インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の貴重な情報源
インドネシア情報局 も、本日ようやくアクセス数10,000を突破。

6ヶ月以上かかっているので、大したことはありませんが、遊びに来て頂いている方達へは、心より感謝申し上げます。 これからも良質なインドネシア情報とアジア情報を伝えていこうと考えておりますますので、応援の程、宜しくお願い申し上げます。

今回の インドネシア情報局 は<アクセス数10,000突破記念>ということで、私が経済の先行きを読むのに活用しているWeb情報や指針となりそうな書籍等を紹介したいと考えています。

インドネシア情報 とはかけ離れますが、<海外にいると情報の大切さ>を身にしみて感じることがあります。 大げさに言えば、正確な情報を入手し、自身の中で対策を立てることにより、危機を回避出来たり、損害を最小限に食い止めることも可能です。

にも関わらず、最近の日本のマスコミは、どうも情報操作を行っていたり、売国奴が居たり、世界では何が起きているのか、あまり詳細が正確には伝わってきません。
日本のことやその状況を客観的に知りたければ、海外の新聞を読むほうがマシかもしれません。

インターネットの世界は7、8割が嘘の世界などとも言われますが、正確で良質な情報を発信しているものも多いですし、書籍になるとお金は掛かりますが、読んで損のない情報発信している著者も数多く存在しています。

そんな訳で、今回の インドネシア情報局 は、インドネシア情報 から離れ、ほんの一部ですが、経済情報プラス元気を与える書籍を紹介しながら進めていきたいと考えています。


少し日経平均の下落も一応落ち着きを取り戻したかの様に伺えますが…。
ただ物凄い買いの入る時があり、政府主導で公的資金(年金資金)を使用し、株を買い上げているという噂が絶えません。 PKO発動は過去にもありましたが、その時のどの程度持ち直したか、まるで忘れたような株価支えです。

面白いなと思うのが、<株価低迷の今はチャンス>とばかりに証券会社の新規口座開設が増え、株式投資講座にも主婦の方の参加が増えているそうです。
気持ちは分かります。 給料は増えない、銀行に入れておいても利子がほとんど付かないで、他に投資先を求め、少しでも資産を増やそうとうするのはあたり前の行為だ。
今回の日本株式市場の暴落は、通常のマーケットなら確かに買い場かもしれない。

それでも専門家は「数年続ける覚悟のある人でないと手を出すべきではない」とか「波の高い海で、プロサーファーに混じりサーフィンをするのと同じ」と警鐘を鳴らす人が多い。
素人の私でさえ同感で、仮に5-10年以上我慢が出来ない人の投資であれば「カモがネギをしょってやってきた」状態だと思う。

今回の世界金融危機は、過去のどんな市場の暴落とは規模が全く異なる。
表に出ている損失額でも相当な数字で、これからどんなレベルの損失額が、更に表面化するか皆目検討がつかない。

金額だけでも、最早一般人が慣れ親しんでいる額を優に超えている。
株価の乱降下もしかり。
ニューヨークのダウ平均が数百ドル単位で上げ下げしているのは異常な事態。
それに呼応するかの様に500円以上の単位で、上げ下げする日経平均も明らかに異常。
大幅な金額単位での上げ下げが継続的に続くと、どうも人間の感覚は麻痺するようだ。

ニューヨークの過去のチャートを見てみる。

画像はクリックして拡大していただくと見やすいと思います。

1928-1929 ダウ平均チャート
1928-1929年 ニューヨークダウ平均のチャートです。

ご存知の方も多いと思います。
世界大恐慌の引き金になった10月24日<暗黒の木曜日 Black Thursday>の日が含まれるチャートです。

アメリカの株式市場は、1924年中頃から投機を中心とした資金の流入によって長期上昇トレンドに突入。 だぶついた資金が証券市場に流入、さらに投機熱は高まり、ダウ平均株価は5年間で5倍となる高騰時を迎えます。
1929年9月3日にはダウ平均株価381ドル17セントという最高価格を記録。
市場はこの時から調整局面を迎え、続く1ヶ月間で17%下落したのち、次の1週間で下落分の半分強ほど持ち直し、その直後にまた上昇分が下落するという神経質な動きを見せました。

チャートをご覧になると分かりやすいと思いますが、この様に大暴落前は上げ下げの乱降下を繰り返すのが特徴です。

2007年-2008年 ダウ平均チャート
2007-2008年のダウ平均チャート

完全にではなくても、上のチャートに結構類似している点もあるかと思えます。
時代は確実に変わっているのに何故1929年のチャートを持ち出すかというと、文化や生活水準は高まったとはいえ、79年経った今でも人間のマインドとスピリッツは大きな発展をしたとは思えないからです。 逆にモラルハザードが顕著なのが現代です。

<歴史は繰り返す>=<ニューヨークのダウ平均も同じ道を辿る>と私は思ってみます。

1929-1930年 ダウ平均チャート
1929-1930年のダウ平均チャート

ここでは33年までのチャートにしませんでしたが、恐慌がピークの32年、33年は悲惨な状況です。
アメリカでは銀行業務停止、1万もの銀行が閉鎖に追い込まれます。
この時の世界大恐慌は、悲しいかな第2次世界大戦の原因の一つになったとも言われています。

故ケネディー元大統領の父、ジョセフ・ケネディーは使用人が株式投資を勧めたことで、大不況が近いことに気付いた話は有名です。

http://finance.yahoo.com/q?d=t&s=%5EDJI
Yahoo! Finance
Dow Jones Industrial Average

ニューヨークのダウ平均株価をチャートを知りたい人は、上記Webが便利です。
画面を開き、左にCharts その下 Interactive をクリック。
画面が新たに開き、チャート右下にFromとToありますので、日付を入れるとその間のチャートが楽しめます。 結構、面白いですよ。

http://sisannka.com/chart.html
日経平均株価のリアルタイムチャート

今回の金融危機は世界中の様々な対策で、何とか解決しようとするでしょうが、イギリス・アメリカの強欲型資本主義はこの2年内位で終焉になると思います。 実体経済の数百倍ものお金が市場を駆け巡っていたこと事態が異常だった。 最後は生み出した化け物、デリバティブという名の怪物が、生みの親を買い殺した時点で一度終了です。

さて上記に述べた様な結論に私個人が達したのは、やはり書籍からの影響が強いです。
あまりにも多くの作者の著作が大量にあるので、その中から厳選して。

恐慌前夜
恐慌前夜 アメリカと心中する日本経済 祥伝社 1,600円
副島隆彦 著

農林中央金庫 5兆5000億円  三菱UFJファイナンシャルグループ 3兆3000億円
日本生命 2兆6300億円  みずほファイナンシャルグループ 1兆2000億円
<フレディーマックとファニーメイが返済不能となる金額>とまえがきから過激です。

副島隆彦は98年に発刊された<悪の経済学>から私はファン。
世間では彼の経済予測に賛否両論もあるようだが、現状況を数年前から予測し、断言してきた点では大方の予測はあたったと見て良い筈。 細かい点で外すこともあるが、経済予測を完璧に当てる人間がいたらそれは人ではない。

副島隆彦の傲慢とも取れる切り口を嫌う人もいるようだが、最近は船井幸雄とも著作を出し、人間も少し丸くなってきた(笑)。

<預金封鎖> <アメリカに食い尽くされる日本> <やがてアメリカ発の大恐慌が遅いくる> <戦争経済に突入する日本> など渾身の作品が多いです。 真の情報を追求する愛国者。

副島隆彦と私のメンター藤原直哉氏が、TVに登場しないのは、本当の情報を話してしまうため、政官財と結びついたマスコミがまずいと感じているからと私は勝手に思っています。
副島氏もいつかお会いして教えを請いたいと思っている人の一人です。

http://www.soejima.to/
副島隆彦の学問道場

その他、読みにいくWeb

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/
森田実のホームページ

http://blog.livedoor.jp/nevada_report/
Nevada  何度か当ブログで紹介

天のシナリオの読み方
天のシナリオの読み方  あ・うん  1,470円
藤原直哉 著

私が師と仰いでいる藤原直哉氏の作品。
世界の情報を集約し、解析するのが実に天才的。
そして素人にも分かりやすく、会って話を聞いてもとっても温かい。

過去にはソロモンブラザースでデリバティブを作っていた方なので、今の状況は相当な昔から予想し、警鐘を打ち鳴らしてきた方。 その指摘があまりにも早すぎた為、予測としては外れたと思う人もいるかもしれない。

最近の著作は<ロハス夢工房> <繰り返す世界同時株大暴落>等。

http://www.fujiwaraoffice.co.jp/
シンクタンク藤原事務所のWeb

http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/
藤原直哉のインターネット放送局
毎週のレポート、ワールドレポート(有料)が取れない人は、無料で聞けるので、聞かないと損です。

道は開ける
道は開ける  創元者  1,600円+税
D.カーネギー

あまりにも資本主義崩壊ネタが続いたので(笑)。
世界的なベストセラー<人を動かす>のD.カーネギーの著書を推薦。
心の闇に光りを!

人生を拓く
安岡正篤 人生を拓く  講談社プラスアルファ新書
神渡良平 著

神渡良平氏の公演に1度訪れたことがある。
とっても温かく深い人間性とその洞察力。

神渡氏の著作に何度励まされ、助けられたことか!
希望をなくしかけている方、失意の中にある方、自信を持ってお勧めします!!
何故なら、神渡良平氏自信が失意の中から復活を遂げた人だからです。

<星降るカミーノ> <春風を斬る 小説 山岡鉄舟> <宇宙の響き> <西郷隆盛人間学>等、著書多数。 どの本を選択しても、人・命はどうあるべきか、学びと導きがあります。

私の宝物の一つに<春風を斬る 小説 山岡鉄舟>が入っています。
小さな公演だったので、昼食もまじかでご一緒。
本にサインをして頂いたのですが、私の近況を聞いた後に<志は気の師なり>と筆で、気迫のある言葉を盛り込んでくれました。
もう一度お会いして、師と仰ぎたい方のお一人です。

http://www008.upp.so-net.ne.jp/kami/
神渡良平のホームページ

今回は インドネシア情報 を完全に離れて、私が敬愛したり、情報入手に役立てている書籍やWebの紹介とさせて頂きました。

海外で生活していると正確な情報入手は本当に重要かつ大切です。
ここまで読まれた方の少しでもお役に立てれば幸いです。
これからもインドネシア情報局を宜しくお願いします。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

長期金利上昇のインドネシア
インドネシア にお住まいの方なら、皆さんご存知の様に、インドネシア・ルピア は対円、対ドルともに大暴落。 要するにもの凄い勢いで インドネシア にあった資金が海外に流出しています。
その為、2年物国債利回りがこの1週間で15%から20%に跳ね上がっているようです。
要するに長期金利の高騰です。
これは実経済にもボディーブローのごとく影響及ぼしてくるので、要注意信号です。

インドネシア 長期金利上昇に関しては、Nevada参照
http://blog.livedoor.jp/nevada_report/
金融危機に関しての速報・情報では、Nevadaは優れたお役立ちサイトです。

国債とは、国の運営(財政)に必要な資金を集めるために発行される債券のことです。
国債は発行時に償還期限と利率が定められており、購入者はこれに応じた利息を受け取ることができます。 
銀行預金より利率が良いのが魅力的な商品で、近代においては、国家への貸し付けということで、比較的安全な投資であるとされています。
しかしながら、経済・財政基盤が脆弱・不安定な国への国債投資は、ハイリスク・ハイリターン商品で、利率がいい部分だけで判断し、素人が投資する類の商品ではありません。

また国債は他の債券同様、発行された後でも市場で売買できるため、価格は常に変動します。
国債価格とその裏返しとしての国債金利・長期金利は、国債を発行している国の経済・財政状態や国内情勢、また世界情勢にも影響を受けるので、政治と将来の経済には非常に重要な指標です。

よって インドネシア の長期金利が1週間で5%も上昇する事態は、おおげさに言えば国際市場から国家として不信任されつつあるというメッセージの一つです。

インドネシア を含めた新興市場の株価チャートは下記でご欄になれます。

http://chartpark.com/shinkou.html
BRICsやVISTAへ投資に便利!新興国市場チャート

各国差はあると言え、アジア軒並み同じ様な下降線を描いています(泣)。

上海総合株価指数は昨年記録した最高値から70%以上下落しているようですが、中国バブルの崩壊が水面下でどの様に進んでいるのか情報が全くありません。 今アジアで他国救済に手を出せそうなのは日本(そんな場合でもないが)と中国。 中国は2010年までの万博成功までは、相当無理しても堪える腹なのでしょうか?
来週、広州交易回へ訪問する人がいるので、そちらからも少しは情報が入手出来るのではないかと考えています。

現在、日本を含めた先進国は自国と火元のケアしか出来ていない状況です。
とは言え、インドネシアがデフォルトすると日本には相当な影響が出ます。

http://odanet.npgo.jp/archives/tokyo/siryou.doc
ビリビリダムから日本のODAを考える ~ 上智大学アジア文化研究所

98年度までの、日本のインドネシアに対する累計供与額 3兆5012億円。
うち90%が有償給与の円借款。
私も1%で良いから円借款欲しい(笑)。 1%も必要ないか(笑)。

う~ん、今潤沢なお金があり、投資にお金を回していた人が大きな損失を出しているので、世界一の債権国家 日本にも様々な覚悟は必要なようです。
インドネシア以外の国を足すと円借款はいくらになるのだろうか。
偉大なる投資家、バフェットさえも哀れむ声が一部のマスコミに出ているようです。
稀代の日本人勝負師、是川銀蔵さんのように悲惨な晩年にはならないと思いますが…。

近日、私の経済情報の情報源などを紹介します。


続きを読みたい方は、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

箒 ホウキはインドネシア家庭の必需品
私のインドネシアソーホーには掃除機はない。 必要がないからだ。 
と言っても掃除をしない訳ではない(笑)。

インドネシアで生活をしている人は気付いている人も多いと思うが、掃除機があっても使用しないお手伝いさんが多い。

インドネシアの普通の家庭や高級マンションでも、床はタイルになっているケースがほとんど。
今は日本の都市部の夏の方が、インドネシアより暑さが厳しいが、南国インドネシア。
そんな訳で、カーペットカラーで部屋にアクセント何ていうのも悪くはないが、暑い印象をもたらすカーペットは、ほとんどの家庭が使用していないと思う。 使用しても一部のみで、カーペットを全面敷いた部屋というのは、ほとんど見かけない。

タイルの床はヒンヤリして気持ちが良い。
そして箒(ホウキ)とモップがあれば、簡単に掃除が出来る。

国内需要があることだけが原因で、インドネシアに箒メーカー(Broom)がある訳ではない。
もちろん輸出もされている。

箒(Broom)として完成品も各国に輸出されているが、資源大国のインドネシアは箒の材料を輸出しているメーカーも多く存在する。

箒1
今回紹介する写真は全て、インドネシア産の箒(ホウキ)。

日本では家周りの掃除の時にしか使用しないので、どんな箒が良く売れるのかピンとこない。

箒2
箒(ホウキ)メーカーとその材料メーカーが、インドネシアに多く存在するヒントは、この写真の中に隠されている。

Palm (パーム) と記載がある部分。

パーム=椰子の実の繊維を用いた箒。 ちなみにタワシも椰子の実の繊維を使用していると言えば、日本人には原料がとても分かりやすいか。
パームを使用の箒は写真にも記載ある通り、Palm Broom パーム箒と呼ばれる。

またこの箒の柄の部分。 木材使用。
箒の材料メーカーは完成品ではなく、箒の柄の部分、ブラシ部分になるパーム繊維、棕櫚の幹繊維、ヒタムファイバー(二ガシダ)を輸出しています。

箒 3

シュロ(ヤシ科)の幹の繊維(シュロ皮・鬼毛)を用いたものは、棕櫚箒(しゅろぼうき)と呼ばれ、主に座敷箒・手箒として用いられます。

箒 4

ヒタムファイバーと呼ばれる熱帯原産のニガシダの繊維を用いたものは、シダ箒 。
このニガシダに関してはヒタム(インドネシア語で黒という意)ファイバーという名前で、通じるようです。

箒 5
庭・屋外用。

ちょっとブラシ部分が荒いけど、私が子供の頃はあちこちで見かけた記憶が…。
懐かしいです。

箒6

そしてインドネシアではポピュラーなタイプ。

私はいまだに慣れていませんが、お手伝いさんのルキニは上手く使いこなすこと。
箒で部屋を掃く前に、ベッドのシーツの上を掃いたり、庭の落ち葉やゴミをかき集めるのにも使用しています。 もちろん部屋用と屋外用は分けていますが(笑)。

箒の完成品は日本を含めたアジア諸国へ、材料、特にパームファイバーや木材の柄の部分は、主に中国へ輸出されています。
日本の輸入会社にコメントをもらったことがありますが、箒を作る材料はインドネシア産なのに、完成品としての箒の価格は、商品にもよりますが、若干から1.5倍位、インドネシア産の方が高いそうです。

いつものことですが、おいおいインドネシア政府、材料輸出に規制をかけろ!なんて文句が言いたくなってしまいます。
ただし上記の評価も少しアテにならないかも。 私も仕事・趣味はしつこい性質なので、自分なりに調べると、ブラシ部分に使用する材料の多さ、重さで値段が変わります。
評価してくれた日本の輸入会社は、格安のショップに卸しているので、とにかく安ければ良いという判定基準で、ブラシの材料使用量で価格が変化することを知らないと思います。

では、そこを詳しく説明すればビジネスになるのではないか?と思われる方もいるかもしれませんが、仮に価格が中国産と同じになっても、立地=輸送費(船運賃)で負けてしまうのです。

