インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てるモノなし! インドネシアの大掃除
とにかくゴミが出た。
比較的大きな場所からこじんまりした場所に引っ越してから、約10ヵ月。 身の回りのことなどには構ってられない状態が続いていたので、仕事をしながら整理整頓に勤しんだ。
データと一部の書類関連のみの整理が、2009年まで持ち越しとなってしまった。

ほんの僅かに余裕が出来たので、Tシャツ、下着やクタビレタ上着を必要なだけ購入・交換。
本当に久しぶりだったので、買い物が苦手な私でも、さすがに気持ちが良い。

新品に交換した下着類。 
古くなったモノは日本ならゴミ箱行きに間違いないのだが、インドネシア では捨てる必要がない。

もはや買い手を捜す手間の方がコストがかかりそうな過去に扱った雑貨やサンプル品の類。
雑貨やサンプルも販売出来なければただのゴミだ。
若干反省しながら、こちらもそこそこ大量に出てきたのでまとめる。

見栄えの良い商品やサンプル品は、お手伝いさん、お隣さん、町長宅やアグン・ウィッシャー夫妻のスタッフへと会計監査のノフィー宅へ。
その他も購入すればそこそこ価値がありそうに見える物をおまけに付けて、私の住むエリア一角を警備するセキュリティーへ。
こちらでは処分せざるを得ないモノなのだが、皆それぞれに喜んでくれるのでありがたい。

ボロボロになりうちでは使用しないファイル等も、ローカル会社の人が引き取っていってくれた。
壊れた機械類はそういった商品を専門に回収するおじさんが持っていった。

本当の意味でゴミとなったのは、取っておいても仕方がない書類関連のみだったと思う。

インドネシア も貧富の差が大きいので、日本人からするとゴミのような物でも使用する人や利用価値がまだまだ残っているのだ。 大掃除の度、こんな無駄のない世界は決して悪くない世界だよなあといつも思ってしまう。


良いお年をお迎え下さい!!
来年も インドネシア情報局 を宜しくお願い申し上げます。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

2008年 インドネシアの暮れ
2008年後半、インドネシア は通貨ルピアが大きく下げ、国債の下落とそれにともなう長期金利の上昇、株式市場の暴落と、マーケットニュースで判断する限りはズタズタな状態と言っても過言ではない。

リストラ、レイオフも日本、他国同様に吹き荒れている。
インドネシア 進出日経企業も相当なダメージを抱えている筈。
どの企業も2009年に回復する見込みなどある訳がない。

しかしながら、現在までは インドネシア 全土でも比較的落ち着いている。
97年のアジア通貨危機、また98年の大暴動と政変を経験しているから強いのだろうか?
否、単に物価が大きく上昇していないことが、治安・情勢安定に繋がっていると私は見ている。
もちろん物価は上昇しているのだが、常に悪性インフレ状態の国としては、通常のレンジ内での上昇のみで済んでいるからだ。

なんか、とっても穏やかな年末だ。
のんびりしているのは毎度のことだが、企業も25日から1月4日位まで休みとした会社も多く、インドネシアにしては珍しく長期休暇となった年末・年始だ。

そこそこ長い正月休みを取るのは、日本くらいのもので、海外は12月31日と1月1日のみ休み、なんてところが多いので、私の経験でもこんなに長い年末・新年休暇を味わうのは初めてだ。
私には休日なんて関係ないが...。

2009年は インドネシア も例外とならず、社会的ストレスが非常に強い年になるので、その前にはこんな感じでのんびりした休日も必要なのかもしれない。 インドネシアは平時でさえ、弛緩しているような人が多い国なので、休みボケにならないように気を付けてもらいたいところだが。

幸運な事に2008年 インドネシア の暮れは平穏に幕を閉じようとしている。

反面、インドとパキスタンが年内に交戦状態に突入するかもしれない。
2国は核兵器を所有する国だ。

そして、孤立感と危機感を深め過ぎていたイスラエル。
どの様に戦争を始めるか気になっていたが、この年末に当々パレスチナに空爆を行い、200人以上の死傷者を出すという暴挙にでた。

もはや世界恐慌に突入したと見ていい程の世界金融恐慌。
印パ戦争の危機、中東の局地戦から中東戦争に突入しそうな気配。
鳥インフルエンザからフェーズ4<パンデミック>へ秒読み状態。

まるで、どう切ってもまともなカードが回ってこないギャンブルをプレイし続けているような状態だ。
2009年の情勢を読むためのカードが、こんなに早い時期、2008年の年末に見えてくるとは。

来年はこれまで以上に心してかかる必要を強く感じる今日この頃。
反面、何か...とってもワクワクする気持ちも否定出来ないのだが。
2009年は<変化>を楽しめる気概がないと辛い時代になりかねない。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジャカルタ郊外 町の魚屋
うおっ、グッピーとその他の魚のための餌が切れた。
この忙しい時に!!

とは言え、気分転換も大事なので、オジェック(バイク・タクシー)に乗り魚屋へ。
田舎道をバイクは進むので、私を見た人は「何だ、あの外人は!」なんて~、好奇の目で見ていやがるが、こちとらそんなことには構ってられね~といった状況。

魚屋と言っても、魚市場ではない。
観賞魚を主に扱う単なる町のインドネシアの魚屋さんだ。

魚屋
こんな埃っぽい道沿いに存在する。

魚屋 2

まあこんな感じで、適当に水槽が並んでいる。

アロアナ

アロアナなんかも販売している。

古代魚

日本ならかなり珍しい古代魚の生き残りのような魚も販売している。

アロアナも確か古代魚。
中国人やアニアに珍重され、かなりの値段がするようだ。
インドネシアで養殖している日本人もいると聞く。
皆、ニッチで儲かりそうな仕事をよく探すもんだね~。

魚屋 3

やる気があるんだか、無いんだか、良く判らん魚屋のおっさん。

釣りがないので、赤い小さな魚で払いやがった。
そのため、水槽は更に鮮やかな彩を見せるようになったが、また数が増えやがった。

魚屋 4

一匹ずつでないと闘ってしまう闘魚はこんなビニール袋に。
こんな状態で、問題ないのだろうか?

今、インドネシアは夜8時。
私はまだ夕食を取っていない。 今晩は準備も出来ていない。

かなり仕事と整理で走り続けているので、今夜はジャカルタの街へ!
魚のことを書いていたので、魚で一杯飲みたくなった。
穂の香へ、給油に行ってきます。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシア・ファッションデザイナー Sofie ソフィー 1
一応時間の許す限り、この インドネシア情報局 は毎日のアップを目指している。

が、ここのところ何故か忙しい。
ジャカルタ・ソーホーの清掃と整理整頓も今週までのミッションとなっているからかもしれない。
それだけでなく、日本向けは積極的な営業を行っていないのに、何故か引き合いと少量ながらも注文が増えている。 世界中、どこでも不況を騒ぎ、不景気な中、ありがたいことにとってもいい感じだ。

朝きちんと起床して、夜中2時頃までやっても時間が足りない日も。
インドネシア情報局 は夜仕事の合間の息抜き時間や昼休みに書いていることが多いのだが、昨日は忙しさだけでなく、ミーティングで外出もあり、時間がなくアウト。
ウィッシャーも3人目の出産準備に入っており、実質動いているのが、私だけということも影響しているのかもしれない。 それでも人を雇用するのには先行き不安な世相なので、一人で全方位営業、約15メーカーへは全方位外交。 まあこれも<明日のために>と思っているので苦痛は全くないが。

先日は インドネシア でも有名なファッションデザイナー、Sofie ソフィーとミーティング。
Sofie ソフィーの経歴は近日紹介したいと思う。

これまで数度ファッションショーを見学したが、インドネシアのファッションデザイナーの中では、Sofie ソフィーの才能は突出していると思う。 私が大好きなファッションデザイナーの一人。

インドネシア情報局 の話をしたら、これまでのファッションショーの写真を快く提供してくれた。
お礼にエイ革(スティングレイ革)を2枚程進呈。
いつの日か洋服の装飾品として登場する日がくるだろうか?

2006年に開催された時のファッションショーの様子。

女性はファッションを、ファッションに興味のない男性は、インドネシアのファッション・モデルをお楽しみ下さい。 私からのクリスマス・プレゼントです(笑)。

Sofie ファッションショー 06 1

Sofie ファッションショー 06 2

Sofie ファッションショー 06 3

Sofie ファッションショー 06 4

Sofie ファッションショー 06 5

Sofie ファッションショー 06 6

Sofie ファッションショー 06 7

Sofie ファッションショー 06 8

この写真の男性が インドネシア・デザイナー のSofie ソフィー。
彼の洋服はPasaraya パサラヤ、Metro メトロ ポンドック・インダー、スナヤン等、数箇所のインドネシア・モールの中に販売カウンターを所有している。

今回アップしたファッションショーの写真はカメラマンの技術が不足してますなあ。

他にも数多く提供してもらいましたので、Sofie ソフィーのファッションショー写真は、引き続き インドネシア情報局 で紹介していきます。


「あれ、いつもより少し手を抜いていない?」と思われた方、
「ハイ、その通りです!」(笑)


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアでも労働者の大量解雇
ほぼ定時の夜中2時に寝て、通常はオフィスまで徒歩10歩圏内にあるため、8時前の起床なのだが、本日は6時前に起床。 気分はすっきりしているが、左手の拳がとっても痛い。

焼酎で風邪薬を飲んだせいもあると思う。
熟睡。

起きる寸前に変な夢を見た。
顔を見たこともないおデブに絡まれる夢。
何故か大昔に喧嘩した設定にそっくり。
相手は口で脅かすだけ。

頭にきた私は、その行為はあたり前のごとく、左のジャブを放つと、そこにあったのは敵の顔面のワケがなく、壁。
夢の中なので、全力のパンチではないにしろ、かなり力が入っていたらしく、殴った直後、拳の凄まじい痛みで飛び起きた。 壁は無事だったが、私の拳はあまり無事ではなかった(泣)。

