は2度目の落雷。

前回は雷が落ちたと思った瞬間に、体がビリビリと痺れ、気を失うような感覚に襲われたそうだ。 その間、数分だったらしいのだが、記憶が全く飛んでしまったと話していた。

落雷場所の一番近くにいた親族の一人は、命にこそ別状はなかったもの「肩から腹にかけて、電流が走ったような火傷の痕が残っている」らしい。
ほぼ完全に感電したということか?
今も元気なその人は「あの時のビリビリ感はこれまでに経験ないほど気持ちがいい」なんて冗談を言っているそうだ。

日本のことわざ「2度あることは3度ある」なんて台詞こそ、エンドロには言わなかったが、仮に3度目があっても彼は大丈夫だろう。

ジャワの伝統的な話だと「落雷のあった場所には、万病に効くと言われる薬だか物体が見つかる」なんて話していた。
それをコップの水に入れ飲むと、どんな病気にも効くらしい。
今回も探したのだが、それは見つからなかったと少し残念そうだった。

落雷の現場は、地上から直接見られる場所ではなかったため、残念ながら写真はない。

雨季のインドネシア。
この日記を綴っている今も、表では雨が降り、雷が「ゴロゴロ」と天を震わせ雷鳴を轟かせている。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ロビー活動 酒と女でボディーブロー
朝、10時ごろに起床したのだが、酒が抜けていなかった。
2日酔いというよりも、6時間しかたっていないので、アルコールが全て消化しきっていないという状態。
それでもブランチを食べたら、完全に回復した。

昨晩は、インドネシア政府の役人に対してビジネス上、ロビー活動を行っているインドネシア男性と盛り上がり、ついついカラオケで3時まで飲んでしまった。

先日も4時間ほどしか寝ておらず、朝から夕刻までクーラーのない場所での現場仕事だったため、ジャカルタ戻りの飛行機で仮眠しようと思っていたのだが、持ち込んだ本があまりに面白く、眠いのに寝ている場合ではなくなってしまった。

ジャカルタに戻ると、週末にも関わらずローカルの友人が遅い夕食を付き合ってくれた。
もちろん場所は、ジャカルタの街での私の台所、穂の香。
そこで彼の友人を紹介された。

彼の会社は、学校関連に教材関係を納品するサプライヤーである。
そして営業活動には、ロビー活動がどうしても欠かさないとの話だった。
ロビー活動といっても、上品なものではなく、簡単に言えば「酒と女」である。

そういう話になると、ついつい好奇心先行で話を聞くのが面白く、結果、彼と意気投合してしまい、2次会は彼がたまに使用するというブロックMのカラオケ屋で、飲んで歌ってストレス発散。
3人でシーバスリーガルを1本空にして、結局そちらは、ご馳走になってしまった。

酒と女のロビー活動は、ロビー活動をされる側からも期待されるようだ。
特に地方政府の人は、ジャカルタに来たりすると羽を伸ばしたいようで、多くは遊興場所の多いコタでの接待がほとんど。
ただし時には、南のエリアでの遊びを期待する人も少なくなく、そうなると必然ブロックMとなるそうだ。

過去にはさんざん接待したり、させられたりで「莫大な営業費がかかるケース」がありながら、受注できないなんてこともあったそうだ。
現在は、過去の多くの失敗から「接待するかわりに見返りをきちんと要求するようにした」ところ、受注の確立も上がったそうだ(笑)。
インドネシアも汚職の取締りが厳しくなってきており、ロビー活動=酒と女の接待を受ける側は、アレンジした側に弱みを握られているようなものだから、注文が入るといったところか。 まるでボディーブローの様にジワジワと効きそうな接待だなあなんて思いました。

彼の競合他社も同様の接待攻勢をしかけるので、もはや色と酒から攻めるロビー活動は止められそうもなく、宿命となっているなんてボヤいていた。
教材購入時期は、年1回なので、その時期の前は、夕刻から朝までのアレンジがメインの仕事となるそうだ。

ただし、役人達もそんな接待が汚職と思われるのは社会的に問題あることは自覚している人も増え、世話になった業者さん達に満遍なく仕事を卸すので、過去よりは公平で妙な均衡を保っているなんて話は、面白く妙にうなずけてしまった。

酒と色のロビー活動なんて下世話だと思う人も日本人には多いかもしれないが、割と古くない話では「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」なんていうのもあったし、大事になるとまずく、物的証拠がないので誰とまでは記載しないが、日本政府のとある役職のトップの人でもインドネシアの置屋で接待された人もいるので、社会的に発覚するか、しないかだけの話である。 さすがに高級置屋使用でしたねえ(笑)。 まあ他国で良くあるハニートラップではなく、日本人アレンジの接待だったので、幸い他国に弱みを握られることはないのだが、注意した方が良いですよ。
六本木ヒルズの押尾の事件同様に、酒と色のロビー活動は、日本でもいまだに多く存在しているのは確かである。

穂の香を出たのは、12時前だったため、ブロックM内のカラオケで遊ぶのには1時間しか時間がない。

そこで彼のボトルが入っているカラオケ屋、Hotel Golden BoutiquのSTUDIO 21というお店に行こうということになった。
このカラオケ屋は初めてで、興味津々だった。
ただ時間が時間だったので、おねーちゃんの選択肢も限られていたのだが、元はクラブでシンガーをしていたというおねーちゃんにあたったので、カラオケで盛り上がるには十分に楽しい時間を過ごせた。

このSTUDIO 21は、部屋が広く、室内にトイレがある。
過去にはすぐに事に及びたい男性のために、カラオケルームから個室にも向かえる構造になっていたそうだが、現在はホテルの部屋を使用するといっていた。
ということは、お金を払えば抱ける女性も存在している筈で、彼のロビー活動には悪くないカラオケ屋だ。
ただし、いつもならネタになると思うと必ず尋ねる店のシステムは、残り少なくもヘネシーのボトルも存在していたので、飲むのに忙しく、彼の話を聞いたり、そして時に歌い、聞くのをすっかり忘れてしまった(笑)。