箒(ホウキ)に関しては、あまりにも当たり前に知りすぎている道具の為、かえって詳細を知らないことが今回記事を書いた上での驚きでした。

色々調べてみたのですが、民間信仰にも結ぶ付いている部分も大いにあり、興味深い道具です。
私は年齢的に<魔法使いサリー>(古)、最近の方なら<ハリーポッタ>を思い浮かべるのかもしれませんが。 魔法使いが、空を飛ぶのに必要な道具てか(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
掃除の道具ではあるが、祭祀等にて用いられてきた神聖な道具でもあり、日本の庶民の間においても菷神(ははきがみ・ほうきがみ)という神が宿るとされた。

菷神は産神(うぶがみ)のひとつである。掃除の行為である「掃き出す」ということが出産と結びついたためといわれるが、古名である「ははき」が「母木」に通じるところからともいわれる。また箒の形が依代(よりしろ。神道において神事の際に一時的に神が宿るもの。たとえば榊の束)に似ているために信仰対象になったともいわれる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Wikipediaより抜粋

こちらの方面にご興味のある方は、今回はWikipediaが役に立ちそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%92


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

私が好きなインドネシアが舞台の本
日経平均は皆が危惧していた様に、バブル後の最安値を付けました。
オーストラリア、韓国は自国通貨防衛の為、必死にドル売り介入を行っているようですが、手持ちのドルもいつまで持つことやら。
オーストラリア、ニュージーランド通貨に投資していた人々も大損です。

フィリピンは大幅下落が原因で株式市場が閉鎖となったようです。
インドネシアルピアも、対円だけではなく、対ドルでとうとう暴落しました。
世界の経済が揺らぐと、脆弱な国から倒れますので、インドネシアも要注意です。
インドネシアにおいては、物価の上昇とそれに伴うデモの様子にご注意下さい。

そして、アイスランドは国有化されていた最大手の銀行が500億円のサムライ債の利払いが出来ず、債務不履行。 今回の世界金融危機は、世界一の債権国も最終的に直撃弾を食らいますので、人事の様に私の会社は大丈夫なんて思っていると、酷い目に会いかねません。

どのレベルでヨーロッパに影響するか分かりませんが、ユーロ安、その他のヨーロッパ通貨下落の歯止めが利かないようなので、これまた投資家は大損。 ドルに変わる機軸通貨なんて、日本で喧伝していた専門家の方のご無事を祈ります。
この危機までのユーロ高は何だったのでしょうか? 私はヨーロッパ市場に詳しくありませんが、あちらの市場も完全にバブっていたようです。
対円では知らないうちに、対ドル相場と変わらなくなるかもしれません。

世界は金融のことに目がいっていますが、別のニュースでは気になることも起きました。
アメリカがシリアを攻撃し、子供を含めた民間人の死亡者が出たようです。
攻撃の理由は、テロ組織がイラクへの武器調達ルートとしてシリアを活用しており、これまで米国政府がシリアに警告してきたが改まらなかったためのようです。

私はイスラエルによるイラン攻撃で、中東におけるアメリカの戦場が拡大するものと思っていました。 今回の攻撃は今後の展開に大きな暗雲を呼ぶ可能性も無きにしもあらずです。
世界金融危機のさなか、いや最中だからこそアメリカはシリア攻撃に踏み切ったのかもしれませんが、イスラム教徒の怒りを煽る原因を作った状況は、しばし注意が必要です。
アメリカの選挙後、オバマがどう国を変えていくか見守るしかありませんが、くれぐれも1発の銃弾にも注意が必要です。

健全(笑)と言われていた日本の銀行も株価の大幅下落で、大手6行で1兆9000億円の含み損だそうです。 アメリカ発の金融危機が世界に広がる様子を見て、こうなることが予想出来なかったのか分かりませんが、本当に通常営業のナイスジョブです。
と少し嫌味を書いてしまうのは、過去に円決済を望むお客さんのため、インドネシアの日系銀行2行に要求された書類をまとめ提出したのに、たらい回しと時間の無駄にされた思い出があるためです。
申し込みは借り入れではありません。 口座開設のみ。
最終的にある大手メーカーの社長が助けてくれまして、無事に口座は開けました。
この時に「銀行はお金持ちしか相手にしないんだな」ということを強く実感。
近い将来、自行の生き残りの為には、貸し渋り、貸しはがしをやるだろうと私は思っています。

まあこれからは混乱の世界が予想されるので、会社ブランドを実力と勘違いしきた人には、厳しい局面も訪れるかもしれません。
インドネシアで現地採用スタッフだった頃、相当嫌な目に合わせてくれた日本人とその会社名は今でもしっかり覚えています。 お客さんが命の様なサービス会社に勤めていたので、海外生活でストレスがあり、元々性格に問題がありそうな方は、こちらに非が全く無くても何らしか難癖付ける人間の多さにビックリしたのを記憶しています。
そんな大人に育てられたら、子供の世界でもイジメが起きて当たり前か(笑)。
会社は雇用を生み出す大事な場所でもあるので、創造を続ける限り、一人の人間が理由で無くなれとそこまで恨みには思っていませんが、今後、威張り腐っていた人間が同じ土俵で戦う可能性があると思うと、危機の中にも楽しみが見出せてしまいます(笑)。 バブルの様に消えるでしょう!

麻生政権は総選挙を無期延期の構えにしてきました。
私のメンター情報では、「最新の世論調査によれば武部氏、町村氏は当落線上、古賀自民党選対委員長は落選確実」とのことです。
麻生の「景気対策はやったからといって、直ぐに市場に反映されるものではない」という台詞は、今回の金融危機さえも、どこ吹く風で、その対策に有効性が少ないということに気が付いていません。

暗い経済状況、世相なので、インドネシア情報局 もテンプレートを明るいものにリニューアルしてみました。。

さて、活字離れが著しいと聞く近年だが、日本の秋は読書の季節。
今まで散々文章を書きなぐってきたのに、本の紹介を全くしていないことに気が付いた。
旅、酒、読書、音楽(ロック・ジャズ)&映画鑑賞が、私の大事な趣味なのに(笑)。

活字離れが激しいと耳にするし、雑誌の廃刊も多い。
もちろんインターネットがメディアの役目を担うようになったことも一因だとは思うが、ある意味ネットの活字は同じ活字でもデジタルで、アナログな私は大事な文章や記事は印刷しないと頭に入り難い。
もちろん画面で読み取れれば、紙の無駄遣いにはならないので、デジタルを否定するつもりはない。

しかしながら古代においては、大事な文章や文献は、今で言う書籍化されていたので、そこには文章としてアナログで残す意味があったのだと強く思っている。

という訳で、今回は手始めに インドネシア が舞台の本の中でも、秀逸な本を紹介したい。
もちろん紹介する本は、完全に個人的な趣味です(笑)。

本1
軍が支配する国インドネシア―市民の力で変えるために コモンズ ¥2,310
シルビア ティウォン (編集)
Sylvia Tiwon (原著) 福家 洋介 (翻訳) 風間 純子 (翻訳) 岡本 幸江 (翻訳) イスクラ

下手をすれば インドネシア の権力者達に殺されかねない内容を本にした、この本の著者、作画家、訳者達、出版社の勇気に拍手したい。

本当の意味でのマスコミとは、こういった真実を表に知らすのが義務という意味でも、久しぶりに本物を読んだという感じがした。
というのは以前軍高官に知り合いがいて、色々聞いた話と結構辻褄があうのです。

インドネシア という国の政治的2重構造、何故、政・官・財の汚職や縁故主義が蔓延ったかも、軍のありようを含み見事に暴いています(日本の腐った部分がどう形成されているか判断するにも良いヒントになります)。

この本を読まずして、裏のあるいは真の インドネシア情報 や歴史は、読みきれないと言っても過言ではないでしょう。

本2
ミハスの落日 新潮社 1,470円
貫井徳郎 著

エンターテイメントでは、ハードボイルド、冒険小説を好み、本格派ミステリーというジャンルはあまり手を出さない。 それでもこの本の作者、貫井徳郎は別。

この<ミハスの落日>は、貫井徳郎作品の中でも珍しい短編集。
この短編集の中に<ジャカルタの黎明>が含まれている。

短編集の作品舞台は海外で、全ての地で直接取材を行っているので、舞台のリアルティーが素晴らしい。 <ジャカルタの黎明>に関してはネタばれを起こすといけないので、ここでは記しませんが、舞台はジャカルタのコタ(チャイナタウン)、売春宿を背景にした物語です。

貫井徳郎と言えば処女作である<慟哭>の評価が高いようですが、私は近年の作品の方が、出来も素晴らしく、佳作が多いと思っています。

<追憶のかけら> <さよならの代わりに> <空白の叫び> <プリズム> <修羅の終わり> が、私のお気に入り。 読み応えある長編ですが、読み始めると一気に読めてしまうのが、貫井文体の特徴です。 大いに楽しめるけど、翌日の寝不足が問題です(笑)。

http://www.hi-ho.ne.jp/nukui/
貫井徳郎のオフィシャルサイト

本3
降臨の群れ 集英社 700円 (上下巻あり)
船戸与一 著

舞台から、インドネシア にいる日本人さえあまり情報のないアンボン島の歴史、インドネシア の政府、軍と国の統治のあり方、裏側、そして宗教問題が見事に研究されている作品。

当作品中で、船戸与一の筆力の凄さは各人物像、現地人及びロンボク島に住む設定の日本人までをも含めて、物語の中で動きや言動に不自然さがない。 インドネシア に10年以上住む経験者の私が感心してしまう程。  取材力が凄い。

その反面、初期の作品を多数知っているが故に、また好きな作品が多数な故、最近の船戸与一は成熟しすぎていて僅かに物足りなさも。 豪快さ、大小関わらず個人の破壊的なパワーが爆発する瞬間、戦いの後の空虚、動と静、生と死、などの筆力が落ち着いてしまったような感じは拭えない気も。

いずれにせよ、エンターテイメントとしても楽しめる大作には違いないのだが。

<山猫の夏> <猛き箱舟> <砂のクロニクル> <夜のオデッセイア> <非合法員> <午後の行商人> <かくも短き眠り>などが私の好み。 やっぱり初期の作品が多い。
どれも長編ですが、現地情報満載のハードボイルド・冒険小説です。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%91D%8C%CB%97%5E%88%EA/list.html
船戸与一 作品一覧 紀伊国屋BookWeb
アフィリではありません。 公式サイトがなかったので。


ご参考になった方、本題より前振りが長いと感じた方(笑)、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

酒・焼酎の入手困難なインドネシア・ライフ
日本では再び産地偽装食品が発覚し、メディアを騒がせています。

ところ変わって インドネシア。
インドネシア国家医薬品食品監督庁 ( BPOM ) の日本食品専門のスーパーマーケットの調査、「外国製医薬品食品に関する登録番号(ML)」が未取得のまま販売されていた加工品の摘発は、現地日本人に大きな影響を与えている。

「酒が入手出来なくて困っている」
最近、私の友人がたまたまゴルフで一緒だったジャカルタの寿司屋の大将の台詞だそうです。

ブロックMのスナックでは、お酒が調達出来ず、持ち込みO.K.とした店も出た模様。
ブロックMのカラオケ店はどうなのか分かりませんが、元々本物と偽物を混ぜたウィスキーを出している店も存在しているようなので、あまり影響がないかもしれません(笑)。 まあブロックMのカラオケへ行く目的は酒というより女の比重が高そうですから。

そして ジャカルタ 市内にあるデューティーフリーショップ。
「外交官である証明書がなければ販売出来ない」と言われるそうです。
要するに一般居住者は購入出来ない。

ガーン。 人生における一大事の発生だ!!
最近は私個人も世間も含め一大事が多い世相だ。

ウィスキーやワインはまだ手に入るが市価がとても高い。 
現在の円に対するルピア安がせめてもの救いか!

まさか在イ日本総領事館が、< 緊急企画 インドネシア で働く日本人支援!! デューティーフリー・アルコール飲料買出しツアー >を開催してくれるとは思えんし(泣)。
そんなことをイスラムの国で行ったらローカル新聞の格好の餌食になるか(笑)。

「家族と子供、家のローンの支払いのために毎日15時間以上働いているんです。 ローカル企業の様に2重帳簿も行わず、インドネシアの雇用と税収にも大いに貢献しているのが在イ日本企業ですから、我々のささやかな楽しみを奪わないで下さい」とか、マスコミのインタビューでカウンターを撃っても信じてもらえないか。

何か良い手はないだろうか?
日本同様、マスコミの力を利用し、

「在イ日系企業の日本人スタッフが現地職場で相次ぐ謎のダウン。 原因は日本加工食品及び酒が手に入らない為、精神的なストレスと体に馴染まない現地食事による栄養不足か?」

在イ日本総領事館、味噌、麺つゆと乾麺、焼酎と日本酒の緊急輸入措置をインドネシア当局と検討。

とか、

「 インドネシア で大きな雇用を生む出している在イ日本企業で激震。 インドネシア 全土で日系企業の日本人スタッフがデモ!! スローガンは、<我々が安心して働ける食環境の改善を!!> <労働後のささやかな楽しみを奪うな!>」

近年のインドネシア名物、<不満があればすぐにデモ>を日本人に奪われ、この事態を重くみたインドネシア政府は、税関とBPOMを緊急逆査察。 押収していた日本食品の横流しが発覚。 大統領令で至急改善を要求。

なんてなる訳ないよなあ(笑)。

インドネシア企業のビンタンビール、アルコール度数25%のビール販売してくれないかなあ。
4.5%のビールをいくら飲んでも酔うことは不可能だ。

焼酎、日本酒はどうなるのだろうか?
近隣諸国より美味しさが自慢だった、インドネシアの和食屋や居酒屋に与える影響も出て来そうだ。

お金に余裕がある酒好きな単身赴任者は
「週末はタイのバンコクへ飲みに行ってくる」なんて状況になったりして(笑)。

麻生の連日のホテル・バー通いが、日本のマスコミで取り上げられているが、少しでも国を良い方向に導けるリーダーなら、私はあまりガタガタいうことではないと思っています。 彼が大手会社の社長なら、あまり人に話を聞かれたくない会合もあるだろうし、ましてや1国の総理で、敗退しそうな選挙をどうするかなんて話もしているでしょうから。

しかし国民生活はズタズタで、大きな社会不安があり、更に僅かも油断できない世界金融危機の中、「ホテルのバーは安い」は馬鹿な発言をしたものです。 ホテルのバーは普通の街に存在する洒落たバーより、非常に割高。
スーパーマーケット視察とタクシーの運転手へのインタビューで、庶民感覚があることをアピールした時間そのものが無駄になりました。 所詮は国民のことはどうでも良い猿山の大将であることを自ら露呈してしまうので、世間はそんなことにも憤慨するのでしょう。

さて インドネシア ライフ。

今回の日本加工食品が消えるという問題は、インドネシア国家医薬品食品監督庁( BPOM )と税関当局の内部確執も原因の一つと噂されています。
商品を無理やり通関をさせる為、裏金等で美味しい目を見てきた税関当局に、それが原因でビジネス(国の機関なので、ビジネスとはおかしな表記ですが、インドネシアではビジネスです)がまわってこない医薬品食品監督庁( BPOM )の不満が爆発。 噂が真実である可能性はあり。

私が国家医薬品食品監督庁( BPOM )に問い合わせた時「検査には最低でも3ヶ月待ち。 ML取得まで、6ヶ月位かかるのも普通です」なんて言っていたが、そこは改善されないのかね!?

我々日本人はとばっちり被害の様なところもありますが、この問題は長引く可能性が大です。

しばし酒好きには「 酒の一滴は血の一滴 」となるインドネシア生活。
無ければ無いで、健康の為、飲まなければ良いだけなのですが(笑)。

面白かった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジャカルタで開催されたファッションショー 2
黄金の国ジパング伝説、現代に復活か?
以前より専門家は指摘していたが、携帯から取れるゴールド(金)の量では、最早世界一。
何かというと都市鉱山と言われる中古品から取れるゴールド(金)の量。

携帯1台から取れる金(ゴールド)の量は0.068g。 しかしながら出回っている数量、廃棄された商品の金埋蔵量は6,800トン。 既に発掘された金の4.5%を占めるそうだ。

金はコンピューターのCPU、家電も然りで、使用部品素材として知られている。
アジアでは貨幣のかわりに金(ゴールド)投資を資産保全に行う人々が多いが、国民が意識をしなくても、ゴールドは日本にも集まってきていた。 新商品創造と勤勉者の下に。

都市鉱山は、もちろん日本国内のリサイクル会社にて、ゴールドに戻す作業が行われている。
携帯15万台分から3kg(現時点で時価総額約700万円)のゴールド(金)が入手可能。
それでも天然石から入手できる量の100倍だそうだ。

この都市鉱山は、コストの高くつく日本よりも中国を含めた海外の国の方が入手に積極的で、日本からは中古パソコンが年間24%、海外流出しているそうだ。 中国あたりだとゴールド取り出しのための中古輸入かもしれないが、5%位はパソコンは必要だけど購入出来ない国の輸入の可能性もある。
うちでさえも今年初旬パキスタンから、日本の中古コンピューターコンテナ1本分なんて話もあったから。

金融恐慌の可能性が強まっている現在、仮にドル体制が崩壊したらアメリカは新ドル発行に踏み切るでしょう。 今の様に印刷機を輪転させ紙幣を発行るだけでは、世界に信用されないので、一時的にコモディティーを信用においた新通貨を発行せざるを得なくなると思います。 その時には、日本、ヨーロッパもどうにもならなくなっているでしょうから、それに追随するかどうかレベル?