昔夢中になった<あしたのジョー>。
明日のためにその1 左ジャブ

攻撃の突破口を開くため、あるいは敵の出足を止めるため、左パンチをこきざみに打つこと。 この際、ひじを左わきの下から離さぬ心構えでやや内角をねらいえぐりこむように打つべし。正確なジャブ3発に続く右パンチはその威力を3倍に増すものなり。 by あしたのジョー 丹下段平

血は出なかった。
が、不思議なことに昔縫った場所の皮がもげてしまった。

<やや内角をねらいえぐりこむように打つべし>。 
あしたのジョーの明日のためにその1 ジャブ。
まだ身についたままなのだろうか(笑)。

一人で寝ていて本当に良かった。
隣に女性でも寝ていたら、ドメスティック・バイオレンスで訴えられかねない(汗)。
私は相手が攻撃してこなければ、ここ10年以上は「話せば分かる」の穏健派なのだが...。

あまりに早い起床だったので、もう一度寝ようかとも思ったが、今度はMusang ムサン。
Musang ムサンとはインドネシア語で<いたち>を意味する。
Musang ムサンがどうも屋根裏に住み着いているらしく、夜中や早朝に凄まじい音で駆け巡りうるさい。 来週早々、職人さんに来てもらいムサンの入り口となりそうな場所を塞いでもらう予定。

おわり...じゃないか(笑)。


本日も朝っぱらからショッキングな記事。
インドネシア でも解雇とレイオフの嵐。

こちらで生活している限り、差し迫った危機感は、まだあまり感じないのだが。
各企業、生き残りをかけて、解雇とレイオフを断行中。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年
解雇とレイオフになる労働者数 150万人 <予想>
アブラヤシ農園、鉱業、繊維、製靴、建設が大きな影響を受ける。
解雇が進むことで、内需の冷え込みの可能性大。
二輪・四輪や電機・電子部品産業にも悪影響懸念。
米国や欧州、日本など先進国向けの輸出が来年五〇%減少の可能性大。
国内製造業が生産を減らし、操業を停止するケースも発生する可能性大。
解雇の動きは来年一月から本格化する。
アブラヤシ農園関連が最大の30万人を占める(予想の150万人中)。
繊維産業全体の労働者百二十万人の一〇%前後が職を失うことになる。
建設業界では十五万人が新たに職を失う見通し。
2輪車や飲食品製造業はシフトを減らすなどして対応している。
2輪車の生産は30%減っているが、解雇するまでに至っていない。

アブラヤシは、国際相場が急落しており、指標となるマレーシア・デリバティブ取引所の価格は今年3
月にトン当たり1,314ドルだったのが、現在は443ドルまでの3分の1ほどに落ち込んでいる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
じゃかるた新聞 12月22日より要約

そう言えば、石鹸とクッキングオイルを作っていたメーカーへ問い合わせたら、相場の下落が激しく、利益が出ないため、クッキングオイルのみ製造を中止したなんて言ってきているメーカーが存在している。

インドネシア でも失業者は増え、内需に影響することは避けられそうもない。
来年は インドネシア 内でも、デモが多発することが予想されるが、くれぐれもギリシャ暴動のようにならない様、治安部隊には気を付けてもらいたいところだ。
ギリシャの暴動も警官の発砲で子供が亡くなり、歯止めが利かなくなったから。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

風邪引きにはジンジャーティー
馬鹿は風邪を引かない

…筈なのに、昨日の体調は最悪。
その前の晩、久しぶりに焼酎を飲んで、帰宅後、そのまま寝込んでしまった。
冷房を付けたまま。

明け方、寒気で目が覚めた時は既に遅し。
喉が痛かった。

風邪らしい風邪はここ数年引いていない。
タイへ出張した昨年は1日体調が最悪だった時もあったが、ジャカルタ-バンコクの移動~翌朝仕事を無事に済ませたので風邪としてカウントをしていない。
それ以外は本当にここ数年風邪らしい風邪を引いていない。

とにかく熱に弱い。
高い熱が出て、もうフラフラなんて思っても、体温計で計ると37度しかなかったりする。
大体いつものパターンは、その後38度過ぎまで熱が上昇し、翌朝からは下がり始める。
だから風邪ごときで大嫌いな病院に行くことはありえないし、滅多に飲まないせいか風邪薬は良く効く。 翌日には治っているケースがほとんど。

今回は風邪というより<冷えが入った>という奴。
この症状はあまり日本では経験したことがなかった。
風邪を引いて、熱があり、寒気がするというパターンが日本では良くあるのだが、インドネシアでは物凄い寒気が先行したりする。
良く調べていないのだが、インドネシア語では<風邪>と<冷えが入った>ケースを分けている。

私の場合、今回は完全に冷房のせい。
喉が痛み、鼻水が酷かった。

土曜日は、私が インドネシア人 では素晴らしい才能を持っていると確信しているアパレル・デザイナーとのアポがあった。 いつものように微熱でフラフラということはなかったので、アポ通りミーティング。

その後、買い物と部屋の整理をしサウナへ。
ライムやレモングラスをスティーム出口においているスティーム・サウナと水シャワーで休憩。
これを4セット。 途中何度も、水分を大量に摂取。

お手伝いさんともども片付けが忙しく、夕食を用意できなかったので、穂の花へ。
ビールを飲んだら、まだ体がブルッと震えたので、ちょっと贅沢に<ひれ酒>。
やはり体調が悪かったせいか、あまり食欲がない。
<キノコおろしあえ><ニンニク丸上げ><ほうれん草おひたし><おでん>で夕食。

良く寝られたせいか、本日はかなり回復。
喉の痛みは消えたが、鼻炎が治まらない。
朝はまだ少しだるさも。

冷房を付けず、あちこちの窓、ドアを全開で夕刻まで片付け。
普段から汗かきなのだが、異常な程の汗が流れる。
Tシャツ、下着を何度も取替え、水分補給。

そんな中、インドネシア に来てから覚えたジンジャーティーも飲んだ。
私はちょっと体調悪いなと思うとすぐジンジャーティー。
サッパリするし、体がポカポカと温まる。
更に大汗をかき、水分補給。

ジンジャーティーの作り方はとっても簡単。


ジンジャーティー 1

ジンジャーティーの材料は、生姜、水、あればティーパックと蜂蜜。
これだけ(笑)。

ジンジャーティー 2

生姜を適当な大きさに切って、水で煮出す。
生姜の成分が出てくると、水分が飴色になってくる。

ジンジャーティー 3

そしてティーパック紅茶で。
甘みの欲しい人はお好みで蜂蜜。 砂糖より蜂蜜の方が美味しいと思う。

写真の蜂蜜。
サウジアラビア産だったかな? とっても美味しい。
封を切った後、冷蔵庫で保管しても、凝固する部分が出てこない100%の蜂蜜。
冷蔵庫で固まるのは、水飴で成分をごまかしている蜂蜜と聞いているが。

まあとにもかくにも、本日はこのジンジャーティー2杯でかなり復活。
煮込みうどんを食した後、現在は早く寝るため、安眠のためとしょうして、麦焼酎ロック、レモン割りを少々楽しめるところまで復活。

ネットで少々ニュースを確認し、<18私大がデリバティブで688億円損失>記事で、一人腹を抱えて大笑い。 これでは経済学、財政学なんて大学で教えていても、学生も信用できないでしょう!
まあデリバティブは高等数学になるのでしょうが。 いや~、受けたね、参った。

ジンジャーティーとお笑いネタのおかげで、明日は完全復活でしょう。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシア料理の定番 パダン料理
西スマトラに位置するパダン。

日本で会社勤めをしていた頃に出張で訪れたので、もう12年前になる。

装置を持ち込み、現地代理店とドクター相手のデモ。
競合大手メーカーの日本人は、シンガポールに拠点があってもパダンなんて地方を訪れてはくれないとかで、日本からやって来た平の営業マン相手にパダンでは有名なドクター達が集まってくれていた。

デモ室には、もう1台、競合の装置が並んでいたが、現地代理店のスタッフもいない、日本人はもちろんこない。 取り仕切っていたドクターが「君のところの装置をもう一台使用しよう」と言ってくれたので、準備されていた競合の装置は悪さをした少年のごとく、部屋の外の廊下隅に立たせておいた。

東南アジアは当時バブッていたし、インドネシア 向けには調度良い価格帯の商品が出ていた。
装置を持ち込み、インドネシア の地方都市をドサ周り。 私の勤めるメーカーでは、代理店サポートだけではなく、日本からも地方のドクターの皆さんもサポートしますよ!

今思うと、相当稚拙な企画書だったが、当時はこんな企画で面白い様に装置が売れた。
その後、インドネシアで会社勤めをした時のやりきれなさや屈辱感は今でも時々思い出すが、良い時代の インドネシア で営業担当をしていたこともあったのだなあとこちらも時々思い出す。

パダンは、とても暑かったことだけが、やたら記憶に残っている。
海亀の卵を初めて食べたのも、パダンだった。
ホテルは海に面していたと思う。

パダン料理 1

大なり小なり、衛生的に見えたり不衛生に見えたりと様々だが、パダン料理の店構えはどこでもこんな感じ。 数品が盛られている大皿が目印。 首都ジャカルタのどこでも見受けられるレストラン。

パダン料理 2

着席するとこんな感じで次々に料理が盛られた皿が運ばれてくる。

パダン料理 3

色からして辛い料理も非常に多い。
だからこのパダン料理は非常に現地 インドネシア の人々に愛されている。
黄色のカラーは、ウコン使用だったりするので、体や肝臓にも良いと思うが...。

日本人でも辛さに強い人は、その辛さが中々癖になったりもする。
ただし辛さは注意。 食べ過ぎると腹を下す。

パダン料理 4

小魚が干されたもの。
一杯飲むにはアテになりそうな料理も多い(笑)。

パダン料理 5

実はパダン料理、私は普段あまり口にしない。
特にお客さんがインドネシア料理を希望しても、パダン料理にはほとんど連れていかない。

嫌いだからではない。

着席すると大皿が並ぶ。
好きな料理を取る。
食べ終わると、係りのスタッフが食べた分だけ勘定する。
大皿は元の厨房へ。
デコレーションを綺麗にしたり、翌日まで保存するものは温めたりする。
再び客席へ。


着席した時に並ぶ大皿はリッチな感じだが、ようするに売れない料理はリサイクルしているのだ。
大勢で食べていれば、会話も進む。 唾も微量で飛んでいるだろうし、ローカルの人は料理を手掴みする人も。

私の様に慣れている人なら問題なくても、日本から来たばかりの人は腹を下す確立がグンと上がりそう。 また上記の様な話をすると、衛生観念のしっかりした人は、気分の悪い人も多いだろう。

更に私が普段あまり口にしないのは、不衛生な場所で購入すると腹を下しやすいのと、逆に嵌りすぎ、辛さを無視して食べ続けても、腹を下す確立が上がり、仕事に障害をきたすからだ。

パダン料理 6

鳥料理もイケます!