お客もローカルの人が多いので、日本語の曲は限りがある。
エクザイルやコブクロなんてあたらしめの曲はあるのだが、おじさんにはよう分からんので、日本語の曲はギブアップだった。

STUDIO 21は、値段が高いなんて噂も聞いていたが、3人で3時間過ごし、ボトルを1本入れても、Rp.1,500,000(約1万5千円)くらいだった。
別段、高くもなく、むしろブロックMでは良心的な値段だ。 まあ、私は払っていないから関係ないが(笑)。

中々、話の分かるいい男だった。
帰国するまでに「また会う」約束をして、自宅に着いたのが3時半過ぎ。

このところハードな日々となっているので、本日は完全休日。
本日の夜は、アグン・ウィッシャー夫妻とその子供たちと食事なのが楽しみである。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジョグジャカルタのいつものBarにて
昨日は5時起き、20時まで現場仕事をして、21時夕食。

ジョグジャカルタのいつものバアでコンピューターを接続。
無事に受信できるも、返信メールが送付出来ません。 メール作成後に気づくと気持ちが萎えます。
それでもブログは作成出来るのか!?

緩めに飲みながら仕事を終了させ、ガツンと飲んで熟睡体制に入ろうとしたにも関わらず、頭にはきませんが、結構ムッとした状態に突入。

しかし女性ボーカルのバンドが本日は入っており、タイトルは忘れていますが、懐かしい曲やジャズが多いので、気持ちの入れ替えが早くて済みました。

昨日は18時30分ごろ、バイク使用のかっぱらい犯人が住民に捕まり、遠目ですがボコボコにされている様子を見学しました。 後日、ジョグジャカルタ捕物帖としてアップします。
群集心理の恐ろしさを遠めに見学しました。
これもインドネシアの一面です。

それでは心ゆくまで飲んで、本日の大事な仕事に備えます(笑)。




テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

出張につき
いつも遊びに来てくれている方々には申し訳ございませんが、地方へ出張につき、2日間程、記事のアップが不安定ないしアップ出来ないかもしれません。

宜しくご了承願います。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジャカルタSohoにて
暑い・・・

汗が肌をつたった感触で、ぼんやり目と覚ました。
何故、こんなに暑苦しいのだろうか?

いつもとは違う部屋の景色が目に飛び込んでくる。

男は記憶を戻そうとし、頭を左右に振ってみた。

気が付くと、隣で小さな寝息が聞こえる。

何が起きたんだろうか?
昨晩は、疲れているのに少々酒を飲みすぎた。

「誰だ、コイツは・・・?」
男は記憶を取り戻そうとするが、疲れているせいで、すぐに頭が回転しない。

ぼんやりと隣を眺めている。
若くて浅黒い女が、小さな寝息を立ててねている。
身には何もまとっていない。
寝返りをうつと、その浅黒くも張りのある肌がとっても滑らかで美しく見えた。

男は起き上がり、カーテンを開けた。
いきなり太陽の光が目に飛び込んでくる。
その瞬間、記憶が鮮明に甦った。

ここはジャカルタSohoだ。

そうか、昨晩はジャカルタへ戻るなり、ブロックMで酒を飲み、勢いにまかせて、女を連れ帰ったのだ。





なーんて、わけがなく、本日のインドネシア情報局はいきなり妄想の世界からのお届けです(笑)。

昨日は、シンガポールエアラインでジャカルタへ戻りました。

東京で飛行機が遅れたせいで、シンガポールの接続便も変更となり、ジャカルタSohoに到着したのは23時を回っていました。
シンガポールエアラインの東京-シンガポール間はほぼ満席。
ただアイルシートに座れ、スッチーが前に座る席だったので、足も伸ばせ、快適な空の旅でした。

出発前日は、片付け仕事が多く、夕刻から焼酎を飲みながら、結局徹夜。
自宅出発寸前まで、芋焼酎を入れたグラスと何度も強烈なキス。 名残りは尽きません。
朝、珍しく腹が減ったので、鳥飯弁当を食べながら、サントリーの水割りの成田エクスプレス。
成田で出発時刻にショックをうけながら、バアでビール、ウイスキーのダブルをロック。
その後、搭乗後に備えワインに切り替え。

シンガポールに着くまでは、食事と飲んでいる間以外は、ほぼ熟睡。
シンガポールでは予想通りに使用便が変更。
もはやどうしょうもないので、ジャカルタSoho生活に備えるべく、デューティーフリーで安いウイスキーの物色。
スケジュール通りだと、DFには寄る時間が皆無だったので、スケジュールが遅れたら遅れたで、良いこともあるものです。

久しぶりだったので、アグン・ウィッシャー夫妻が、運転手と車を用意しておいてくれ、空港から一路ジャカルタSohoへ向かうも、ここ最近、クビにしたスタッフからくるストレス過多のアグンが会いたいというので、23時50分ごろ彼の会社へ。

私はすっかり忘れていたのだが、空だと思っていたジャカルタSohoの営倉には、な、なんとシーバスリーガルとジャック・ダニエルが。
ジャカルタのDFが閉じた時に流れた品を購入していたのだった。
こんなに心強く、そしてありがたさを感じたのは、久しぶりだったような気がした。 大袈裟か!