今起きている金融危機は、昔なら第三次世界大戦が起きていても不思議でないインパクトを持っています。 それぐらいの混乱を乗り切る努力は各国するでしょうから、新ドル容認もありえます。
仮に信用がないので、コモディティーを信用としたバスケット通貨の場合、ゴールドは必ず含まれますので、期待が持てない日本官僚・政府にも、都市鉱山は死守して頂たいと思います。 あくまでも上記の話は一つの仮説ですが。

さて貴金属つながりの、ジュエリーファッションショー写真を予告通り再開。
ジュエリーデザイナー、レニー・フェビィとアパレルデザイナー達で行われたファッションショー
Beauty in Fitriの写真の続きを紹介します。

能書きが長いぞ!とお叱りをうけそうなので、それではスタート。

BF1

以前サムネイル機能が何なのか分からず、他のWebで当ブログが紹介された時に、「写真が拡大出来ない」なんて書かれていました。

今はクリックで写真を拡大出来ますので、ジュエリー、洋服、インドネシアのモデルさん達をそれぞれの趣味に合わせ堪能可能です(笑)。

BF2
写真の背景や構成は、カメラマンがアレンジし、レニーに送付。
結構悪くないので、今回はそのまま掲載している写真が多いです。

BF3
以前「モデルの脱ぎっぷりに脱帽」なんていうファッションショーの裏舞台経験を記載しましたが、ファッションショーの裏舞台の見学はいまや私も大好きです。

BF4
左男性の刺繍はソンケット刺繍。

レニーショー 9.26

上手く言えませんが、デザイナーの感性やアイディアを一度凝縮、そして爆発させる舞台がファッションショーと思っているせいか、ショーの間の心地良い緊張感が気に入っています。

ブローチ
レニー・フェビィの最近の作品。

BF7
更にファッションショーは、モデルの動きがあり、静止した空間ではないため、瞬間がデザイナー作品に演出されるアート。 静止空間でじっくりと鑑賞出来る絵画や美術品とは異なる芸術といった趣が好きになった理由です。

もう一回分、写真を紹介できますので、ファッション好きな女性の方、私同様女好き様々な方面でご興味のある男性方共々、お楽しみに!!


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:アクセサリー・ジュエリー福袋 - ジャンル:ファッション・ブランド

ディエン高原 遺跡近郊の不思議な場所
ディエン高原の観光目玉であるアルジュナ寺院群とその周辺のヒンドゥー寺院を楽しんだだけでは、神々の座・ディエンの観光は十分ではない。
この地には他にも楽しめる不思議な場所が存在する。

シキダン地熱地帯 Kawah Sikidang と2つの湖、そしてヒンドゥー教の僧達が修行をしたと言われる洞窟が存在する。

ビマ寺院を見学後、まずシキダン地熱地帯に寄るのが良いだろう。
ビマ寺院から1km位だっただろうか? 複雑な道はないし、シキダン地熱地帯が近づいてくると、硫黄の臭いがしてくるので、簡単に分かると思う。

ディエン近郊1
私が訪問した時は、おみあげ屋も兼ねたパサールが存在していた。
温泉玉子を作る為の、生卵が売られていたかは失念した。

このエリアはまだまだ変わった風習も残っていると聞く。
女性は初潮を迎えるまで、髪の毛を切ったり、洗ったりしてはいけないそうだ。
何でも<カルマを落とすための儀式>だと私は聞いている。

ウィッシャーがこの地を訪れた際、そんな子供と写真を撮影。 写真を見せてもらったことがある。 子供の笑顔は素敵だったが、結んだ髪の毛は洗っていないので、真っ黒でボサボサ。
初潮を迎え、散発、洗髪が出来た時の嬉しさはたまらないだろうなあ、なんて思ったのを今でも記憶している。
残念ながら、私がこの地を訪問した際には、それらしき風習を守っている娘さんを見ることはなかった。

日本では、髪の毛は神(カミ)の気(ケ)なんだといった話を神道系の方に伺ったことはあるが、何か少し意味合い的に繋がりがありそうな、なさそうな…。 かなり無理があるか(笑)。 ゲゲゲのキタロウのカミは霊が近づくと反応しなかったけ?
とにかく日本の場合、同様の風習がなく、女性の御目出度い日には、お赤飯の準備で済むレベルで良かったです。

ディエン近郊2
シキダン地熱地帯 Kawah Sikidang が姿を現す。

インドネシア版 箱根大涌谷と思えば良いでしょう(笑)。

地獄ってこんなところでは何て思える凄く荒涼とした感じの場所です。
私は訪問したことがなく、TVで光景を見たことがあるだけですが、個人的な頭の中では、何故か日本の霊場、恐山とイメージが重なってしまう。

ディエン近郊3
あちらこちらに噴気孔が存在し、ブクブクと湯が湧き出しています。

遺跡やその他の景観を壊さない場所に、洒落た温泉旅館でもあれば良いのにと思うのは、いかにも日本人的発想ですね(笑)。 高原の真ん中にある遺跡を遠くに眺めながら、露天風呂で一杯。 酒のアテは満天の星と本ワサビをおろしたもの。

話がそれますが、スマランにある日系練りワサビ工場は、ディエン高原でワサビの栽培をしていると聞いています。 水も綺麗で高地の涼しい場所のディエン高原は、確かにワサビ栽培には向いていそうです。 そう言えば半年位前、日本の大手商社は<ワサビの茎>が必要とかで、インドネシアで探していました。 もちろん日本で販売する為です。

ディエン近郊4
シキダン地熱地帯を堪能後は再びビマ寺院に引き返します。

そして道を進むとワルナ湖 Telaga Warna へ。
湖面が山を映し出すほど綺麗です。

ディエン近郊5
プギロン湖 Telaga Pengilon

写真が古いため、現在の様子は相当変化しているかもしれません。

湖の美しさ、自然の緑、そして硫黄泉の蒸気が立ち上がっている場所もあり、地獄の様にも見て取れるシキダン地熱地帯とは正反対の趣。

この二つの湖の間に、更に不思議な洞窟が3つ存在します。

ディエン近郊6
その昔、ヒンドゥー教の僧達が修行あるいは瞑想に使用したと云われる聖なる洞窟。

その中でも不思議なのが、セマル洞窟 Goa Semar。
残念ながら、柵があり中に入り込むことは出来ません。

ディエン近郊7
故スハルト元大統領は瞑想のため、このセマル洞窟を2度訪れています。

ディエン高原さえも交通のアクセスが悪いのに(彼ならヘリ使用?)、更に徒歩で進み、セマル洞窟で瞑想するという意味は何だったのだろうか?

故スハルト元大統領は、霊や妖精を使い、30年以上独裁政治を保ったなんて言われていますし、インドネシアの多くの人々もその話を信じています。 その様な霊たちが取り巻いているので、ほとんど寿命が尽きているのに、簡単に永遠の眠りに付くことが出来なかったのだと…。

我々日本人からすれば、高度な医療による延命措置の為なんて見方をするのですが…。

ディエン近郊8
柵の中に腕を突っ込み、セマル洞窟内を撮影。

最高の富と権力を30年以上掌握していた一国の巨人は、このセマル洞窟に何の為、2度も瞑想に来たのか? これに関しては先に述べた霊的な噂話しか聞けず、真意は不明です。

ただディエン高原の遺跡のある位置やその周辺の自然のありようは、見事に天国と地獄を演出しているような趣です。 イスラム教は全く関係なく、何か日本の古くからの教えにも大いに共通する場所です。 何か土地にも不思議なパワー・霊力が宿っていそうな気が…。


楽しんで頂けた方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジャカルタで開催されたファッションショーの写真
ここ数日、株価だけでなくヨーロッパ、ユーロの為替の下げも深刻で、為替だけで判断すると、世界中に日本円の圧倒的な強さを見せつけている様相です。

これは金利が安い国で資金調達するという円キャリートレードの巻き戻し現象です。
銀行救済のため、我々日本国民が本来享受すべき金利がない時期が何年続いたでしょうか。
借りても安い金利を利用し、海外の博打打ちヘッジファンド・投機家の資金調達機関となっていた日銀の姿が露呈している、それが現在の円高です。

数年前から、師 藤原直哉氏は「日銀が世界バブルを創出し、助長させる一因を作っている」と話していましたが、今の円一人勝ち状態で、その台詞がようやく現実化してきました。

コモディティーとしての金も下落していますが、どの通貨も信用ならないなら下落しているゴールド(金)相場ということで、田中貴金属は、連日常に50人から100人待ちの状態のようです。

私は弾もないので投資にはもはや興味ありませんが、もっと早い時期に今の金融危機が訪れると思っていた為、資産保全意味もあり、底値に近かったゴールドの現物とインドネシアの金鉱株アネカタンバンへの投資で、数年前に相当額の利益を叩き出し、状況が厳しかった自身と会社を保った経験があります。

ゴールド(金)は、今のIFMしかり救済に現金が必要、私の様にお金に困った人間の最後の切り札としても売られるため、世界的な価格は下落すると思います。 それでも世界一の債権国日本には、1グラム2,000円を越えている金(ゴールド)を購入出来る層もまだまだ存在しているのですね!
最低でもコイン1オンス(約31.1グラム)、投資の意味なら500gから1kgレベルでないと意味がありません。 1kgが現在230万円位かな?

貴金属繋がりで、偶然レニー・フェビィのスタッフ、ディアンからレバラン休日前にジャカルタで開催されたファッションショーの写真が送付されてきました。

レニーのジュエリーはもちろん、アパレルのデザイナーの洋服、私を含めた男性諸君お待ちかねのインドネシアの女性モデル、そして今回は男性モデルの写真と盛りだくさん。
男女ともに様々な視点で、お楽しみ頂けると思います(笑)。

Beaty in Fitri というタイトルで、<レバラン休日の美>とでも訳せば適切かな。
インドネシアでは、レバランの為に新しい洋服を購入したりする需要があるため、前回同様、銀行と百貨店がスポンサーで開催されました。

BTF

「結果はどうだった?」とオクに聞くと
「開催日は休日に近すぎてあまり良くなかった」

そりゃ、9月26日って最早休日に突入。
大型休暇前の買い物も終了し、皆田舎へ帰省しようとしているタイミングだ。
前回は大好評だったので、オーガナイザーはもう少し頭を使い、1週間前の開催なら良かったのに。

まあ我々はファッションショーの写真を楽しめますので、オーガナイザー攻撃はここまで。

ジャカルタショー

美しい インドネシア女性 です。
本業の1部でもあるジュエリーを評価しろよ!って声が聞こえてきそうです(笑)。 

写真は全てクリック、拡大が可能です。

ショー9.26 4
インドネシアデザイナーによる洋服も素敵です。

ご興味ある方は是非とも拡大してご覧下さい。

ショー9.26 5
私にはあまり興味ない インドネシア の男性モデル、当ブログ初登場です。

ジャカルタショー 続

レニーのジュエリー、合わせるのが難しそうなデザインとカラーの洋服に上手く合わせています。

RS 9

ジュエリーを専門に学んだ方曰く、肌の色、その国が持つ季節等にも、個々の国のジュエリーの嗜好性は異なるそうです。 同じデザインのジュエリーでも、使用するストーンのカラーを変えるなりして、その嗜好性に合わせる工夫も大切なようです。

女性、子供、武器、麻薬以外はほぼ何でも取り扱う、私の様なブローカーは色々な専門家の話を聞くことが出来るのが役得です。 しかし情報がお金に変わるのは、そんなに容易ではありません(泣)。

RS 10

インドネシア のファッションショーの写真、まだまだ続きがあるのですが、サイズ調整等も必要な為、近日再び登場します。 お楽しみに!!


続きをご覧になりたい方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。






テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのボーンチャイナ 食器・洋食器メーカー
予約にしたまま記事を書き上げず、忘れ、2度もアップしてしまったタイトル インドネシアのセラミック工場。 記事を書かなかったのは、特に理由も無く、商品の写真CDが見つからず、写真の加工が面倒だったためだ。

今回気分を一新し、タイトルも新たに< インドネシア のボーンチャイナ 食器・洋食器メーカー>ということでご紹介したい。

インドネシア にはボーンチャイナと呼ばれる食器・洋食器メーカーは非常に多い。
日本を代表し、シンガポールエアラインのビジネスクラスの食器でも使用されている鳴海製陶。 ナルミの インドネシア 工場はジャカルタ郊外のチカランにて、素晴らしい作品を作り出している。
確かロイヤルダルトンも インドネシア に生産拠点を持つ筈だ。
食器・洋食器を生産するローカルメーカーも非常に多く、アジア近郊、ヨーロッパ、アメリカ、中東に輸出されている。

ボーンチャナ Bone China のボーンは牛の骨のこと。
ボーンチャイナは骨灰を原料とした骨灰磁器をそのように呼ぶ。
成分が不明だったころは、本当に牛の骨を使用していたが、現在はそうでもないらしい。

食器1
こちらはジャカルタ郊外にあるローカル食器・洋食器メーカーを訪問した時の写真。

最終工程までに、高温で焼く過程が3回あるので、工場内は暑い。
サウナというほどではないが、汗を流しダイエットするには良い環境(笑)。

食器2
忘れもしないこの工程。
こうやって色を付けて、割れや傷がないか確認しているのです。

割れや傷がある部分は、色が濃く出て、見分けが簡単に出来るらしい。
この時に付いたカラーは高温で焼けば、飛んでしまう成分とのことだった。

要するに生産上の品質管理の一過程。
メーカーとしては、非常に肝心な部分です。

食器3
あまりに様々な工程があり、この写真がなんだったか忘れてしまった(笑)。

食器4
こちらも品質チェックの一部。
この工場では3回以上の品質チェックを行ってから輸出している。

食器5
こういった流れ作業の多い生産ライン。 上2枚の写真はさておき、工場内は清潔。
近代設備も多く導入されていました。 なんでそちらを撮影しなかったのだろう?

食器6
焼結前のカラーは灰色ですが、焼結することで、美しい乳白色になります。

食器7
こういった商品は、ヨーロッパ、アメリカ向けですね。

食器8

ボーンチャイナは、素地が薄いので軽い。 そして透明性が高く、非常に優雅な趣を醸し出すため、陶磁器の中でも高級品とされています。

前述した様に、インドネシア には ボーンチャイナ と呼ばれる食器・洋食器メーカーは非常に多いということは、品質の良い原料が入手しやすいためだと思われます。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。




テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

たまにはインドネシア情報を離れて
かぶせ物が自然に取れた3年位前から自覚はあったのですが、病院嫌い、忙しさにかまけていた、酒が入れば忘れちまえ、歯の治療費は高そうで、治療後、更に頭が痛そうだ! なんて考え方を継続。

自業自得なのだが、2日前から歯が痛み、もはやバッファリンではどうにもならない痛みが昨夜。
私は痛みには強いという自覚があったので、我慢してきたのですが、昨晩はほぼ寝れず、世界金融危機の影響をまともに受けた人くらいに個人的には堪えられない痛みになったので、数年振りに医者へ行きました。 歯医者だけど。

幸い抜かずに治療できるというレベルで済みました。 ほっと安心。
基本的には馬鹿なので、走って汗をかけば体の毒素も抜けるという勝手な理論で、昨晩は酒も飲まず、ジョギングしていたので、昨日は麻酔もそこそこ効き、治療で神経を削り、今はすっきり。
麻酔を使用する前の日は飲んでは駄目ですよ。
13年前、東京で働いていた時に経験しましたが、アルコール常用者には、本当に麻酔が効きません。 身を持って知った私の経験の一つです。 こういう経験談、本にして売れないかなあ(笑)。

20年以上の昔、喧嘩して皮膚が破け縫ったとか、肋骨が折れたという痛みのレベルは、経験済みでしたが、神経に直接到達する痛みは、そんな痛みが問題にならない程キツく痛い事を、今回初めて身を持って知りました。 特に永久歯の神経だと頭が痛み仕事が進まないこと。

そんな中で痛い金融市場を少しでも緩和しようとするジョークも飛び交い始めました。
痛すぎて笑えない人が大勢いるのが、今の金融界かもしれません。
しかし、見た目は危機でも、いつでも余裕と対応策のあるちょっと助平なアニメの主人公 ルパン3世、死ぬ間際まで、くだらないことを言っていた<明日に向かって撃て>のブッチ役ポールニューマン、日本史上、男として西郷隆盛と高杉晋作を抜いて、敬愛する直江兼継(NHKで演るの?)を尊敬している私はこういうジョークは大好きだ。 直江と西郷・高杉は全く関係ないが(笑)。

金融危機、世界で飛び交う痛烈なジョーク

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「楽観主義の定義は何だろう」
「日曜の夜に5枚のシャツにアイロンをかける投資銀行家のことだ」

「小さな事業を始めたい。どうすればいいだろうか」
「簡単だ。大きい事業を買って待ってればいい」

「投資銀行家と大きなピザの違いは何か」
「ピザはまだ4人家族を食べさせることができる」

「運用すべきファンドを持っていないヘッジファンドマネジャーが言うことは何だろう」
「ご一緒にポテトはいかがですか」

「ATMで現金を引き出そうとしたら『残高不足』と言われた。
ATMのことか自分のことかは分からない」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10月21日  ロイター配信より抜粋

個人的には3つ目と最後がお気に入りだ。

そう言えば今の経済ニュースでほとんど取り扱われない中国。
H株指数の不振もしかり、上海総合株価指数は、昨年10月に付けた市場最高値から、既に65%以上下落しているけど、あまり聞こえてこない実体経済はいかに。

一応 インドネシア情報局 のプライドもあるので、インドネシア 関連もざっくりと。

既に2度程、当ブログで紹介した インドネシア 最大の展示会がスタートしました。

展示会名 The 23rd National Merchandise & Commodity Show
日程    10月21日(火)-10月25日(土)
時間    10:00-20:00 (10月25日は19時まで)
場所    Jakarta International Expo Kemayoran ジャカルタ 国際展示場 クマヨラン

出展メーカーによっては、彼らも地方の工場へ持って帰るのが、面倒な会社もありますので、金・土曜日の時間で気に入った商品あれば、価格交渉、希望商品ゲットなんてラッキーなケースもなきにしもあらずです。

雑貨等、インドネシア のおみあげ購入しておくのも便利です。
皆バイヤー狙って出展しているので、価格も安め。
ローカルでもこの方法を使用する人・会社も結構多いです。
ジャカルタ にお住まいで、お時間のある人、特に奥様方には、退屈しのぎに良いかもしれません。

明日はしっかり インドネシア情報 にする予定です。
お楽しみに!


