インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hard Rock Hotel Bali  ハードロック・ホテル・バリ
「新作がアップされるまで、時間がかかっちまったけど、Baby、インドネシア情報局 を待っててくれたんだろ!」

「O.K. Baby、今夜はお前のハートを掴んで離さない熱い日記をおおくりするぜ!」

「走り続ける インドネシア情報局 を馬鹿にする連中もいるかもしれないが...Baby、お前だけは分かって欲しいんだ! この俺の熱い想いを、今夜ここに集まってくれた全ての人々に捧げます!!」

って、自分で書いていて恥ずかしくなる(笑)。
誰も待ってやいね~し。
何か売れる前のハウンド・ドッグと大好きだった甲斐バンドのMCが混ざったような感じになっているか?

この出だしには訳がある。
バリ島のホテルはおそらく宿泊する可能性はないだろうと思っていたHard Rock Hotel Baliだったからだ。
お客さんはフリーのツアーで来イ。 その方が経費として安かったそうだ。
その宿泊ホテルがHard Rock Hotel Baliだったので、自然の流れで私も同じ場所に。
まあ全ての経費はお客さん持ちなので。
そしてロックが大好きな私は、この熱い想いを胸にそんなノリで書き始めたというわけだ。
Hard Rock Hotel Baliは過去に一度飲みにいったことがあった。

元々音楽を聴くのは大好きで、ロック、ブルース、レゲイ、パンク、ジャズなどがお気に入り。
ジャカルタSOHOでも東京SOHOでも、仕事のノリが悪い時にはCDをかけながら仕事をしている。

小学校5、6年の時にヒットした甲斐バンドの「Heroになる時、それは今」あたりからロックを意識し始めた。 サザンもその頃だったと思う。 その前には沢田研二。 
中学に入り、イエローマジックオーケストラ。 そして大滝詠一、佐野元春、杉真理、山下達郎、友人の影響で洋楽。 ビートルズを聞き始めたのもこの頃。
高校になり、初めてライブへ。 甲斐バンドのライブを見て嵌ってしまった。 その他、邦楽では、矢沢永吉、浜田省吾、尾崎豊など。
高校退学寸前の問題があった時。 Rolling Stonesのアルバム「Dirty Work」がリリース。 この時のPVのキースリチャードのワイルドな格好良さに参ってしまい、以降、音楽的にもRolling Stonesフリークに。 ここからブールース、レゲイ、クラシックロックへも音楽の幅が広まった。

土方で稼いだお金で、タワーレコードに両手に持てるだけの、レコード(当時はようやくCDの発売が始まったばかりだった)30~40枚を購入した時は、本当に気持ちが良かった。 長い休暇の時は、ほとんど土方のバイトをしていたので、高校生の分際で数十万円持っていた。

17歳から27歳くらいまではライブも良く見に行った。
ブルース・スプリングスティーン、ジョン・メレンキャンプ、トム・ぺティ、Rolling Stones、ロン・ウッド、ボブ・ディラン、ジャクソン・ブラウン、ルー・リード、ヒューイ・ルイス、スティング、デビッド・ボーイ、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ほぼ毎年来日していたエリック・クラプトン、U2、UB40、ボンジョヴィ、アーパーな感じが最高だったデイヴィッド・リー・ロスなどなど。
邦楽では、佐野元春、杉真理、サザンオールスターズ、甲斐バンドは10回以上行ったか。

タイミングが悪くてまだ見たことがないトム・ウェイツ、ブライアン・アダムス、復活したユニコーン。
当時の出来事や思い出も結構音楽と重なり、様々な記憶として残っている。

Hard Rock Hotel Baliに宿泊している間、部屋を出た通路にも音量小さめに音楽がかかっているし、ホテル入り口正面のBarは夜、生バンドがご機嫌な演奏をしている。 懐かしい曲も多く、何故か若かりし頃をやたら思い出し、体に活力が戻ったような気分になった。 この現象を年をとったと呼ぶのだろう。
ここのところ、インドネシア 滞在時もバンドの入ったBarで飲むことも無かったので、Hard Rock Hotel Baliでは、2日連続でアルコールとロックを楽しんでしまった。

Hard Rock Hotel Baliの部屋割りは面白い。
Rock n Roll
Blues
Reggae
Psyche Delic
Alternative
なんて部屋番号以外に区画の名前が付いている。

私の滞在した部屋はAlternativeの6●●2。
部屋にはガンズン・ローゼスのサイン付き写真。

場所がクタエリアなので、窓からの景色が素晴らしいなんてことはないが、部屋はそこそこ広く、陽が当たり、水まわりも綺麗で問題なかった。 仕事でホテル滞在する場合は、部屋は狭くてもいいから、陽が当たり、水まわりが綺麗なホテルに限る。 
朝食は結構充実している。
スタッフはフレンドリーで、お会いした日本人女性のゲストリレーションの対応は非常に良かった。

「ロックのホテルなんて落ち着かない」と思われる方もいるかもしれないが、落ち着かないほど煩くなければ、がちゃがちゃしていない。

http://www.hardrockhotels.net/bali/
ハードロック ホテル バリ

若い人も高齢者も、ロックンロールファンは是非ともお試しあれ!

Hard Rock Hotel Bali
部屋にあったマッチ。

<ハートに火をつけて> The Doorsのフレーズが記載されていた。

すっかりロックづいてしまい、本日は朝からお気に入りのロックミュージックをかけっぱなし。
ハードロック・ホテルのBarでは面白い体験をしたので、続きは明日にでも。

本日は夕方から別のお客さんと居酒屋にて簡単なミーティング。
洋酒が続いたので、本日は焼酎か...って、以前の価格の頃に買い溜めしたキープボトルがない(泣)。
大した金額ではないが、仕事終了後、少々の実入りがあったので、今夜は少しばかり贅沢をするか!?

O.K. Baby、心の赴くままに行動するんだ!



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

旅に出ます...
旅に出ます...なんて台詞を吐いてみたい。

単なる仕事で急遽出張です。
良い意味で、異常に忙しいです。

旅に出たい...出張先がバリ島なんて最悪です。
バリ島は遊びに行くべき場所です!!

そんな訳で金曜日までインドネシア情報局はお休みとさせていただきます。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

金融システム崩壊でインドネシアに学ぶこと
インドネシア情報とは関係ありませんが、ジョージ・ソロスも「金融システムは崩壊した」なんて講演で言い切ったようです。

これまでデリバティブ理論を駆使し、あちこちの市場を崩壊させてきた張本人が何を今更のたまっていやがるんだとも思えますが、インドネシアを含んだアジアの新興国だけではなく、イギリス、スイスを含めたヨーロッパ、ロシア、南米も経済はズタズタです。
ブラジルのリオのカーニバルの山車も一度使われた部品を使用するなど、不況の波は様々なところに及んでいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 著名投資家のジョージ・ソロス氏は20日、世界の金融システムは実質的に崩壊した、とし、危機が短期間で解決する可能性は見えていない、と述べた。

 ソロス氏は米コロンビア大学で、動揺は大恐慌時よりも大きい、との見方を示し、現状をソビエト連邦の崩壊に例えた。
 同氏は、2008年9月の米リーマン・ブラザーズの経営破たんが市場システム機能の転換点だった、と述べた。
 ソロス氏は「われわれは金融システムの崩壊を目撃した」とし、「金融システムは生命維持装置につながれた。今もまだ同じ状態にあり、景気の底入れが近いとの兆しはみえていない」と述べた。
 
 オバマ米政権の経済再生諮問会議議長を務めるボルカー元米連邦準備理事会(FRB)議長もこの日、世界の鉱工業生産は米国よりも速いペースで減少している、と述べている。

 ボルカー氏は「大恐慌も含め、いかなる時代においても、全世界で景気がこれほど急速に悪化するのを見たことがない」と述べた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニューヨーク 09年2月20日 ロイター

在インドネシアの大手日系商社も5名くらいの規模で帰国させるようですし、バイク以外の産業も仕事がなく悲惨な状況と化しているようです。 メーカーも生産ラインを閉じて、週3、4日の稼動に切り替えているようですが、この後も状況は悪化するので、各企業、体力勝負となってしまうかもしれません。

逆に世界の現状は、茹で蛙状態(カエルは60度のお湯に入ると死んでしまうが、水のうちからカエルを入れておき、少しずつ熱していった場合は、その温度変化に気付かず茹で上がってしまう)とも見てとれ、目の前の大きな危機を感じなくなっている人が増えているようにも思える今日この頃です。 もちろん慌ててもどうにもならないのですが。

世界的に天候もおかしいようで、今年は食糧不足、水不足が心配されていますので、まさに弱り目に祟り目です。 
ただし現在の危機的状況は、故意に経験したくても経験できるものではなく、完全なる時代の転換を目の当たりにしているので、非常に貴重な体験とも取れます。

普段日本人の目からすると、あまりにも馴れ合い、いい加減な甘えが目立つインドネシアの家族主義、縁故主義ですが、純粋な助け合いという意味では、我々日本人もインドネシア的な家族・友人との接し方や付き合いの中にも、ひょっとすると学びがあるかもしれません。

本日、時間があまりないと感じたので、ジョージ・ソロスの記事にあわせ、私見を述べてみました。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

日本政府のインドネシア金融支援策
土・日は数ヶ月ぶりに、ほぼ完全休暇としました。
思考を停止させ、とくかく何も考えない時間を過ごすのことに集中。
土曜日はサウナを4セット楽しんだ後、穂の香で最後のキープ焼酎を(泣)。 トロトロの気持ちの良い状態で帰宅し、8時間の睡眠ですっきり。 日曜日は近所の格安足裏マッサージ。
それでも少しだけ仕事をしようとしたら、電気配線がおかしくなり、コンピューターが使用不可能に。 そんなところにまで、休暇を楽しもうというフォースが働かなくても良いのに(泣)。
急遽、コンピューターの場所を変え、現在は何とか仕事が出来る状態に。

東証1部上場の商工ローン大手、貸し剥がしで物議を醸し出していたSFCG(旧商工ファンド)が、東京地裁に民事再生法の適用を申請。 経営破綻しました。
株式市場の崩壊もじわじわと進んでいますので、メガバンクや大手生保も既に黄色信号です。

インドネシア もルピアが酷い状況で、いつ底を抜けるか分からない状況です。
それでもショッピングモール等は、今まで通りに人々で賑わい、表面的には危機を感じさせない状況で、かえって不気味に感じ取れます。 経済の信号機は赤に変わる寸前だと思っていますが。

そんな中、日本から インドネシア 金融支援が決まり発表されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 日本政府は二十一日、インドネシア向け金融支援として、インドネシア政府が日本の債券市場で発行する円建て外債(サムライ債)に最大十五億ドルを保証するほか、日本とインドネシアが緊急時の通貨スワップ協定として定めていた上限を、六十億ドルから倍となる百二十億ドルに引き上げることで合意したと発表した。
 米国に端を発する金融危機が、世界各国の金融市場に混乱を及ぼす中、経済規模が急速に拡大している インドネシア に対し、通貨危機の再発を未然に回避するための予防的措置を講じることで、アジア地域における経済・金融の安定化を図る構えだ。
 サムライ債の保証は、国際協力銀行(JBIC)の保証付与の形で行われる。インドネシア政府が円建て債券を発行するのは初めてで、ドル建て外債やイスラム国債など、資金調達の多様化の一環。今後、私募債か公募債かを決め、関係機関の契約や主幹事の選定などの準備を進め、三月以降に発行する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年2月23日 じゃかるた新聞