アグンの話を聞きながら、ウイスキーをロックで。
ジャカルタSohoへ再び戻ったのは2時。
喉が渇いたので黒ビールを飲みながら、片付け。

3時になった時点で、さすがに寝ないとやばい疲れを感じたので、床につき、朝は比較的にゆっくりした。

こうして2晩にわたった東京-ジャカルタ間における36時間アルコール耐久レースは無事に閉幕となった。

目覚めは最高で、今晩、誰と何を飲もうか考えている。
徹夜後の深くて甘美な眠りは、やはり癖になりそうだ。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ソロのトラディショナル・スープ ティムロ Timlo
インドネシアを旅した時は、その地方の食事も楽しみの一つである。
今回はソロのトラディショナル・スープ、ティムロ Timloのご紹介。

スープ系の料理は大好物で、インドネシアはそんな料理に恵まれている。
これまで インドネシア情報局 では、ソト・アヤムとスプ・ブントゥットくらいしか紹介してきていないが、ソロのトラディショナル・スープと呼ばれるティムロは、個人的には久しぶりの大ヒット、美味しい料理であった。

ティムロ ソロのトラディショナル・スープ 1

英語で紹介されているサイトをざっと目を通すと、ティムロ Timloは、インドネシア伝統料理と中華系のコンビネーションで生まれたような説明をみかける。

ティムロ ソロのトラディショナル・スープ 2

私がティムロを食したのは、ソロの街中。
ジョグジャカルタで使用する運ちゃんのハンドコが、サンギランやソロをブラブラした際に紹介してくれたので、食べにいった。

ティムロ ソロのトラディショナル・スープ 3

私が食したお店のティムロは、いつでも人で混雑しているとの話だったので、非常に期待した。
そして、その味はあっさり、さっぱりとした中に、チキンや香辛料のコクが溶け込んでおり、私の味覚にもピッタリ。

ティムロ 4

材料にはチキンのレバーや胃を使用している。

ティムロ 5

これがまた良い味を醸し出しているのだが、なんだか分からなかった。
日本でいうところの「油揚げ」に近い食感。
ティムロにはソイ・ビーンズを使用と記載のあるWebも見かけたので、油揚げの一種かもしれない。

このレストランは1952年創業。
ソロでは相当有名なレストラン。

ティムロ 6

外見はボロイですが、味は逸品?!!

Timlo Sastro 1
住所 Pasar Gede Timur No. 1-2, Solo
電話 (0271) 654820
営業時間 6:30 - 15:30

ティムロ 7

Timlo Sastro 2
住所 Jl. Wahidin S No. 30 (Ruko Tugu Lilin A-5, Penumping), Solo
電話 (0271) 728981
営業時間 6:30 - 22:00

もちろんティムロ・スープはきっちり2杯食した。
是非とも、ジャカルタでも同様の味を食したいのだが、見つからないかもしれない。

ソロにお立ち寄りの際、好奇心ある方は、是非ともトライしてみてください。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

殺人未遂犯と過ごした日々 上
殺人未遂犯と過ごした日々なんてタイトルだと、お前の素性や商売は何なんだと疑問を持つ人もいるかもしれないので、最初に簡単な説明をしておこうと思う。

時は今から約10年前。
舞台はもちろんインドネシアの首都ジャカルタである。
もちろん殺人未遂犯は日本人ではなく、インドネシア人。
単純に私が過去に退職した会社のトップの判断で、会社支給であった私のアパートのお手伝い部屋に彼が寝泊りしていた時期が数ヶ月あっただけである。

世の中、様々な経験をしている方も多いと思うが、それでもさすがに殺人未遂犯と過ごした日々経験のある方は中々いないと思うので、綴っておこうと思う。

スグンはインドネシア人にしては若干背が高く、大きなやや丸めの顔が特徴であった。
スグンという名前は結構インドネシアでは少なくない名前だと思う。

ある時から突然会社に現れたのだが、会社のあったジャカルタ中心部では有名なオフィスビルの窓拭きをしていたところを私の上司にあたる日本人が引っ張ったという話だった。

高層ビルの窓ガラス拭きをしていたので、教育レベルは低く、普通の会社に勤めることは通常では不可能。 もちろんオフィスボーイの様な末端社員として採用。 それでも、何で引っ張ったのか解せなかったが、直接私の仕事には関係なかったので、気にはしなかった。

教育レベルは非常に低いのだが、結構気が利き、話も通じることから悪い奴には見えなかった。
車の運転が出来たので、日曜日に運転手が入らないときは、私の直接支払いで運転手を勤めてもらったことが結構ある。
そんな時にプライベートな会話も良くしていたので、彼の性格を掴めるチャンスは多かった。

私の当時の評では、彼は気が利き、頭は決して悪くはないが、社会的モラル度が低い。
社会的モラルの低さは、警察のいない場所での交通ルール違反はもちろん、ちょっと酷いなと思えた他の車への威嚇、タバコの投げ捨て等から感じることが出来た。
インドネシアにはそんなタイプの人間も少なくないのだが、彼に対しては親近感も湧いていたので、チャンスのある内に少しでも学んでもらいたいとも思っていた。
そんな行動をみかけた時に「おめーはガキか、それとも姿だけ人間の動物か」と注意すると「スイマセン」と謝る素直さはもっていた。 挨拶もいつもきちんとした。
上司やボスの悪口は絶対に言わず、温厚そうに見えるのだが、それでも、何かコイツ秘めているものがあるなという目を時にしていた。 所謂、時に怪しい感じの奴なのだ。

98年、アジア通貨危機の影響もあり、当時勤めていた会社が経営危機に陥り、金の切れ目が縁の切れ目とは良くいったもので、社員よりもまずは自分達の金と快楽優先で生きてきたインドネシア人と日本人のトップが喧嘩別れ。

私はその時点で辞めれば良かったのだが、大きなプロジェクトが存在していたこともあり、ずるずると日本人サイドに残ってしまった。

スグンはその日本人に雇用された形だったので、必然ついて来た。
そして、会社が経営していた私の住んでいた場所も閉鎖が決まり、私も引っ越すことになった。
その際に、アパートのお手伝い部屋にスグンを住ませてくれという話が上からあった。