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアへ日本医師団派遣 新型インフルエンザ対策
世界金融危機の為、その他の様々な重大ニュースが目立たなくなっている。
今の世界は知れば知るほど、未来に対する不安定要因が強すぎて、確かに恐ろしい世の中だ。
「米国の財源不明の景気対策プラン」「北朝鮮の在外公館禁足令」「ユーロ・ヨーロッパ通貨の継続的な下落(お金が抜けている)」「肥沃なウクライナ農地買収戦略で、先進国の中でも日本のほぼ敗退決定=せまる食料難」などなど。
アメリカ、日本ともに選挙が近いのに、全体の中では色褪せている感じも。 オバマは勝利目前の感も強いが、無事にすめば良いが…。

世界中、どこもかしこもお金が足りないと騒いでいますが、そんな中でも、やや前向きなニュースもあるので、今回はそちらを紹介したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<新型インフル>発生監視へ医師派遣 インドネシア に外務省

 新型インフルエンザの発生が心配される インドネシア で、患者発生を監視するサーベイランスシステムの支援事業に外務省が乗り出す。新型インフルエンザ対策で、日本が海外での患者対応にかかわるのは初めて。国立国際医療センター(東京都新宿区)の医師らを20日、現地に派遣する。国際貢献だけでなく、発生地域での実地経験を国内発生時の対応に生かす狙いもある。

 インドネシア保健省からの要請を受け、国際協力機構が約3億8000万円の政府開発援助(ODA)を使い、同国中部の南スラウェシ州で3年間実施する。

 世界保健機関によると、インドネシア では05年7月、鳥インフルエンザの人への感染が初めて確認された。9月10日現在の死者は112人で、世界の死者の約半数を占める。

 中でも南スラウェシ州は、鳥インフルエンザの集団発生が多発。人口が多いうえ、空港や貿易港を持つ交通の要衝のため、新型インフルエンザ発生・拡大のリスクが高い。

 しかし、同国の監視体制は未成熟。鳥インフルエンザの最初の感染例も、原因ウイルスを特定できたのは約3カ月後。06年にサーベイランス指針が作られたが、担当者の教育や現場との連携が機能していないという。

 事業計画では、日本から医師5人とスタッフ1人を派遣。同州内の20県と3市に調査チームを配置し、保健所と連携して患者発生を監視、情報を共有する体制を築く。事業終了後は国内全33州に拡大する。

 チーフアドバイザーとして赴く国際医療センターの平山隆則医師(33)は「インドネシアでの早期発見は、日本の被害を減らすためにも欠かせない」と話す。【関東晋慈】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10月15日 毎日新聞抜粋

20日、成田でインタビューを受ける出発前の医師の姿もTVで放映されていた。

ODAの使用途に関しては、日本でも良く問題になるが、今回の使用は悪くないと思います。
フーズ4発生時に向けて、日本・インドネシア、その他の国々の鳥インフルエンザ情報網構築と対策に少しでも役立てば、それにこしたことはありません。

鳥インフルエンザ対策も、最早現在の世界金融危機同様、こちらが手を打つまで待っていてはくれません。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

日本同様、インドネシアはスパイ天国? その1
Mata マタ とは インドネシア語 で<目>という意味の単語。
Mata Mata マタ・マタだと目が複数。 よって< スパイ >という意味のインドネシア語になる。

股=股間だと、いけないと思いつつも、たまたま女性の姿勢が原因で、下着が見えていたりすると、見ていない振りをしつつも、ついつい目がいくよなあ~なんてこれは、いかにも助平な男性的な発想だろうなあ(笑)。 ところで、股と玉はどちらか片一方をひっくり返した平仮名読みだと同じ読みになるのだが、何か意味があってのことなのだろうか? ここにも世界で一番難しい言語、日本語の謎が…なんて、話が最初から逸れました(笑)。 くだらないことを追求したり考えるのは好きですね。 そんな状況ではないのですが…。

タイトルを見直すと記載したのは、< インドネシア はスパイ天国 >という首題ですか!
さて、ここからは真面目に。

インドネシア ではどうなのかと言うと、インドネシア政府 そのものには、それこそ私のブログ名< インドネシア情報局 >の様な調査機関はあるようですが、私詳しく知りません。
インドネシア 国内における秘密警察の様な組織はもちろん存在しているでしょう。
一党独裁体制を30年以上続けてきた国家で、スパイ組織がないなんてありえません。
先日ブログで98年の暴動絡みの記事を書いていて思い出したことがあり、今回の様なタイトルにしてみました。

トリサクティー大学では、デモが盛んに行われ、それを阻止しようとするインドネシア軍の学生に対する銃弾で数人(確か3名だか4名)が命を落としました。 その事件が一つの発端となり、民主化要求、独裁政権への不満、貧困層の怒りとストレスの爆発、富む華僑への恨み等が複合的に混じり、大暴動へ発展しました。
(個人的な裏読みで示す証拠はありませんが、CIAは当時必ず裏で暗躍していたと思っています。 あれはスハルト政権交代<何らしかの理由で米国益に大きく背いた。 それとも政権と繋がっていた華僑財閥グループの資本化が急進する中国への接近阻止?>とインドネシア華僑を潰す意味では、暗躍する価値があったと思っています。 当時どこのインドネシアマスコミも書きませんでしたが、その後のシティーバンクの支店の増え方と活躍は感心ものでした。 欧米の金融によるアジア支配戦争だったななんて、勝手に想像しています)。

ある時、トリサクティー大学のデモ当時の生徒会長と知り合う機会がありました。
何のことはない。 ウィッシャーの高校時代のクラスメイト。 だったら当時の話を是非とも聞こうと、夕食に誘いました。 今は飲みませんが、当時はビール2杯位は飲んだかな(笑)。

生徒会長と言っても、デモの首謀者ではないのですが、担ぎ上げられたことは本人も自覚していました。 特に命令を下していた訳でもないのに、中心的な人物としては祭り上げられていた感じです。

彼と話をしていた内容が、本日のタイトル< インドネシア はスパイ天国 >に繋がります。
その後も数度暴動に近いデモあり、紆余曲折のあった インドネシア ですが、彼はある時、当時のことでインタビューしたいという人間に会います。

デモ当時の様子を聞かれ、淡々と回答。
先方はしばらくすると「海外にはいったことがあるか?」と切り出してきたそうです。 「ない」と答えると、全ての費用を持つから、アメリカに行ってみないかと提案。
もちろん見たこともない海外は誰でも観光したいので、彼はあっさり承諾したそうです。

彼が最初に訪問したアメリカはホワイトハウスのあるワシントンだったかな? ちょっと私の記憶があやふやです。 彼から話を聞いて、ハイテンション、疲れもあったのか、更に社風の合わないサラリーマン当時は相当荒れていたので、結構酔っていたのだと思います。

そこで、デモ当時、インドネシアの未来を決めた軍による発砲、実弾使用(軍はゴム弾を使用と言っていた)、死者発生、その前後の状況を散々詳細を聞かれたそうです。 彼の言動・命令・行動も逐一に。
そのインタビュー後は、マイアミに数日滞在。 ディズニーワールドにも遊びに行って来たと話していた。 招聘先のアメリカ当局が全て負担し、彼はほとんどお金を使用しなかったらしい。

う~ん、実にスパイというか諜報的な要素が強くないですか?
インタビュー後の懐柔策が何とも…微笑ましい!

それでお前は「過去は知らないけど、今は親米なのかい?」

その晩、魚を料理するインドネシア風レストランで、酔った私の最後の質問。

紹介するのに付き合ってくれたウィッシャーにも、結構窘められたので、疲れで酔っていたくせに、テンション高く、質問内容が突っ込みすぎていたようだ。 ジャーナリストじゃないのに、お金にもならない意味のない努力を結構するようだ(笑)。

彼はきっぱり一言

「アメリカは好きじゃないよ。 欧米メディアは、共産国以外に仮想敵国が必要になったせいか、イスラム国家の情報や真実をまともに伝えていないから」

仮に当件でCIAが動いていたなら、彼は大した人物ではないと判断したのでしょう。
しかし観光という餌を与えて反米主義というのも意味がほとんどような…。

この試合、ドロー 引き分け!
<実際のところは、諜報、マインドコントロールの世界はそんなに甘くはないと思っています。>

後日、もっと身近な話で続きを書きます。
お楽しみに。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

何故高地のこの場所に? ディエン高原の遺跡
中部ジャワに位置する ディエン高原 Dieng Plateau。 
高度2,000mの火口原にその遺跡は存在する。
ディエン という名がまた神秘的な意味を持つ。 ディエン Dieng とはサンスクリット語で「 神々の座 」という意味らしい。

周りを山に囲まれ、その平らな高原中央に、インドネシア のジャワ島最古のヒンドゥー遺跡は存在する。
アルジュナ寺院群( Complex of Candi Arjuna )は、8~9世紀のマタラム王朝時代に建てられたと言われている。 アルジュナ寺院群は、まさに「神々の座」と呼ぶのに相応しい場所に建てられている。

標高が高いせいか涼しく、宿泊しなかったので詳細不明だが、夜はかなり冷える筈だ。 暑がりの私が日中にひんやりしているなと感じた位だから。 インドネシアの人には厳しい寒さだと思う。
何故こんな場所にヒンドゥー寺院を建立したのかは、私も詳細不明だが、全てに神々が宿っていると考えるヒンドゥー教なので、神聖な場所、穢れのない地を古代の人々は選択したのだろう。

ディエン「 神々の座 」にあるアルジュナ寺院群は、ジャワ古来からの土着的な山岳崇拝のまさに聖地と呼ぶに相応しい場所と趣を今も静かに保っている。

ディエン2
この様に遠目に遺跡が見えてくると、古代遺跡ファンは色めき立ちますよね。

ディエン1
写真は10年位前のものなので、周りの環境、遺跡への道筋や周辺の開墾地はかなり変化していると思います。

つい1年前に知り合いが2度目のディエン高原訪問を果たした時は、戻ってきて「キャッサバだか何かの農地や畑に囲まれていて、せっかくの幽玄な趣が台無しだ」なんて力説していました(笑)。
まあ近隣に住む農家の人々も食べて行かざるを得ないので止むを得ません。

ただし周りが開拓されていない地にポツンと並んでいたアルジュナ遺跡群は、本当に素朴ですが異彩な雰囲気を感じさせました。

ディエン3
5つ並ぶチャンディ(Candi 寺院)には、古代インド叙事詩のマハーバーラタに出てくる英雄達の名前が付けられているそうです。

セマル寺院 < Candi Semar >
アルジュナ寺院 < Candi Arjuna >
スリカンディ寺院 < Candi Srikandi >
プンタデワ寺院 < Candi Puntadewa >
スンボドラ寺院 < Candi Sembodra >

Candi チャンディ とは寺院の意味です。

ディエン4
各寺院には、ヒンドゥーの彫刻が施されています。

ディエン6
一度記載してしまっていますが、個人的に大好きな写真なのでリピート(笑)。
インドネシア の遺跡写真の中でも、私のお気に入り写真。

ディエン7
アルジュナ寺院群から遠くない場所には、同じくヒンドゥー遺跡が存在しています。

こちらはガトゥカチャ寺院 <Candi Gatutkaca>。

ディエン8
こちらはビマ寺院 Candi Bima だったと思う。

ガトゥカチャ寺院 <Candi Gatutkaca>から10分強歩いたと記憶しているが…。

もしディエン高原に遺跡見物に訪れたのなら、アルジュナ寺院群後はビマ寺院へ向かって下さい。
地図が無くても簡単に行くことが可能です。

ディエン 神々の座という名に相応しい不思議な場所が、この地には更に2箇所存在しています。
近日そちらも紹介しますので、お楽しみに!


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

デモが暴動に変わる予兆ポイント インドネシア編
インドネシア 国内経済が危機という訳ではなく、世界的な金融危機の影響をからくる銀行やノンバンクの流動性不足や解消に向けた策として、インドネシア政府は、金融機関に対する公的資本注入を盛り込んだ緊急政令を発布した。

金融危機の回避と対応策として、銀行とノンバンクに対し、<中央銀行から政府の保証する緊急融資の供与> <一時的な公的資金の注入> <流動性や資本不足に陥った銀行の買収に対する優遇措置>が盛り込まれている。

97年のアジア通貨危機時には、政権崩壊の政変にまで至った インドネシア だけに、今回の対応は中々早いものがある。 この後も安心は出来ない世界の金融状況だが、こうでなければ過去の経験が生かされていないことになる。 今回の対応策の速さは高評価出来るものだ。

インドネシアの ジャカルタ では、早速イスラム組織による資本主義反対のデモが発生したようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インドネシアの首都ジャカルタ(Jakarta)で16日、イスラム組織「ヒズブ・タフリール(Hizbut-Tahrir)」が資本主義に反対するデモを行い、株式市場を「巨大なカジノ」だと非難した。風船ガムをふくらませて「バブル」経済崩壊を揶揄(やゆ)する参加者もいた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【10月17日 AFP】
ガム風船デモ写真を見たい方は下記。
http://www.afpbb.com/article/economy/2529518/3434408?blog=yaplog

ところでAFPって良く聞くけどどんな会社かWikipediaを参照すると、L'Agence France-Presse、略称がAFPで、世界最古、フランス最大の報道機関と記されていた。

早速デモも発生したようだが、このレベルなら心配する必要はない。

「日本は地震が頻発し、97年以降の インドネシア はデモがやたらに頻発する」は一部のインドネシアの友人達にウケの良いギャグだった。 元々インドネシアは地震国だったが、最近は人が直接被害を受け犠牲となる地震が多くなったため、シャレにならなくなり封印しているが。

経済的な影響で社会不安が増すと、ジャカルタ を中心としたインドネシアの各都市でデモが発生する。 そうなると暴動へと発展することを恐れる人も少なくないと思うので、今回は98年頃の様子を思い出し、注意ポイントを挙げてみたいと思う。

書棚をざっと調べたのだが、20年以上前の インドネシア に関する本だったせいか見当たらない。 <ガッツ伝説>が目にとまり、ついつい一部再読してしまった。 これだから書棚散策は問題ありだ。 関係ないものを見つけてしまい、しばし寄り道をする結果になる。

その本には確かに「インドネシアの人々は安心して食事が出来ている限り、大きな暴動は起こさない…云々」のようなことが書かれていた。 アジアの紀行文関連では、有名な方の著作だったと思う。

この文章が何故か頭にこびり付いていたのだが、目の前で現実化したのが98年のインドネシア。
結論から述べると「物価の急激な上昇。 1.5倍から2倍以上に、インドネシアの国内物価が突然再上昇したら注意が必要」ということだ。
98年の暴動時も97年から始まった通貨の下落で、物価が上昇。 円・ルピアベースで、1対20の為替が1対100を越えたのだから、物凄いインフレ。 中央銀行はルピア防衛の為、銀行金利を50%以上にしたが、中産階級も皆、受け取っていた給料では食べらなくなった。 その社会不安にこれまでの低所得者層の富裕層への怒りも加わり、大暴動へと繋がった要因の一つと言えるだろう。

またデモが暴動に変わる要因のもう一つ。
デモに対する威嚇の発砲。
学生デモへ銃撃と死者。 前回の大暴動はあの銃撃で、不幸な結果を招く、引き金を引いた。

上記から言えることは、「デモに対する軍及び警察の対応に要注意」
大げさに言えば過去の歴史を振り返っても、本当に銃弾1発で歴史が大きく変わることもあるのだ。

ここのところインドネシアでデモが発生しても、平穏に行われているので、しばらく暴動への心配は要らないと思えるが、当面「物価の大幅な再上昇は要注意」だ。 さらに「貧困層と低所得者達への、国の支援がそこそこ行き届くか」も一つの懸念材料です。 

まあ暴動に発展しそうなデモの場合、深刻で切羽詰った状況のデモも各都市で多発しますし、社会的な状況からも判断は可能です。

インドネシアは近年、大きな爆弾テロも数回発生しましたが、イスラム国の中でも極端な原理主義を嫌う国民性は、我々外国人にとっても、非常に良い傾向だと思っています。
しばらくはインドネシア内での暴動懸念は必要ないと思いますが、今回の世界金融危機は将来何が起きるか分からない有事として、私は捉えています。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。




テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのマホガニー家具
少し忘れるとあっという間に時が過ぎるので、予告していた インドネシア のマホガニー家具を紹介したい。

マホガニーの植物学上の名前は「Swietenia spp」「Swietenia Mahagoni Jacq」「Swietenia Macrophylla」と名称されています。

材質としては非常にスムースできめ細かい肌合いがマホガニー材の特徴です。
商品となった家具としての見栄えはともかく、木材の性質的には、強度が強く、長持ちするチークは男性的で、マホガニーが女性的と思えば良いでしょうか。

インドネシア での価格だと、耐久性のあるチーク材の方がマホガニー材よりも若干高価な商品になります。 マホガニーも家具用、フローリング材などで相当数が伐採され使用されるので、毎年10%位で値上がりしています。

マホガニー2
この家具だと、マホガニー材の特徴が比較的分かりやすいと思います。

マホガニー1
ジャワ島内に多く、オランダ統治時代に植林されていました。 インドネシア のマホガニーは、もともとはヨーロッパから運ばれてきたものです。

マホガニー3
古くからそして現在までも、アンティークな風合いの家具を作製するのに使用されています。

日本では、数年前のハンドメイド家具ブーム時に、品質のあまり良くないマホガニー家具が安価で販売され過ぎた為、良くないイメージを持っている人も多いかもしれませんが、品質のしっかりした家具は、ヨーロッパ、アメリカでは高級品として扱われています。