パダン料理 7

豆腐とエビ。
これまた癖になる味と辛さです。

辛さや調味料も保存の役目を大いに果たしていると思う。
タイを含めたアジアの暑い国には、辛い料理ややたら甘い料理が多いのは、調味料や砂糖が保存料の役目を果たしているのでしょう。

パダン料理 8

インゲンを炒めたもの。
こちらも辛いので、白いご飯に良く合うこと。

パダン料理 9

昨日のお昼、レニーとオクとパダン料理を食べたのだが、これまで食べたパダン料理では格別に美味かった。 久しぶりにパダン料理を堪能。

レストランも綺麗でかつ衛生的な空間で好印象。

レストラン名 PAGI Sore  Masakan Padang
住所     Jl. Cempaka Putih Raya A5, Jakarta Pusat
電話     021-4266000

創業は1973年。

スマトラ島のパレンバンには4軒もあるのに、ジャカルタにはチュンパカ・プティーへ行かないとないのが少々残念。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

米国FRBの最終カード
タイトルは インドネシア情報局 に相応しくないと思っていますが...。
まずはインドネシア情報を少々。

先週、インドネシア の手工芸品メーカーと打ち合わせを持つ機会がありました。
元々日本向けよりもアメリカ、南米に強いメーカーなので、ミーティング後、最近の状況を窺うと「本来なら注文が大量に入る時期なのに、サンプル出し以降、今年はいまだに大きな注文が全く入らない」なんて嘆いていました。
このメーカーのオーナーは華僑のやり手で、現インドネシア大統領からも表彰されている会社です。
輸出価格が1個US$1-10位の商品を揃えるメーカーでもここまで影響を受けています。
消費大国アメリカが消費をやめたらどうなるのか、雛形を見た思いです。

あまり話が聞こえて来ませんが、軽工業でも圧倒的な強さを見せていた中国は、本当のところどんな状況に陥っているのか、近々年配のお知り合いに尋ねてみようと思っています。

本日はレニー・フェビーの実家の家業、華僑ではないジーンズメーカーでは インドネシア 最大という会社を訪問しました。 もちろんメインの目的は、レニー・フェビィ・ジュエリーとのミーティングでしたが。

レニーのお兄さん、取締役が相手をしてくれ、色々と話を窺いました。
スペインのジーンズブランドをライセンス契約。
スペイン・ブランドをインドネシア内で生産、販売しています。
こちらはほぼ貿易を行っておらず、内需だよりのジーンズメーカーです。
それでも来るべき危機に備え、工場内従業員は1,000人から700人へ既に減少させたそうです。
この会社も97年アジア通貨危機を経験、乗り越えているので、そんな企業は打つ手が早いなあと感心した次第です。

そして要求もしていないのに、サンプルとしてジーンズを1本頂きました。
本日もとっても素敵な一日でした(笑)。 
そろそろボロボロになった洋服、ジーンズや下着の買い替え時期に来ていたので、もう1本購入予定だったジーンズは、必ずこのブランド品を購入しようと心に誓った次第です。
値段はローカルですが、デザインはスペインなので、私には申し分ない筈です(笑)。


さて、とうとうアメリカのFRBが最終カードを切りました。
ゼロ金利です。
日米の金利が逆転し、円高にも拍車をかけました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 市場事前予想を上回る幅での利下げを行った米国連邦準備理事会(FRB)。これにより日米の金利差が逆転したことで、日銀の次の出方に注目が集まっている。日銀は18~19日に金融政策決定会合を開くが、今年10月に7年半ぶりに引き下げた政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を、現行の年0.3%程度から、さらに引き下げるかどうかが最大の焦点となりそうだ。

 FRBは、日本時間16日夜に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米国の政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.75~1.0%引き下げて、年0.0~0.25%にした。実質ゼロ金利である。同時に発表した声明に長期国債の買い入れの検討などを盛りこみ、金融政策の運営目標を「金利」から「資金量」とする量的緩和に切り替えた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
抜粋 東洋経済オンライン

日本では日銀も追随し、更に金利を下げるしかないと言われていますが...。

さて、これにて金融危機に対し、アメリカFRBが切れる最後のカードが切られたも同然です。
日本政府は<年金資金が枯渇するまで、PKOで株価を支えてやる>と言った意気込みしかみせていませんが、実態経済はどんどん悪化している状況を本当に把握しているとは思えません。

インドネシア自動車工業会の統計として、来期の市場規模は今期比較で30%縮小するという見通しもある( じゃかるた新聞 参考 )そうだが、今回はその予想の倍、60%の縮小で見るのが調度いいと思った次第です。



  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

世界恐慌に備えて整理整頓
インドネシア に戻り2週間強が過ぎました。
インドネシア 滞在も11年が過ぎていますので、インドネシア にいても日本同様に、違和感のない生活をおくっています。

ジャカルタ・ソーホーに戻り、約5日程出張。
先週は新規メーカー訪問やミーティングも多く、今週も同じようなスケジュールに加え、会社の中を整理整頓しているので、結構バタバタとしています。
時期が時期なので、積極的な営業をかけていないのですが、何故か新規の引き合いが増え始めて、お蔭様で忙しくしています。

整理整頓なんて書くと 「年末ですね!」 とか 友人や先輩達からは 「とうとう清算する覚悟を決めたのか!?」などと言われそうです(笑)。

昨年は精神的にも追い込まれ、厳しい年でした。
スタッフ2名は文句のつけようのない悪さをしていたのでクビ。
その後、大きな案件や中規模案件が外的要因でバタバタと消え、期待していた取引先も倒産。
中核だったスタッフは、私と会社を思いやり、自主退社。
いよいよ清算し、就職でもするかと考えましたが、諦めの悪い私は借金して継続。
まあ細かく記載すると更に色々あるのだが...自身の不徳のいたすところ。

しかし今振り返ると、やっぱり私はツイているなあと思うのです。

元々私は、<現在の資本主義やドル体制は恐慌とともに崩壊する>と思っているのですが、その恐慌のスタート1年前に自身会社が恐慌状態。

それでもツイていると思うのは、<リストラなくして会社を縮小> <不動産の賃貸契約切れ寸前に、理想とする場所、広さの物件が見つかった> <中核だった社員はいつでも戻ってきたそうだし、関係は至って良好> <こちらの苦労のわりに利益を与えてくれない会社とは全て手を切った=コストは自然と大幅減少へ> <どうなるかは分からないまでも、夢のある引き合い多し> などなどが起因しています。

現在大手、中小、零細企業の会社の規模は関係なく、世界中の企業が生き残りをかけ、リストラを中心とした手を打っているけど、私自身は自然な流れで、1年近く前にその準備が完了した結果に。 そして本当の意味で最悪の状況を乗り切ると精神も強くなるので、最近では余程のことがないと動揺することも少なくなりました。

それでは何故、整理整頓に力をいれているか?

もちろん年末だからという理由もあります。
要らない物を捨て、お金に換えられるものは更に処分。
そして会社の宝と言えるメーカー情報の整理整頓。 これには時間が掛かります。

ここ数年は世界経済が荒れ狂います。
別の見方をすれば、大きなチャンスの時でもあります。

日本のマスコミの報道・認識ぶりと現在の世界状況を認識出来ていない人が多いと感じてしまうせいか、この状況下でも日本とその政府は平和ボケしているなあーと思うことしばしばです。
そんな調子なので、来年は日本でも今年以上にもっとビックリすることが起きるでしょうし、有名な企業でも倒産するところが増えると思います。 そうなるとアチコチの取引ルートにも風穴が開くでしょう。

想像するだけで、物凄いビジネスチャンスが開けてくる様な気がするのです。
だからこそ、それに備えて、迅速に動ける様にデータや身の回りの整理整頓に力を入れています。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

魚のテラピー Therapi Ikan
「ああん、乳首には歯を立てないで...」

いつもよりエロく、少々過激にスタートさせてみました(笑)。

コンピューターを開いてしまうと、結局仕事をしていまい、考えてみると真の意味での休暇をいつとったのか記憶がない。 久しぶりにマインド・セットを行うべきだと思ったので、昨日は完全休暇としました。
よってブログもお休み。

ここ数日アルコールを断っています。
先日は夕刻にジョギングをしようと考えていたのですが、大雨に見舞われました。
気持ちはすでに、良い汗をかくところに行ってしまっていたので、サウナへ向かうことにしました。
ジョギング=無料からサウナ=有料になったのが、少し不本意でしたが、たまには体全体を弛緩させることも必要と考えなおしました。

昔から風呂、サウナは大好きで、サウナに至っては7~10分たっぷり入った後、水風呂。 汗が引いたら再びサウナを3、4セット程繰り返のが私の掟です。

さて昨日はいつものサウナに行くと少し改装されており、新たに風呂場が追加されていました。
1セット目のサウナから出て、スタッフに話を聞くと、魚のテラピー Therapi Ikanだと言います。
魚がかじるのを利用し、垢や古い角質を取るそうです。 皮膚にも良いなんて言っていました。
噂には聞いていましたが、思いがけず試せると思うとワクワクします。

3mx3m位のプールに3センチから5センチ位の小魚がたくさんいます。

噂で聞いていたのは、足を付ける魚のテラピーでしたが、私より先に入っていたインドネシア人のおじさんは全身を水につけています。 おじさんの足を中心に体全体に魚がまとわり付いていました。 おじさんは涼しそうな顔をしています。

「日本人男児として負ける訳にはイカン、Ikan」 咄嗟にそう思ってしまいましたが、別に勝負している訳ではないので、この発想は全く無意味です。 これも「資本主義末期・新自由主義に毒された発想だ」と独り言を言いながら、私もゆっくり徐々に全身をつけてみました。
サウナから水風呂予定だったので、ナイスな流れです!