アパートは広く、私はどうせ一室しか使用しない。
上司になんて相談もしなかったが、スグンに「もう一部屋空いているから、そちらを使えばいいよ」とオファーもした。 ただ彼は末端の人間で、同様の部屋で生活をすべきでないと考えていたようで、最後までお手伝い部屋を使用し続けた。

彼は夕刻仕事終了後、夜中にもう一仕事ある。
それゆえ、そんなに頻繁にアパート内では顔を合わせなかったが、それでも深夜に音楽をかけながらリビングで本を読んでいると、彼の帰宅時に顔をあわせることもあった。
そんな時も挨拶し、とっても丁寧だった。
それでも何か私に隠しているような怪しい雰囲気は消えることがなかった。

給料が安いのは知っていたので、時には、昼間買っておいた菓子やジュースをあげたり、出かけついでに買い物を頼んだ時の小銭は渡していた。 
何度誘っても、一緒のテーブルで食べることはなかったが、私の料理ついでに、彼が給料を少しでも残せるように、夕食も同じものを食べさせていたことも良くあった。

そんな私の行動が、私自身の命を救ったとか、事件に巻き込まれなかった原因とは、毛頭も思っていない。

彼からすれば、それなりのお金を所有している日本人と同じスペースを共有していたのだが、私を襲うとか、何か悪さを企もうとする気配は全く感じなかった。
何か隠していることがありそうだという怪しさと直感故に、部屋の鍵はかけて寝ていたが・・・。

その時点では、彼が殺人未遂犯ということを知らず、時にはクダラナイジョークもとばしていたのだが、ある時から事態は急展開となる。

・・・そんなワケがない(笑)。

私は無事に生きているので、大したことは起きず日々を過ごしたが、彼とは突然別れることになった。

彼は、最後にだけ私に嘘をついた。
私はほぼ嘘だと見抜いていたが、わざと騙されて、少ない餞別をくれてやった。
その後に彼が過去に犯した罪が徐々に明らかになっていった。

私が許せないのは、彼ではなく、彼の過去の素性を知っており、その雇用理由と実際の雇用、そして私と居を同じにさせていた日本人の上司のみだ。
しかしながら、ファックな野郎の話は、このブログで詳しく語るに値しないので、綴るつもりはない。

殺人未遂犯と過ごした日々のみにフォーカスした後編をお楽しみに!



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアで急増する腎臓販売広告
インターネット上で「腎臓売ります」という広告がインドネシアで急増しているらしい。

インドネシア人の腎臓販売希望者の存在は、予想出来ることとは言え、実際に報道されるとそれなりに驚きがある。

腎臓は体内に2個あるので、1個機能していれば生命に別状はない。
それなら1個売ってしまえと思わせる原因は「貧困」にある。

最近はあまり聞かなくなったが、インドネシアでは日本人からすれば僅かな労災金を受け取るために、工場で指をわざと落とす人の話は、過去には結構耳にした。

今後も「腎臓販売希望者」は、インドネシアだけでなく、アジアの他国や世界中でも、これから増加する可能性を大いに秘めている社会現象である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ネットで「腎臓売ります」 インドネシアで広告急増

 パソコンや携帯電話の普及で簡単に無料広告を出せるようになったことに加え、政府の取り締まりもないため、隣国シンガポールへの供給地として東南アジア最大規模の臓器売買ビジネスが横行しているとの指摘もある。

 「腎臓が必要な人は連絡を。24歳。心身とも健康。親族の医療費と家族の借金返済のため」「18歳、女性。健康。学費と家族支援のため」。無料広告サイトには、宝石や車などの広告に交じって腎臓売却の広告が並ぶ。日本円で数十万~数百万円で、実名や連絡先も掲示。

 インドネシアでの臓器売買は違法で、最高で禁固10年もしくは罰金10億ルピア(約1千万円)。 しかし、国家警察報道官は「これまで腎臓売買での逮捕例はない」と説明、エンダン保健相も「ネット広告で腎臓売買が行われていることは知らない」と述べるなど事実上、野放し状態だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
産経ニュース 2010年2月14日

腎臓を患っている人や家族をもつ人には、ある意味朗報でもあるかもしれないこのニュース。

記事にもあるように、そして最近、新生児の誘拐が増えていることからも、インドネシアはシンガポールの供給基地として「臓器売買ビジネス」が横行している可能性は大きいでしょう。

何故シンガポールかというと、医療技術ではアジアの中では先端を走る存在であり、臓器移植手術も多いと考えられるからだ。

大分以前に、医療関連業種に携わっていたので、私も若干のことは知っている。
インドネシアの真の富裕者達は、検査や手術、入院でも、自国の病院に治療、入院することはあまりなく、また病院やドクターの医療技術さえも疑っている人が多い。
実際、インドネシアでは誤診が多く、それによる死亡者も年間かなりの数になっている筈である。

病院でのデモに立ち会ったことも何度かあるが、感染症を気にしているとは思えない感じの病院さえ決して少なくないと思う。 私が見学していた当初より現在は改善されているとは言え、2年程前、こんなんでICUに入って良いのかと思うことも経験した。

インドネシアの医療事情はそんな感じなので、必然、真の富裕者達は、シンガポールの病院に世話になる。

医療技術をしっかり持っているドクターは、ドイツ等で学んだ華僑系のドクターが多いのだが、医師の全体数で見ると数が絶対的に少ない。 そんな医師達は、病院数軒と自身のプライベートホスピタルをかけもちしている人が非常に多い。

インドネシアは医師の数だけでなく、病院数も足りていないのが現状でしょう。

話が主題の「腎臓販売」からそれましたが、もう一つは医師のモラル問題も隠れた問題ではないかと、記事を見て勘繰っています。 闇で悪いことをしている医師も存在するだろうし、インドネシアは臓器ブローカーが暗躍しそうな立地・条件も整っている。