マホガニー4
マホガニーは、「明るい色」「長持ちする商品」「商品化の際に簡単に彫刻を刻める」ことが魅力的なポイントとなっています。

チーク材は硬質な為、私自身もほとんど経験ありませんが、インドネシアのマホガニー材は乾燥工程が甘いと、虫が出ます。
日本にはこの手の家具が相当数入っており、失敗した輸入会社もそこそこ多かったかと思います。 実際、馬鹿売れしていた直輸入の小売店も、この手の粗悪商品が多かったと思います。 安いからお客さんからクレームが付かなかっただけかな? 何故知っているかというと、虫問題が改善出来ないメーカー社長を知っており、どこの会社に輸出しているか知ってたから(笑)。 メーカー社長と懇意にしていても、私はそこの商品は怖くて扱えなかった。

インドネシア は乱伐が原因で、現在原木の輸出も法律上、禁止になっていますが、元々は木材も輸出品の中では主力商品の一つでした。 チーク、マホガニー、その他の木材を使用した素晴らしい技術を持った家具メーカーもいまだに多く存在しています。

ここまでで、< インドネシア の マホガニー家具 >は終了なのですが、フィリピンでは早くも金融危機が一つの原因でデモが発生しました。

ニューヨークのダウは値下がりでスタートしているようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
絢爛豪華「下着の乱舞」 賃金増求めたデモでブラ投げる

 10月15日、下着メーカーの従業員らがブラジャーなどを空に向けて投げる光景がマニラで見られた。
 世界最大の下着メーカー、トリンプ・インターナショナルのフィリピン人従業員らがブラジャーなどを空に向けて投げる光景が、マニラの金融街マカティで見られた。

 これは世界的な金融危機の中、賃金や手当ての増額を要求する抗議活動の一環。

 従業員らは、抗議文を書いた手書きのプラカードに下着を吊るすデモ行進なども行った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マニラ 15日 ロイター  産経ニュース抜粋

果たしてデモを行った彼女達は、身に着けているブラジャーを外し、空に放り投げたのか、それとも単に手に持っていたブラを空に放り投げたのかの記載がない! 謎は深まるばかりだが、このブログは インドネシア情報局 でフィリピン情報局ではないので、真相追求が出来ない。
そんなことはどうでもいいか(笑)。

新興国、どこもこんな微笑ましくも笑えるデモのレベルで済めば良いのですが...。 世界の金融危機は、更なる津波を何回迎えることになるやら。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

自然の素晴らしさと人の叡智
アメリカのダウは下落でスタートしたようだ。
どのレベルで下がるか、調整されるか分からないが、このまま下げ続けていくと、先日のダウの市場最大の上げ幅は、投機家の絶好の売り場だったことになりかねない。 これでは経済の潤滑油の一つの役割でもある、まじめな投資家が浮かばれない。

ジャカルタ の日本食材商品専門のスーパーマーケット、最後の砦カモメ、ココもBPOMの監査が入り、表面上、日本食材商品専門のスーパーマーケットは壊滅。
近隣諸国よりも美味しいと評判であった ジャカルタ の和食レストランはどうなるのだろうか? 醤油は手に入るので、板さん達の腕の見せ所になるのだろうか?

今回は インドネシア の法律が絡みでそいつを遵守しないと法律違反になってしまうので、ジャパン・クラブでも、大使館でもクレームを付け難い。 ご家族で駐在されている方達や、他国の料理に馴染めない日本人には、非常に頭が痛い問題だ。

文明が進み、我々先進国と言われる人々は、便利な生活を手にしてきたが、世界中、戦争、紛争、おかしな事件や不安要因だらけ。 こんなにストレスを抱え込む社会は、戦時下を除くと、近年の歴史でもあまり例を見ないと思う。 誰も世界中こんな社会を目指したつもりはないのに、この状態の根源は、心や精神、そして一部の富裕層、政・官・財が築き挙げた制度の腐敗と思ってしまう。 もちろん選挙で投票拒否する者や人選にも問題がある私達個々が原因でもあるのだが...。

ブログは日記という性質上、好きなことや興味あることを記載するのだが、どうしても経済に影響される自身のせいもあり、素人なりの経済ネタやインドネシア情報を書きすぎたせいか、本日は<インドネシアのマホガニー>なんて題材を書く気にはなれない。

という訳で、元気がでそうな写真を。

G7
人類の叡智の集結場。 エジプトのピラミッド。
この3つのピラミッドは、どんな遺跡をも圧倒しているし、人類が作った物にせよ、アカデミム見解の古代エジプトの王の墓とは思えない。

G2
アメリカ、シアトル郊外。
ホー雨林に行く途中で寄った湖。 

G3
この水の青さをみたのは、私の狭い経験の中では、このシアトル郊外のこの湖とカリブ海のみ。
人間は90%以上が水分という構造も影響してか、あまりの美しさに心が洗われます。

G6
インドネシアのディエン高原にある遺跡。
数ある写真の中でも、私が撮った中で大好きな絵。
後日、ディエン高原紹介の折には、ダブって登場すると思われる写真です(笑)。

山に囲まれた高原の真ん中に5基の遺跡が並びます。
時を経ても、時の流れを無視したような悠然としたあり方が素晴らしい。

G4
カンボディアの川で遊ぶ子供達。
勝手に撮ったので、子供達も気が付かず、怪訝な顔、笑顔もない写真です。

活気があり、泥の川を気にしない姿が気に入っています。
こんな子供達が不安のない生活を送れる環境作りが、我々大人の使命の筈なのですが。

G5
日本の富士山から見た御来光。

写真では不十分ですが、本当に感動します。
自身がちっぽけな存在であることを自覚するとともに、この瞬間、偉大なる何かを感じる人も多いと思います。 健康体の人なら、晴れた日の日本最高峰、富士山登頂はお勧めです。 5合目を夜中出発で、順調に進めば、明け方頂上近辺でこの景色を楽しめます。
徒歩で進んだ結果、目下に雲があるんですよ! 挑戦する方は酸欠にお気をつけ下さい。

私は弱肉強食のビジネスの世界で生きているので、こんな写真で癒されている場合ではないのですが、時代はこちらの方向へ確実に歩を進めているような気がする今日です。

少しでも癒された方は

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシア政府の預金保護額と雑記
40年以上生きていると、とっても面白いものを見たり、想像を絶する驚きがあるものだ。 何を示しているかというと現在の世界の株式市場。

ニューヨークの株式市場の大幅反発を受けて、日経平均も大反発。 アジア株も軒並み追随。
インドネシア証券取引場 での株式相場も急進。 14日前場の取引開始から、たったの10分間で前日比5.79%高だったようだ。

ここ数週間の世界の株式市場の乱高下は、見たくても見れるものではない貴重な体験だ。 私はいまだに終焉相場と確信している。 早ければ来年早々、遅くても2年以内には、世界の金融システムがリセットになってしまう気が...。 
私もファンで講演会を聞きにいったこともある、ラビ・バトラ氏の予測も再び注目されそうですね。

G7の決定を受けて、ダウも日経平均も急反発なんて、信じられない光景だ。
私はプロではないが、14日は買い場でないことは確かでしょう? 少なくても現在の相場は、プロ以外は手を出さない方が良い世界だ。

今回の金融危機により、世界の株式時価総額では、1,200兆円が吹っ飛んだと言われているが、その他金融関連全ての数字はもはや天文学的な損失になっている筈。 25兆円や100兆円、ぶち込んでも、最早どうにかなる数字ではなく、しばしは落ち着きを取り戻せても、焼け石に水。 この後、世界を襲うのはインフレ恐慌か? 
健全な投資ではなく、危険な博打(投機とデリバティブ、制度の腐敗)が過ぎた結果がこのあり様だ。
世界にあるデリバティブ総額は、7京円とか言われているが、現在欧米金融機関が抱えているデリバティブ含み損は一体いくらなんだろう? 仮に5%がぶっ飛んでいても、今の資本注入額ではどうにもならない額になるが。

デリバティブの含み損はさておいても、今回の各国の措置は、しばらく状況を落ち着かせることは出来ても、次に打つ手がない。

各国で公的資金の投入 → 金融機関への支援 → 莫大な額の負債を国へ移転 → 国家財政逼迫 → 国民への負担増加 ないし 世界の金融機関で貸し渋り なおかつ再度大きな破綻が出たら打つ手なしの状態 → 消費の冷え込み → 株価暴落 → 大恐慌

こんな近未来構図を予想するのはたやすいことだ。
とはいえ、現状に少しでもカンフル剤を打つのは、公的資金の投入しか手段がない。
国がどこまで持つか=財政がどこまでもつかの状況に各国陥った。

アイスランド(名前通り本当に寒くなってしまいました)と韓国は、いよいよの時が近いかもしれない。
韓国だけでなく、実はアイスランドからもインテリアの引き合いを持っていたのだが、やはり4ヶ月位前から何の理由もなく返信が無くなった。 商品と価格帯は、ほぼ合意に至っていたのだが。 金融関連が原因だったか分からない。 まあ勝手に消えていくぶんには、こちらにも大した損失が出ないので問題はないが、これからはどんなビジネスも更なる注意が必要です。
アイスランドでは、国民が食料の買いだめに動き出したそうです。

竹島問題以降、様々な興味の中で、私の息抜き時のブームの1つは朝鮮日報日本語版に目を通すことなのだが、面白いことに嫌韓でもなかった私は、あの新聞を読めば読む程、隣国があまり好きになれなくなってきた。 日本と常に比較することから始まり、酷い時には新聞なのに比較国が侮蔑の対象ともなる。 本当に国を挙げて反日国ということを実感することしばしば。 国の統治にはそんな方法も必要なケースもあるのだが、仕事上であまりいやな思い出がなかった私は、もっと心情的に日本に近い国と思っていたので、ショックが大きい。 一過性のものだから、もはや少数かも知れないが、韓流ファンの人は、くれぐれも読まないことをお勧めする。

ドルの崩壊も遠くはないだろう。
米国の財政赤字 5,300兆円。 対外債務 2,000兆円。
日本の向かう将来は、アメリカと心中か? それともニクソンショックの時のように、アメリカが無理やり金融システムを変えるか?
このまま大統領選挙に雪崩れ込めば、オバマが大統領になると予想されるが、注意が必要なのは、アメリカの得意芸、産軍複合体による暗殺。 そして今は金融危機に人々の目が集まっているが、イスラエル暴発で始まる可能性もある対イランへの攻撃。

本当に想像するだけでも、我々の近未来はキリがない。

インドネシア政府は、取り付け騒ぎなどの混乱を発生を防ぐ為に預金保護の上限を、1銀行の1顧客、20億ルピア(約2,060万円)へ大幅に引き上げたようだ。

過去には98年のスハルト政権崩壊前後に、取り付け騒ぎなどが原因で銀行が次々と経営破たんし、金融システム崩壊を防ぐため、政府は預金の全額保護の政策を打ち出した。その後、モラル・ハザード(倫理観の欠如)の観点から経済回復が進むのに合わせ、ペイオフを導入していたらしい。 <参考 10月14日 じゃかるた新聞>

この対策は5銀行に預金があれば、約1億円は保証されるので、富裕層の資金逃避を防ぐ案としては、決して悪くないと思う。 98年、インドネシアの銀行はかなり整理された。 今思うとあの破綻があって良かったのかもしれない。 97年頃のバブっていた時に、今回の世界金融危機が起これば、被害はもっと大きなものになっていたかもしれない。

まあインドネシアの場合、トップクラスのお金持ちはスイスに口座を持っており、それ以外の富裕層・権力者はシンガポールに資産を隠している。
「スイスだと距離も遠いことが、有事の際に直ぐに対処出来ない可能性を考慮すると心配でもあり、なおかつアジア人には完全に異国・異人の地であるスイスに資産をおくのには不安が大きいそうだ」
インドネシア経済は華僑が実権を握っているのと、アセアン諸国ではの最先端金融国が目と鼻の先ということで、シンガポールはかなり以前より使い勝手がいい様だ。 きちんと地下銀行、正規銀行ルートではない送金ルートが確立され、おそらくいまだに機能しています。

いずれ各国間の銀行間取引に絡む貿易決済にも影響が出る可能性が大。
う~ん、せっかく築きかけている私のビジネス案件にも影響が...なんて事を考えても仕方がないので、とりあえず前進あるのみ。
まあ身に付けたノウハウは、お金で買えないし、いつかは役立つ筈。
逆に世界の大混乱は、小回りの効く私には、大チャンスだと思っておこう(笑)。

師 藤原直哉氏も「怖いとかパニックで行動力を失う立ち止まりが一番危険」とインターネット放送でも語っています。

会社の方向性を変え、大型案件受注が目の前に来るまでに相当なストレスとプレッシャーがあった私は、チャンス到来、面白くなってきやがったと素直に向き合っています。
今以上失くすものがない人には、想い方次第では悪くない時代かもしれません(笑)。


植物学上の名前は「Swietenia spp」「Swietenia Mahagoni Jacq」「Swietenia Macrophylla」と名称されています。

上の記載、昨日のチーク材に引き続き、本日はマホガニー材を冗談ではなく、紹介しようと考えていました。 しかし前振りの長い内容。 明日以降にきちんと紹介します。


素人経済予測が、少しでも面白かった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのチーク家具
13日は、インドネシア証券取引所(BEI) も再開したようだ。
国際的な株式市場の中では、インドネシア証券取引所(BEI)は、日本のニュースでもほとんど紹介されないマイナー的な位置にあるのか、情報が非常に少ない。
前営業比3.43%の下落で前場を終了したようだ。
たまたまG7とG20があったせいか、想像以上に小さな下落。 後場も荒れることなく、済んでいると思いたい。

先日記載した三菱UFJも、とりあえず危機回避は出来たようだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
三菱UFJ、モルガンへの出資を優先株に切り替え完了

 三菱UFJフィナンシャル・グループは13日、経営不安が高まっていた米証券大手モルガン・スタンレーへの出資の払い込みを完了したと発表した。

 出資総額は先月29日の合意通り、90億ドル(約9000億円)としたが、普通株式での出資は取りやめ、すべてを優先株に切り替えた。

 金融危機を背景にモルガンの株価が大きく下落したことを受け、普通株式で出資すると巨額の損失が出る恐れがあるため、損失計上の可能性が低い優先株を引き受けることにした。今後モルガンの株価が上昇すれば優先株をすべて普通株に転換できることになっており、その場合はモルガンの議決権の21%を取得することになる。

 三菱UFJは当初、30億ドル(約3000億円)を普通株式で、60億ドル(約6000億円)を優先株で出資する予定だった。しかし、モルガンの株価が普通株式1株当たりの取得価格である25・25ドルを大きく下回ったため、出資条件を巡ってモルガン側と再交渉していた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10月13日 読売新聞抜粋

私的には、それでも危ない物を買ったと思う(潰れそうな大手会社が大口投資家に全てをディスクロージャーするとは思えない。 特に現状のアメリカ系金融機関)のだが、こんな様子を見ていると、もう一発世界金融危機が起これば、現資本主義に打つ手なしだなあと思っている。
モルガン・スタンレー。 デリバティブの損失額はいくらになっているのだろうか?