通貨危機再燃の予防措置としていますが、こちらも一時的な時間稼ぎにしかならないでしょう。
市場はじわじわと人々の想像以上に悪くなってきており、資本主義は突然死するのかもしれません。

日本も中小零細には仕事のない会社も急増しており、お金が流れなくなってきており、資産を食い潰しながら生きながらえている会社だらけです。
悲しいかなデリバティブ損失により、実体経済よりもはるかに莫大な金額が消滅しているのですから、これまでの経済理論で防げる問題ではないようです。

ジョグジャカルタのBarで飲んでいる時にTVニュースで見かけたのだが、オバマ大統領就任記念行事にUFOが現れたとか。 メンター藤原直哉氏からのメールにても連絡されてきた。
Youtubeで<オバマ UFO>でも<Obama UFO>でも、検索すれば視聴可能なので興味のある方は楽しめます。
エイリアンさえも興味を持たざるを得ない地球の状況とはいかがなもんなんでしょうか。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

汚職撲滅名目で広がるインドネシアの汚職
インドネシアの国家医薬品食品監督庁( BPOM )が、ML番号を取得していない商品の摘発を行いはじめ、日本人向けや外国人向けの食品等が手に入らなくなったことは以前に数度記載した。

スーパーマーケットは、在庫を抱えているので、商品が駄目になる前に販売してしまいたい。
小出しに販売したり、国家医薬品食品監督庁( BPOM )も休日である土・日のみ販売したりと色々工夫はしている。 それでも何度も摘発を食らったスーパーも多いようで、会社としての存在を脅かされてきているようだ。

ジャカルタ郊外の私の近所にも「スキン・ケアー」のお店があったが、そんなところにまで捜査が入ったようで、罰金なのか違反見逃しの裏金か不明だが、8,500万ルピア(約70万円)支払ったそうだ。 捜査で引っかかったのは、外国産のスキン・ケアー商品。 店そのものは存在しているが、薬がないので、もはや開けていても意味のない状況となっている。

このお店はインドネシアのドクターが経営しているので、捜査は外国人だけでなく、現地の人にも及んでいるようだ。 そのあたりは公平性を感じ取れるが、70万円のお金はどこに消えているのだろうか?

今回のインドネシア国家医薬品食品監督庁( BPOM )の一斉捜査は、今まで関税や簡単に輸入できない商品を通関させるために裏金でいい思いをしていた政府税関への嫉妬から始まったとも噂されており、更には権力(パワー)の集約化で政治家のファミリーが裏で暗躍しているとも言われている。 また総選挙を見越し、資金を増強したい政治家同士の裏の戦いの場とも言われているので性質が悪い。

更に性質が悪いのは、外国人の仕事に関する密告も酷くなってきている。
VISAの切り替えのほんの隙間に摘発するのだから、内部の人間あるいは余程内部事情を精通した人間でないと、密告できない状況のケースが多い。
残念ながら古くからインドネシアに住む日本人が商売敵を潰すために行うケースもあるようだ。
捕まえにきた警察が「情報は日本人からだ」と漏らしてしまったケースが存在するので、間違いないと思う。
今年の夏、秋までには驚く程に世界経済が悪化するので、そうなってくると更にそんな醜い心を持つ人間の行動が炙り出されてくるので、こちらも良く注目しておく必要がある。
スケジュールが重なっているので、私は会合に参加出来るか分からないが、もし仮に参加出来き雑談出来る時間があれば、その辺の裏事情もミーティング相手の方に尋ねてみようとも思っている。

過去のブログで記載した通り、ML番号がない商品は違法販売となってしまうのだが、法という名の下で、簡単にお金を稼ぐ方法を覚えたインドネシア国家医薬品食品監督庁( BPOM )は、現在非常に性質が悪く、酷い悪臭を放っている。

インドネシア国家医薬品食品監督庁( BPOM )のある管轄のトップ役人。
ML番号取得のために既に袖の下を払った業者に高級ホテルで食事を奢らせ、その際には家族と子供の恋人まで呼ぶ奴がいる。 宴の終了間際には「子供とその恋人がバリ島へいく」ので飛行機のチケットまで無心する野郎がいる。 そんな連中は、頼むからとっとと死んで欲しいと思う。

汚職撲滅名目で広がるインドネシアの汚職。
裏には高度な権力争いと選挙も絡んでいるので、もはや止まりそうもない。

法律遵守名目で広がるインドネシアの集金方法。
上記に述べたのはあくまでも一例に過ぎない。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

全日本アルコール依存党
中川昭一のヨッパライ会見はYoutubeで観たけど「ふう~」なんて、本当に酔っている様子が見てとれて、政治の世界もストレスが多く大変なんだなあと改めて認識したけど......アル中には(笑)。
以前より噂されていたが、アル中説はどうも本当のようである。

飲むのが大好きな私がいうのも何だけど、いい感じで酔っ払っていて、疲れた哀愁さえも感じてしまったが、あれが世界に配信されたと思うととっても恥ずかしい。

世間でも既に認識していた人もいた様で、Yahoo 知恵袋は大いに笑わせてくれた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
質問
中川昭一さんは酒豪ですが、 和田アキコとどっちが強いですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

中川さんは、アルコール依存症、所謂アル中です。
国会開催中も匂っていることが多いようです。

和田アキ子の方が強いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目指すわけもなく、出馬しても当選するわけないので、どうでも良い想像だが、私は政治家を目指さなくて良かった(笑)。 おちおち酒も飲めない。 昼間は飲みませんが。

いや、しかし、これから崩壊する自民党に別れを告げ、中川の昭ちゃんと新党結成もいいかもしれない。 副党首には和田アキコが適任か!

党名はやはり国民の方々に分かり易い様に<全日本 アルコール依存党>。
党歌は「酒と泪と男と女」と「帰ってきたヨッパライ」
マニフェストは「給付金12,000円支給のかわりに、ふう~、年12リッターのビールを支給。 特に11月から12月の ふう、気温が前年より3日以上低い時は、ふう~、年末に+8リッターの酒あるいは焼酎を緊急支給。 1度飲みにいったら終了の心ない元は税金の給付金よりも、ふう、辛い感覚やストレスを和らげるアルコールで全てを忘れてしまって下さい、ふう。 揉めていても、ふう~、一緒に飲んだら全てをながす、ふう、腹太の改革を行います!」
これで世間のおじさま票と普段は絶対に選挙にいかないレゲイのおじさん達の支持は頂きだ。
選挙区は新橋、新宿あたりから崩していこう。

「全日本アルコール依存党誕生により、選挙投票率がアップ」とか「貧困層に圧倒的な支持率」とか、ニュースを連日騒がすことは間違いなしだ。 「党首、中川昭一の本格的巻き返し」
政治資金はもっぱらメーカーで言えばアサヒ、キリン、サントリー、ニッカ、土地で言えば新潟、宮城、灘、鹿児島、沖縄あたりから流れてくることを期待したい。

まずは一議席ずつ地道に増やしていくしかないが、そのうち真の実力が外交で証明される。
外交上のパーティーでアルコールによりはめられた例も、日本は過去少なからずあるようだ。
日本人は酒とヨイショに弱い。
どうにも外交上のパーティーで弱い日本の第一党は、躍進する全日本アルコール依存党の政治家に参加を要請するようになる。 特に中国、ロシア、韓国相手の外交パーティーでは、もはや全日本アルコール依存党の政治家の独断場。 
腹の割り方と目の据わり方、その酒の強さとしつこさで、各国首脳や閣僚をじわじわと追い込む交渉は相手を脅かしつつも、何故か首を立てに振らせてしまう外交。

「本日、朝8時半、ふう~、ふーちん、...プーチンと迎え酒を飲みながら、北方四島問題解決と日露平和条約締結を進めていくことに双方で合意しました」なんて党首中川昭一がTVで微笑む日が来るかもしれない。

次々にアジア外交で成功する日本に焦った「酒量は度量だ」の台詞で有名な北のテロ国家の将軍も「全てを話すから俺も仲間に入れてくれ」なんて日も。

もちろん外交は偏ると歪がでる。 今までの友好国や他国とのバランスや配慮も必要だ。

アメリカ、イギリス、アイルランドへは、日本国が持つ借金をチャラにする代わりにバーボンウィスキー、スコッチウィスキー、アイリッシュウィスキー、モルトウィスキー、ジンの恒久的な無償供与条約を締結。 ドル問題が解決したので、世界恐慌終結は目前か?!

フランス、イタリア、ドイツ、チリ、南アフリカ、オーストラリアも同様の政策や技術協力で、ワイン、ブランデーの恒久的な日本への無償供与条約を締結。 食卓からワインが消えたなんて強い反日感情も当初は出るが、円借款ではなく、ワイン逆輸入無償供与で問題は早々に解決。
「酔い国、ジャパン。 心と体を温める良心的な外交措置」と欧州のメディアは好意的な記事を。

他国へのODAや借款に対する返済も、メキシコならテキーラ、ブラジルならピンガ、カリブ諸国はラム酒でO.K.

ついには全日本アルコール依存党が第1党へ。
それでも日本はかろうじて産業立国としての地位は世界最高であった。
法案改正で「昼間から飲んでいいのは全日本アルコール依存党党首のみ。 国民は最低週3日の休肝日が義務付けられ、日曜日はファミリーデイとして全国一斉休肝日」

世界中から集めたアルコール類のため、値段は格安。
「若者達から大麻が消えた!? <高くてパクられる大麻なんてわざわざやってらんねーよ!>」とか「原発を廃止して、アルコール発電を!」とか「トヨタの最新ハイブリッドカー。 無害、四合ビンの焼酎で東京-大阪まで。 トヨタの技術部長は<アメリカ生産車はバーボンで、ロシア生産車はウォッカで、各国のアルコールで走る技術は既に確立。 これから中近東の砂が何かに使用出来ないか研究中>と強気な発言」なんていう記事も次々と週刊誌に。

そして世界中から集めたアルコール類を日本は世界の紛争地域に投下。
二日酔い発生による戦意力減退。 長引く酔いに戦闘終結へ。

また各国、特に西洋諸国では「自国の食卓に嗜む程度のワイン、ウィスキー、ブランディーを」をスローガンに、失業していた人達を先頭に農業革命、そして自然回帰が始まり自然とロハスな生活を目指すようになった。 気がつくと環境問題もかなり改善へと進んでいたのだ。

それでも全日本アルコール依存党の党首、中川昭一の世界的改革はまだまだ道半ばだ。
イスラム諸国、特に中近東や酒類を生産していない諸国とどの酔うに平和的な発展が可能か、共存共栄への挑戦は始まったばかりだ。

まずは比較的親日国と思われる インドネシア。
イスラム教が大多数を占める インドネシア の人達とアルコールを絡めず、どの酔うに共存共栄を進めていくかが大きな課題だ。
基本的には インドネシア にはアルコール依存症やアル中が存在してはいけない筈だ。

メルギブソンにどこで治療したのか、まずは聞かないと...。

ふう~。

全国のアルコールファン、今こそ連帯の時だ!