何故かというと「いくら教育レベルが低く、貧しくても、普通、自身の腎臓を販売しようとは思わない」点が挙げられる。 そしてインドネシアは噂社会でもある点。
おそらく「腎臓販売」の成功事例を喧伝する奴や組織があり、噂や実話を聞いて安心した貧困層を「腎臓販売」の広告へと走らせているのでしょう。

怖がる人をこちらの思惑通りに導く手段の一つとしては「嘘でも良いから成功事例を提示」するというのが手っ取り早い。 まあ詐欺手法としては基本の手管です。

インドネシア政府も早急に何らしかの対処をするべきだが、主原因が「貧困問題」に起因しているので、しばらくの間は表面上だけでも、取り締まり強化をするしか方法はないのかもしれません。

日本を含め各国政府が「貧困問題」に取り組めば、実際のところは、かなりの「貧困」が解消できると試算している人もいるのだが、現在の金融、政治、エネルギーのシステムが壊れないと稼動できそうもない。

今の恐慌はその破壊の始まりだともとれるのだが、5月の上海万博後、世界中でデモや暴動が頻発するようになると思うと、最初の犠牲者がまたしても「貧困者」となりそうなのが、少々悲しいです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジャカルタで話題のレストラン アパートメント
2月10日ロイターの記事でも紹介され、The Apartment Restaurant Jakartaで検索するといくつかのブログ等の記事が確認出来る。

ジャカルタにあるレストラン「アパートメント The Apartment」がユニークなレストランとして話題となっているようだ。

「アパートメント」のコンセプトは「自宅にいるようなくつろぎ」。
名の通り、このレストランでは、様々な部屋の家具の間にテーブルが配置されているらしい。

アパートメントの記事を読んでいて、非常に気になる点がある。

パジャマ姿のウエーターが「寝室」で食事を取るかと尋ねたり、「キッチン」や「バスルーム」でも食事したりすることが可能という点だ。

イスラム国なので致し方ないかもしれないが、「寝室」で食事を取るかと尋ねてくるのが、ウエーターではなく、ウェイトレスだったら、私はジャカルタSohoに戻り後、直ぐにでもこのレストランを訪れようとするだろう(笑)。

ウェイトレスに「寝室」で食事を取るかと聞かれれば、有無も言わずにそうするだろうし、「何を召し上がりますか?」と聞かれれば、有無を言わず「お前」と返してしまうだろう。

「キッチン」で甲斐甲斐しく、食事の準備をしている女性がいれば、そのひたむきな姿に感動し、絶対に後ろから抱いてしまうに違いない。 「食事の準備中だから、今は駄目よ」なんて言われたら、男性の本能、火に油を注ぐようなものだ。 男は制御不能へ。
何か昔のにっかつ映画でありそうなシーンだなあ。

「バスルーム」では食事でなく、「一緒に入ろう」が基本中の基本である。
1本つけてもらって、風呂に入りながら、一緒に熱燗を飲むのも悪くないなあ・・・おっと、南国インドネシアなので、熱燗はねーか。

う~む、ウエイター使用でないとこのレストランは、レストランとしての経営が不可能だ。
とはいえ、日本なら秋葉原辺りで私の冗談コンセプトをパクッて、風俗レストランがオープンしたりして。

ユニークなコンセプトのレストラン「アパートメント The Apartment」は、食事に行ったことがないのに、ここまで男のクダラナイ冗談と妄想を膨らます恐るべし場所なり(笑)。
ウェイトレス使用だと、とてもじゃないが、自宅のようにはくつろげない。

The Apartment
住所 : Menara Gracia, Ground Floor, Jl. H.R. Rasuna Said Kav. C-17
電話 : 021-5200380

ジャカルタで時間がとれたら是非とも行ってみようと思うレストランだが、「コンセプトは斬新で面白く、食事も美味しかったが、何で可愛いウェイトレスをもっと使用しないんだ」と、今から書くことが既に予想できてしまうのが悩ましい(笑)。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

バリ島とロンボク島を揺らした地震
アンタラ通信にて、2月12日にバリ島やロンボク島を揺らした地震が報告されています。
震源は、ヌサ・ドゥアから南西210km、深さは10km。
地震のマグネチュードは6.6。

M6.6ですので、結構大きな地震です。

津波の心配はなく、被害も報告されていませんが、ロンボク島のマタラムでは住民がパニックを起こしたようなことも記載されています。

バリ島やロンボクを揺らす震源の地震は珍しい?

私は近年よく地震の起きているスマトラ島からジャワ島にかけてのインド洋サイドが危ないと考えていましたので、バリ島近辺のエリアが揺れるとは思いませんでした。

ともかく、今年もインドネシアは地震に要注意です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジャカルタ行きは景気が良くて満席?
やはり、インドネシアは景気が良いのか!?

短期でジャカルタSohoへ戻らなければならないのだが、東京Sohoでやるべきことも結構ある。

いつでも何とかなっていたので、じっくり構えていたら、今回はビックリしてしまった。
飛行機のチケットを取るのにこんなに苦労するとは思わなかった。 どこも満席が多い。

バリ島行きなら分からないでもないが、ジャカルタ行きが満席。
やはり、インドネシアは景気が良いことが影響しているのだろうか!?

出発日を何度も変更し、様々な航空会社で問い合わせたのだが、ジャカルタ行きはことごとく満席、満席、満席。

ようやく入手したのだが、格安チケットというには若干高め。
こういうのは致し方ないので「授業料が少々高くついた」と思うしかない。

しかし、何故にジャカルタ行きがそんなに混雑しているのだろうか?
受験や帰国、新規赴任の人が多くの混雑か?