今回の金融危機は、イカサマ賭博場の胴元が、何故か負けがこんで、お客様(世界)に迷惑かけているのに、そのイカサマ胴元の優良資産と思えるものを買いに行くお客(日本)はスゲ~なあというのが私の感想。

さて、この インドネシア情報局 では久しぶりの家具ネタ。
ネタ切れを起こしていた訳ではないのだが、頻発するとネタ(材料)切れを起こしやすい。
木材は伐採だけだと在庫切れを起こすように、家具情報も商品が消耗品ではないので、ネタ切れが起こりやすい(笑)。

今回は インドネシア の チーク材家具 に関して。

チーク材は、世界3大銘木とも言われ、世界の中では高級木材。
その木材が、インドネシア で取れ、その材料で作った家具が、またまた世界にうけたため、輸出量も非常に多く、チーク材はインドネシアで毎年10-15%の値上がりとなっている。
それでも更に希少価値の高いアフリカのチークと比較すると、インドネシア・チークは割安感も高く、相当な数量で、世界の需要を満たしている。
「南国だから、成長早く、安くあれ」とか「インドネシアの賃金で考えれば、この程度の家具価格でないと勝負出来ないよ」なんて言葉にも踊らされ、密伐採まで行われる始末。

最近ようやく インドネシア政府 の規制も厳しくなったが、ある意味この材料で儲ける会社が存在して、政府も健全な部分で税金徴収出来ていたのだろうから、問題はチトややこしい。 私の様に仕入れるサイドに立つ人間は、更に複雑な気分だ。 どの世界でも、バイヤーは良い物、価値のある物を可能な限り安く仕入れたいと思うから...。

インドネシア のチーク材乱伐には、様々な要因が挙げられるが、プールサイドのベッドやチェアーは油分を多分に含んだ木材、チーク材の使用が高価で更に長持ちする。 もちろんこんな商品は日本向けに大きな需要がある訳なく、ほとんどがアメリカ・ヨーロッパ向けです。

とにかくチーク材は、木目の美しさと耐久性の長さが素晴らしい。
その材質の価値は、家具として室内・室外ともに世界で評価されている。
よって高くて当たり前の商品だが...。

過去にインドネシア・チークに関して、メーカーから様々な情報をもらい、まとめてみた資料がある。 そちらを記載するので、チーク材使用の家具写真とともにお楽しみ下さい。

T1

チーク(正式名称、Tectona Grandis)は1年間に1センチしか成長しません。
もし直径40センチのチークが必要な場合は、その木の樹齢は必然的に40年となります。
低いクラスの家具は、通常木の枝に当たる部分を使用しており、直径20センチ、すなわち20年物の木を使用しています。 これは価格が安いからです。
チーク材を家具にする為には、最低限でも25年物の木を使用する必要があります。

価格を比較した場合、直径20センチのチーク価格を1とすると、単純に40センチになるチーク材価格は2倍強となります。 品質の良い家具作製の為には、通常直径40センチの40年物のチークを使用します。

T2

チークの産地は、インドネシア ではいたるところに存在します。
ジャワ島内、南スラウェシ、南東スラウェシ、ヌサ トンガ、マルク、ランプン等が主な産地となっています。

インドネシアでの良質なチークの産地は中央ジャワ、東ジャワと中央ジャワの境となっています。そのロケーション上、ジェパラは良質なチーク家具を産出する地域として有名になりました。
ただし品質にはご注意を! 私は150社以上現地視察をしましたが、日本向けに使用できるメーカーは数える程です。

T3

チークの魅力的なポイントは木目のきめ細かさと耐久力があげられます。 屋根の下の木材としての使用も可能で、湿った部屋や空気が欠乏している部屋で使用しても、数年間持ちこたえることが可能です。 寿命には制限がなく、菌類にも非常に強いポイントがあげられます。 以前は鉄道の枕木や多くのいまだに存在する古い建物にも使用されており、絶対的な強度を持っています。

最近では、アメリカやヨーロッパ向けにはガーデン用家具としてもチーク材が使用される様になってきています。 タイ産やミャンマー産のチークも増えてきていますが、石灰を豊富に含んだ山で育つ中央ジャワのチークはそれらより品質が良く、上のクラスと言われています。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

スマトラ島で絶滅種の鹿発見と長い雑記
Yahoo ニュースで見つけたのだが、スマトラ島で絶滅したと思われていた鹿が発見された。
木材の違法伐採や近隣諸国に迷惑をかけている焼き畑による煙害も含め、森林の消滅の危機が叫ばれる インドネシア だが、嬉しいニュースだ。

ちなみに焼き畑による煙害は、海岸沿い近くの木を焼き払い、パーム椰子を植える事業に奔走する企業と小作人のような仕事をしている人々が原因の一つです。 お金にならない木をほおっておくより、倒し売った後、その場所を焼いてしまい、成長の早いパーム椰子の木を植える。 生産エリアの拡大が原因の煙害だそうです。

パーム油の生産・輸出は、インドネシア とマレーシアが世界の覇を競っています。 人件費の安い、インドネシア に軍配が上がっているようですが。
単純に自然を愛する日本人がこの話を聞けば、自然保護を声高に叫び始めるかもしれませんが、これが資本主義による弊害の一部です。 だから私も否定はできない。

絶滅種の話でスタートしているのに話が飛びました(笑)。

上記情報は結構自信を持って記載しているように、< インドネシアの環境保護 >をテーマにしていた日本人の専門家から聞いた話です。 まだ政府機関の現役で、著作もある方なので、名前の記載は控えさせて頂きますが。

国土の広い割には、政府の管理が甘い インドネシア だが、まだ絶滅種と言われていた種が生き残れる環境が残っていたことは、とっても明るいニュースだ。

民族も多数で、島国の為、だから名前も< インドネシア共和国 >なのだが、広い国土の開発には相当な粗が出ている。 一神教のイスラム教徒が多い国だが、その粗さえも神の道か? この国の面白さとダイナミズムは、「世界で絶滅種が増える中、カリマンタン島を海外の専門化が調査したら、発見新種が50種を超え、皆驚いた」(3年間位の記憶・新聞記事)なんてところにある。

さて、その絶滅種が生存していたというの記事。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 インドネシア のスマトラ島の山間部で、絶滅したとみられていたシカが80年ぶりに生息が確認された。専門家が10日、明らかにした。
 今回発見されたシカは、大型犬ほどの大きさで、ケリンチ・セブラト国立公園の山間部標高1951メートルに仕掛けられたハンターのわなにかかっているところを救出された。
 今回、公園職員とともにシカを発見した動物保護団体「Flora & Fauna International」が発表した声明によると、このシカは1914年に初めて発見されたが、1930年以来目撃されていなかった。
 また、今回発見された後さらに2頭が同公園の別の場所で撮影された。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ロイター 10日 Yahoo ニュース 12日から抜粋

大げさにもこの記事で、世界的な金融危機の状況の中、日本とインドネシア、アセアン数カ国で、現資本主義とは異なる新たな方向性を見出せる気さえするような個人的な思いを膨らませてしまった。
自然も残せ、皆が快適で安全・安心な生活。
日本のお金、技術力、マインドはかなり十分な筈だが、現在の日本のリーダーシップと政治では、どうしょうもないか。 現在の日本を取り巻く政・官・財が去った後の話だなあ。 その掃除の為の世界金融危機? もちろん生みの苦しみの時期が存在するのが悲劇だが。
今は格差が広がり、ギスギスした社会だが、70年代頃の日本は、マルクスが天国とも取れる時代さえも経験したのだから可能な筈。 ちなみに私は共産主義者ではないので、誤解無きよう。

で、<絶滅種の鹿の発見>ネタは終了するのだが、タイトルに雑記と付けたように日記は続く。

経済ネタはビジネスに関連するし、興味あるので、素人のくせにあれこれ書いてみるのだが、最近目が話せないブログを発見した。
私的には、「表に出ない巨額デリバティブ損失の発覚で、来年あたり、現在買収・支援に走っている日本の金融機関で危機が発生すると世界は打つ手なし」なんて述べてみたのだが、既に<三菱UFJ>の危機を記載しているブログがある。 作者の方の情報の速さも凄いが、金融専門のニュース選択と信憑性が素晴らしい。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report/
Nevada (金融危機特集)

現状況では、怖くなる人も多いと思われるが、日々チェックの価値ありです。

で、<金融危機>ネタは終了するのだが、タイトルに雑記と付けたように日記は続く。

既にこのブログでも記載した様に、日本人が和食を楽しむために存在していたジャカルタのスーパーマーケット2店、パパイヤとコスモが、インドネシア国家医薬品食品監督庁(BPOM)により摘発を受けた。 外国製医薬品食品に関する登録番号ML取得されていない商品の没収も行われたようだ。

幸いジャカルタだと、カモメとココ(こちらは行ったことがないので、どのレベルの商品取り揃えかは全く知らない)が健在なので、何とか日本食用加工品は購入出来るようだが。
また幸い、ランチマートやへローでも、以前よりは日本の加工食品は入手出来るようになっているので、やれやれだ。

昔あちこち旅をしていた頃は、海外で高そうな和食を食べるなんて考えもしなかったが、40歳を超えるとチトきつい。 刺身が食べたいとかそんなことではなく、過分な油と調味料の使用が時に苦になるのだ。 関西の方にはいまだに厳しい人もいるかもしれないが、納豆と味噌汁があればいいのだ!

今のところ通貨下落による物価の上昇は見られないようだが、しばし注意が必要。
ジャカルタの和食レストラン等も特に値上げはまだ検討していないようだが、円高が進んでいるので、日本からの輸入食材は、いずれは価格が上がることも懸念してしまう。

更に全く関係ない情報だが、スナヤンのショッピングモールには、12月頃モス・バーガーがオープンするようだ。


面白かった方、話が飛びすぎてよく分からなかった方も、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのマベパール
あまり知られていませんが、養殖の大成功により、インドネシア は真珠・パールの世界輸出No.1の国になっているようです。 ロンボク島をはじめ、綺麗な海に囲まれた インドネシア の島々で、養殖がなされています。

そんな真珠・パールの中でも、今回は マベパール を紹介します。
「 マベパール って何だ?」なんて思われる方もいるかもしれませんが、半円状の真珠と思って頂くと分かりやすいかもしれません。

マベパールはマベ貝から採れるものだけをその名で呼びます。
マベ貝はペンギンが羽を広げたような形に見えることから、学名は Pteria Penguin (プテリア・ペンギン/ペンギン鳥の翼)と名付けられています。
貝の大きさは25cm位。 世界各地の熱帯・亜熱帯海域に生息しています。
品質と輝きの高さでは、分布の北限と言われている日本の奄美大島のマベパールが有名です。

マベパール の養殖は日本の技術者の援助で、インドネシア でも成功しており、それらのパールは香港と台湾に輸出されています。

mabe1
マベパールの特徴は、他の真珠と異なり母貝の内側に核を直接挿入し、その核が真珠層で覆われて出来る半円の形です。

mabe3
円形が多いですが、核を涙形(ティア・ドロップ)・三角形・四角形・ハート形等に作り挿入すると、その形にあったものが出来上がってきます。

mabe2
日本では、ホワイトカラーの人気が高いようですが、ピンクやブルーも美しい色で、需要があります。

mabe4
現在販売されているマベパールは養殖によって採取されており、稚貝からでは 4年~6年かかって初めてジュエリーとして使用可能なマベパールになるようです。
大きさは13~15ミリを中心に10~20ミリ強。

mabe5
マベパールのキメの細かさは、他の真珠貝(アコヤ貝、白蝶貝、黒蝶貝)と比べても群を抜いており、気品あるカラーと艶がセールスポイントのパールです。

パールのパワーストーンとしての意味があるようです。
真珠・パールは<美しさ>を表すパワーストーン。
身につけると、美しさと優しさを感じさせるパワーがあるそうです。
魅力がアップし、新たな恋愛を運んでくる。
特にマベパールは守護の意味が強く、持ち主を危険から守るパワーがあるそうな。

魅力がアップし、新たな恋愛を運んで、危険から守るパワー。
これで金運と健康運があれば、無敵だな(笑)。
う~ん、しばらく所有しているマベパールをポケットにでも入れて持ち歩き、そのパワーとやらを検証してみようかなあ...なんて年甲斐もなく思っています(笑)。


面白かった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ジャカルタ証券取引所の閉鎖とルピア暴落
8日の午前中に暴落したため、取引を停止しているジャカルタ証券取引所(BEI)。
10日にも再開予定だったが、前日の米国市場の暴落を懸念し、見送られたようだ。
現在ジャカルタ証券取引所(BEI)の再開は13日(月)を予定している。

インドネシア・ルピアも対ドル・対円ともに下落。
アジア通貨危機の97年、98年頃の様相を呈してきた。

世界の金融市場が荒れると、脆弱な経済と財政基盤の新興国、エマージングマーケットは多大なる悪影響を受ける。 ニュース、新聞でも取りざたされている様に、インドネシア を含むアジア諸国も市場は大混乱だ。

インドネシア金融当局は、市場混乱の原因にもなる<風評の流布>や、それで一儲けを企む<違法取引>にも、注意を払い始めたようなので良い傾向も見られる。

97年には、BCA(バンク・セントラル・アジア)にも長蛇の列が出来る、取り付け騒ぎも発生した。 あの時は、サリムグループが インドネシア から大きな後退を迫られた。 インドネシア実体経済の7割以上を握っているとされる多くの華僑財閥が、多大なダメージを受けた。

今回のインドネシア株式の暴落とルピア安は、インドネシア においては経済危機というよりは、世界の資本市場の混乱に影響を受けているとも見て取れるが、金融当局には適切な処置と行動をして頂きたい。 頭の中は、自己資産の防衛と来年の選挙で一杯の人達も多いだろうが。

特に注意が必要なのが、通貨下落による物価の上昇だ。
凄まじいインフレは、貧困層から庶民の生活を根底から壊してしまう。 98年の大暴動は、民主化の動きや貧困層の不満の爆発とも言われるが、現状の給料では食べていけなくなった庶民の不安と恐怖の爆発とも取れた。

インドネシア証券取引所の厳重なる監視も大事だが、インドネシア金融当局には、それ以上に、物価の上昇=悪性インフレに注意をして頂きたい。
再びインドネシアの貧困層や庶民が没落していく様を見るのは、こりごりだ。


G7の声明も発表され、各国が公的資金・民間資金の双方で資本増強を行うようだが、世界の市場はどの様な判断を下し、どの様な動きを見せるのだろうか?

アメリカ発で、ヨーロッパが大混乱で、おつぎは日本か?
ただし日本においては、あちこちで言われている様に、業績が良いのに株価が下落しすぎている会社が多い。 世界の株式市場が、いかに健全なる投資の場でなく、投機の場になっていたか、良く分かる状況だ。 それでも現状では、世界の中で一番優良な会社の集合体市場、それが日本の証券取引所とも見てとれる。 金融機関もそれなりに健全体質。
また日欧米で、ドルを支えるための協調介入を行っているため、本来の円価格が見えないが、世界からお金が戻ってきている様子を見ていると、政治はだらしなくても、日本の強さが見て取れる。 将来財政破綻の可能性は大だが、日本円、それ以外ではスイスフランとゴールドしか、安全な通貨・商品は無くなっているのでは。
尻に火が付いているアメリカ・ヨーロッパの資本家も多いのだろうが、更に下げれば日本は<買い>の市場であることに気が付いていないのだろうか? 投機筋によるお金の流入で、日本株が高騰し、小バブルの様な状況になるのもいい迷惑だが、現段階で世界を支えられるのは日本の市場しかないような気もしている...。

今年は世界の金融当局の努力で、ギリギリのところで踏みとどまれるかもしれない。
ただし来年あたりに再び金融危機が再燃しそうな気も...。 まだ表に出てきていない巨大なデリバティブ損失が発覚するとか...。 そうなると潰れた米金融機関の健全部門を買収している日本の金融機関も大損失が発生するかもしれない。 そうなるともはや世界は打つ手なしか?

様々な情報集めの中で、韓国のウォンの取引停止に踏み切った日本の証券会社を見つけた。
https://trade.mygaika.com/trade/web/jsp/release/20081003.jsp
かざか証券(株)

嫌韓サイトでは、いよいよ韓国デフォルトかと盛り上がりをみせているようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ブルームバーグ通信は9日付で、「日本が韓国のウォン安問題に手を差し伸べるようだ」と報じた。ウォンに対する円高で困難な状態にある日本の輸出企業を支援するためだという。同通信は「スワップ契約によるドル供給でウォン高に導く可能性もある」という日本の専門家の意見も報じた。

 これに先立ち、8日には権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日韓国大使が河村官房長官と会い、「今ほど韓日に協力が必要な時期はない」と訴えたという。韓国大使館側は儀礼的な訪問にすぎないとコメントしているが、一部では「日本政府に対して公式の支援要請を行ったのではないか」との見方もある。

 これについて河村官房長官は9日の会見で、「韓国ウォンの価値が下がり続けていることは知っている。昨日韓国大使が訪問してこれについて話をしたが、正式な外交ルートを通じて日本に支援の要請があったわけではない」「現時点では日本政府としてもそのようなこと(韓国への支援)は考えていない」と述べた。

 一方で河村官房長官は「当然(1997年の)経験を通じても、今後の課題となる可能性はあると思う」と語った。

 河村官房長官は李明博(イ・ミョンバク)大統領が提案した「韓中日財務相会合」の開催については、「アジア地域でも首脳会談や閣僚級会合が必要かどうか、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)=韓国時間で11日=の結果を見て検討したい」とコメントした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
朝鮮日報日本語版より抜粋

「今ほど韓日に協力が必要な時期はない」って、日本は必要ないと思うが。
う~ん、こんな記事が書かれているのを読んでしまうと、こちらが恥ずかしさを覚えるとともに、ご都合主義も甚だしいと思ってしまう。 あの大使、竹島問題で息巻いていた人でしょう? 支援しても、感謝されない国を助ける必要性は感じないなあ。 河村官房長官のすっ呆けコメント、ナイス!

インドネシア を含めたアセアン諸国でさえも、まだ金融支援要請をしていないというのに。
火事場は元から火を消す作業が肝心。
今は米欧金融機関への迅速対応と日本の零細・中小企業への支援・対応策が急務でしょう。

とにかく実体経済に影響を及ぼすので、来週の市場も目が離せない状況だ。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

目の愛護? インドネシアのジュエリーとファッションモデル
世界中の金融界が大騒ぎになっており、日欧米が協調介入しているせいで、1ドル=100円前後で推移しているが、本来なら80円突破か? 日銀の発表されているオペもここ最近の足し算記憶で、20兆円を超えただろうか?

ジャカルタ証券所も、8日は前場から急落、BEIは午前11時6分、取引を全面停止した。
10%以上の急落。 う~ん、厳しいね。 この辺の情報は最近の<じゃかるた新聞>や<バリの安宿とグルメ!>さんのブログに記載されています。
http://eiichi08280012001.blog113.fc2.com/blog-entry-239.html
バリの安宿とグルメ!