本日はちょっと趣向を変え、書いてみましたがいかがでしたでしょうか?
登場人物や会社は存在していますが、全てフィクションです(笑)。
インドネシア情報がちっともないじゃね~か、って...ネタ切れをおこした訳ではありません。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシア情報なしの普通の日記
ジョグジャカルタへ向かう日は結局2時間の仮眠しか取れなかった。
現地に到着し、早速仕事を開始。
18時前にホテルへ戻れた。
シャワーを浴び、少々別の仕事を電話でこなし、夕食後、部屋へ。
TVはほとんど見ないので、ジャカルタSOHOにも入っていないNHKをつけてみた。
天童よしみがでており、何やら演歌系の番組のようだった。 天童よしみの体型はいつ見ても天童よしみだが、この体型をずっと維持していることに存在感を感じながらも、音楽的にはロックやジャズが好きな私は画面をボーと観ていることにはならなかった。
ファッションTVにしておけば良かったと今書いていて少し後悔した。 あれなら最近のファッションを楽しめ、モデルも楽しめ、時には透けて見える胸を楽しめる、一石三鳥だ(笑)。 巨乳、巨乳と日本のメディアは騒ぐけど、私のように何ら巨乳に意味を見出せない人にはお勧めだ。

腹いっぱいになったので、眠れると思いきや、そうでも無かった。
以前より気になっていたのに副島隆彦氏との共著以外に手を出していなかった佐藤優氏の作品。
「交渉術 文芸春秋刊  1,667円+税」 読み始めたら、面白しすぎて止まらななくなった。
次回帰国の際には、別の著作を読むのが楽しみ。

それでも1時間程、仮眠をしようと目を瞑ったのだが、全く眠れない。 元々一度起きると眠れない体質なのだ。 40分程しても全く眠れそうもない。

待っているな?
何が?
Barが!
It's drinking time !! という訳で、ノボテル・ホテルのいつものBarへ、22時よりご出勤。
ビールを1杯、並々注いでくれたグラスで7杯くらい飲んだ。
疲れがあったので、さすがに少々酔った。

このブログをアップする50分前にジャカルタSOHOへ戻った。
そこそこのネタも仕入れてきたが、そちらは明日からの頭の文章に使用していこうと思っている。

夕食がまだなので。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

イスラム金融と銀行の豆知識 上
この インドネシア情報局 の記事がアップされる頃、私は地方にいる。
インドネシアの古都、ジョグジャカルタへ出張。
FC2ブログは予約投稿機能が付いているので、どうしても記事をアップしたい時には便利である。

今この記事を書いている夕食後の休憩時間は、今晩寝ることが出来るのだろうか? 寝れそうな可能性は高いが、中途半端に2、3時間寝るなら、寝ないほうが良いかもなどと、若干葛藤しながら記載している。 朝、4時半頃起床、5時半出発だ。
心の支えは、ジョグジャカルタのいつものBar。
今回も面白い話が聞ければ、この インドネシア情報局 で紹介しようと考えている。

何度かこのブログで紹介したNevadaに記載されていて私も気付いたのだが、最近になり日本銀行(日銀)の株が暴落しています。

「日本銀行の株って、市場で取引されているの?」なんて思う人もいるかもしれません。
YahooでもGoogleでも検索してみてください。 金額もきちんと出てきます。
日銀の出資証券はジャスダック市場に上場され、民間保有の株が取引されています。
ただし日本銀行は株式会社ではありませんので、株式は公開されていても、議決権は存在しないようです。 日本銀行法により、そのあり方が定められている認可法人で、政府機関や株式会社ではありません。

日銀の資本金は1億円。 日銀法ででは「資本金のうち政府からの出資の額は、5千5百万円を下回ってはならない」と定められています。 要するに55%は政府が株式を所有していることになります。
そして面白いのは45%の民間出資者は謎。
ヨーロッパ、ロスチャイルド家、アメリカのシティーグループが所有しているなんて話もありますが、陰謀論ともとれるため、あくまでも噂の領域です。

ただし日本は明治維新の頃からヨーロッパの資本家が相当絡んできています。
最近になりようやく日本のTVでも放映されるようになってきているようです。

良い例が坂本竜馬とグラバーの関係。
薩長同盟の立役者、坂本竜馬のファンは多いですが、彼の起こした亀山社中(後の海援隊)は日本最初の武器商社ともとれます。 グラバーは中国でアヘンを売りまくって阿片戦争を引き起こした貿易商社ジャーディン・マセソン商会の代理人で、ロスチャイルドのロイズ保険や香港上海銀行(現HSBC)の代理店も務めていました。 中国で捌いた阿片の代金をイギリスに送金するのに作られたのが、香港上海銀行(HSBC)と言われています。
脱藩者、坂本竜馬はどこにそんなお金があったの?というと、グラバーが出資していたのは間違いなさそうです。

<余談になりますが、私も貿易に携わっている身として坂本竜馬も好きですが、性格的には、酒ばっかかっくらっているのに、頭の切れと行動力が抜群だった高杉晋作の方が性に合い、しかしながら、更に人間性で上をみると、心の深さ、度量においては西郷隆盛こそが日本男児と考えており彼の大ファンです。>

更に例をあげると、日露戦争。
高橋是清が戦費調達を、クーン・ローブ商会から行なった事は有名ですが、こちらもロスチャイルド。

またアメリカの中央銀行とほとんどの人が思い込んでいるFRB(連邦準備制度)。
FRB発足は1913年ですが、アメリカ政府は1株も所有していない銀行家達の私有銀行です。

そういう歴史的な背景では、陰謀論と言って笑ってすませられない裏の歴史や真実は存在すると思っています。 

日本の八幡神社系の宮司さんと何度かお話したことがあるのですが、彼曰く「戦前の日本の歴史と戦後の日本の歴史はあまりにも違いすぎる。 戦後は明らかな意図があっての操作された歴史を我々は認識されられている」なんて彼は言い切っていました。

おっ、また本筋から離れ始めた(笑)。

さて、もともとイスラム教も、キリスト教も、ユダヤ教でも、本来は利子の徴収を禁じられていました。
古代の聖人達は利子を取ることの弊害を理解していたのかもしれませんね。

それでは競争が生まれず、富の創出の上で成り立つ、発展は望めないのではという意見もあるかと思います。 しかしエゴが過ぎた現在その体制=資本主義は、大きな貧富の差を生み、怨嗟を生み、さらに実体経済よりはるかに大きな金額となっているデリバティブによって自壊しようとしています。
旧ソ連の共産主義も、人々が平等であるユートピア的な思想が消滅した原因の一つは、人間の欲望を計算しきれていなかったからと私は考えています。

イスラム教も、キリスト教も、ユダヤ教でも、本来は利子の徴収を禁じられていたにも関わらず、ユダヤ教の人々は例外となってしまいました。 昔のヨーロッパでは「キリストを殺した罪人」として、土地の所有も制限され、まともな職業に就けなかったからです。
唯一許された職業。 キリスト教徒が嫌っていた高利貸しや金の保管、両替商という利子が関わってくる職業だったようです。 またここでは詳しく述べませんが、「タルムード」からくる<選民意識=異教徒は人間でないので何をしても構わない>があったため、資本を蓄えながら、金融技術を飛躍的に発展させました。 銀行というシステムの基礎はユダヤ人が創ったと言ってもいいでしょう。

ただし現在イスラエルに存在し、ユダヤ人と言われている人々は聖書に出てくるユダヤ人の末裔ではない可能性が大きいようです。 聖書に出てくる血統的なユダヤ人は世界中に散っているようで、可能性としては今のパレスチナに多そうです。 日本にも来ていたかもしれないと言われているのは、<神輿が契約の箱そっくり>とか<京都の祇園祭は古代ユダヤの神様をお祭りしている(こちらは祭りを執り行っている団体が認めています)>とかの日ユ同祖論で知られています。

<異教徒は人間でないので何をしても構わない>
テロを起こすから防衛の為に、また怨恨の歴史ゆえに叩くのか分かりませんが、子供500名を含めた1,000人以上の非戦闘員を殺した最近のイスラエルの狂気は、タルムードの思想からも大いに影響を受けているかもしれません。

ユダヤの歴史とユダヤ問題はあまりに深く、追求出来ない、あまり真実が表に出せない事情もあるようで、もちろんここでも記載しきれません。
一つだけ言える簡単な矛盾は、イスラム教徒やキリスト教徒のことをイスラム人とかキリスト人と言わないのに、ユダヤ教徒だけは何故かユダヤ人と呼ばれることが諸々をボカしているというポイントです。

また話が本筋からそれ始めた(笑)。

もともとイスラム教も、キリスト教も、ユダヤ教でも、本来は利子の徴収を禁じられていました。
しかしながら、インドネシアはイスラム国家とは言え、利子を取る銀行がほとんどです。
それでも、調度アジア通貨危機以降、イスラム金融(銀行)も随分と目に付くようになりました。
私も少し勉強をしなければ、自信を持って インドネシア情報局 で紹介出来ないので、ここ数ヶ月中に続きを書こうと思っています。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシア 焼酎の関税 350%?
「あしたのジョー」が週間現代で復刻掲載される。

週間現代の編集長は「『あしたのジョー』は、格差や不況で閉塞感が漂う現代社会の究極の癒やし。何度挫折してもまた立ち上がる主人公、矢吹丈らの生きざまが、心身ともに疲れきったサラリーマンにパワーを与えると考えた」とインタビューに答えたようだ。

「あしたのジョー」が、格差や不況で閉塞感が漂う現代社会の究極の癒やしを与えるとは思えないが、大好きな漫画の1つ。 私も若き日に嵌り、人生でも大きな影響を受けすぎて、高校退学寸前に至ってしまった、今では良き思い出がある(笑)。
復刻掲載の「あしたのジョー」は、是非とも若い人にも楽しんで頂きたい。 男の沽券をかけてどうしても闘わなければならない最悪の事態の時は、安直にナイフなんぞを使用せず、一対一の拳で勝負を決めてもらいたいと思う。 我々が子供の頃は、喧嘩ごときで子供や若い人が死ぬなんて悲しい事件はほとんどなっかたのだから。 どちらか一方が完全に負け勝負になると、双方の友人達が止めに入った。 ナイフを使用したり、集団暴行なんて、男としての美学がないなあと、最近のおじさんはつくづく思うわけである。

「あしたのジョー」が復刻掲載されることから、私よりも少し年配の方達が、今職場の第一線で仕事をしていることが読み取れる。 これからも私の年代が懐かしいと思う企画が増えていきそうな予感。
「がんばれ元気」「リングにかけろ」「男一匹ガキ大将」「激 極虎一家」「ガクラン8年組」「硬派 銀次郎」なんかも良かったなあ、って全部殴りあいシーンのある漫画ばっかりか(笑)。

インドネシア のジャカルタに戻り、殴り倒されたような感覚。

インドネシア では、日本食品だけでなく、外国の食品はいまだに入手が難しい。
数ヶ月前の食料管轄庁の手入れ以来。
それでも華僑のサプライヤーがML番号を取り、焼酎の卸売りを開始し、ジャカルタの居酒屋でも入手が可能になったようだ。
おおっ、朗報と思いきや、ここで殴り倒されたような感覚。 関税350%!! ガーン(泣)。
日本のスーパーで1,000円-1,500円くらいの焼酎が、約6,500円以上。 インドネシア の以前の価格の倍以上。