もちろん都合とスケジュール調整故に、こちらのアクションが遅かったとは言え、ここ数年、こんなケースは初めてだ。

というよりも、ひょっとすると、私自身に問題もあるのではと今回は考えた。
海外に出るのは普通の旅よりスケジュール上規制が厳しい旅の延長線上と考えていたようなフシがあることに気が付いた。

仕事の出張以外、要するに旅というやつでは、32歳位までは、チケット以外は出たとこ勝負、何とかなるぜという旅を繰り返していたような気がする。
現地で見たいところはたくさんある。 しかし時間に限りもあるので、スケジュールは臨機応変に変更すれば良い。 そんな方法でも、絶対に見たい場所を外したことは一度もない。

過去の旅では、現地空港に着いて、目安はつけているとはいえ、ホテルや宿の予約などしなかったので、初めての海外旅行で同行した友人の顔が強張っていたケースも少々あったような気もする。
現地で宿を探し出し、宿泊出来るかは、自身の運試しとしては中々悪くはないゲームだ。
下手でも英語を使用するにも良いチャンスだ。
その間にその国の空気を感じることも出来、宿泊探しは慣れるとそんなに時間もかからないので、決して時間が無駄とは思えないちょっとしたスリルを楽しみ時間でもあると言える。
全てのアレンジを私に任せたのに「確認しなかった奴にも問題あんだろ」という理論は通る筈だ・・・、通らねーか(笑)。
まあ休暇の時の旅なら、仕事上、迷惑をかける人も皆無なので、最悪、飛行場で寝るという手もある。

最近は友人達が訪問してくれ一緒に旅を楽しむケースでは、時間という制約があるため、きちんと飛行機と宿泊場所は決めているが。 

相変わらず話が飛ぶ。
本日は雑記だから、まあ気にすることもない。

しかし、ジャカルタ行きの飛行機が満席、満席とは、やはりビジネスチャンスで動く人も増えているのだろうか?という疑問は氷解したいと思う。

中国、インド、インドネシア。
この辺りの路線は混雑しているのだろうか?
資本主義も末期的状況で「少しでもビジネスチャンスを見出せるところに移動する」なんてことが起きているのだろうか。
米国を捨てて、ほぼ近い人口を持つインドネシアにトヨタが丸ごとやってくるのかな(笑)。

本当に景気が良いのか?
それとも表面は静まり返っていても、地下ではマグマが猛々しく活動しているのか?
ジャカルタSohoにて観察するのも、一つの楽しみとなりそうです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ブロック状ゴム ( 天然ゴム )
ゴムは天然ゴムと合成ゴムに大別出来る。
天然ゴムは、ゴム樹液に蟻酸を加えて凝固した後スモークしたもので、シート状のものと、ブロック状のものとに分かれる。

今回は、天然ゴムでも、ブロック状のゴムのご紹介。

ブロック状のゴムは、これまでは欧米向けの輸出が多かったのだが、日本向けも輸出が増え始めているようだ。
タイの天然ゴム価格が上昇したせいか、弊社にもタイから輸入していた国からの問い合わせが入るケースが増えている。

天然ゴムの産地は東南アジアに集中しており、タイ、インドネシアは世界の天然ゴムの2大生産地である。

ゴムは、成分分析により技術的格付けされ、TSR(テクニカル・スペシファイド・ラバー)と呼ばれており、それらは産地ごとに、名称が異なる。

インドネシア SIR
タイ     TTR
マレーシア  SMR

ブロック状ゴム 天然ゴム 2

弊社が探しているのは、SIR20というブロック状の天然ゴムを必要としているメーカーさん。

ブロック状ゴム 天然ゴム 1

ブロック状のゴムのスペックは上記です。
写真を拡大下さい。

インドネシアのゴムメーカーは、ISO9001:2000を取得しています。

現在、思いつく各国に話を振っていますが、日本向けにもスペックがあうようなら、引き合いを探しています。

ご興味ある会社は、メール tera@mbk.ocn.ne.jp にてお気軽にお問い合わせ下さい。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

ソロスの来イで思ったこと
ジョージ・ソロスがインドネシアを訪問。

副大統領のブディオノ氏を表敬訪問したことが報じられている。

ブディオノ副大統領のスポークスマンの発表として、下記の様な記事を見かけた。

ソロスは投資の大きなポテンシャルをもつ国としてのインドネシアの経済を知りたがっていた。
ソロス曰く「インドネシアは大きな投資の可能性を秘めている国の一つ」。
しかしながら、ブディオノ副大統領とソロスは、意図的に、現在のインドネシア経済と財務状況に関しては議論しなかった。

今月、ジョージ・ソロスがやってきて、3月は米国オバマ大統領のインドネシア訪問。

この動きはとっても気になるし、何かが裏にある筈だ。

インドネシアは産金国でもあるので、ソロスが最近言及した金(ゴールド)に関係しているのか。
それとも、公表されていないが、インドネシアで、海底大油田やガス田が見つかっているのではなんて勘繰りをついついしてしまいます(笑)。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

2009年 インドネシアの経済成長率(GDP)
インドネシアの2009年の経済成長率(GDP)が発表されました。
2009年の経済成長率 4.5%

インドネシアの経済成長率(GDP)は、現在の日本、アメリカ、ヨーロッパの各国が羨ましくなる数字です。

インドネシアの友人の中でも「何で日本の景気が悪いの?」なんて質問する人も稀にいますが、インドネシアにいると今までのところ危機感はあまり感じませんので、そんな質問が出るのも分からないでもない。
伸びている国や伸びる可能性が高い国は、元気があって羨ましい。

国民一人当たりの名目GDPは、ドル換算で14.1%増の2590.10ドルとなったそうです。

単純計算で、インドネシアは日本の約倍の人口がいるので、GDPの大きな成長は、人口=マーケットという感覚で捉えるとインパクトが非常に大きい。。
そして、子供の教育費を考慮し始める人が増え、少子化が進んでいるアセアン諸国の中でも、インドネシアは一人気を吐き、人口は増え続けています。