魚はあっという間に寄ってきます。
泳いでいる姿は決してすばしっこくないのですが、素手で捕まえようとすると逃げ足が早い。
魚の形は小型のハゼに似ていなくもない。

言葉で記載しようとすると、<魚が体のアチコチをパフパフと齧っているいる>といった表現になるでしょうか?
特に足には群がっています。
毎日、足裏までキチンと磨いているのに、「そんなに俺の足はきたね~か!?」という少し悲しい気分にもなってくる程、魚は群がります。

ゆっくりと全身を沈めていくと、手やその他の部分にも群がってきます。
特に痛みはありません。 が、少し多きめの魚が齧ると引っかかるように感じます。
それが魚の唇のせいなのか、歯なのかは観察していても判りませんでしたが、確実に垢や古い角質をこそいでくれる実感は少々ありました。

そして乳首。
魚達は容赦なく、食いついてきます。 痛いという程ではないけど、擦れた感じが気になる。
「ああん、乳首には歯を立てないで...」
魚にそんなギャグを言っても意味がないのですが(笑)。
そんな訳で冒頭のスタートとなった訳です。

おじさんがプールから出て行くと、残りの魚達も矛先を私に向けてきます。

「これがピラニアだったら、すでに俺は死んでいるなあ」

とか

「ヒッチコック映画<鳥>の様な映画が撮れないだろうか? 魚は飛んで追ってくることが出来ないから、状況設定が難しいなあ」

と再びクダラナイことを考えていました。

しばらくすると股間近くで異変を感じたので、意識をそちらに集中すると、どうも短パンの裾から2、3匹潜りこんで、玉を齧っている感じです。
「これはイカン、Ikan」と思い、また既に10分位つかっていて汗も引いたので、プールから出ました。

これがテラピーと呼べるもので、果たして肌に良いのか判断はつきませんでしたが、魚のテラピーとは中々考えたものだと感心した次第です。

Ikan イカン とは、インドネシア語で<魚>を意味します。


竿まで噛まれずに良かったね!と思って頂けた方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジョグジャカルタのいつものBARで 下
ジョグジャカルタの常宿ホテルはNovotel Yogyakarta。

そんなに大きなホテルではないが、部屋が清潔で水回りが綺麗なところが気に入っている。
仕事でこの街を始めて訪れた7年前に初めて泊まり、ジョグジャカルタ滞在時に空室があれば、大体このホテルを使用している。

http://www.novotel.com/gb/hotel-0777-novotel-yogyakarta/index.shtml
Hotel Novotel Yogyakarta ホテル ノボテル ジョグジャカルタ

学生の頃から30歳までは、旅立てるお金が貯まると、バックパッカーに近い安宿旅行をしていた。
しかしながら、どの国にいても宿賃より夜の飲み代の方が高く付いていたので意味がなかった気もするが...。 宿賃600円/泊、飲み代2,000円/日以上。
個人旅行ならあまり宿泊場所も気にならないが、仕事の時はある程度きちんとしているホテルの方が個人的には好ましい。

ホテル ノボテル ジョグジャカルタにチェックイン。
昼食後、メーカーを訪問。
夕食後、少しばかり表で飲んで、ホテルに戻ってきた。 夜23時近く。

ロビーを入ると、Barカウンターの向こうで手を振っている。
Gula Jawa Lobby Barのバーテンダー。

初めて会ってから何年経つだろうか? 5年以上。
当時は単なるバーテンダーだったアアンはGula Jawa Lobby Barのキャプテンになっている。
彼が手を振っていたら寄るしかないだろう。 むしろ彼がいる事を期待していた。
約1年ぶりの再会。

挨拶もそこそこに生ビールが出てきた。

俺、他の物を頼もうと...と言いかけた瞬間、「ウエルカム・ドリンクですよ! ググっと飲んで下さい。 次はチャージしますけど、いつものカイピロスカで良いですか?」

カイピロスカ。 細かく刻んだライムを潰し、砂糖(私は黒砂糖使用が好き)を少々、ウォッカにクラッシュドアイス。 柑橘系に甘みがあり、好きな酒だ。 ベースが異なるカイピリンガと思えば良いかもしれない。 場所によってはライムではなくレモンを使用する。

実はこの酒、このGula Jawa Lobby Barで教えてもらい嵌った酒。
調子の良い時は、このカイピロスカだけで5杯位は飲むので、アアンの元上司、Gula Jawa Lobby Barの元キャプテンが飲みっぷりを感心していた。 よって私の好みの酒、飲み方は、1年に1度位の訪問にも関わらず、Gula Jawa Lobby Barにアアンがいれば、バーテンダー皆が直ぐに把握してくれる。

「元気だった?」
「ええ、ミスターも元気そうで何よりです」

「酒がインドネシア中で切れてきているけど、ここは大丈夫なのか?」
「ジョグジャカルタも変わりません。 ここはストックの仕入れが大きいので、今のところ大丈夫ですよ」
確かにバーボン、スコッチ、ブランディは在庫に問題なさそうだった。

「ミスターが毎晩飲みに来ていたら、こんなに在庫がないかもしれなけど(笑)。 テキーラ、ラム、ウォッカがほんど手に入りません」
「じゃあ、近い将来カイピロスカは飲めなくなりそうかい!?」

その台詞直後のキャプテン・バーテンダーのアアンの笑顔は忘れない。
「心配は要りません」

インドネシア産 酒 1

私の目の前、Barカウンターにトンと置いたのが、このボトルだった。
VODKA 700ml  40%。

「インドネシア産のウォッカです!」と言いながら、ショットグラスに並々注いで来る。
「どうぞ試してみて下さい」

インドネシア産といっても、特に合成酒っぽい味もなく、ウォッカの微妙な甘みもある。
私のふ~ん、という感心した顔を見て
「これがあればカイピロスカは大丈夫ですよ!!」

ボトルを手に取るとBPOMの番号も取得出来ている。
販売元だか製造元だか忘れたが、PT. Kharisma Serasi Jayaと記載されていた。

VIBE Liqueur というブランド名で、ウォッカ以外に、ライチ・リキュール、コーヒー・リキュールを販売している。
何でもバリ島に本社がある。
バリ島は観光で成り立っている地なので、食料管轄省BPOMの販売許可番号ML番号が取得しやすいとのこと。

ライチ・リキュールには、EXOTIC LYCHEE なんて名前が付いており、こちらもウォッカ同様、700ml 40度。

インドネシア産 酒 2
こちらはコーヒー・リキュールだったと思う(笑)。
ROBUSTA COFFEE 700ml 19.5%

最近ではそうでもないが、Barに新しいボトルが入っていると
「あれは何の酒?」なんてバーテンダーに聞くのが癖の時もあった。

行きつけのBarだったりするとボトルを私に見せる前にショットグラスに注ぎ、
「まあ、ちょこっと試してみな」なんてことも多かった。

そんな事がこの日、Gula Jawa Lobby Barで起こった。

Bali Moon バリ・ムーン
Bali Moon バリ ムーン

表では、ビール、マルガリータのロックを2杯を飲んできた。

Gula Jawa Lobby Barではウェルカムドリンクのビールでスタート。
既にカイピロスカの後、ブッシュミルズ(アイリッシュ・ウィスキー)をダブルロックで飲んでいたのだが、ウォッカから始まり、ライチ・リキュール、コーヒー・リキュール、バリ・ムーン(これは最後に出てきたので、もはや味も覚えていない)全てが、時間を空けながら順番に出てきた。

もちろん勝手に出てくるので、チャージはかかっていない。

しかしこの晩、これでは終わらなかった。
アアンが、新しいカクテルを飲んでくれという。
飲まない訳にはいくまい。

ライチ マティーニ

ライチ・マティーニ
レシピはウォッカ、ライチ・リキュール、ライム。
ステアーだったか、シェイクするのかは覚えていない。

ライチ・マティーニはとっても南国らしい味。
お酒が好きな女性は結構気に入るテイストだと思う。
口当たりがいいので、飲みすぎ注意の酒かもしれない。

「悪くないね!」という私のライチ・マティーニ評に気をよくしたアアンは、私のグラスが空になる頃合を見計らって、他の酒を作ろうとしている。

「疲れているし、酔ってきたから、もう良いよ」 そんな台詞は全く無視して。

ウオッカ バジルロスカ 1

BASILROSCA バジルロスカ

グリーンカラーがとっても美しい。 シソの葉のデコレーションがまた何とも洒落ている。
カクテルには見栄えも必要ということを久しぶりに思い出した。

ウオッカ バジルロスカ 2

バジルロスカは、ウォッカ、バジル、ライチ、ライム。
お酒にバジル、シソはどうかと思ったが、これは想像以上に美味かった。

ジョグジャカルタの仲間
Barキャプテンのアアンとスタッフのエディ。

「何で今晩は大盤振る舞いなんだい?」 アアンに尋ねてみた。

「知り合ってから長いこともあるけど、1年ぶり位に再会すると、やっぱり嬉しいですよ」

この日、私の支払いはカイピロスカ1杯とウィスキーのダブルロック1杯。
これでは申し訳ないので、締めにレミーマルタンのVSOPのダブルをクラッシュドアイスで1杯飲んだ。

相当酔った。
しかし翌朝はアルコールも残らず、とても気持ちの良い目覚めだった。

そして、翌日の晩、ジョグジャカルタ最後の晩。
アアンは非番だったが、エディーとその他スタッフと、ジャワ島のミステリー話と日本の幽霊の話を交互に披露して盛り上がった。 その時、仕入れた話も近日紹介しようと思う。

持つべきものは友と会話の潤滑油としての酒。
そして気軽に飲める空間、Barのカウンター。


私が好きな東京のBar.