在イ日系企業の接待交際も抑えられつつあるとはいえ、企業に勤めていれば、取引会社同士の持ち回り接待等で自身懐を痛めず飲むことも可能だと思えるが、小さな自営業では、もはや酒の一滴は血の一滴ではなく、飲めねーぞ(泣)。
輸血が必要な患者に輸血を行えない危機的状況だ。

焼酎の関税350%。
EPAの早急なる発動で、関税撤廃とか、何とかならんのか!?
インドネシア はイスラムの国なので、アルコール輸入の規制はただでも煩そう。
しっ、死活問題だあー、って、そんなに大げさなものではないか(笑)。
むしろ食品が入ってこない方が、ご家族で駐在されている人には問題だ。

在イ日系企業も生産ライン調整や労働日調整等で、皆大変苦労しているようだ。
新型インフルエンザ回避という名目のコストダウンで、家族に帰国命令を出している企業も存在する等の噂も耳にする。 現地駐在員を減らす企業もそこそこあるようだ。

嗜好品である焼酎を飲みたければ、<しっかり稼ぎな>ということなら、「その喧嘩、買ったー!」という訳で、何度殴り倒されても「立てー!立つんだ、ジョー!」
しっかり稼ぐ強い意志を再び固める原動力とするのであった。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ちゃんと並ぼうね! インドネシア人のマナー
昨晩2月14日は、以前のスタッフ、華人であるへニーの結婚式があったため、必ず ジャカルタ にいる必要があった。 幸いにも香港のスケジュールが前倒しに出来たため、13日にジャカルタに戻ることが出来、結婚式にも無事出席出来た。

キャセイの香港-ジャカルタ便はほぼ満席。 インドネシア人、華僑系の人々、中国からの出張の人達がほとんどを占めていた。

香港観光のインドネシア人も多かったようで、その場を見ている限りでは、世界恐慌に突入しているという雰囲気は全く感じなかった。 国や地域が異なれば、伝播の仕方や影響の出方、人々の危機感が異なっている現実は非常に面白い。
まあ世界の大手銀行や保険会社の株価を気にしなければ先は読めないので、知らぬが仏か。

日本、香港やインドネシアの様子を見て確信してしまったのは「強奪的資本主義は近年必ず崩壊する」というポイント。
ラビバトラ博士や私が池袋のヨーダと呼んでいる易のおじいちゃんの話から。
それぞれ著書やおしゃっていることは微妙に異なるのだが、彼らの神様がいると仮定した場合の話を私なりにまとめてみると「危ない、危ないと人々の注意が真にある間は、さほど大きな問題は起きない。 かなりの人々が楽観的になった時、大暴落が世界を襲う」
池袋のヨーダは更にこんなことを言っていた。 ヨーダの易は当たると評判で、お客さんには著名な人や政治家も結構混じっているヨーダ。
「日本の大地震、特に東海と関東の地震は、マスコミや人々の注意がある間は大丈夫です。 今回ばかりは富を持つものも平等に天災に合わせるため、誰もが他のことに気をとられているときに、それはやってくると思います」

あくまでも予測なので信じる必要はないのだが、一つ注目しておきたいのは<多くの人がこれから起こる最悪の事態を予測していない時に、それら(株式市場の大暴落や天変地異)はやってくる可能性が高い>というポイント。
日本は生活不況も叫ばれているが、何か全体的にボケた感が否めなかったし、香港やインドネシアの様子を見た限りでは、予測が当たる確立は高いと思ってしまった。

キャセイの様子から笑える話にもっていこうと思っていたのだが、また話がそれてしまった。
実に インドネシア情報局 らしい(笑)。

搭乗案内がアナウンスされるとかなりの人数がいっせいに搭乗口へ。
皆、相当な量のおみあげや手荷物を抱えているので、場所の確保のためと思われる。

起こるなと思っているとそれは起きた。
最初は一列に並んでいたのに、途中から無理に合流するようなラインが出来た。
そちらは要するに横入りライン。 通路を歩く人々の邪魔にもなっている。
しかしながらさすがはキャセイ。 横入りラインの長蛇の列に「あちらへ並んで下さい」と注意が入った。 女性だったが「どうしてこの人達、きちんと並べないのだろう」といった怪訝な表情。
いつものことなので、私は笑って見ていた。

そしてスカルノ・ハッタ国際空港に着いた時。
まだシートベルトのサインが消えないうちから、かなりの連中が荷物に手を掛け始め、数人のキャビンアテンダントにあちこちで怒られていた。 

私は思った。
インドネシア に帰ってきたなあ!

本当に インドネシア は、きちんと順番を守るとか、列を作るとかのマナーの欠如は甚だしい。
飛行機に乗れるくらいだから、そこそこ中級から上級の富裕層にも違いないのだが、マナーは本当に駄目な人が多い。
それでも少しはマシになってきていて、10年前はもっと酷かった。

地方に出張の時はよく横入りもされる...が黙っていると精神衛生上良くないので、スタッフが一緒だったりすると、そこそこデカイ声で「インドネシア人は並ぶってことを知らないからなあ」とか「俺が並ぶマナーを教えられたのは幼稚園だったかな!」なんて言ってみる。
周りはギョとして私を見る。 私の背後は綺麗な列が出来ていたことも多い。
ということは、良くないことと理解している横入り、確信犯か?お前らは!なんて思ってしまう。
私の声はただでさえデカイほうだ。 飲み屋で、猥談で盛り上がった時は、さぞかし周りのカップルの迷惑になっている可能性が高い。 反省。

シンガポールの空港では、大勢で搭乗口前の通路に座りこみ、食事をしていたりする光景も過去には良く見かけた。 その光景は面白い。 それを見た人々のリアクションが(笑)。 怪訝な顔をしていたり、あっけにとられたり、顔を背けながら笑っている人々の様子を観察すると、しばし時間を忘れ楽しめる。
そのシーンを見たウィッシャーとヘニー。 その時の台詞が良かった。

「インドネシア人として誇りはあるけど、今度生まれる時は日本のような国がいい。 とっても、恥ずかしい」 by ウィッシャー
「私の先祖は何で中国から南下してしまったのだろう。 どうせ国を捨て他国に向かうのなら、ヨーロッパに向かって欲しかった...」 by へニー

2、3年前はサウジアラビアの新聞で叩かれていた。
「メッカ巡礼のためのインドネシアからの飛行機が到着すると、トイレで水浴びをする人が多く、マナーを知らないインドネシア人の後は、トイレが水浸し」なんて記載されたらしい。 恥ずかしい(赤)。

飛行機から降り、イミグレーションに向かう途中。 こちらはマナーとは関係ないが...。
Baggage Claim に日本語のカタカナ表記も。
バッゲージ クラームだったかな? 読み方を表記するのは難しく、親切心からきていると思われる努力も理解出来るのだが、<クラーム>はないよなあ。

私は思いっきり笑った。
いよいよ インドネシア に入国だ。

イミグレーションの前には列を正しく並ばせるために、それぞれのラインのため鉄の仕切りが作られていた。
何だ政府も理解していたのか!
だったらイミグレーションで難癖を付けて、小銭をせびるのを止めさせる教育も是非ともお願いしたい。
国の玄関口で嫌がらせを受けると相当印象が悪いということを是非ともご理解頂きたい(笑)。

98年、暴動時。
空港は インドネシア から出国する人々であふれ、長蛇の列だった。
搭乗口に辿り着くまで5時間近く要したと思う。
その列の時も、きちんと順番を守っていたのは、日本人と西洋人だけだった。
パニック状態の人もいたとはいえ、日本人と西洋人以外の、世界中の人々は、横入り野郎だったのを目の当たりにした。

バングラディッシュでも酷い目にあったことがある。

列を作り順番を待つ。
これをマナーとして遵守出来るのは、世界の中でもまだまだ少数派のようだ。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

動くか? 自動集金装置
香港に一泊。
到着した日の夕刻及び翌朝から昼まで、ビジネス・パートナーのインド人、シェブリとの大事なミーティング。
その後、キャセイで インドネシア、ジャカルタへ。 22時。 約1ヵ月半ぶりにジャカルタ・ソーホーに帰宅。

まだ道半ばなので、ブログに書くか若干の迷いもありましたが、失敗は人に笑っていただくための貴重な材料なので、最終的に上手くいかなかろうが、成功しようが、隠したり、嘘をつくのが面倒くさい私らしく記載することにしました(笑)。 失敗したらお笑いネタが増えてそれもよし、成功し、何らしか法則を掴めたら、それを世間に広めるのもよしなので。

今、私の手元に27コンテナ分のオーダー確認書があります。
少なくとも、もっと私を信用してくれれば使用希望メーカーはあと2社あったので、30コンテナは越えていた筈なのですが...。 2社ともビジネス上、仁義のないことをしてくれて、その話は香港のパートナーから全て私の耳に入っています。 以前、1社は恫喝だなんて書きましたが、それは気分を表したもので、実際は無視する予定です。 どうせ近日泣きを入れてくる確信があるので。 
決済の為のL/Cを銀行、メーカーが受託すれば、注文確定です。
L/Cは香港の信用ある銀行から開かれるので、さすがにインドネシアの銀行でも問題ない筈です。
メーカーのオーダー確認書に当たるプロフォーマ・インボイスを入手出来れば、もはやGOです。

ここまで来ても、突然協力してくれない、やり取りを翻し、オーダーを受けない大手メーカーも、インドネシア には多く存在することをこの1年半学びました。
今回オーダー確認寸前までこぎ着けたメーカーは協力的な会社も多く、諸々理由があり、最悪数量が減っても17コンテナ位は確定になると思います。

仮に20コンテナ分を受注しても、真ん中に入る私に落ちるのはほんの数%
日本の金利よりはるかに良く、オーストラリアの金利よりはるかに悪いと言えば大体察しも付くと思います。
決まる寸前に来るまでにも1年半強が経過しています。
それでも決まれば、自動集金装置とは若干大げさですが、月あたりの実働のべ4日もいらない労働で、それなりの利益があがるのです。 検品なし。 オーダーは毎月です。 納期と決済で問題が起きないようメーカーをアドバイス、コントロールをするだけです。 私はその決済に関わりませんので、金額的な意味ではノーリスク。

ここまで来るのに会社を清算するかしないか悩んだ時期を含め、1年半強。
会社を最大限に縮小させ、生き残りを選択。 何故、経営者の自殺が多いのかじっくり味わいました。 銀行が貸してくれる訳がないので、友人達から借金。

自殺は痛そうだし、精神的におかしくならなかったのでやり過ごせましたが、本当にやばかった数ヶ月は不眠症になりました。 インドネシア の日本食材スーパーで米を購入するか迷ったこともあります。 安いローカル米を選択しました。 食べれるだけで、幸せとはこういうことなんだなあと実感。 そんな状況を察していたウィッシャーやお手伝いさんのルキニ、会計監査のノフィーは良く差し入れを持ってきてくれました。 今でも心から感謝しています。 お手当てを払っているお手伝いさんが差し入れする状況は「本当にお前、日本人かよ?」と日本人の人には思えるでしょう(笑)。

