インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具の生産地 ジェパラの斜陽
インドネシアはマホガニー、チーク材を使用した家具が有名である。
そんな家具の生産地にジェパラという場所があるのだが、今、ジェパラの斜陽は目も当てられないぐらいに酷い状況だ。

数年前の日本を含めた世界中のハンドメイド家具ブーム。
いまだに日本でも販売している会社はあるが、一時と比較しても、店舗およびネットショップも激減したように思う。

世界3大銘木に謳われるマホガニー、チーク材を使用したハンドメイド家具は、味があり、インドネシアでは比較的安く買い付けも出来たので、世界中のバイヤーで湧いた時期もあった。

ジェパラもそのような場所で、スマランから車を走らせること約1時間半。
先月仕事でそのジェパラを約6年ぶりに訪れる機会に恵まれたのだが、かなりのメーカーが倒産、清算したらしく、インドネシア家具産地の面影はいまだに十分に残しているものの、ジェパラの街の斜陽具合は本当に酷いものだった。
過去に私が毎月訪問していた当時、必ずストリートで出会うことがあった外国人バイヤーは一人も見かけず、街も活気を失い、悲惨な状況に感じ取れた。

ジェパラ 1

家具や雑貨の買い付けだとバリ島へ行かれる会社が多いが、過去には家具の買い付けの街としてジェパラもバリ島同様に本当に活気溢れる街だった。
その理由の一つとして、小ロットからの注文が可能という点だった。
また価格交渉が比較的にスムーズに行えるという点も、あちこちの店から買い付ける西洋人や日本人には便利であったのだ。

ジェパラ 2

ジェパラのメーカー、家具産地としての構造もついでに説明しておこう。
基本的に店舗やショールームを所有している会社は、最終工程のフィニッシング工場である場合が多い。
その裏には、組み立て工場があり、更にその先には木材の乾燥工場があると言った構造になっている。 この分業構造がハンドメイド家具ブームの時に街全体に雇用と活気を生み出したとも言える。

ジェパラの斜陽は世界的なブームが過ぎたことが原因ではない。
それでは何故落ちぶれていったか?

もちろんブーム後の影響もあったのだが、リーマンショックで各国からの注文が更に激減、ここ数年間で30-50%の会社やメーカーが閉じたと言われている。
実はそれだけが理由ではない。
私が考えるに「品質」が悪くて、世界各国から呆れられたのだ。
日本よりも品質基準の緩い米国やヨーロッパの国々も、ここの品質ではリスクが高すぎると判断されたのだと思う。

私もこの街にお客さんと毎月訪れ仕事をしていた当初、ほとんどの会社をサーベイした。
使用できそうなメーカーは2社しか発見出来なかった。

ジェパラ 3

品質改善が出来なかったのは、分業生産が原因にもなった。
小さな会社でも社長は社長であり、自ら現場を視察して、改善に努めることがなかった怠慢とも言える。 余程マインドが高く、メーカーとしての誇りを持とうという会社とオーナー以外は、そんなことを行わない。 注文の時だけヘイコラしている社長がほとんどなのだ。
事実、私が使用していた1社は、華僑がオーナーで、この街の分業生産に入り込み難い部分もあったのか、全工程を自社で行っていたので、管理も行き届いていた。 結果、日本向けにも耐えうる品質を持っていた。

ジェパラの街、メインストリートから奥まった場所には、乾燥工場、組立工場が至るところで見受けられるのだが、本当にローカル式で、近代設備を入れているメーカーは少ない。 メーカーというよりも家内工場に毛が生えたような小さなものがほとんど。
木材を乾燥させても、モイスチャー検査器も所有していないケースも多く、ジェパラの家具は「虫喰い」「購入時に問題がなくても、輸入後、虫が発生」「カビが出る」などを繰り返した。

当時、スマランのバアで知り合ったヨーロッパのバイヤーと話をしても「どうにかならないのか?」などと嘆いている人もいた。

そして不良が出た際の保証の問題。
通常は次回のオーダー時に清算するというケースが多いと思うが、ほとんど不良になった場合、全ての保証は無理である。
不良の程度によっては、輸入した会社が直せる時もあるのだが、手間とコストが馬鹿にならないので、リスクが利益を食いつぶすようになったら、そのビジネスは終了する。

ジェパラ 4
ほぼ倒産して貸し出されている家具の組み立て工場。

家具産地のジェパラの斜陽。
現地の人々もそれなりに駄目になった理由に気付きつつも、おそらく大幅に改善されることはないだろうから、街に活気が戻るのはいつのことになるのやら。