現在、国民からの税金徴収システム構築にも力を入れているインドネシア政府だが、汚職によるザル(税金の漏れ)が減れば、今まで以上に政府基盤も良くなるし、インフラも進む筈ですが、一番儲かるのは脱税(笑)で、これまで慣れてしまった国民への教育も必要となっていくのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中央統計局(BPS)は十日、二〇〇九年十-十二月期の国内総生産(GDP)を発表、物価変動の影響を除いた実質経済成長率(GDPの伸び率)は、二〇〇九年通年で四・五%を記録した。石油・ガスを除いた成長率は四・九%。二〇〇八年九月以来、世界経済の混乱が続く中、インドネシアは堅調な内需に支えられて、経済への影響を最小限に抑え、中国やインドに次ぐ新興国勢力として世界の注目を浴び始めてきた。ユドヨノ政権は任期が満了する二〇一四年までに七%以上の成長率を目指しており、天然資源や内需のほかに、直接投資の促進を目指した投資環境改善への取り組み強化が求められることになる。

- 中略 -

 スリ・ムルヤニ蔵相は十日、昨年の成長率が政府見通しの四・三%を上回ったことについて、「第四・四半期の成長率が非常に良かったということを示している」と説明。「外的要因という側面では、輸出入が予想を上回る早さで回復している」と語った。また、大蔵省のアンギト・アビマニュ財務分析・国際協力センター所長は「資本財が再び入り始めてきており、第一、第二・四半期後には直接投資も拡大し、経済が再び軌道に乗り始めるだろう」との見通しを示した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
じゃかるた新聞 2010年2月11日

これから起こる「ドルの死と世界経済リセット」時に、インドネシアがどの程度影響を受けるのか、細部までの予想は出来ませんが、米の生産と食料自給率にさえ気をつければ、インドネシアは立ち直りも早い国かもしれませんね。

世界経済の荒波はさておいて、今年のインドネシアの懸念事項は、地震と鳥インフルエンザの変異(こちらは再来年?)でしょう。

上記とは関係ありませんが、日本は為替が要注意のような気がしています。
リコール問題で揺れている日本の大企業に止めを食らわす条件も整ってきましたので、急激な円高を警戒しておいたほうが良いかもしれない時期と個人的には考えています。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

マイ・ウェイ 命懸けて歌わせて頂きやす!
世界的に有名なシンガーソングライター、ポール・アンカが、フランク・シナトラの人生を思い描き詞を書いたと言われる名曲「マイ・ウェイ」。

マイ・ウェイは年配の日本人でも大好きな人が多いと思う。
私の父も大好きだったので、親不孝な私の出来る最後の親孝行として、出棺の際に大音響で流したことを思い出す。

このマイ・ウェイ。
インドネシアの人も好きな人が多いと思う。

生演奏の入るバアで、一人悦に入りマイ・ウェイを歌い上げる人をこれまで何人も見かけてきた。
前回インドネシアで、友人のヘニーとカラオケにいった際は、旦那さんのアントがやはり「マイ・ウェイ」を歌い上げていた(笑)。

私自身の音楽的志向は、ロックやパンク、ブルース、ジャズなので、フランク・シナトラ何てという感が強く、抵抗感で聞かなかった曲なのだが、やはり30歳を過ぎたころより大好きな曲になっている。

詞、曲共に素晴らしく、世界中でヒットとなったことも理解出来るのだが、この曲はどうもアジア人の心の琴線にも大いに触れるようで、日本人、インドネシア人だけでなく、アジアの中でも愛している人が非常に多いと私は認識している。

この「マイ・ウェイ」。
ところ変わると、同じアジア圏でも歌うのには命がけの場所があるようだ。

フィリピンでは、カラオケで、マイ・ウェイを熱唱した際に伴う殺人事件が多発。
「マイ・ウェイ殺人」と呼ばれるまでに至っている模様。
その結果、多くのカラオケ屋がマイ・ウェイを選曲から外しているらしい。

フィリピンでは、「マイ・ウェイ」は、誰でも知っていて一家言を持っている曲で、調子っぱずれで歌った客を他の客たちが野次ったり茶化したりして、銃撃などに発展するというのが事件のパターンだそうだ。

普通、殴り合いになっても、銃撃戦にはならんと思うのだが(笑)。

過去には米軍が居たせいで、銃も出回っていると聞くフィリピン。

日本ヤクザの逃亡先でもあるフィリピン。
10年ほど前に訪れた際は、年間でみると死体が結構見つかるので、やくざ関連の殺人事件は地元でも騒がれないと聞いた。
比較的日本から近くて、拳銃、女、ドラッグ等、そこそこ簡単に手に入る英語圏なので、過去には彼らの良き疎開先であった。 疎開ついでに一仕事も楽ですからね。

過去にフィリピンは仕事で5回ほど訪問したことがある。
マッサージ店内のサウナにはモンモンを背負った人も多かったけど、最近はどうなのだろう。

マイ・ウェイは「オレ流でやった」といったその歌詞が、歌う側を誇らしくすると同時に傲慢にもする結果、トラブルが起きやすくなるとの分析がされているようだ。

<産経ニュース 2010年2月8日 インターナショナル・ヘラルド・トリビューン 参照>

フランク・シナトラの生き様の一部は、映画「ゴット・ファーザー」にも出ていますね。
そこでは決して格好よくはないけど。
「マイ・ウェイ」が原因で、銃撃戦が起こるとは、マフィアと付き合いのあった故フランク・シナトラも、さぞかしビックリだろう。

ちなみにマイ・ウェイが原因で、インドネシアで銃撃戦が起こることはおそらくないと思います。
こういった部分でも国民性の違いが垣間見られるのは面白いなあとつくづく思いました。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