そんな状況で感じたのは、身近でも身近と感じていなくても、国が異なっても、身分が異なっても、自身を救ってくれる友人がいるかいないかは、大きな違いが出るということです。
私は単なるヨッパライで、冗談の度が過ぎることも多々ありますが、笑いの場を創りながら、謙虚に真剣に付き合いを深めていく日々は、自己の心を支えてくれる友人を増やし、人生を豊かにします。

崖っぷちで、まず腹を決めてやったこと。
取引してしても、緻密な計算をすると、実際には利益ゼロないしマイナスになる取引先との仕事は全て終了にしました。
思うよりも度胸は要ります。 数字の上では単純に売り上げを落とす作業なので。
しかしこれは大正解でした。
それまでは小さな仕事でも売り上げを上げるため、取る努力をしていましたが、それが数字の上では大失敗。 私が手を引く前は日本でそこそこ利益を出していた会社も、今では数社消えています。
そんな現状も知ると私と私の役割は何だったのか?なんても思いもありますが、選択権を預け共生の道を選択して頂けなかったので致し方ありません。
やはり今までのビジネスモデルが駄目だと感じたら、変化を起こさないとどうにもならないと実感している次第です。 そして面白い事に<こう変わるんだ>と整理を始めたとたんに<引き寄せの法則が動き始める>のか、理想的な新規取引先が登場し始めました。

今思うと困難な状況があって本当に良かった。 世界恐慌前にどの様にでも動ける体制がほぼ固めることが出来たので。 どこの会社も今慌てているようですが、私は攻撃態勢が整っているし、怖いと不安に思うこともほとんどない。

あくまでも道半ばなのですが、自動集金装置。 おそらく銀行はその一つとして存在しているといって良いかもしれませんが、そんなおいしいビジネスはほぼ存在しないと思います。
私も稼動し、動けば悪くないビジネスとは言え、その利益を生むためまでに1年半以上費やしています。 自動集金装置=まわり始めたら会社の元をなす根幹のビジネス という意味で記載しました。

私は インドネシア の雑貨からスタートし、バッグ、ファッション雑貨、ジュエリー、家具、インテリア等をメインにビジネスをしてきてしまいましたが、お金に余裕のある人がバリ島で小遣い稼ぎに行うビジネスなら良いと思っています。 インドネシア、ジャカルタで生活し、それを本業で行うケースの未来はX。 ただしやり方次第ではプラスにもなるので、そのモデルはこれから実験予定です。
ファッション、家具、インテリアは世界的な流行に左右されます。 毎年、ファッションは異なります。 面白い分野ですが、非常に手間、時間がかかり、感性さえも必要になります。
もちろん、私はそれらも取り扱っていますし、今後も継続するつもりですが、真剣に作業する趣味に関連したビジネス領域として考えています。

もし インドネシア で真剣にこれから起業をお考えの人は、インドネシア は資源豊富な国なので、そちらを特に真剣に検討してみて下さい。 上記にヒントとなることも書き、過去には思いっきり書いていますが、私のマーケット・出荷先は日本向けではありません。
日本向けは大手商社・中小商社が押さえてしまっています。 これから無くなる商社も増えるので、隙間は増えて、私の様な独り商社や零細はチャンスも増えると思いますが、商社の人も会社無き後を考えて、実に商社マンらしく混乱に乗じて動く人もそこそこいる筈です。 そんなに甘くないと思っていますが、それでも世界を見ればチャンスと隙間は非常に増大するのがこれからです。

今回、香港の空港で少し反省をしました。
67歳になるシェビル氏には、英文でも結構きついことを書いたことがあります。 それでも彼は私への接し方は変わらず、それどころか今回はこんな台詞も出ました。
「Masaki、お前の努力は理解しているし、もう一人のグループパートナーも認めているぞ。 近いうちに台湾のグループパートナーも引き合わせる。 会社を立ち上げる必要はないから、君のインドネシアの会社でも私のグループを名乗ってくれないか。 名刺に記載してくれるレベルでO.K.なんだけど」
早速、新しい名刺にしようと考えています。

実は27コンテナの確認書が出来るまで、彼が私に見えない場所で相当な労力を使用していた文面も数枚見ており、「この分は私だとここまで強気な交渉が出来なかったと思うので...」と言うと
「何言っているんだ。 私が一部転送を忘れていただけで、君を出し抜こうと思ったら見せないよ。 君がメーカーとコンタクトして、その情報を全て開示してしてくれた結果じゃないか。 君のサポートの賜物だよ。 だからこの分も君のコミッション分だ」 本当のお金持ちはとっても温かい。

通常、私の様に中で動く人間は私の様なやり方をしないと思う。
本当に出し抜かれる可能性が高いからだ。 仕事はしたけど、勝手に取引されて結果ゼロ。
ただシェビルと初めて出会った晩に直感が働いた。 そして自身に強く約束した。 <この男を信じて、全てを開示し、報告しよう。 だって相手は富豪で、私は失うものがないのだから。>

さあ最後の詰めです。
本当の意味で、最終結果が出るまではあと4ヶ月程必要なので、その頃また当ブログにて結果報告致します。 そして7月頃までには、月40-50コンテナまで持っていけると今現在確信しています。

もちろん世界経済やドルの状況に左右されるビジネスなので、まずはとにかく今回、最初の1歩を固めるつもりです。 世界経済にあまり影響を受けない場所で消耗品を販売する。 その実績さえつんでおけば、世界恐慌で一時的に全ての業種が麻痺しても、私の会社が合流したグループとともに立ち直るのは非常に簡単だからです。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

出張のためお休み
いつもご愛読の方、ありがとうございます。

出張につき2日程、お休み致します。


MASAKI 拝

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

銀座でいいスタート レニー・フェビィ・ジュエリー
ティファニーが円高還元ということで、少し安くなるようだ。
日本の市場は5%位で伸びているようだが、アメリカでは前年同月比で30%も売り上げが落ちている月もあるようなので、まあ売れる市場で、価格を落としても売る手段に出たということだ。

ティファニーにはもちろん遠いが、インドネシア のレニー・フェビィ・ジュエリーはお蔭様で、銀座での販売では良いスタートを切ることが出来た。
もちろんギャラリーの方達の努力にもよる。
ダイレクトメールを作製してくれ、その会社の持つ数百名のお客様に送付してくれたお陰である。
たいへんありがたいことにギャラリーのオーナーさんは、ジュエリーを学んだ方でもあり、自らコスチューム・ジュエリーやアンティークのジュエリーのヨーロッパ、アメリカでの買い付けにも慣れている。 そんな方がレニーのデザインをユニークで面白いと思って頂いての販売なので、こちらもとっても心強い。

レニー・フェビィ・ジュエリー ダイレクトメール 1

こちらがそのダイレクトメール。
オーナーから連絡を受けたのだが、思った以上の反響があったようだ。

こちらでは比較的ハイエンドな商品をメインに取り扱って頂いているが、既に2セット受注となった。

レニー・フェビィ・ジュエリー ダイレクトメール 2

今現在、受注しているのは、パール、ダイアモンド、サンゴのビーズ、14Kで作製された商品。

ジュエリーの知識を学んだオーナー自身が気に入ってくれたのだが、ご本人が選択した商品から受注が入った。 プロとの差を見せられたなあというのが私の感想。 お見事!!

Azure Charitez アズール・カリテス By GALLERY OLYM
東京都中央区銀座1-6-1 廣目屋ビル1F
電話 03(5250)0218

こちらで インドネシア の有名ジュエリーデザイナー、レニー・フェビィ・ジュエリーの商品を扱って頂いています。
ご興味ある方は、是非ともお立ち寄り下さい。

レニーは現在出張中で、オランダで、ジュエリーデザインの勉強中。
別の研修でドイツにいるオクからは、喜びのメールが入ってきた。

比較的お手ごろな価格の商品は、横浜のホテル・ニューグランド内のブティックでも結構な数量を扱って頂いています。 こちらも近い将来、インドネシア情報局にて紹介させていただこうと思っています。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

黄金のシルク ジョグジャカルタのクリキュラ
シルクに関していうと インドネシア は中国、タイ等からの輸入に頼っているのが現状だ。
中国メーカーが相手になると、設備投資力の力の差も歴然とし、必然的に価格競争となるので、悲しいかな インドネシア に勝ち目はない。

それでも、1994年より、インドネシア のジョグジャカルタ王室では、野生の蛾の繭「クリキュラ」の活用による地場産業振興育成事業をスタート。 低所得農業従事者の収入向上と伝統工芸の育成がミッションのようだ。

この野生の蛾「クリキュラ」は黄金の繭から成虫になる。
よってそのクリキュラの繭から紡ぐ糸は、黄金のシルクとなる訳だ。

黄金の繭 クリキュラ 黄金のシルク 1
ジョグジャ訪問の際に、小さな家内工業の人が持ってきてくれた繭は本当に黄金色をしていた。

この繭そのものは、エイ革に貼り付けたりも可能。
大分以前にランプのシェードも作製してみたが、中々味のある商品になる。

黄金の繭 クリキュラ 黄金のシルク 2

紡がれて黄金の糸となったもの。

黄金の繭 クリキュラ 黄金のシルク 3

手織りで作製されたシルク。

黄金の繭 クリキュラ 黄金のシルク 4

こんな感じの商品がお似合いかもしれない。

ジョグジャカルタの王室の商品は、日本の展示会等にも参加しているので、お目にかかった人も多いかもしれない。 ただし残念なのは価格がまだまだ高い。 商品としては非常にユニークで面白いものだと思っているが…。

http://www.jog-ja.com/
ジョグジャカルタ ロイヤルシルク財団のホームページ

活動内容の詳細が記されています。

価格が下がってくれば、売り込み先やチャンスはまだまだあると思います。
そんな理由で私は、価格が大幅に下がる家内工業を探し出し、じっくりと販売先がないか検討しているところです。 ベトナムでも作製し始めているので、チト急がねば。

黄金のシルクを紡ぐ、家内工業の写真も近々インドネシア情報局で紹介しようと考えています。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

時代に合わない一夫多妻
インドネシア は数でいうとイスラム教徒が世界で一番多い国。
イスラム教は厳格な戒律があるので、日本人からすると窮屈だなあなどと感じる人も多いと思う。

「私の信じる神様は非常に寛大なので、道徳、規律を守っていれば、ぐちゃぐちゃ言わないし、怒らないよ」  とか 「神が存在し、その存在を感じたり信じるために宗教があるなら、何で インドネシア はこんなに小悪さをする奴が後を絶えないんだ。 表面上、無宗教の日本も最近酷いけど(笑)」 とか 「神様は旅行中だよ、でなければ世界中、こんな酷い事にはならない by 矢作俊彦」 とか 「私が信じる絶対神は、どの宗教も寛容に受け入れるので、私が悪いことをしたり、邪な考えを起こさなければ、私の全てを飲み込む度量がある」

なんて、これまでの私は、仲の良い インドネシア の友人達には様子を見ながら、述べた台詞を使い分けてきた。 特にイスラム教だからと言って、もの凄く不便を感じたことはないし、インドネシアはイスラム教で良かったのかもしれない、何て思ってもいる。
こちらに関しては、過去にアジア・インドネシアの法律の専門研究者の方と、何度か議論し、双方の意見がまとまった見解を導き出せているので、いずれインドネシア情報局で紹介しようと思う。