個人的な想像よりは、インドネシアルピアは対円でも対ドルでも、さほど下落していないが。

昨日食事時にTVをつけていたらイギリスも「日本のバブル崩壊時の処方を。 ただしこのレベルの金額では直ぐに効果が出るとは日本の過去を見ても...云々」なんて語っている金融当局の人がいるのを観てしまうと、本当に日本のバブル崩壊から何も学ばなかったんだと実感。 あれは現世界の手本になるバブル崩壊だったが、デリバティブが絡みすぎた今回はどれほど参考になるのだろうか。 今の状態は、やくざで言えば客人の目の前で勝ちまくっていた胴元が、何故か突然「続ける金が無い」というような事態なんだから。

世界の株式市場が、投資でなく、投機の場になっていたことが問題だろう。
健全なる株式投資の世界で、デリバティブが使用されていなければ、今現在の各国の対策レベルでも何とかなったかもしれない。

私の師、藤原直哉氏曰く「最終的に日本に大量のお金が戻ってきている様子は、日本が最終的には資本主義を制した良い証拠。 ただし、最後はその国にもツケは回ってくるし、そのお金をどう使用・活用し、世界を立て直すビジョンが肝心」なんて話もされている。

ジャカルタ証券所はいつ取引を開始するか未定。
現在の資本主義は財政基盤が脆弱な国家からなぎ倒すので、その方法も国家としてはありだが、資本主義放棄とも取られかねない行為は、市場再開後の大暴落の方が心配になってしまう。

さて、昔は10月10日は体育の日だったのが、今は目の愛護デー。 実は知りませんでした(笑)。
目の愛護には、綺麗な女性!...それは男性目線の話でしょ!と言われないよう配慮し、インドネシアのレニーのジュエリーとファッションショーの写真で、女性、男性ともに目に活力をお与え下さい。

写真はジュエリー・ショーと時のものだが、もちろん過去にアップしていない分。
インドネシア アパレルデザイナーの作品とのコラボも2点入れました。

R1

R2

R4
本日は目の愛護デーなので、株下落にも目を瞑って...とは言えませんね。

R5

R6

R7

他人事の様に記載していても、本日のG7は気になるところです。


少しでも目の愛護、保養になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのトイレ
東京ソーホーにいると昔の写真などが見つかる。 そんな中に「なんで俺、こんな写真を撮ったのかな?」なんて写真も出てくる。 その内の1枚が、インドネシア のトイレの写真だ。

10年以上前の写真になる。 おそらく初めて インドネシア を訪れた時に撮影したものだ。 日本と異なる インドネシアのトイレ が珍しく、また他の場所よりも清潔で綺麗、かつインドネシアではスタンダードと思われたトイレだったので、記録に残しておこうと思いシャッターを切ったのだろう。

もちろん、インドネシア にも西洋式トイレは普及している。 ホテル、ショッピングモール等の公衆トイレはしかり、一般家庭でもやや裕福な家庭は、西洋式トイレを入れていると思う。

それでもトラディショナルというか、スタンダードと呼べるインドネシア風トイレは、都市部の ジャカルタ でも、まだまだ一般家庭などで活用されている。 地方に行けばなおさらだ。

それでは、貴重かつ清潔な インドネシアのトイレ 写真をお楽しみ下さい(笑)。

トイレ
こんな風に、マンディ(水浴び)とトイレの2つの役割を果たす。

座り方は、日本の和式トイレと逆方向。
敵が入ってきても直ぐに応戦出来る構えです(冗談)。

水槽上にある手桶で水を掬い、局部を左手で洗浄。 実に清潔な水洗い文化です。
高級ホテルや高級ショッピングモール等ではあまり心配要りませんが、それ以外の場所だとトイレットペーパーがないトイレも多いので、我々日本人は注意が必要です。

http://infoindonesia.blog17.fc2.com/blog-entry-116.html
その辺りのトイレ事情は、以前に「脱いでいたのか!? トイレ考察」というタイトルで記載しましたので、ご興味ある方はご一読下さい。

水洗い文化は清潔だと思いますが、インドネシアの公衆便所のケースでは、私は西洋式よりこのトラディショナルなスタイルを好みます。 小でないケース。
インドネシア の人が使用後に入ると、西洋式は便座に水が飛び散っていて、ティッシュで拭かないと座れないケースが良くあるからです。 またその便座の水滴にカラーなどが付いているケースもあり、ゲゲッと思うことも結構あります。
日本の和式にも似たトラディショナル・スタイルだと、そんな心配も要らないので私はそちらの方が好きです。 ただし流すのは慣れていないと大変。 
またトイレットペーパーをほとんど使用しないせいか、配水管や下水道が細いようで、紙が詰まりやすく、後の人のことを考慮すると、これまた注意が必要です。

面白いのは、インドネシア人でも億万長者の知人。 海外への出張も良くあり、家も綺麗な豪邸にすんでいる彼は、「インドネシアの空港内の汚いトイレは、もはや俺は使用出来ない」なんて言っている奴もいます(現在空港のトイレは少し改善されていますが)。

その台詞を聞いた時は、日本人は特にそうだが、綺麗・清潔過ぎる文化に浸りきると、インドネシア人でも同じなんだなあなんて思いました。 まあそうでもない人も多いでしょうが(笑)。

少しはワイルドにも生きたいですが、まあとにもかくにも、トイレはやはり清潔第1です。


面白かった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

クロコダイルのバッグ
月日の経つのは早いもので、紹介するという予告から結構時間が経過してしまった。
何の話題かというと インドネシア の クロコダイルバッグ。

クロコダイルの養殖場やワニの種類を紹介した際に、バッグの写真を次回紹介しますと宣言していたのだ。 忘れていた訳では無いのだが、同じ爬虫類系でも、何故かパイソンバッグの紹介を先に行ってしまった。

今回はクロコダイル革の加工・仕上げやカラーの種類等の説明をオカズに紹介していこうと思う。

クロコダイル革の加工・仕上げと言えば、グレージングと呼ばれる光沢のある革が、過去におけるスタンダードだった。 過去と記載はしたが、もちろん現在でもグレージングは大きな需要があり、レザーの加工の種類が豊富になったという意味だ。

レザーにツヤを出すために、硬度の高いメノウ石で、革の表面を磨きます。
インドネシア のメーカーでは、イタリア産のメノウを使用しています。

Raflo 2
光沢のあるグレージングはこんなツヤのある感じ。
いまだに クロコダイル と言えば良くみかけるタイプです。

Raflo 1
こちらはマットと言われるタイプ。

マットはメノウ石で磨くことはせずに、マット染料でカラーを落ち着けます。
グレージングの様に目を惹く、光沢やツヤはありませんが、使用すればする程、手になじみ、カラーにも味が出てくるという特徴を持っています。
やわらかく、もっちり感があり、使えば使うほど味が出る。

光沢があるクロコダイルバッグとは対象的ですが、非常に落ち着いた感じは、返ってセンスが良く見えるせいか、日本でのウケも非常に良いです。

Raflo 3
どこかで見たことのある型のバッグ?

Raflo 4
このカラー仕上げは美しい。

まあデザインのコピーは問題ありですが、本物を購入すると確か150万円以上。 インドネシア内では、かなり質の良い中古車が一台購入できる金額。 それが十数万円で購入出来るので、小物もまとめて購入するから、この型で作製なんて依頼が、ローカルマーケットから絶えないそうです。

Raflo 5
カラーも豊富。

というよりも、インドネシア のクロコダイルバッグメーカーはカラーが多すぎ。
管理が出来ないのに、膨大なカラー見本があるので、注文の時は要注意。 技術を向上させるという会社の姿勢は非常に気に入っているのだが。
完成し検品したら、カラーが違ったなんてこともあったなあ(笑)。

Raflo 6
これもマットと思うが...。

革の加工にはもう一つあります。 プルアップレザーと呼ばれている。
革の内部にプルアップオイルを充填させ、つりこんだり、折り曲げると、革のカラーが明るく変化したり、カラーが化ける手法。
インドネシアの クロコダイル革 メーカーでもプルアップは可能です。

Raflo 8
こちらは少しでも廉価バージョンを作製しようということで、私のビジネスパートーナーのウィッシャーがデザインした試作品。

本体部分にリザード革を使用し、ハンドル部分をクロコダイル革で作製。
リザード革が光沢があるので、クロコダイル革はマットを使用。

Raflo 7
こちらもウィッシャーがデザインした試作品。
本体部分にリザード革のマットを使用し、ハンドル部分をクロコダイル革のグレージングで作製。

ウィッシャーがデザイン賞を取った年は、一応インドネシア商務省も、展示会時には無償のブースを提供してくれていた。 アセアンセンター援助も入れると5回位か?

ある時、このバッグを展示していると、クロコダイルメーカーのオーナーとバッタリ出会った。
もちろんお互い良く知っている仲なので挨拶。

その後、商品を見ていたオーナーは、このバッグを手に取り
「デザインとアイディアも素晴らしいけど、縫製と品質も素晴らしい! 一体どこで作らせたんだい?」

「おたくに決まっているじゃないですか!」

ブースには皆の笑い声が響きわたった。

大金持ちだが、オーナーも現在後を継いだ息子さんも、驕り無く人柄も良く、私の大好きな人達だ。


面白かった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

バイヤーと仕入れの基本 展示会見学
バイヤーと仕入れの基本は、売れる商品の開発技術をもったメーカー探し、安く品質の良い商品を作製しているメーカー探し、まだ見ぬ新規商材探し等になると思う。
そんなバイヤーや仕入れ業者に便利な機会が、国際展示会、見本市、ギフトショーと呼ばれ、各国で開催される展示会だ。

物を販売する以上、国際見本市やギフトショーは可能な限り見学されることをお勧めする。
特に仕入れる商品がなくても、幅広く継続し、見続けているバイヤーや仕入れ業者は、売れる商品を企画・開発したり、引っ張ってくるのが上手いように思われる。 まさに継続は力。 仕入れ商品に対して、勘が働くようになるのでしょう。

もちろんしっかりとしたメーカー使用のレベルになると、コンテナでの発注がミニマムロットであったり、コンテナレベルで輸入しないと高くなりすぎて意味のない商品も存在する。 そうなってくると、個人輸入業者では、お付き合いが厳しいメーカーも確かに多いが、仕入れ商品によっては、可能なケースも存在するので、百聞は一見に如かずだ。

この10月は、インドネシアを含めアジア各国で有名な国際展示会、見本市、ギフトショーが目白押しだ。
将来、バイヤーや仕入れ業種を目指す若い方は、旅がてら覗いてみるのも良いかと思う。 物・グッズ好きな人は結構楽しめる筈だ。 入場対象が、バイヤー・仕入れ業者なんて国もあるようだが、屋号の名刺があればなんとかなるでしょう。

フィリピン、タイ、インドネシア、中国(広州)で開催されるのだが、日本から位置が近い場所と日程を考慮に入れた順(広州交易会の一期は考慮外)で、下記に記していく。

それではスタート!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< フィリピン マニラ >

展示会名 マニラ国際総合見本市 / MANILA F.A.M.E. International
日程    2008年10月16日(木) - 2008年10月19日(日)
会場    World Trade Center, Philippine International Convention Center,
       Philippine Trade Training Center

業種    消費材 , ギフト
展示内容 美術・工芸品、寝具・浴室用品・リネン、家庭用品・インテリア、家具、キッチン・食卓用品、照明器具、クリスマス・ホリデー用装飾品、ギフト、文房具・デスクアクセサリー、玩具、宝飾品、皮革製品、ファッション等

入場対象 : バイヤー・業者

見本市公式サイトURL : www.manilafame.com

< タイ バンコク >

展示会名 バンコク国際ギフトフェア2008/バンコク国際家庭用品フェア2008」
日程    10月14(火)-19日(日)
会場    インパクト エキシビションセンター(IMPACT) チャレンジャーホール1-3
会場地図 http://www.thaitradefair.com/fairin/bigoct08/transportation_map.asp 

出展規模 750社1,900ブース見込み

展示内容 雑貨(ガラス・陶器・ピューター・銅・貝殻・メタル・レザー・布製など)、ファッションアクセサリー、レザー製品、ペット用品、アートフラワー(紙・クレイ・ソープ)、クリスマス用品、ランプシェード、サーペーパー(和紙)及びその製品、ガラス細工、おもちゃ、ゲーム、ステーショナリー、ホームテキスタイル、BOX(サーペーパー・レザー・木・プラスチック製等)ガーデニング関連用品(鉢・エクステリア用品)、デザイン小家具、スパ・アロマ関連商品等、家庭用品(セラミック、木、シルバー、ステンレス、プラスチック、ガラス、メラミン樹脂製等)、バスルーム関連商品等

< インドネシア ジャカルタ >

展示会名 The 23rd National Merchandise & Commodity Show
日程    10月21日(火)-10月25日(土)
時間    10:00-20:00 (10月25日は19時まで)
場所    Jakarta International Expo Kemayoran ジャカルタ国際展示場クマヨラン

展示内容 家具、木工品全般、建築資材、インテリア、レーザー商品、バッグ、ジュエリー、雑貨、ガーデニング関連、食品、家庭用品、日常消耗品、アロマ関連等、インドネシア商品全般。

詳細や注意点は当ブログにて紹介済みなので、そちらをご覧下さい。
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/blog-entry-192.html

http://ataseperdagangan-tokyo.jp/fair/tradexpo/
見本市の和文サイト

< 中国 広州 >

展示会名 第104回 秋季 中国輸出入商品交易会 (広州交易会)  
展示会場 広州市海珠区新港東路 

※ 広州交易会、今回から三期制に変更され、会場も琶洲展示館のみとなり流花路展示館は使用しないことになったため、各期の展示商品の区分が大幅に変更。

(第1期) 期間:10月15日(水)―19日(日) 9:30~18:00

展示内容:(1)大型機械・設備、(2)小型機械、(3)自転車、(4)オートバイ、(5)自動車関連部品、(6)化学工業製品、(7)金属製品、(8)工具、(9)車両(屋外)、(10)土木建設機械(屋外)、(11)家電、(12)電子消費品、(13)電子電気製品、(14)コンピューター・通信製品、(15)照明製品、(16)建築・装飾材料、(17)洗面所・浴室設備、(18)輸入展示区

(第2期) 期間:10月24日(金)―28日(火) 9:30~18:00
  
展示内容:(1)厨房用具、(2)日用陶磁器、(3)工芸陶磁器、(4)家庭用装飾品、(5)ガラス工芸品、(6)家具、(7)編み製品及び籐・鉄工芸品、(8)園芸製品、(9)鉄・石製品(屋外)、(10)日用品、(11)個人ケア用品、(12)浴室用品、(13)時計・メガネ(14)玩具、(15)ギフト・贈呈品、(16)祝祭日用品
                                                             (第3期) 期間:11月2日(日)―6日(木) 9:30~18:00

展示内容:(1)紳士服・婦人服、(2)子供服、(3)下着類、(4)スポーツウェア・レジャーウェア、(5)皮革・羽毛製品、(6)服装装飾物と付属品、(7)ホームテキスタイル、(8)繊維原料・生地、(9)ジュータン・タペストリー、(10)食品、(11)土産品、(12)医薬・保健品、(13)医療器械・包帯などの消耗品、(14)体育・旅行・レジャー用品、(15)事務用品、(16)はきもの、(17)トランク・カバン

出展中国企業12,600社
ブース数 28,000、商品数 10数万種、中国商品のすべてがここに集結
仕入コストの削減、新商品企画、中国貿易の入門に最適の場

これまでも世界200以上の国・地域から多くのバイヤーが参加。 日本のバイヤーも毎回6000名前後が参加しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
さすが世界の工場、中国。 中国の対外貿易最大の窓口としての役割を一手に担ってきた広州交易会だけに、サブプライム問題と世界金融危機がどの程度、世界の景気に影響を及ぼしているのか、会期中の受注金額からでも判断出来そうです。

まあ通常なら、この10月は世界中のバイヤーや仕入れ業者が出張で忙しい時期なのです。

こうして展示会内容を一挙に並べてみると中々濃い内容です。
もし将来、バイヤーや仕入れ業者を目指す若い人が今回のブログを読むと、少し圧倒される人もいるかもしれませんが、心配はご無用です。 私なんかは就職した際、英語が出来ないのに海外営業部を希望。 今も上手くはありませんが、何とか生きています(笑)。 もちろんどんな業種も得手、不得手、センスも関係ありますが、「継続は力なり」です。 継続出来た夢は実現します。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのプラスチック成型品
さて インドネシア は本日より動き始めます。 休みボケの人も多く、本調子に戻るのには、2、3日要する人も多いかもしれません(笑)。 特に休日もなく、仕事をしていた私としては、ようやく インドネシアメーカー へ連絡が取れるので、やれやれです。

注文数量の最終確認で、インド人パートナーがアフリカ行っている今現在、やっておかなければならない事が何故か山積みです。 まあアフリカ向け案件は「人事を尽くして天命を待つ」ような状態なので、その件はしばし忘れ、別の仕事に気持ちを集中させている日々です。

さて、 プラスチック成型品 なんて記載すると、何のことだと思う人もいると思います。
私も記載するにあたり、何て名前が分かり易いのか結構考えたのですが、やはり プラスチック成型品 以外に言葉が見つかりません。

ポリエチレンや塩化ビニールが主原料のあれです、100円ショップにたくさん置いてあるような商品。 そんな商品の呼び名が プラスチック成型品 です、って写真を見せた方が説明するより早いですね!

インドネシア には プラスチック成型品 のローカルメーカーは3、4社存在しています。 ひょっとすると、もっと多く存在しているかもしれませんが。
写真はローカルメーカーの中でも、一番大きく有名な会社の商品です。

プラスチック1
食品保存用などに使用する商品。
私はインドネシアで、日本帰国時におみあげで良く頂く<紀州産梅干>の保管用で使用しています。

プラスチック2
同じく食品用のプラスチック成型品。
日本だとタッパなんて呼び名でしたでしょうか?

プラスチック
ボトル。 調味料入れ。

ブランド名などを容器に書き込む技術も問題ありません。

プラスチック4
特注でキャラクター系も問題ありません。

ただしこういった商品は、生産ラインで管理され、大量に製作される商品です。
少量からの注文は受け付けていないメーカーがほとんどです。 値段が高くなって、売り物にならなくなる為。

プラスティック5
100円ショップにありそうな商品だらけと思いませんか?

プラスチック6
園芸用まで、商品は多岐に渡っています。

この手のプラスチック成型品。 日本だと中国からの輸入がほとんどです。 日本では1、2社位しか、インドネシアからは輸入していないと思われます。 仕入れ価格がほぼ同等なら、距離が近い中国からの輸送コストが安くなる分、日本に仕入れた段階の価格では、中国に歩があるのも要因の一つだと思われます。

インドネシア からは、近隣のアジア諸国、ヨーロッパ、アメリカ等に輸出されています。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

レバラン休暇最終日
中には7日位まで休暇の会社もあるようだが、インドネシア では本日5日がレバラン休暇最終日となっている会社が多い。 海外や地方からの交通機関や道路も混み始めているのではないだろうか?