Bar Rhythm バア リズム
東京都世田谷区北沢2丁目7−14
菊地ビル 2階
<小田急線 下北沢>
電話 03-3466-2008

Bar Nocturne バア ノクターン
東京都世田谷区宮坂3丁目12-19 芙蓉ケーティビルB1F
<小田急線経堂駅から徒歩1分>
電話 03-3420-6178

Bar Nocturne バア ノクターンの草野さん、Bar Rhythm バア リズムの川嶋さんには、20年近く、私のアホな成長ぶりを温かい目で見守って頂いています。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジョグジャカルタのいつものBARで 上
Barという場所、そしてバーテンダーという職業の人にはお世話になったし、いまだにお世話になっている。

ツッパリ中学生ではなく、ごく普通の学生だった。
中学2年で身長の伸びるのが止まった。 180cm。
当時は暴走族がツッパリの主流だった。
所謂<不良>と呼ばれる男が少ない中学だったので、いじめにはあったことがないし、真面目と不良に近い場所に自身のポジションを狡賢くキープしていた。
それでも当初よそ者扱いの中学生活。 身長が目立ってしかたがなく、因縁をつけられることはしばしば。 自己防衛で体を鍛えるのが癖になった。

高校で必修のクラブ活動、運動部に所属せず、休日の土方バイトに明け暮れていたのは、たかが1、2歳しか年齢が変わらないのに、年上というだけでスポーツの実力とは別に、威張っている奴が多いのが気に食わなかったから。 年上は目下に優しいと思っていたのは甘かった。
中途半端な学力の高校に入学したのもいけなかったのかもしれない。
幸い高校の規則は上手くかわせた。
幸いバイトの土方は、下手な運動部よりはるかに厳しかった。 体力消耗だけでなく、上下関係でも。
一番年上の先輩は山谷から通う60歳を超えた男だった。

若い頃は誰でも色々悩む。
当時の私は自分がどんな男になりたいか、今よりも真剣に考えていたと思う。
なりたい人、モデルを探す必要がある。
そんな中嵌ったのが、主人公が格好よく思えたハードボイルド小説だった。
分かりやすく言うと、映画カサブランカのボギー。

ハードボイルド小説にはBarでの描写も多い。
Barのカウンターで一人で飲めるのが本当の大人の男。 そんな勘違いも当時から始まった。

最初にBarで飲んだ時は、質問されて答えられなかったら馬鹿にされるのではと、注文予定のカクテルのレシピのメモを持っていた。 それは杞憂に終わり、数軒通うBarも出来た。

20歳から28歳位までは、週5日ペースでBarに通っていた。
就職後、給料だけでは足りなく、土日は土方をしていた時期もあったと思う。
Barに通うために土方。 酒を飲まない人には馬鹿げた話だと思う。
しかし、それだけBarが魅力的で、一人で飲みに行く男の社交場と化していた場所もあったのだ。
時には顔見知りの他人と何かの話題で盛り上がることも。

また随分、目上の方には可愛がって頂いた。
いまだに知り合ったバーテンダーや当時知り合った人にはお世話になっており、感謝の気持ちで一杯だ。

いつもより飲む量が少ないと、懐具合を気にしてくれて数杯無料で飲ませてくれた。

「お前にはこの味が分かる筈だ」と20年以上前にシングルモルト・ウィスキィーの21年限定物を真っ先にご馳走になった。

酒と何かでラリッた奴がつかかってきて喧嘩、狭くて殴り合いにはならなかったが、ボトル5,6本損壊、グラス40,50個損壊する事になった時も「相手の過ちで、お前は悪くない」 双方に賠償はなかった。 いくらするのか怖くて聞けなかったが、バカラ・グラスも5、6個いかれたらしい。

「非番だから明日飲みに行くのに付き合え」
東京プリンスのアスコット、六本木のリズム&ブルースのBar,締めは日本酒、屋台でおでん。
帝国ホテルの名物バーテンダー最後の弟子といわれ、下北沢のとあるBarのチーフバーテンダーをしていた人のお付き合い。 アスコットではチーフバーテンダーの計らいで全てロハ。 もちろんその晩、私の懐からは1円も消えなかった。

「いいから飲んでみなさい」 ロマネコンティーの絞りかすで作った葡萄カストリ焼酎のマール。

「大したことないから飲ってみな」 30年もののスコッチ・ウィスキィー。

「妙に元気がないな! いつものやつ、つけないからまずは飲んで元気出せ」

「何年ぶりだよ! 生きてたか! シャンパン開けるから、飲んでくれ」

こんなのは本当に一部のストーリーだ。

Barという場所、そしてバーテンダーという職業の人にはお世話になったし、いまだにお世話になっている。

今回はその昔、下北沢のBarで頻繁に起きていたような状態をジョグジャカルタで経験した。
友と酒は良いものだ。

- 続く -


えっ、インドネシア情報はどうなっているのと聞かれると、続編待って下さい(笑)。
酒に関しては物語の多さと感情移入で、出だしが長いけどご勘弁を!

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアの日系企業の憂鬱
旅日記はバリ島からジョグジャカルタに場所を移し続きますが、本日は話題を変更します。

日本・アメリカ、その他の国も可能な限りの株価支え(PKO)を行っており、ここ数週間はなんとなく落着きを取り戻した状況になっています。 個人的には、何か嫌な予感のする市場の雰囲気と感じています。

市場は織り込み済みとも言われているようですが、GM救済が通るかどうか、今週末から週明けにかけてが市場のひとつの山場になるようです。 しかしながらGMの金融子会社GMACは倒産の可能性が大になってきたようです (藤原直哉氏情報)。

既に報道された様に、AIGの隠れ損失約100億ドルも発覚しました。 
今回の損失は、デリバティブ取引にかかわる損失と見られていますので、今後世界中の金融機関や企業で同様の損失が次々に出てくることが予想されます。

さて今回の インドネシア情報局 のタイトルは< インドネシア の日系企業の憂鬱 >としました。

来期は インドネシア で日系企業が生産するバイク・自動車も大幅減産が確実です。
以前話した様に材料は輸入になるメーカーがほとんどなので、ルピア暴落に伴い部品メーカーさんでは、絶好調の黒字から赤字へ転落した会社も少なくないようです。

バイク、自動車業界はまだしも、今後相当な状況に追い込まれそうな日系企業が存在しています。
関連する方達の家族が心配されることは避けたいので、ここでは業種・業態は記載しません。
昨年まで、バイク・自動車以外でも絶好調だったメーカー業種が存在します。
そんな生産上昇の中、部品メーカーで生産ラインを増やした会社が結構存在するようです。
現在の受注はほぼゼロ。
生産ラインを全て止めなければならない様な状況に陥っている会社があるようです。

生産ライン拡大工事には、5億-50億(業種やライン拡大の規模で大きく変わるので、いくらとは言い切れません)位の投資金額が必要になります。 日本の本社が全額負担しきれる額な訳がなく、当然相当な額を銀行から借り入れをしているでしょう。
いくら生産ラインをストップし、リストラを行い必要経費を削減しても、借入額は減りません。
銀行の融資がストップし資金繰りが途絶えたら、インドネシアの工場どころか日本の本社もぶっ飛びかねない状況化に陥っているところもあるようです。

日本国債も売れなくなってきており、物価連動国債は下落しているようです。
どこかで日本国債が大暴落すれば長期金利が上がるので、近い将来そちらで止めを刺されてしまう会社も出てくるかもしれません。

私の知り合いの会社でも、「貸し剥がし」を受けている会社が出てきました。
「晴れている時に傘を貸し、雨が振り始めたら傘を奪う」
日本の銀行も生き残りをかけ、臆面のない行動に出ているようです。
しかしゼロ金利や公的資金投入で、国民が本来受け取る利子や税金で救われて、再びこの様はないだろうなんて思ってしまうのですが...。

経営は<良い時の状況に合わせ投資するのではなく、歩みは遅くても確実に歩み足場を固めることが大事なのだ>と世界恐慌スタートの今、つくづく感じた次第です。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

バリ島のチャイニーズ・レストランとハッテン・ワイン
バリ島2日目の昼過ぎ。
仕事は無事に終了し、クタエリアのホテルへ移動。

クタでの常宿ホテルが満室であったため、Wina Holiday Villaへ1泊。
Wina Holiday Villaは凄くいいホテルとは思わなかったが、仕事で訪れている場所では寝るだけなのであれこれ言ってもしょうがない。
Wina Holiday Villaでは、ローカルの人を中心に、欧米人、少数の日本人を見かけた。

Wina Holiday Villa
住所 Jl. Pantai Kuta, Bali 80361
電話 0361-753063
http://www.holidayvillakutabali.com/

お客さんはメールチェック、私は所要で電話を掛けまくり、1時間強経過後、後学のためオべロイ近辺のブティック見学へ。 その後、バリ・カルフールでチト買い物。
何だかんだ時間が経過し、夕食の時間に。

偶然通りかかったのだが、チャイニーズ・レストラン LAOTA 老大を発見。
それが中々コストパフォーマンスの良い、美味しいチャイニーズ・レストランだった。
<香港粥とシーフード・スティームのスペシャリスト>なんて小さなカタログには記載されている。