また話が逸れた(笑)。

そんな訳で、インドネシアのイスラム教には不便を感じたことがあまりないので、イスラム教に関しては一般的な知識しかなく、そんなに学んだ過去がない。

ちょなみに私には無宗教だが、無神論者ではない。
信じ属する宗教はないが、頼むからこの文を読んでの勧誘はお断りしたい。
大体、それぞれの宗教の過去の聖者達のありがたい言葉は、現代語に置き換えられる度に、解釈や伝えが誤ってしまったケースが非常に多い筈だ。
それを普通に伝えることに問題はありそうだし、中には自身が啓示を受けたのかのごとく<派>という分家的な存在で、世間に広めていくのもどうだろうと思う。 ある条件を満たせば、日本の宗教法人は無税。 トップが望めば、お金のある一大勢力にもなれる。 こちらの闇は相当深いです。

さらに話が逸れたけど、インドネシア情報局では普通の状態という(笑)。

イスラム教徒といえば、単純に思い出すのは一夫多妻。

やっぱり男に生まれたからは…じゃなくて、日本女性で一夫多妻なんて聞いただけでも嫌悪する人も多いかもしれないけど、200年くらい日本も歴史を遡れば、将軍様は大奥を抱えていたし・・・じゃなくて、戦国の時代は妾がいるのは当たり前だった・・・じゃなくて、平安時代は結構フリーセックス状態・・・じゃなくて、後家さんに夜這いをかけるのはあたり前の時代もそんなに昔の話ではなくて・・・じゃなくて…、きりが無いのと飽きたのでここでやめておく。

そんな インドネシア のイスラム教の一夫多妻システムも現在崩壊しかかってきており、法改正が必要な状況となってきているようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一夫多妻嫌い離婚増加 インドネシア

 世界最多のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアで、イスラム教が認める一夫多妻を嫌い、夫が第2夫人をめとる際に離婚を申し出る女性が増加、婚姻法改正の必要性が指摘され始めている。

 同国のイスラム法廷の統計によると、一夫多妻を嫌って離婚した件数は2004年には813件だったが、05年は879件、06年は983件と増え続け、07年には1000件を突破した。宗教省幹部は「昔と違い、女性たちは経済力もあり、離婚を恐れない。一夫多妻は現在の社会や結婚観にそぐわず、婚姻法を見直す必要がある」と述べた。

 イスラム教の下では男性は4人まで妻を持つことが可能。一方、インドネシアの婚姻法は(1)妻が身体障害者か不治の病気(2)子供ができない-などの場合、夫婦合意の上で一夫多妻を認めると規定しているが、この条件は厳格に守られてはいない。(共同)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年2月6日 産経ニュース より抜粋

実はこれは最近のニュースなので、ここ数年の問題と思われかねないが、かなり以前より存在していた問題。

12年以上前、私は世界中の医者がエンドユーザーであるメーカーにいた。 インドネシアのドクター、有名な開業医達を訪問していると代理店スタッフの会話の中に「奥さん、変わったのか?」「うん、二番目の奥さんだ、あれは。 最初の奥さんは離婚したようだ」なんて会話も結構あった。

ドクターレベルはお金があるから、ついつい別の若い女にも手が出て、第二婦人ゲット。
男の立場では非常に都合の良いイスラム法の適用だ。
インドネシアの初代スカルノ大統領の第3婦人は、日本人でもあり日本でも良く知られているデヴィ婦人。

浅くしか学んでいないので、詳しくは知らないのだが、イスラム教の発足段階においては、非常に戦いが多く、旦那さんを戦闘でなくし後家となる女性も多かった。 その為、イスラム教では一夫多妻が認められているようだ。

浅はかな男の夢はさておいて、セックスという行為もさておいても、男性の愛情が他の女性に移れば、女性は離婚したくなるのは当然だと思う。 女性の愛情が他の男性にいけば、カップルなら別れるし、夫婦でも男性が精神的な苦痛をあびながら離婚するケースもあると思う。

私は男性だから女性の気持ちはさっぱり分からんが、もっと理解不能なのは男性ストーカー。
世界中、道を歩いていれば、別れた女より見栄えやスタイルだけなら、もっといい女がテンコ盛りの筈。 その中からもっと自身に合っていて、心のいい女性を探せばいいだけなのに。

「結婚も出来ていないお前に言われたくない!」
こんなクレームも入ってきそうなので、おあとがよろしいようで。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

資本主義極まり 処女をオークションに出品
日本を含めた世界中、企業の赤字業績のオンパレードと奇妙な事件だらけ。

大本教の予言にも出てくる世界の仕組みの建て替え時なのですが、既得権益を握って放したくない政・官・財が最後の粘りを見せているので、世界恐慌を通して、それらの崩壊後、新たな世界の構築を行うことになるようです。

大本教なんて記載すると信者なのかと思われる可能性もあるので、あえて記載しておくと、私は信者ではありません。 予言や言霊、そして祝詞に興味があったので、過去に一度、京都にある太正殿の宿舎に2泊程、お世話になったことがあります。
大本教は神道のスタイルなので、怪しい宗教団体の様に、おかしな勧誘活動等を一切行っていないと思います。 私のところにも宿泊後、連絡、手紙や勧誘は一度もありません。
ここ数年は不思議なことも起きているようで、全く関係のない海外の宗教の方々の訪問も増えているとか。 日本イスラム協会の方も訪れ「礼拝している神様が一緒」ということで、異教徒ながらもイスラム教の聖地、メッカにも唯一入場を許されている団体のようです。
出口王仁三郎の予言しかり、遺跡や不思議なことが大好きな私は、好奇の目で見ています。

今現在、そしてここ数年間はどんな企業、人も、試練の時を迎えるようですが、もはや新たな時代の生みの苦しみとして、受け止めるしかないようです。 努力すべきことは、気の合う友人、志が同じ仲間を増やす作業=提携で、助け合いや御用達こそが大事な数年になる気がしています。

本当にまだまだびっくりする様な事件が次々に出てくると思いますが、最近私がびっくりしたのが下記のニュースです。

「処女」3億円突破!米女子大生が競売出品

おいおい、オークションで売るか? 普通…。
最初の希望落札額が100万ドル(約8900万円)というのも、どうやって算定したのだろうか?
そして入札額が3億円を超えた今も、リッチなビジネスマンから変態まで、1万人ものスケベ男たちが地球規模の入札合戦って…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 学費ローンの一括返済をもくろんだナイスバディーの米女子大生が、自身の「処女」をオークションに出品。なんと3億円を超える異常な高値がつき、全米で話題沸騰中だ。もちろん賛否は両論だが、ご本人はどこ吹く風の笑顔で「当然の権利よ」。近く“落札者”を決定するという。

 1月12日付の「英デーリー・テレグラフ紙」などによると、「処女」を売り出したのは、米カリフォルニア州立大サクラメント校で「女性学」の学士号を取得しているナタリー・ディランさん(22)だ。

 継父が彼女と1歳上の姉の名義で組んだ学費ローン返済のため、昨年9月、ネバダ州の合法売春宿のウェブサイトで「処女」の競売を開始。この売春宿で3週間働いた姉の勧めもあったという。

 写真付きで競売を始めた途端、その美貌が話題を呼び、世界中から入札が殺到。「リッチなビジネスマンから変態まで」(同紙)、1万人ものスケベ男たちが地球規模の入札合戦を繰り広げ、1月16日までに入札額は250万ポンド(約3億3000万円)に達した。現在も金額非公開で“ミラクル・オークション”は続いている。

 当初の希望落札額が100万ドル(約8900万円)というのもすごいが、ディランさんは落札者について「愛を交わしてもよいと思える人を希望する」と語っており、必ずしも最高額の入札者と“契約”するとは限らない。

 当然のことながら、賛否は両論。良識派からは「けしからん」「悪ふざけ」といった声が出ているが、ディランさんは「自分が向上するために、持っているもの(処女)を使うのは当然の権利よ」と強く主張している。

 ちなみに、気になる3サイズは不明だが、バストは90センチは下らない推定Fカップ。「本当に処女か!?」については婦人科医による精密検査とウソ発見器などで立証するとしている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
産経ニュース ネット版より抜粋

1月19日の記事で、インドネシア に関連する世界のニュースということでリンクされていた。
本当は インドネシア 関連の別の記事を取り上げようと思っていたのだが。

う~ん、資本主義、ここに極まりといった感。

3年程前、ジャカルタのブロックMのカラオケで「処女を25万円で売りたい」なんて言っていた20歳のおねーさんに出会ったことを思い出した。

8年以上前に、日本のランジェリーパブで注意された経験のある私が、あれこれいう立場ではないことはよーく理解しているのだが。 この時、おねーさんは全く怒っていなかった。 話が弾んだおねーさんの肩に伸ばした手が少し回っていただけなので。
「お客さん、ここはお触りパブではありません(怒)!」なんて店内アナウンス。
私のテーブルの誰も気付かず、私も下世話な奴がいるもんだなあと思っていた矢先に、店員が私のところにすっ飛んできて 「お客さんのことですよ(怒)!」
「うん? おおっ、この手のことか!」 友人、同席の女性達、皆で大笑い、その後も2度注意され…。

うっほん。 この インドネシア情報局 は相変わらず話が飛びますなあ(笑)。

それで インドネシア のカラオケのおねーさん。
「若い頃から今まで処女を守るのにも必死に生きてきたんだから、その位の値段で売っても当然だ」何て言っていた。 何かオークションへ出品中のナタリーさんの精神構造と左程大差がないような。

その子は結構チャーミングだったので
「それで誰かから、交渉はあるの?」と聞くと
「●●●の社長が15万円なら買いたいと交渉しているけど、私は25万円が最低額」なんて言い張っていた。
「何で25万円なんだ?」と聞いても答えは出てこない。
それでも「出来れば付き合ってくれる人がいい」なんて台詞も出た。
「お前の処女はお金と交換するものではなくて、愛が先行するべきものだろ? 男に騙されないような目を養うのが、優先だな」 おねーちゃんはシュンとなって、黙って聞いていた。 もちろん貧しさ故に思いついた処女売春で、物凄い悪意があるとは思えない。 しかしながら、おじさんは考え方が古い(笑)。 格好つけるつもりは毛頭もないが、その昔日本のランパブで注意された経験のある私も、そんなに魂は腐っていないと思う。

インドネシア は教義が若干厳しいイスラム教で良かったのかもしれない。
そうでなければ、処女をオークションにかける悪徳業者と貧しい女性が雨後の竹の子のように出てくるかもしれない。 他のアジア諸国や東欧、ロシアだって人事ではない。
世界中でモラルは低下しているが、日本も将来就きたい仕事のベスト20にキャバクラ嬢が入っているとか。 近い将来、日本のおねーさんがオークションに登場しないとは限らない。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/4222155/Student-auctions-off-virginity-for-offers-of-more-than-2.5-million.html

こちらがナタリー嬢の写真もある英文記事。
個人の趣味があるので何とも言えないが、私が見る限りでは3億円以上の価値は…って、その見方がモラルの低下という。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