インドネシア では、この休みの直後が、結構要注意期間。
さすがにきちんとした会社勤めの人間は、期日通りに出社するだろうが、10年前、初めて ジャカルタ で迎えたレバラン休日後は、決してそうでもなかった。

この時期、「親兄弟が病気になったり」酷い時は「遠い親戚があちこちで死んだりする」と記載すれば、サッシの良い方には分かってもらえると思う(笑)。 そして休暇が延びる。
年1度しか会えない家族も多いことから、気持ちは良く分かるのだが...。 社会的なルールや規則は理解しているが、これからの時代は、心や優しさが大事な時代になりそうな気がしているため、尚更共感する気持ちもある。 もちろん、それらも社会的な規則があってこそ、機能するという部分も理解しているのだが。

私が現在生活している範囲が狭いのか、それとも時代と共にインドネシアの人々の意識も改善されてきているのか、最近は頻繁に聞かなくなったが、それでもお手伝いさんや運転手レベルの人にはいまだに良く起こるようだ。 ローカルの友人達には結構頭の痛い話で、いまだに良く聞く話だ。 昨年はウィッシャーが頭を痛めていた。

また休みだったので影響が見て取れないが、休み明けは、米国金融危機が インドネシア にどの様に影響するか、為替と株式市場に注意が必要ですね。

ともかく本日休暇が最終日の人には、楽しんで頂きたいと思う。


さて通常は土・日曜日に若干アクセスの減る インドネシア情報局 なのだが、何故か増加しているので、不思議に思っていると<韓国デフォルト>でアクセスしてきている人がやたら多い。

原因を調べて見ると時事通信の記事しか思い当たらないのだが...。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ソウル3日時事】韓国青瓦台(大統領府)によると、李明博大統領は3日、米金融危機を受けた経済状況点検会議を開き、地域の協力強化のため日中韓3カ国の財務相会談を開催すべきだとの考えを表明した。また、「最悪の可能性も念頭に置いた段階別の非常対応策」の作成を指示した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
時事通信より抜粋 08年10月3日の記事

今ビジネスはないが、私は嫌韓でもなければ擁韓でもない。
ただし現在はだらしがない国になっているとは言え、日本に生まれたことは感謝しているので、反日色の強過ぎる国を愛することは中々難しい。

私論を述べれば、日本は金融機関を含め、現在アメリカの金融機関の買収や支援を行っており、韓国大統領府に言われ、日中韓3カ国の財務相会談を開催を行っている場合ではない。 日中財務相会談なら理解出来るのだが。

外交的には、借りを作る策も必要だが、大国中国をあえて外すとアセアン諸国、タイやシーレーン問題のあるインドネシア、マレーシアはもちろんシンガポール、台湾、ベトナムへの配慮の方が、もはや将来に意味を見出せるエリアな筈だ。。
米国金融危機が世界経済に悪影響を及ぼすことを懸念して、アジア全域を視野に入れた日中財務相会談なら即理解出来るのだが。 ましてや日本政府もいつ解散・総選挙になるか分からないのに。

「最悪の可能性も念頭に置いた段階別の非常対応策」とは何だろうか?
他のアセアン諸国もまだそんな話が出ていないようだが(もちろん一つの大きな破綻が、他のアセアン諸国にも影響を及ぼすのは理解しているが)。
韓国は国債償還の多い9月危機はかろうじて乗り切ったが、やはり英タイムズ紙にも記載された様に、為替危機も深刻な水準で、デフォルトしそうなのかと勘繰ってしまう。
貿易赤字も何とも救えない数字では?

韓国がデフォルトすると、部品供給の多い日本メーカーや貿易関連会社も影響を受けることは確かでしょう。 サムスン、LGも日本部品がないと立ち行かない。 韓国がデフォルトすると一時的に悪影響の出る会社もあるかもしれない。 この2社は勢いがあるように見えているけど、実態は日本の部品がないと...。 資本主義の視点のみで見た場合、日本サイドの会社利益だけで考慮するのであれば、メーカー=世界の工場としての地位を確保した中国、あるいは他のアセアン国への実のある投資・交渉を現時点より更に一歩踏み込む方が、たかられるより有意義と判断するのだが。 中国は状況的には、かなり危険な気もするけど。 
しかしながら韓国大統領府の提案は具体的に何を相談したいのだろうか。

更に現状況は、もし精神性が野蛮あるいは未熟な国同士だったら、竹島問題は国際紛争問題だ。 本来なら戦争状態ですよね。
日中韓3カ国の財務相会談の開催前に、竹島紛争解決の為の、日韓で、オランダのハーグ国際司法裁判所の訪問の方が最優先順位だと思うのだが。

どうせ過去の歴史を引き合いに出すのだろうが、相当な金額での援助を享受し続け、まだ反日の国を助けても感謝されないどころか、国を維持するため、後日平気な顔で、かの国の政府と人々の多くは、我々に対し不満を垂れる気がしてしょうがないのが最近のイメージだ。 国の金=税金を使用するなら反日国への援助は止めて欲しい。 更に政府には、年間3万人以上も自殺者がいる国は異常だという自覚を持って頂きたい。 海を渡った隣国よりも、もっとまじかに救わなければいけない人々がいることを念頭にしてもらいたい。

もちろん官僚や専門家には、国際政治はそんなイージーな問題ではないと思う人が多いでしょう。 更に麻生がどう動くかで、自民党とその取り巻き官僚が所有する利権も見えてくる面白さもあるのですが、今回はきっちり言うことは言って頂きたい。 でなければ竹島問題で、過去に亡くなった日本人が浮ばれない。

そんなことより、現在支援や買収を行っている日本の政府・金融機関は、近い将来大丈夫なんでしょうか? 今年は米国の金融安定化法と日本の買収・支援劇で持たせるシナリオ通りになると思います。 株は乱降下しながら。 しかしながら現在突っ込む金レベルでは桁が足りない筈。 素人ながら、現状で見えていない不良債権が後を絶たず出現すると思うのです。 日本もバブル後しかりだったように。 来年再度、類似の金融危機が発生したら、日系金融危難も飛んでしまう会社が数社出るのではないかと懸念していまいます。

私的には、米国の金融安定化法は、資本主義経済の終焉の序章、始まりと思っています。


  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

パイソン(ニシキヘビ)革のバッグ
オオアナコンダと並ぶ世界最長のヘビ、それがパイソン、和名ニシキヘビだ。

パイソン・ニシキヘビは、インドネシア をはじめ、タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、カンボジア、フィリピン、インド、ミャンマー、ラオスと熱帯の各国に生息している。
生息分布が広いので、場所により体色や全長の長さも異なるようだ。

インドネシア では熱帯雨林の中だけでなく、時には農家や耕作地にもエサを求めて出現する。
ローカルの新聞には写真付きで、全長数メートルのパイソン捕獲のニュースもたまに記載されたりする。 5メートルとか7メートルとか。 農民の家畜が襲われ被害が拡大したので、退治されたなんていうニュースはまだ良い方で、行方不明の人が、パンパンに広がったパイソンの腹の中から出てきたなんていうニュースも、これまで2度ばかり見たことがある。 洒落にならん。 田舎の農地は他にも毒蛇がいるし、かなり命がけです。

パイソンはアミメニシキヘビとも呼ばれ、あの特徴ある網目模様の皮が革製品として活用される。 ファッション業界では、パイソンが転じて、蛇柄を総称するにまで親しまれている。

パイソン革はファッション小物からバッグまで、幅広く活用されている。
保護動物でもあるので、クロコダイルやリザード同様、高級商品だ。

Python1
インドネシアには3~5メーカー程、バッグ・ファッション小物工場が存在している。
うち日本向けに使用できそうな革メーカーは、1、2社だろうか。

Python2
確かにこの革の網目状のモティーフは、パイソンならではの独特な柄で非常に面白い。

Python3
今回は一色のみの写真だが、一昔よりもカラーの種類も非常に豊富になっている。

パイソンの肉はジャカルタ内のレストランで食すことも可能。
当ブログでも過去に紹介しているので、ご興味あればご覧下さい。
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/blog-entry-66.html

味は鶏肉にそっくりで、中々美味。 癖も全くありません。

と、ここまで書いて気付いたのだが、私が腹に収めたパイソン、何を食って大きく成長したかを想像すると、トリニク味を楽しみたいなら、素直に鶏肉を食べていれば良いような気も(笑)。 まあ体に効能のある貴重な食肉ということで。

まさかと思ったが、試したい方には朗報です(笑)。
ヘビ肉で検索すると下記のWebで販売していた。

http://www.shibamoto.net/s3hebi.html
げてもの食材.com

ニシキヘビのフィレ肉が販売されている。 100g 1,400円。
肉の写真は、冗談ではなく、とぐろを巻いた形状になっているので見る価値ありかも(笑)?

インドネシア のパイソン革バッグからスタートし、何故かニシキヘビのフィレ肉で終了する、実に奥の深い インドネシア情報局 (汗)。 本日は酒を抜いています。


面白かった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援を宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのクワガタとカブトムシ
1日夜は20年ぶり位の友人と再会し、楽しい時を過ごしました。 テンション高く鯨飲しました。 芋焼酎ボトルが2本空いたところまでは記憶がしっかりしているのですが、3本目を飲み始めたか、そうでないかあたりからかなり怪しい状態。 案の定、帰宅途中にUFOにさらわれ、記憶を消され再び地上に戻されたようです(笑)。 何かとストレスの多い社会的な状況ですが、皆さんもお酒はほどほどにお楽しみ下さい。

さて予告どおり インドネシア の クワガタ と カブトムシ の紹介をします。
貴重な写真は インドネシア昆虫センター の吉川さんから頂きました。

昆虫・生き虫の飼育は、昨今ブームになっているようで、ブリダーも存在しているようです。 もちろん インドネシア からも クワガタ は輸入され、販売している業者も多く存在しているようです。 結構いい値段で販売されており、ビックリです。 昆虫ファン人口は想像以上に多いのですね。

クワガタ1
オウゴンオニクワガタ

インドネシア ではジャワ島、カリマンタン島、スマトラ島に生息。
マレー半島にも生息している。

オウゴンオニクワガタと言う名前の通り金色。
体内の水分量で体色が変化し、湿度が上がったり、エサを食べることで、黒っぽく変色する。
少し前までは、何に卵を産むのか、幼虫が何を食べるのか解明されておらず、大変飼育が難しかったようだ。

クワガタ2
ゼブラノコギリクワガタ

ミャンマー南東部、マレー半島、フィリピン、インドネシア では、ジャワ島、カリマンタン島、スマトラ島に生息。 名前の通り、ゼブラ模様が美しいクワガタ。

比較的飼育も簡単で、繁殖させるのも容易らしい。

クワガタ3
マンディブラリスフタマクワガタ

インドネシア以外、どこに生息しているのかが分からない。
タオルとかカードとかフィギュァ商品になっているのを見る限りでは、日本でも人気があるクワガタなのだろう。 威風堂々としか感じが格好いい。

クワガタ4
メタリフェルホソアカクワガタ

スラウェシ島、ペレン島、バチャン島、サンギール島、バンガイ島に生息。
アゴが長いのが特徴。 金属っぽい光沢を帯びた体色なので、メタリフェルという名が付いた。

流通量も多く、日本でも大人気。
飼育も難しくないようだ。

クワガタ5
ラティペニスツヤクワガタ

資料が全く見つからない。 まあ インドネシア昆虫センター からの写真なので、インドネシアに生息していることは確実なのだが(笑)。


お待たせしました、と何故か<お待たせ>が付く、インドネシア が世界に誇るカブトムシの登場です。

カブト
コーカサスオオカブト

インドネシア ではジャワ島、スマトラ島、他国ではマレー半島、インドシナ半島に生息。
亜高山帯-高山帯に生息。

オスは60-130ミリになり、アジア最大のカブトムシ。 小型個体が日本のカブトムシ並み。
3本の長い角が特徴。

闘争心は旺盛で、大食漢、エサ切れ注意(笑)。
様々なWebを見たが、どこでも力の強さが強調されていた。
昆虫界のスタンハンセンみたいな存在か(古)。

カブト2
実は大分以前に隣人が、昆虫大好き人間で コーカサスオオカブト を飼育していた。
これはその時の写真。

カブト3
飼育箱、蓋がない!?

そう、この人部屋の中で放し飼いにしていたのだ。
エサをおいておくとそちらにくるので放置。
日本に一時帰国する際に、3匹の コーカサスオオカブト をハンドキャリー。 内1匹はバッグの中で圧死。 内1匹は東京の暑さにやられたようで、日本で死亡。 最後の1匹はその人と無事 インドネシア に帰ってきた。

世の中は昆虫同様、色んな種類の人がいるもんだ。

インドネシアの昆虫、楽しんで頂けましたでしょうか。

写真提供は、インドネシア昆虫センターの吉川さんです。
http://www48.tok2.com/home/iinsectc/

インドネシア の昆虫関連のご相談は、上記Webより行えます。


FC2の不具合でここ数日ブログランキングに表示されていない。
FC2のアジアランキング、119位って、登録は110ブログなのに(笑)。

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

虫好き集合! インドネシア昆虫センター
昆虫好きは見逃すな!! 昆虫好きな子供さんをお持ちのご家庭、準備は宜しいですか(笑)?
前日の予告通りに、 インドネシア昆虫センター を紹介したい。
私とほぼ同年齢の吉川さんが代表を勤めている。

現在日本で輸入卸をされている会社から引き合いがあり、 インドネシア昆虫センター へ話を振らせてもらっている。 これからサンプル作製、出荷、日本でのマーケティング、数量まとめ、なんていうプロセスを踏んでいくのだが、卸先が非常に個性ある市場で、昨年も新規商材を上手く販売した実績のある会社なので、正式に受注となれば良いなあと思っている。

私も幼少の頃は、昆虫大好き人間だったので、 インドネシア昆虫センター の活動は興味津々。 好奇心で行動することの多い大人気ない私は、代表の吉川さんに「ブログで紹介したいから、写真と最近の活動を教えてくれませんか?」と話を持ちかけたら、あっさりと承諾してくれた。 感謝。

最近の インドネシア昆虫センター と吉川さんの活動状況は、下記のようだ。

1. ボゴール、スカブミ、バンドゥンでの昆虫採集ツアーの実施。
2. 昆虫アクリル標本、キーホルダーの作製、販売。
3. 額入り昆虫標本の作製、販売。
4. インドネシアの珍しい昆虫標本の販売
5. 山にこもり、昆虫採集。
6. 現在、世界最大のカブトムシ、ヘラクレスオオカブトのギネスサイズの精密、リアルフィギュアを製
作中。完成後、限定50個のみを販売予定(日本向け、40個、インドネシア向け10個)。

昆虫採集ツアーは、現地邦人向け新聞、じゃかるた新聞でも報道されたことがある。
機会があったら、私も是非とも参加してみたい。 無邪気であった純真な幼年期の心を取り戻すのだ(笑)。

ヘラクレスオオカブトのギネスサイズのリアルフィギュア。 フィギュア収集の趣味はないが、完成したら是非とも見てみたいものです。

販売アイテムの一つ、昆虫のアクリル加工の標本は、我々が想像するより、手間と時間を要する。
今回の写真は、インドネシア昆虫センターより頂いた<昆虫がアクリル標本になるまで>の過程が見て取れる楽しいものです。

ムシ工場1
工場、ワークショップ。

ムシ工場2
採集され標本状態の昆虫達。

展脚中の昆虫。 <展脚>なんて言葉も知らなかったが、なるほどこうしてアシの形を整え、見栄えを良くするようだ。 さすがプロの仕事です。

ムシ工場3
標本は額入り木箱に入れての販売が、過去におけるスタンダードだったが、インドネシア昆虫センターでは、アクリル加工を施している。

アクリル加工の利点は、
空気に触れることがないので、バクテリア等に侵食され、昆虫の形が崩れることがない。
匂いがしない
長持ちする
というポイントです。

ムシ工場4
このアクリル液を少しずつ流し込む作業、根気と時間を要します。

気泡が入らない様にすることと、昆虫の形が崩れないようにするのが、ポイントです。

実は同様のローカルメーカーが存在するのですが、私の今回の引き合い先は<世界で品質に一番煩い日本向け>。 気泡や昆虫のアシが取れている等が心配で、インドネシア昆虫センター にサンプル作製から依頼しました。
「僅かな金額の差で、不良率を無くせるなら、少し位値段が高い方でも構わないのでは」という説明に、今回のお取引先は理解してくれました。

ムシ工場5
アクリル加工作業終了後の研磨作業。

磨くことによって、アクリルの透明度を高めます。

ムシ工場6
昆虫採集から最終工程まで、全てが手作業。 
職人技に弱い私は、ただひたすら感心です。

ムシ工場7
キーホルダー用の穴あけ作業。

ムシ工場8
完成品。

インドネシア昆虫センターのWebは下記になります。
http://www48.tok2.com/home/iinsectc/

また ジャカルタ では、下記の住所で販売しています。

Papaya Fresh Gallery , 2F
Jl.Melawai Raya No.28,Kebayoran Baru,Jaka

パパイヤブロックM店の階段を上がり、メガネ屋さんとパンダトラベルさんの間になります。 子供さんやインドネシアのおみあげとして如何でしょうか!

輸出におけるシッパーが必要な場合は、インドネシア情報局 にご相談頂いても構いません(笑)。

苦労も多いとは思いますが、<自分の好きなことを仕事にしている人>の存在は、人々を元気付けます。 日本以外にもバイヤーを探そうっと。

明日はお待ちかね、インドネシアのカブトムシ、クワガタを、こちらも インドネシア昆虫センター から頂いた写真で紹介致します。


面白かった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。