ビールを数本、魚のスティーム、エビ揚げ、白菜のニンニク炒め、シーフード粥を食べたのだが、一人当たりRp.150,000しなかったと思う。 お粥は香港やシンガポールで食べるそれと比較しても遜色なく美味。 酒が少し残ってしまった朝に食するのに非常に向いている味(笑)。
唯一の不満は、紹興酒がなかったことだ(笑)。

LAOTA 老大
住所 Jl. Raya Kuta No. 530, Tuban
電話 0361-7429068

今まで知らなかったが、この通りにはチャイニーズ・レストランやシーフード・レストランが多いようだ。
LAOTA 老大はそこそこ大きな看板が出ているので分かり易いと思う。
インドネシア料理に飽きた人には良いかも知れない。

夕食は大満足で、ホテルへ。
そしてそのままホテルのBarへ。
ここでもバーテン曰く酒の在庫が尽きてきているとのことだった。

それでもカウンター内の冷蔵庫を覗くと、バリ島で造っているハッテン・ワイン(HATTEN WINE)の白が無事だった。 今俺が救ってやるぞという思いで、封の空いていないそいつを1本注文(笑)。
ワインは1本位ではほとんど酔わないのだが、他に魅力的に思える酒も見当たらなかったので致し方ない。

バリ島で造っているハッテン・ワイン(HATTEN WINE)には思い出がある。
もう6年以上前に初めて飲んでみて、日本に輸出出来ないか試みたのだ。

ハッテン・ワイン(HATTEN WINE)に問い合わせの連絡を入れると、ジャカルタで欧米人向けのお披露目プレゼンテーションを行うといういいタイミング。
私とのミーティングはマンダリンホテルで、ハッテン・ワイン(HATTEN WINE)のマーケティングを行っている少し太ったオーストラリア人女性がやってきた。

こちらからは、バリ島で造られたワイン、ハッテン・ワイン(HATTEN WINE)が日本市場で受け入れられるかマーケティングを行いたい旨を説明。
そのマーケティングに必要な取引条件等を教えて欲しいという簡単な依頼をした。

営業のオーストラリア人女性もその場で注意ポイントとともにハキハキと回答してくれた。
ミニマム・オーダーはコンテナで、1本 の価格US$ 2.50等。

注意ポイントがあったことも覚えている。

・ バリ島では赤ワインを造る葡萄の収穫が安定しないので、白とロゼだけの取引希望。
・ 白もロゼも出荷後、約3ヶ月以内に販売しきった方が得策。 それ以降は、ワインの香りが薄れてくる為。

こんな注意=ウィークポイントだったと思う。

調度、営業での帰国を控えていたのでサンプルを購入。
日本へ白ワインを数本送った。

ハッテンワイン Hatten Wine 1

さて営業をどうしようか?
とりあえず味の評価もかねて、私が良く通っていた下北沢のBarに1本持ち込んだ。

お世話になっているチーフバーテンダーに
「ワインに詳しいお客さんが来たら、無料で飲ませてみて、後日感想聞かせてよ」
なんて依頼をしたのを覚えてしる。

するとバーテンさんは
「それは調度良いタイミングです。 ご紹介しましょう。 お隣に座っている方は、フランス、イタリアやアメリカ、オーストラリアからワインを輸入している会社の部長さんです」

名刺交換し、早速試飲して頂いた。
味・香りは私が想像していたより良い評価を頂いた。

ただし価格と賞味期間がネックになった。

スーパーマーケットや酒屋の店頭に並んでいたりするワイン。
フランス産、イタリア産でも600円位から900円位で販売しているワイン。
それらは業界で1ドルワインと呼ばれ、当時の価格で高くてもUS$1.50 FOB が仕入れ価格。

日本人は安いワイン購入時でも、フランス産、イタリア産を好む傾向が強い。
バリ島、インドネシア産だと、どうしても価格帯とイメージ的にそれらの安いワイン対抗になる。
US$2.50では販売価格1,000円を超えてしまう。
香りの賞味期限が短いのも厳しい条件となった。

それでもバリ島は日本人に人気があるので、最初の1コンテナ分はそんなに苦労せず、珍しさもあって販売出来てしまうかもしれないが、2コンテナ分からは苦戦する可能性が大というマーケティングの予想までしていただいた。

テイストに関しては、当時知り合った人の奥さんがソムリエをしていたので、そちらにも評価頂き、悪くない評価をもらえた。

通常気に入った商品の営業では、かなりしつこいタチなのだが、この時は感で追うのをやめた。
今でも学ぶことが多く、いまだに青二才だが、もっと若く甘かったころの経験だ。
とっても昔の話でもないが、思い出すとチトほろ苦いものがある。

ハッテンワイン Hatten Wine 2

Wina Holiday Villaのバーテンダーは他にお客もいなかったせいか、暇でやたら話しかけてくる。

ボトルの中身も1/3位になったころ

「ミスター、この後オンナは要らない?」なんて聞いてくる。
「このホテル、女性の斡旋なんてしているのか?」
「頼めば駐車場のガードマンが連れてきてくれます。 可愛い子、連れてきますよ。 必要だったら、私がガードマンに連絡します」 私が頼めば彼にもマージン入るのであろう。

「いくらなの?」
「Rp. 700,000です。 ほら、あちらはそうですよ」
あちらを見ると、欧米人がプールサイドを横切り、それらしい女性を部屋に連れ込むところだった。

「70万ルピアかあ。 今日は疲れているし、だったらハッテン・ワイン(HATTEN WINE)を10本程、ジャカルタに持って帰る方が良いね。 重くて無理だけど!」

私は女性が嫌いな訳ではない。
ただ女性の色香より、酒の誘惑に負けることが多いだけだ。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

バリ島 アタバッグ
バリ島について2日目。
チャンディ・ビーチ・コテージで朝を迎えた。

生命が誕生したといわれる海が近いせいなのだろうか?
海岸に近いホテルだと良く眠れて、気持ちの良い朝を迎えることが多い。
普段朝食は食べないのだが、この日は美味しく食べられた。

9時にアタバッグのメーカーさんが迎えに来てくれて、さあ仕事の始まりです。
このアタバッグメーカーさんとは3年目のお付き合いになります。

チャンディ・ビーチ・コテージ 朝
チャンディ・ビーチ・コテージのレストランからプールサイドへの眺めが美しかったので撮影。

アタ 1

いつものミーティング場所では、アタバッグの止め具にあたる部分の取り付け作業をしていた。

アタ 2

バリ島だけでなく、インドネシアの手工芸品メーカーは本当に手先の器用な人が多く、常に感心させられる。
ただしメーカーによっては大量注文すると多くの不良品が発生したりもするので、使用メーカーは良く調査・テストする必要がある。 品質の良い手工芸品は芸術品にもなるが、不良のある手工芸品は、日本向けではゴミにしかならない。

アタ 3
ミーティング場所の眼下では、大量のアタ商品が日干しされていた。
日本向けにアタバッグ等を発注する時期、インドネシアは雨季に当たるので、納期には注意が必要となる。

アタバッグの受注も相変わらずの数量だが、最近はホームデコレーション・インテリアの受注が伸びていると、私が密かに尊敬しているバリ人オーナーさんが語っていた。

3回目位になるとミーティングも非常に円滑。
今回は巾着を作っているワークショップへも訪問した。
ミーティング場所から30分強、車を走らせる。

巾着 1

こちらの縫製専門のワークショップオーナーは、アタメーカーのオーナーと11年の付き合い。
そして縫製専門のワークショップでは、最早その1社のアタメーカーの仕事しか請けていないらしい。
お互いの信頼関係が、日本向けでもクレームがほぼ発生しない商品作りに、役に立っているに違いないと確信しました。

巾着 2

足押しミシンとでも呼ぶのだろうか?
真直ぐなステッチ。 こちらも実に器用にミシンを操り縫製する。

巾着 3

何十年前のミシンだろうか?
まだ現役として活躍しているらしい。
ここまで長きに渡り大事に使用されるのも、実に インドネシア らしい。

2009年、世界経済は益々混迷に向かうと思っていますが、こんな場所にも、我々が考えを改めたり、進むべき方向性となりそうなヒントが存在しているように思えてしまいました。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

インドネシア製 パレオ Pareo
休みの日の午後、香港のインド人パートナーからメールが3件入った。
内容は価格の最終確認、メーカー3社分。

1社は私の方でかなり話を詰めたので問題ないが、もう2社は勝手に話を進めていたのか、私の方ではほとんどケアーはしていない。 それでもメーカーを見つけ出した私にも筋を通して連絡してきているから、出し抜くつもりは毛頭もないようだ。
おいおい、相変わらずだなあと思いながらも、日曜日にメール連絡してくるなら事務所にいるのだろうと電話をしてみた。

他愛もない情報交換後、本題に切り出すと、

「Masaki、今晩から契約でロスに飛ぶかもしれないから、インドネシアメーカーの方のケアー宜しく!」

「やっておくけど、メールはきちんと見てくださいよ!」
今回は商品名、数量もきちんと記載されているので、確認はし易い作業だ。

数量の再確認を電話口ですると
「来期は年間300コンテナが目標なんだけど、まだ足りていない」

数字が本当かどうかは考えるのはやめて、このプロジェクトは徹底的にやることを既に腹で決めていた。 だから他のメーカーとも話を進めておいた。

「あと2社、生産ラインを抑えられるメーカーは探してある。 そちらのデータも送るから、早急に動いてください。 それよりも今回、南米にも行くんでしょう? こっちは力を持て余しているから、アフリカ向けだけじゃなくて、他国の引き合いも紹介してくれるとありがたいんだけど!」

「分かった、分かった。 あとインスタント麺とお菓子メーカーも調査しといてね。 それじゃー、気をつけて! 宜しく!」 奴は相変わらずイージーだけど、何故か憎めないインド人おっちゃんだ。


さて旅の話の続きとタイトルはここからスタートする。

12月1日。
バリ島で夕刻着くお客さんを待つ間、メーカーの事務所兼商品集積場へ。
ドライバーのワヤンはもちろんバリ人で道を良く知っていた為、迷うことなく辿り着いたが、事務所兼商品集積場は、そんなに広くも無く、看板が出ている訳でもなく、一度は気が付かず通り過ぎてしまった。