仕入れと卸売りの体感の場 ギフトショー
昨日は東京インターナショナル・ギフトショーへ。
国際展示場、東京ビックサイト。 本日が最終日だ。

この東京インターナショナル・ギフトショー。
日本のギフトショーでは最大規模。

メーカーや卸売り会社の既製品や新商品の発表の場でもあり、小売店へのアピールの展示会。
国内メーカーも多いが、輸入品がかなりを占める。
インドネシア を含めた海外のあるもの仕入れ、卸販売する業者も少なくないが、デザインやサイズを工夫して、日本のマーケットにあった商品化の努力の結晶=新商品も数多く並ぶ。
インドネシア情報局 なので、インドネシア と記載してみたが、実際はかなりの会社が中国メーカーを使用して、オリジナル商品を作製している。

直輸入、直販だけではなく、卸売りも視野に入れている会社には、絶好のアピールの場だ。
ただしブース代だけで、40万円かかる。 什器代等を考慮に入れれば、50-60万円くらい。
商品の大きさにもよるが、大々的に宣伝をしたければ、1ブースでは足りない。 2~3ブースは必要になる。
インドネシア での大きな展示会も最近は随分高くなり、1千万ルピア(約10万円)以上になっているようだ。
要するに、日本でも インドネシア でも宣伝費は、広告を打とうが、展示会に出ようが、資本が無ければ参加不可能な時代なのだ。

私は日本に居て、タイミングがあえば展示会の見学をするし、インドネシア の展示会も時間があれば、かならず見学している。 予算があれば、他のアジア諸国の展示会もしかり。

驚くような新商品や発見がある訳ではないのだが、ざっとは目を通してみる。
これから私の会社で基幹商品となるものではなく、これまでメインに添えていたバッグ、ファッション・アクセサリー、ジュエリー、家具、インテリア、ガーデニング・アウトドア関連等を見学するには、展示会訪問はとっても便利だ。

この作業をするかしないかでも、結構ビジネスに影響があると思う。
何が売れており、どんな新商品に人の目が集まっているか! 自身が扱わない商品でも、それを感覚として持てる者と持てない者の差はどこかででると思う。
センスも必要だが、私はあまり気にする必要はないと思う。 そのセンスや感を磨くために、展示会訪問しているのだから。 商品ではなく、商品を良く見せるための、ディスプレイや照明の勉強にもなる。
継続は力なりと思って見学すれば良い。

東京インターナショナル・ギフトショーで言えば、卸売り会社が小売店に商品をアピールする場なので、今小売店が何に注目しているかも、何となくはとらえることも出来る。 どんな輸入品やジャンルの商品が小売店の興味を引いているかも体感できる。
ただしこの東京インターナショナル・ギフトショーはあくまでも日本のマーケットだけに限定されてしまうのだが…。

展示会主催社の子会社社長にご挨拶。
様々な見識をお伺いした。

・やはり中国メーカーの使用一辺倒では、商品ラインのテイストに限界が出てきており、それが近年顕著だ。

・各企業、様々な努力と工夫をしているが、更なる努力と仕入先検討を進めないと、各社類似した商品がディスプレイで並ぶことになってしまう可能性を若干懸念している。

・どの出展社さんも「状況は良くない」というが、不況を世間に知らしめす、マスコミ不況を強く感じる。 確かに売り上げはどこの会社も厳しくなってきているようだが、切羽詰った感はまだない。 それゆえに消費マインドを冷やすニュースが多すぎると思っている。

・不況が関係のない、新しい消費者層が生まれている。 新聞、ニュースを全く見ない若者達。 彼らには、欲しいものがあったらそれを手に入れるという感性だけで消費行動を行う。 これはよく行く、香港、中国の若者にも感じる。

http://www31.ocn.ne.jp/~bct/
ビジネス旅行開発

この会社、旅行会社なのだが、普通の旅行会社ではない。
お客様の要望を伺い旅行内容の企画を行い、その企画に対しお客様のご承諾があった場合には、当該企画に従った旅行サービスの手配を引き受ける「受注型企画手配旅行」。
新規メーカー見学や仕入先訪問のアレンジを専門とする旅行社。

ちなみに私の会社はインドネシアの窓口、ビジネス旅行開発のインドネシア代理店業務も行っています。

これから益々職を失くす人も増え、新しい職場も見つからないために、自身でビジネスを始める可能性のある人も増えると思われます。

直接ビジネスとは関係なくても、展示会訪問は、何かのヒントや転機になることが待ち構えているかもしれないので、そんな使用方法もありと考えています。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアで健康を保つ
昨晩は会計事務所を経営する方にご馳走して頂き、エールを送って頂いた。
地方から講習会で上京したのだが、わざわざ私のために東京で1泊。
私より6歳ご年配の方なのだが、シアトルでのリーダーシップ研修の同期。
本当にありがたいご縁だ。

会計事務所を経営していると、数字を通して会社の健康状態が分かるわけだが、経験上とっても強く感じているのは、「結局は人であり、その人達個人の思いであり、それらが引き寄せたものが結果として出てくる」なんて話は、会計の話から随分と離れたものであり、とっても面白かった。
http://www.teamnet.jp/      ← その方の経営する会計事務所のWebはこちら。
様々な貴重なアドバイス。 そして1つ1つの言葉が、優しくて温かい。

シアトルのリーダーシップ研修の中で、リーダーシップのエッセンスを体感するゲームがある。
少しネタばれになるが、その中に古老が出てくる。 その古老の話を聞くとスタートが遅れてしまうのだが、実はとっても重要な鍵を握っている。
古老は経験による様々な知恵を持っており、その助言が個人や世の中の役に立つ。

ギスギスしている世相なので、全ての年配の方達が素晴らしいとも言えないが、私のような未熟者や若い方達は、時には積極的に年配の方達や元気なお年寄りに近づく努力も必要だ。 良き人と巡り合えれば、温かい心と言葉で、経験から得た様々な知恵・知識を授けてくれる。
高齢化問題が叫ばれて久しい日本だが、そんな意識を持つ若い人が増えれば、新生日本の幕開けも早まるような気もしている。 まずは政・官・財の大掃除で、そちらのシナリオは現在進行中ですね。

ストレスの多い世の中だが、そんな世の中だからこそ、健康にも気をつかう必要がある。
飲み助のお前が言っても、説得力がないぞという声も聞こえそうだが(笑)。

健康に関しては、インドネシア に居ても、日本に居ても、お金のかからないジョギングや腹筋等の運動で維持している。
そしてもう1つ。 
5年以上前から始めたのが、舌磨き。
それ以降、風邪を引く回数がかなり減ったので、かなり効果があると思っている。

使用するのはタンスクレーパーという舌のクリーナー。
郷ひろみも愛用しているなんていう商品もあるようだが、私が使用しているのは500円くらいの商品だ。

ネットで調べると、舌磨きは、口臭の原因となる舌苔除去を効果として謳っている。
中には未消化物が舌に出てくるので、そちらの除去とも記載されていたりするが、それは口臭の原因となる舌苔除去とあまり意味が変わらない。

私がタンスクレーパーで舌磨きを始めた理由は、「体の有害物質が、朝、舌の上に押し出されてくるので、舌を磨かず、食事をしてしまうと、せっかく体が押し上げてきた有害物質を再び胃の中=体の中に戻すことになる」なんて文を目にしたことがあるため。
確か「夢をかなえる メモの習慣」や「朝日記の奇跡」等で有名な作家、佐藤伝氏の作品の中に記載されていたと思う。

もの好きな私は興味があるとすぐ試す。
日々舌を磨いた後、タンスクレーパーでコソギ落とした舌苔の状態を観察している。
面白いのは、酒を大量に飲んだ翌日は付着する舌苔も多く、色も黄色っぽかったりするケースが多い。 逆に、酒も飲まず、ジョギングをしたり、いい汗をかいた翌朝は、舌苔もほとんど付着しない。
詳しい真偽の程はいまだ不明なのだが、やはり健康にも関係があるようだ。

タンスクレーパーで舌磨きを始めてから、年1回くらいのペースで引いていた風邪をほとんど引かなくなった。
よって私には効果がある。 もはや朝、舌を磨かないと気持ちが悪い。
インドネシア、東京・ソーホーともにタンスクレーパーを洗面台近くに置いてある。

タンスクレーパー

様々な形の商品が出ており、Amazonや少し大きめの薬局で簡単に手に入る。
私が使用しているのは、上記の様な安いもの。
500円の商品だが、結構長持ちする。

インドネシア にいても、日本にいても、健康維持のため、舌磨きはいかがですか!?
500円で買える健康です。
郷ひろみを目指す方は、高い商品をご使用下さい(笑)。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ファーストレディーに使用願いたいアイラッシュ
イラクで発生したブッシュ元大統領への靴投げ事件に引き続き、中国・温家宝首相が、イギリスにて講演中に靴を投げ付けられた。
中国でこんなことが起きたら犯人は死刑に間違いので、この様な事態には全く慣れておらず、温家宝首相はしばし呆然としていたようだ。

この抗議の意味を込めた靴投げ現象は、これからも世界のあちこちで流行するのだろうか?
もし可能性があるようなら、しばらく靴の新規購入は控えようと思う。
近い将来、霞ヶ関や国会議事堂に行けば、いくらでも靴が手に入る日が近いかもしれない(笑)。

インドネシア のアイラッシュ(付けまつ毛)メーカーから、新規商品の写真が送られてきた。
何と国旗をデザインにしたアイラッシュ。 アイディアがとっても面白い。

アイラッシュ インドネシア アメリカ国旗

崩壊寸前とはいえ、世界の大帝国、アメリカさま用。
小さな星の部分に、間違えて日の丸が混じったりしていないか要チェックだ!

アイラッシュ インドネシア イギリス国旗

奥の院が深く、謀略・知略が渦を巻いていそうなイギリス、大英帝国さま用。
中々カッコいい!
ロッカーにも似合いそう。

アイラッシュ インドネシア ドイツ国旗

ドイツ。
あまり国旗モティーフを意識しなくても、使用し易いかもしれない。

アイラッシュ インドネシア 日本国旗

君が ~ 代 ~ は   千代に ~ 八千代に ~

見た瞬間に思わず口ずさんでしまった君が代。
我が国、日本の国旗モティーフのアイラッシュです。

世界のファーストレディーがお集まりの際、是非とも皆さんに使用頂けたら何て思ってしまいました。
ファーストレディー達の睫毛で国名が分かるなんて、中々悪くないアイディアだと思っておりますが…。
あまりにも政治が流動的な日本用には、1セットの在庫では直ぐに足りなくなるかもしれませんね(笑)。

ありゃ、インドネシア のメーカーなのに インドネシア の国旗がない…。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

1枚の地図とそれにまつわる国益と
浅間山が噴火し、東京の千代田区でも降灰が確認されたようです。
インドネシア でも大災害になったスラバヤ沖大地震以降、ここ数年は火山活動と地震の発生が非常に活発化しています。 繋がっているプレートは軒並み動いているようです。

我々日本人は、金融恐慌、生活恐慌が吹き荒れる中、天災である地震への注意も必要です。
日々、あまりにも様々な事件や倒産が繰り返され、下手をすると悪い気のみを発する情報に振舞わされがちな今日この頃です。
浅間山の噴火は、そんな渦中だと忘れがちな「天災にも備えよ」という天からのメッセージなのかもしれませんね。