ショップ・シルバームーン
仙台にて、新規お取り扱いのお店がございますので、今回はレニー・フェビィ・ジュエリーの日本販売店を紹介させて頂きます。

ショップ・シルバームーン Shop Silver Moon 仙台店にて、レニー・フェビィ・ジュエリーを取り扱って頂いております。

ショップ・シルバームーン Shop Silver Moon 1

ショップ・シルバームーン Shop Silver Moon 仙台店
宮城県仙台市青葉区国分町3-3-3
定禅寺てんぐやビル4F

ショップ・シルバームーン Shop Silver Moon 2

営業時間 : 11時~19時
定休日  : 月、火曜日
電話   : 022-707-3090

ショップ・シルバームーン 3
ショップ・シルバームーン Shop Silver Moon 仙台店の地図はこちらです。

場所はけやき並木で有名な定禅寺通りに位置しています。
ガラス張りで、変わった形のメディアテークといわれる、県立の図書館のすぐそばです。

現在、仙台にてインドネシアの有名デザイナー、レニー・フェビィ・ジュエリー作品をご覧になれるのは、ショップ・シルバームーン Shop Silver Moonのみです。

ご興味のある方は是非ともお気軽にお立ち寄り願います。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

これから火を噴く米国商業用不動産問題
ジョージ・ソロスに「血を見るのはこれからだ」と言われた米国の商業用不動産問題。
米国の商業用不動産問題が爆発する時期のカウントダウンは既に始まっている。

サブプライム問題以降、住宅価格の暴落、世界金融危機、大手企業の倒産と失業者の増加。
米国が自業自得とも言える経済危機に陥っているのは、世界中で知れ渡っていることだが、これからも大激震を起こす震源地の一つとなる。
その米国発の震源の一つが商業用不動産問題である。

日本も過去のバブル時に似たような過ちを起こしており、最終的に銀行は統合されたり、消えたりしたのだが、米国で現在起きている規模は日本の比ではなく、質も大きく異なり、物凄い勢いで銀行の淘汰、破綻件数が増えている。

米国 近年の銀行の破綻件数

2008年 25行
2009年 140行
2010年  9行 (1月22日時点 この日は1日で5行の銀行が破綻)

FDIC(米連邦預金保険公社)の「問題銀行リスト」には、破綻は552行が存在していると言われている。
要するにこれからも、まだまだ米国の銀行破綻は続くということだ。
小さくて力が脆弱な地銀のような存在から屍を築く。

その銀行破綻の主な原因の一つが、商業用不動産であるのだが、1.ノンリコースローン 2.小さな地銀は、消費者ローン等の分野では大手に勝てないため、必然的に地元に根付いている商業不動産の融資が多い 等が原因となり、焦げ付きが今後も増加するという状態である。

ノンリコースローンとは、ローンを返済しなくても、物件を引き渡せば返済したことになるローン。
実は米国の住宅ローン、さらに商業不動産は、ノンリコースローンが適用されているケースが非常に多いことが問題である。

経済が上向き状態で、不動産バブルが起きていた米国では、ノンリコースで自身の住む家とは別に、住宅や商業用不動産への投資・投機を行っている人が多かった。
ローン残高が、下落し続ける不動産価格よりも大きくなればなるほど、返済能力があっても、不動産を引き渡し、ローン放棄するというモラルハザードが頻繁に起きているのが現状である。
ノンリコースローンでは、貸し手=銀行が損失を被るので、住宅ならともかく、大きな商業用不動産でやられてしまうと小さな銀行はひとたまりもない。 結果、破綻を引き起こす。

ノンリコースローンなどという商品を販売した銀行サイドにも責任があるのだが、金に目が眩み、バブルにのって投機していた連中のモラルハザードも、金融危機を泥沼化するのに一役買っている。
それは公的資金を受けながらも、世界中が驚くボーナスを手にして顰蹙を買っているウォール街の連中の神経と大差はない。

2009年7月、FRB議長のベン・バーナンキは議会証言で、商業用不動産市場について「金融システムの新たな爆弾」と発言している。

ここまで綴った記事を読むと、既に起こっており進行形の米国商業不動産が、何故将来の大問題、新たな爆弾なのか?と疑問に思う人がいると思う。

そちらを説明して、米国商業用不動産問題に関してのネタは幕としようと思う。

米国の商業用不動産がノンリコースローンを適用しているケースが多いのは前述した。
ローンは借り換え時期が存在する。
それが今年2010年から2013年に集中している。
その金額、表立ってでは、1.2兆ドル(約110兆円)と言われている。

更に商業用不動産のローンは、小さく切り分けて債券化されたり、バラバラにしたものをかき集め、別の証券化商品(デリバティブ)とされたりして、ここ10年の米国で販売されてきた。
そして、そんなデリバティブを購入しているのは米国内の金融機関だけではない。

それだけでなく、金融工学を駆使した更に複雑化した商品までも販売してきたので、溶かしあいが不可能なものだけでなく、最早訳のわからない世界に突入しており、実体を正確に掴めている人も世界にどれほどいるのだろうかという事態となっているのが現状である。
今回の金融危機で、実際に穴がどれくらいあいたか、研究者によって微妙に数字が異なるのは、本当のところは計算しきれないし、複雑過ぎて掴みきれないことに起因していることが理由だろう。

ともかく米国の金融危機は、これからが本番で、正念場であることには間違いなく、その問題が表面化する日も確実に近づいているということです。

オバマ米大統領は2月5日、メリーランド州で演説で、「中小企業が抱えている商業用不動産ローンの借換資金も支援対象に加える」と発表したようですが、どこまで対応しきれるか?

危機を食い止めるために、米国政府が更なる公的資金を注入すれば、既に信用を失くしているドルは確実に終焉へと向かうでしょうし、将来ハイパーインフレに見舞われる可能性は高い筈です。

藤原直哉氏のインターネットラジオでは、欧米の新聞では「国際金融市場解体」と言った内容が非常に増えていると話していました。
心ある日本の僅かなマスコミは伝えて初めていますが、大手新聞等の大本営発表を信じていると、これからますますスリルのある日々を過ごすことになるでしょう。

「物質に対する精神の優位性」
日々、お金を追っている私も、最近はこんな台詞も頭に思い浮かべるよう努力しています。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。