さてその商品はパレオ Pareo。
元々パレオ Pareoはタヒチの民族衣装だが、最近はインドネシア製のパレオ Pareoが、良く出回っているらしい。 パレオのサイズは約90cm X 180cm。

早速、メーカーのオーナーと会談。

「パレオ Pareoは主にどこに輸出しているのですか?」

「最近はハワイとかカンクンとかが多いですが、色んな国に出荷しています」

カンクン...、メキシコのカリブ海に面したリゾート。
24歳の時に訪れたことがあるが、海が真っ青で素晴らしい場所だ。
確かにパレオの需要も多そうな観光地だ。

インドネシア産 パレオ 1

「ワークショップ(工房)は見ることが出来る? 時間持て余しているんだよ!」

「バリ島では見ることが出来ません。 私はジャワ人でバリ島へオフィスを移したのは、割と最近です」

「また何で?」

「パレオ Pareoは商品的にバリ島の方があっているし、被災したわけではないけど、地震が怖くて」
話を聞くとワークショップ(工房)だけ、ジャワ島の方へ残したらしい。
バリ島より工賃が安いらしい。

「バリ島で製作したら、私のところのパレオ Pareoはこんな価格でオファー出来ませんよ!」

インドネシア産 パレオ 2

一色カラーだけの商品、花柄などのモティーフの付いた商品、生地の厚みが異なる商品等、一つずつ貿易価格を確認したが、無茶苦茶安い。 もちろんこの会社を訪れる前に、下調べ交渉は済んでおり、価格も確認していたのだが、現物を目にして価格を聞くと「安い」と声を大にして唸ってしまう。

インドネシア産 パレオ 3

役得と言えば役得な仕事。
また経験上、日本でインドネシア製の商品を見てしまうと原価が分かる。
原価、輸送コスト、卸価格、販売価格。
販売している商品が、利益が大きく取れ儲かる商品なのか大体分かる。

インドネシアのパレオ Pareoは儲かる商品の範疇に入ると思う。

インドネシア産 パレオ 4

単色カラーはさておき、モティーフ付きの商品は全てバティック(ロウケツ染め)。

インドネシア産 パレオ 5

過去にエジプトで見たベリーダンス。 
あの腰のくびれと腰の振りは何ともセクシー。

パレオを付けている女性にも何か惹かれるものがある。


おいおい、最後は中年のイヤラシサが文面に出ているよ!と思った方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

バリ島 豚料理とレゲイと
バリ島 を訪れ、波の音をバックミュージックに飲んだ影響だろうか。
インドネシア で大分以前に購入した好きなレゲイバンド、UB40の The Very Best of UB40 を聴きながら、ご機嫌モードで日記を書き始めた。
もちろん、今やインドネシアでは、血の一滴と変わらないウィスキーのロックを飲みながら(笑)。

仕事が一段落すると、相当疲れているのに眠れない。
テンションが高過ぎるのか、飲んでもすぐに眠れない。
開放感と自由を感じながら、飲んでもすぐに眠れないのなら、酒を飲みながら、好きな音楽を聴いて、読書をしたり、ブログを書いている位が調度良い。

バリ島 を訪れると豚(Babi バビ)料理が食べたくなる。
ジャワ島はイスラム教徒が多いため、チャイナタウン、本格的な高級中華レストランや和食レストランに行かないと、豚料理が食べられないことが理由だ。

バリ島 はヒンドゥー教徒が多く、豚料理は問題ない為、養豚場も多いようだ。
鹿児島産黒豚が輸入できなくなった今、ジャカルタの和食レストランはバリ産の豚を出している。
日本産の豚には味や品質では劣るが、十分美味しく頂ける味だ。

日曜日に2時間半の睡眠でジャカルタ・ソーホーを出発。
調度、12時頃にバリ島到着。
簡単な仕事を終了後、腹が減ったので昼食。

ドライバーのワヤンに 「どこかお勧めの店はないかい?」 と聞くと 「Babi Guling (バビ グリン・豚の丸焼き)はどうですか?」 と聞いてきたので、異論はなし。

数ヶ月前、日本人女性のドライバーを勤めた時、評判だったというレストラン。
レストランというよりスペースのある巨大屋台の様な感じだった。
それでもカウンターがあるので、私的には良い感じ。

「何がお勧め?」 と聞くと、「バビ (Babi 豚) ホットプレート」だという。
そいつとビンタンビールを注文。

一人で食事しても面白くないので、ワヤンにも同席してもらった。
一人旅は好きだが、食事の時は仲間がいた方が楽しい。
夕食時なら、旅先で縁があり知り合えた現地の人と美味い酒の一杯でも交わせればなお良い。

それでお勧めの バビ (Babi 豚) ホットプレート
串焼きが美味かった。 睡眠不足で少し疲れているせいか、微妙な甘みが胃と味覚を刺激する。

バビ ホットプレート 1
普段の昼間はビールも絶対飲まないが、この日は移動がほとんど。
よって麦で作られた、何故か泡の出る茶を水の代わりに小瓶で一本。
水よりも下痢をする確立は低い。

バビ ホットプレート 2
中々、美味そうでしょう。
焼いた豚のパリパリッとした皮が、またビールに良く合うこと。

屋台ではなく、この萎びれたカフェ風レストランで、食事していた時に流れていたミュージックがボブ・マーリーのLiveだった。 名曲 No Woman No Cry も入っているアルバム。

チャンディ・ビーチ・コテージのBarで飲んでいる時も、何故かボブ・マーリーのLiveが流れていた。

再び何か感性や感覚的な理由があって、ボブ・マーリーが流行っているのだろうか?
バリ島にレゲイが果たして合うのか私には判らないが、時の流れが人に優しく緩やかで、生きる力は必要だけど競争の必要性をほとんど感じさせない場所=島には、何故かレゲイのリズムが合っている様に私は感じる。

豚料理にレゲイがあっているとは思わないが(笑)。


再びごちゃごちゃ記載したが、上記までがインドネシア情報ということで。
そして下記は取り上げたレゲイに関して。


ボブ・マーリー Live
BOB MARLEY and THE WAILERS  Live!

このレゲイ・アルバムに説明は不要。  したくても出来ない。
後進国故の貧しい国からの視点の詩と痛烈なメッセージ。
ボブ・マーリーのカリスマ性に満ちたヴォーカルと圧倒的存在感。

困難な状況にギブアップはしないけど、ちょっとした休憩が必要な人に英気を与えてくれる1枚。
カリブ海の小島、ジャマイカの粋と言える1枚。

UB40 The Very Best of UB40
The Very Best of UB40 1980-2000

人種混合レゲエバンドのイギリス代表各。
リズム・セクションが白人のせいか、曲は洗練され、心地よいサウンドが多い。 反面、詩は80年代イギリスの失業や人種差別問題に苦しむ若者の状況を描いたものが多かったと記憶しているが...。コピーの曲は別にして。

12年位前に武道館でライブを楽しんだ。
ポップで洗練された感覚のレゲエの入門としては非常に秀逸なベストアルバムと思います。
耳障りは最高です。


ウィスキーのダブルロックを8杯。
チェィサー代わりにビンタンビール。
さすがに眠くなってきたので、本日はここまで。

旅日記は続きます!


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

バリ島、バリ人の憂鬱
お客さんと地方へ出張に出ていました。
本日が最終日です。

バリ島に2泊しました。
バリ島では、チャンディー・ダサの常宿ホテル、チャンディ・ビーチ・コテージで1泊。
そしてチャンディ・ビーチ・コテージではいつものパターン。
夜、波の音を聴きながら、Barでアルコールを楽しみました。

バリ島でも酒の入手が困難になってきていますが、チャンディ・ビーチ・コテージは在庫を持っていたようで、テキーラ、ラム、ウォッカ以外は楽しむことが出来ました。
他では値上がりしている価格もそのままなので、外貨を持つ日本人呑助には悪くない価格でした(笑)。

運転手、バーテンダー、レストランマネージャーなどと話をしましたが、今年この12月初旬は、例年よりもお客が非常に少ないと話していました。 特にヨーロッパやオーストラリア人。

特徴的だったのは、私が質問する前に

「世界金融危機は今後どうなると思う?」

とか

「世界金融危機の日本への影響は?」

とか

「97年のアジア通貨危機より厳しそうな状況ですね!?」

とバリ島の人達が私より率先して、そんな話を振ってくるポイントでした。
皆、先々を心配、不安視しています。

チャンディ・ビーチ・コテージに限って話をすれば、アジア通貨危機が発生した97年、98年は閑古鳥状態だったそうです。
ただし華僑であるオーナーは、閑古鳥状態でも、2年間給料をきちんと支払い、従業員を守ったようです。 そんな訳で、私と会話したバーテンダーには絶大なる信頼関係があるようでした。

今、日本を含めた世界中でリストラの嵐が吹き荒れています。
バーテンダーの話を聞き、経営は、悪い状況も想定し、良い状況に合わせた余剰拡大を極力せず、いざという時には最大限従業員を守る。 そしてその波を乗り切った企業は強いのだろうなと感じさせた話です。

現在の資本主義は完全なる競争原理が働いており仕方がない部分もありますが、強いものが弱いものをなぎ倒し、生き残りの為に平然とリストラします。 これでは企業は強くなることが出来ないし、現在の多くの経営者は反省の余地ありなんて思った次第です。
そして人々が、身の丈にあった生活をしているバリ島のような場所の方が、現在の様な状況下では強いかも、なんて思いました。

既に世界有数の観光地、バリ島にも世界金融危機の影響が出始めているようです。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ギネスサイズ精密昆虫フィギュア ヘラクレスオオカブト
昆虫好きな人、フィギュア収集マニアの方、集合の時間がやって参りました。

メールが入った。
どこから? インドネシア昆虫センターから。

件名は
「ギネスサイズ精密昆虫フィギュア ようやく1体完成」

何の昆虫のギネスサイズ・フィギュア?