今、私の手元にモンゴルの地図があります。
ある人からお預かりしているのですが…。
大きな紙でカラーコピーですが、紙なのに私には重過ぎる外国の地図。
それは国益や政治とそれに絡んだビジネス、そして朝青龍が何故あそこまで好き放題に振舞えるか等の謎が解ける1枚のモンゴルの地図です。

話は私がこの地図を見た場面から始まります。

「すげ~、地図ですね。 これ、どこか大手商社か企業に持っていったら購入してくれる会社あるんじゃないですか?」 とある小さな会社オフィスで見せてもらった際、単純に感想を漏らしてみた。

この会社とは以前よりお付き合いがある。
特に一緒に仕事をしている訳ではないのだが、何故か社長さんが気に入ってくれて、情報交換という名目の飲み会を帰国時にアレンジしてくれる。 もちろん全てロハ。

「持っていって下さい。 好きにしていいですよ」

そして、その際にそれにまつわる様々な話や入手ルートの説明をしてくれた。
その方は、私とは読んでいる本の趣味が似通い、物事を読む際の判断基準がよく似ている。
何でもその昔、欧州ロスチャイルド家の番頭さんの1人と過去に出会い、「本当の世界がどうなっているのか」訓導を受けたことがあり、その後、世界の見方が変わったとか。
その様なこともあり、私への勉強を兼ねて、そんな話をしてくれたんだと思っている。

表に出して良いだろうと判断出来る部分のみ要約して書くと
・ このモンゴルの地図の出先は日本の政治家
・ 現在モンゴルの開発等を巡り、将来の日本の国益にも絡んでくるので、水面下で泳いでいる。
・ この地図があれば、政治家ルートでビジネスを行う大手商社などが、失敗しても大きな損失を出すことを防げる可能性がある。
・ 逆にこの地図があって、ビジネスが成功しない可能性は低い。

そして「何で朝青龍が好き勝手に振舞えるか分かりますか?」

しばし考えた後、
「そうか、賛否両論はあっても、彼は日本の国技の横綱。 あのクラスになれば、ご祝儀も多く、申告しない金も多いだろうから、あっという間に大富豪。 そのお金を自国、モンゴルにも相当寄付や投資で使用している。 当然、モンゴル政府高官との繋がりも増える。 日本とモンゴルを繋ぐ、仲介者(ブローカー)としての役目も今後ビジネスになる。 朝青龍はそのことを自覚しているし、日本も国益が絡んでいるので、彼の横暴な言動や振る舞いも放置しておくのがベスト」

彼は「その通り」とは言わなかった代わりに
「私が持っていても役に立たない。 あなたが持っていてもおそらく役には立たないでしょう。 それでも私が所有しているよりはマシかもしれないので預けておきます。 好きなように使って下さい」

お断りしたのだが、私が厳しい局面にあった時の教訓。
<くれるものはお断りせず全て頂く>が発動し、持って帰ってきてしまった。

「いいですか、今まで出来ていた様に、TVや新聞のニュースを丸呑みしてはいけませんよ。 そして、国益のかかったビジネス。 過去の日本は官庁や政治家が、その道の専門家や業界トップの企業と連携し進め、中小企業にまでプロジェクトを下ろすというやり方で強い日本を作ってきました。 これからは世界も動き、形を変えていくと思いますが、大筋、絶対に失敗のないビジネス、失敗の出来ないビジネス、そんなビジネスもあるということを肝に銘じておいて下さい」

私の様な小者が手にしているので、政治家ルートで大手商社は既に握っていると思うが。
何の地図だと思います?
その地図には、モンゴル全土のどこを掘れば、何のレア・メタルが埋まっているか、ほぼ全ての詳細が記載されている。 

インドネシア情報局 なので、インドネシア情報 を記載すると、インドネシア の天然・鉱物資源はオランダ統治時代にかなりの調査が行われ、同じような地図が存在しているなんて話を聞いたことがある。
そんな場所に欧米の連中は投資をし、開発、天然資源等で利益を上げていると及び聞く。
もちろん、当時は未開の地すぎて、完全なる調査とは言えない。 よってまだまだ インドネシア 内でも新たな発見も多い。 そんな案件で投資家を集め、1銭にもならずどころか、入った金は2度と出さないなんて、悪質なビジネスもいまだに成り立つようだ。
労せずして、莫大な利益を謳う、詐欺の様なビジネスは、世界中横行しているようですな。

モンゴルのレア・メタルの地図。
私に文才でもあれば、冒険小説のネタにもなりそうだけど(泣)。
インドネシア情報局で駄文を披露するのがせいぜいだ(笑)。

本日、香港のパートナーと電話で話した。
「遅れていてスマナイが、2月中にはL/C開いて物にしたい。 2月中に インドネシア を訪問したいのだが、アフリカへの出張が避けられない」

「インドネシア に戻る前に香港に寄りましょうか? 私、どのみちキャセイだし」

「そうしてくれるとありがたい。 馬鹿なインドネシア・メーカーも1社あってな、私とMASAKIを出し抜こうとしたメーカーがある」

「アフリカの会社名が違っていれば、知らないでオファーした可能性もあるでしょう?」

「私の会社名とほぼ一緒で、それは私のアフリカにある子会社だ。 話が私のところに戻ってきていて、君のところに戻る。 私がグループのトップで、香港で全てのお金のマネージメントをしているということも理解出来なかったのか、全く浅はかな連中だ。 ビジネスの礼儀もしらねえ馬鹿野郎だ」
相当な剣幕。 こんなのは初めてだ。 しかしこの言葉、私にとってはとてもありがたい言葉だ。

会社名を聞くと、確かに私が交渉し、香港にオファーしたメーカー。
華僑のメーカーなのに馬鹿なことをしたもんだ。
下手をすると8コンテナー/月、損をする。 私は他のメーカーを押せば良いだけなので、最早どうでも良いのだが、インドネシアに戻り次第、1社クレームかあ…、まあマネジャーも人を馬鹿にした様な尊大な奴なので、今回は恫喝しがいがあるなあ(笑)。

まあモンゴルのレア・メタル地図のことは、しばし忘れておいて、一歩一歩、地道に行こうと思っている。
でも・・・、やっぱり・・・、必要とする誰か、良い値で買ってくれないかなあ(笑)。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

酔いどれアホ中年、街を行く
本日は日曜日なので、インドネシア情報 から外れた日記で。
インドネシア情報 を書くに当たっては、それなりに無い頭を使ってみたりもするのだが、本日は昨晩のおかげで、小休止とする。

いや~、昨晩は飲んだ飲んだ。
芋焼酎1本強、その後Barで、ギブソン、バーボンのダブルロックを4杯、サイドカーを2杯。
帰る途中で喉が渇いたので、カフェのような店で生ビール。
ここ最近、さすがに飲み続け、飲み飽きたので、本日、明日は休肝日とし、ジョギングでもしようと考えている。
独り酒も大好きだが、やっぱり酒は気の会う仲間と飲むに限る。

昨晩一緒だった友人は所謂官僚の天下り機関で働いている。 彼の立場もあるので、会社名は明かせないし、私が聞いた話も表に出せないが、元官僚、天下り連中がどの様に労せず儲けているは、何となくは掴めることが出来た。
見事だなあと思ったのは、内部で一生懸命働くスタッフらには、その儲け方や表面に出ない大きなお金の動きが、何となくしか分からない仕組みになっていること。 内部告発等を恐れての仕組みのようで、トップをしめる天下り連中にしか詳細が分からない仕組みのようだ。
さすがエリート、東大くん!!

「そんなトップの連中は会社で何をしているんだ?」

「暇そうに、真昼間からコンピューター使用して、ゲームで遊んでいるよ! 天下り機関の問題に関しては、色々と報道されたりもしているけど、中にいる俺が見ていても、国民が官僚達を憎んでも否定できない行動やお金の使い方が多いね」
さすがエリート、やることがにくいね!!

「でも、ここ数年で奴らも終わるよ。 この世界恐慌は日本にとって国内の大掃除のチャンスになる。 現在対円を除けば、世界の通貨市場はドル高だけど、このドル通貨体制も持たないでしょう。 その後、日本も財政破綻するだろうから、その際には奴らの悪事もかなり公になると思う。 政治も流動的で、民主が天下をとった後も、どうにもならず各党がバラバラになるか、大連立。 そんな騒動も起きるだろうから、そんな状態で炙り出せれる悪事もたくさん出てくるよ。 殺されなけりゃいいけどねえ。 中には複雑な国益を前提に悪役やっている奴もいるんだろうし」

「だといいけど、マスコミもだらしないからなあ。 数ヶ月間に内部で不祥事が起きたんだけど、蓋をしたのか、上手くかわせたのか、一社のマスコミも報道しなかったしなあ」
さすがエリート、やることが違う!!

彼とは大学時代に温泉で住み込みバイトを一緒にしたことがある。
「陽子ちゃんと勇次くん、元気かなあ。 出来れば皆で一度会いたいなあ。 今年企画しない? でも連絡先が問題かあ?」 彼にはとっても良い思い出になっているらしい。

「うん? 俺の携帯に番号あるぞ! 店を出たら電話してみっか!」

2人に電話をしてみると、繋がり、数年ぶりに会話が出来た。 2人とも地方にいるので、そうは簡単に会えない。 陽子ちゃんには、少々酔っているのがバレバレだった。
勇次は3歳くらい年下。 結婚前にわざわざ私のいるジャカルタまで遊びにきてくれた元ボクサー。
今は嫁さんのため、娘のために、しっかり仕事をしているが、以前は整膚の仕事もしていた。

声色を少々変え、
「スイマセン、最近股間の皮膚の調子が良くなんですが、整膚の施術で治るでしょうか?」

「スミマセンけど、誰ですか? いたずらですか(怒)!?」

「最近股の間のポニョが調子悪くて………俺だよ、俺」

「今日本に戻ってきているんですか? うわ~、久しぶりです! でも、相変わらずの冗談ぶりですね。 結婚して俺みたいに早く落ち着いた方がいいですよ(笑)!」

調子ずいて中学の時から仲の良い友人にも連絡を入れてみた。
今回の飲み会には、土曜日というのに出張が入り、地方にいるので合流出来ないと連絡をもらっていたのだが。 彼は大手地銀に勤めている。 正月に少し話した時も「人は増えない、けど仕事は増えるで、不健康そのもの。 休みがない」なんて嘆いていた。 確かに彼に電話が繋がるのは、夜23時過ぎが多い。 銀行も決して楽な商売ではないようだ。

お客さんの接待中なのか、何度か連絡しても返信がなかった。
「しょうがね~なあ。 留守電に、俺が債務者代表として銀行家にアドバイスをしておいてやろう」

<あまり債務者を追い詰め過ぎて自殺でもされると、朝の目覚めがとっても悪くなりますので、その点十分にご注意下さい>

帰宅前、友人は既に酔ってフラフラ状態。
何を言っていたか忘れたが、何かとっても面白く、ツボに嵌ってしまい、夜中の3時に路上で腹を抱えて笑っていたのを覚えている。 他人が見たら40台の中年のする行いではないような…。
それでも、そんな酒は翌日に残らない。

友人が提案していた数年ぶりに4人で会うという企画。
悪くない。
夢を実現するために、明日からの仕事にも力が入ります。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。