インドネシアに生存するカブトムシ界のスタンハンセン(笑)、コーカサスオオカブトに地上で唯一対抗できる世界最大のカブトムシ、ヘラクレスオオカブトのフィギュアです。


フィギュアの製作過程

ヘラクレスオオカブトは、中南米に生息している世界最大のカブトムシで、最大体長は、18cmにもなる
と言われています。 昆虫好きの人であれば、まず体長18cmのヘラクレスオオカブトの標本を手に入れたいと思います。 しかし、それは夢のまた夢です。 なんとかその夢を実現できないかと考え、ヘラクレスオオカブトの精密フィギュアを製作することを試みました。 ただし、誰しも手に入れられるものであれば、希少性がまったくないので、50体のみを作製することにしました。

その最初の一体がこちらです!

ヘラクレスオオカブト フィギュア1

作製にあたり、どのようなものが究極のヘラクレスオオカブトなのかを考えました。
選んだヘラクレスオオカブトは、次のとおりです。

(1) ヘラクレスオオカブトは、全部で13亜種、存在していると言われます。 その中で一番大きく、人気が高いのがヘラクレスヘラクレス(Dynasutes, Hercules, Hercules)です。 このヘラクレスヘラクレスを基準モデルにしました。

(2) 角は、長く、まっすぐで、かなりの極太であること。
ヘラクレスオオカブト フィギュア2

(3) 体は、スリムで、角の長さの割に小型であること。

(4) 前翅の色は、たいへん珍しい、ブルーで限りなく無地であること。

ヘラクレスオオカブト フィギュア3

究極のヘラクレスオオカブト像ヘラクレスヘラクレス、ヘラクレスリッキー(Dynastes Hercules Lichyi)の実物の15cmの標本、ヘラクレスオカブトの多数の写真をもとに、試行錯誤を、繰り返しながら、製作していきました。

1体のヘラクレスオオカブトのフィギュアを製作するのに、半年以上の期間を要しました。

商品の説明

フィギュアの大きさ 体長180mm
フィギュアの原料 アクリル樹脂
写真のようなプラスチックケース入り。
プラスチックケースの大きさは、縦22.2cm×横10.3cm×7.2cm

ヘラクレスオオカブト フィギュア4

販売個数 希少性をもたせるために50体のみ製作
(インドネシアでの販売 10体。 日本での販売 40体。)
50体完成後、型枠は、壊してしまうので、再生産は不可能。

販売予定日 2008年12月20日ごろ
販売予定価格 インドネシアでの販売 1体 Rp1,350,000
          日本への販売 1体 18,000円(日本への送料込み)

フィギュアの製作過程から上記までの文は、インドネシアで活躍されているインドネシア昆虫センターの吉川さんの文章に私が若干加筆修正を加えたものです。

世界中で探しても、簡単に見つかる商品ではありませんし、品質重視が当たり前の日本人によるハンドメイド作品。

昆虫好きの魂がこもった1品です!!

http://www48.tok2.com/home/iinsectc/
予約はインドネシアで昆虫のことなら、第一人者、インドネシア昆虫センターの吉川さんへ!!

昆虫好きな人、フィギュア収集マニアの方は、お問い合わせ、予約をお急ぎ下さい。

さもないと私が日本以外の他国へ輸出してしまうかもしれませんので(笑)。


楽しんで頂けた方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

里親募集が必要か? グッピーの繁殖力
気に入った娘がいるとすぐに手を出してしまうので、自然子沢山になり、とうとう里親を探す必要性が...なんて書き出し、私の性癖問題かと誤解されると困るのだが(笑)。

別名<ミリオン・フィッシュ>とも呼ばれるグッピーのことだ。
別名<オスは強姦魔>とも呼ばれているらしい(冗談)。

日本に帰国した人が、私に託したグッピー。
この里子のグッピーの繁殖が凄い。

最初の頃は「妊娠している様子があるのに、中々増えないねえ」なんてお手伝いさんのルキニと話していたのだが、どうも出産後、仔は食べられてしまっていたからのようである。
ある時に常に水草に隠れて、餌探しの時にちょこっと顔を出す稚魚を見つけ、親達が仔を食べてしまうことを思い出した。 その為、増えなかったのだ。

以来、出産しそうなメスを別の小さな入れ物に分け、出産後すぐに仔を別の容器に分ける作業を取り入れると、増える、増える。 最初のうちは喜んでいたのだが、最近は凄まじい増殖力に驚いている。
グッピーは初心者向けの熱帯魚なんていう台詞を思い出す今日この頃だ。

私が インドネシア から日本へ一時帰国する前にも仔を確保したが、その後、何匹のメスが出産しただろうか?
インドネシア、ジャカルタ・ソーホーに戻ると、たった3ヶ月で水槽が凄い事になっていた。
当初里子に出されたグッピーは30匹。 うち20匹をジャカルタ・ソーホーで飼っているのだが、最早数は80匹を超えているだろう。 いや今いる仔が育つと既に100匹を超えるのでは?

仔も生後3ヶ月位すると繁殖可能になる。
グッピーはオスがメスよりも美しいことで有名な熱帯魚だが、様子を見ていると、隙あれば綺麗な尾ひれを持つオスは、本能の赴くままに、大きな体を持つメスの生殖器を狙っている。 私もグッピーのオスになりたい
綺麗な尾ひれをメスの前で揺らし、本能の赴くままに、気を引く様な動きをする。 羨ましい
これが人間だったら、露出狂として逮捕されるのは間違いないのだが。

一度妊娠したグッピーは1ヶ月おきに2~3度仔を生むらしい。
よってオス・メスを隔離しても、しばらくは仔が生まれてくる。

平均寿命は300日ということらしく、1~3年くらいとも言われているが、サーモスタットの要らないインドネシアの環境が良いのだろうか? まだ一匹も死んでない。

グッピー インドネシア1

このまま増えすぎると問題が起きないだろうか?
色々調べてみると<増殖しすぎの水質汚染で次々に死ぬ>なんて書かれている。
ラットが増えすぎて、海に飛び込む集団自殺にも似ていなくはない。

水槽で飼える生物は水1リットルに対し1cm。 4cmになるグッピーは60リットルの水では15匹しか飼えない計算になる。 水槽中、生きている個体が多いと、必然的に水質汚染は早い筈だ。

グッピー インドネシア2

動き回るので、上手く写真が撮れないが、最早限界状態か!?

それとも インドネシア で育つグッピーは、若干不潔な場所でも、現地の人達の様に生きる強さを発揮しているのだろうか!?
「何の商品でも抗菌かい。 フン、笑わせるな!」なんて台詞が聞こえて来そうだ(笑)。

グッピー インドネシア3

仔も元気に育っています。

そんな訳で、泣く泣く私の愛しい子、と言っても血の繋がりようもないのだが、早急に里親を探す必要性があるかもしれない。 グッピー、インドネシアでは日本より飼うのは簡単で、見ていて飽きず、癒されます。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

巨大な唐辛子の木?
日本に持って帰れなかったアルバム、Rolling Stones の Shine A Light、 Bruce Springsteenの Magicは、何度聴いても痺れるなあと、久しぶりに大好きなアルバムが聞け、幸せな気分に浸っています。

インドネシアのミュージックも好きなものはたくさんあるので、いずれは紹介したいと思っていますが、如何せん評論家ではないので、紹介するにあたり言葉を選ぶのが非常に難しく避けている(笑)。

日曜日は早速、インドネシアの友人達に電話をし、色々と雑談をしました。
インドネシアは年10%位の率でインフレを起こしている国ですが、ここ数ヶ月の物価上昇は中々厳しいものがあるようです。
来年選挙がある為、インフレ抑制の努力もインドネシア政府は行っているようですが、通貨が下落しているのが、非常に厳しい事態を招きかねないなんて感じました。 通貨が下落すると輸入品が自動的に値上がりするので、もろもろ悪影響が出るのは避けようがありません。

何度か当ブログで紹介したNevadaでも、日本国債が下落している様子が分かりやすく説明されています。 マスコミでは報道されておらず、いかに現在のマスコミが統制されているか、こんなことからも見透かすことが可能です。

アメリカ、ヨーロッパ、その他の新興市場でも、水面下での事態はより深刻さをましています。
11月は何とか乗り切りましたが、12月ないし1月にはもう一発大波が発生する可能性が高くなりました。
他に打つ手がないので致し方ありませんが、日本、アメリカが中心で行っている人為的な市場操作のツケは益々大きくなりそうです。

大きくなると言えば、ジャカルタ・ソーホーのチャべ(唐辛子)。
庭に植えたチャべ(唐辛子)は、私が帰国している間に2度も収穫が出来き、役目を終えた順から枯れてしまったのですが、1本が私の身長を超える高さに成長し、まだ生き残っていました。
180cmある私の身長を超えていますので、おそらく天辺は190cm。

チャべ 唐辛子 1

草というよりチャべ(唐辛子)の木。

チャべ 唐辛子 2

上部を支える為に、太くならざるを得ない幹。
支えが必要で、棒で支えています。

チャべ 唐辛子 3

なり始めている唐辛子。
かなり立派で、数量多し。

チャべ 唐辛子 4

葉が落ち始めているので、今回収穫を終えると役目が終わってしまいそうな感じですが、せっかくここまで成長したので、このまま木として繁栄してもらいたい気持ちが...。

収穫後、この子供達が同じDNAを持っているのか、植えて実験しようと思っています。

DNAで思い出すのは、DNA→血統→競馬。 大学生の時代には、よくウィンズや府中競馬場にいました。 勝負の鉄則は、馬は生まれる前から追え!
平日土方をやって、暇な日曜日は競馬。 競馬は28歳から足を洗いましたが、学生の頃は本当に土木作業員が板に付いていたのだと、巨大唐辛子の木を見て、今更ながら実感した次第です(笑)。 


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ  くつろぐ投稿 ブログ王

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。