この文を読んでジェパラを目指すバイヤーさんがいたら、結果を是非しりたいものです(笑)。 私が久しぶりにジェパラを訪れたのは、家具とは関係ありません。

また不景気が原因してか、個人で事業を考える人が増えています。
そんな方達には失敗していただきたくないので、何故ハンドメイド家具のネットを含めたショップが駄目になったのか、次回綴ろうと思います。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


スポンサーサイト

テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

在庫家具 格安セール インドネシア駐在員の方限定!
日経平均はここ数日落ち着き、値を上げている。
昨日は年金を使用していると言われているPKOで更に上昇(笑)。

ニューヨークのダウも乱降下が止まり、市場はやや落ち着きを見せているようですが、世界中リストラや倒産の嵐が吹き荒れています。 これから実体経済に影響すると思われますが、本日はアメリカの大統領選の投票もあり、ご祝儀相場が織り込まれているのでしょうか…。
11月後半や12月は再び注意が必要な気がしています。

私の方は、商品さえあれば即数百トンレベルで購入する先が決まっている商材を製造しているメーカーからのオファーを待っている状態です。
日本人ビジネスパートナーがメインで進めてきた案件ですが、日本向け商材ではありません。
インドネシアの商材でもありません。

私のビジネスパートナーは、インドネシア人なら知る人ぞ知る会社にも協力を仰ぎ、この半年間ヨーロッパ中で探しましたが、商品がない! 製造メーカーはあってもスペックが合わない!

それが私が探してきたメーカーに私のコネクションを通しコンタクトさせたら、スペック・クリアーの商品が出てきました。 どの位の量で、どの位の価格でオファーが出るのか待ちの状態ですが、これまでも土壇場で駄目になるケースも多く経験してきたせいか、ドキドキ感が最早ありません。
大きな案件は中に入り関連している全ての会社うち、たった1社の歯車が合わなくなるだけで、ビジネスとして成立しなくなることが往々にしてあるのです。
結果がどっちに転ぼうと、結果がどうなるかのワクワク感はあるのですが(笑)。

さて話がとびました(笑)。

最初に倒産なんて縁起の悪い言葉を記載しましたが、最早存在しない私の取引先が置き去りにしていった商品を先方了承の元、特価にてセールします。

格安 特価商品はこちら↓です。

マホガニーTVボード1

使用木材 マホガニー材
サイズ   140x40x47

芸人 「おおっ、これはマホガニー材使用のTVボードですね」

司会 「そうなんです。 インドネシアが世界に誇るマホガニー材使用のハンドメイド家具です。 熟練職人が一つ一つ丁寧に作り上げた商品です」

芸人 「ハンドメイド特有の温かみが何ともいえませんねえ! マホガニーと言えば世界3大銘木にもあげられ、ヨーロッパでは高級品ですよね? 私には無理かなあ…」

司会 「そんなことは全くございません。 この商品は円高の今こそお勧めです!」

芸人 「一体おいくら何ですか?」

司会 「定価はRp.1,628,000です」

芸人 「決して高い価格ではないですね!」

司会 「いやいや、今回は特別に格安ディスカウント価格を用意しました。 Rp.1,628,000 → Rp.1,250,000でご提供します!!」



マホガニーTVボード2

芸人 「中古品でもないのに25%近くのディスカウントプライスですか?」

司会 「もちろん。 しかし驚くのはまだ早いです。 何とジャカルタエリアなら、たったのプラスRp.100,000で配送サービスをお付けします!!」

芸人 「え~、配送をどうするか考えなくちゃと思ってたんだけど、それならお得ですね」

司会 「ちなみに日本で販売していた価格は5万円以上です」

芸人 「今購入しないと損ですね!!」


本当にジャカルタ在住の方には、下記価格で販売します。

Rp.1,250,000.- ジャカルタ内配送量+Rp.100,000
限定5台のみ。
価格交渉には応じられません


もし当ブログをご覧になりご興味もたれた方は、メールフォームで連絡頂ければ、こちらから連絡差し上げます。

本日はテレビ通販風に迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

アメリカ大統領選よりは面白いと思われた方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

インドネシアのマホガニー家具
少し忘れるとあっという間に時が過ぎるので、予告していた インドネシア のマホガニー家具を紹介したい。

マホガニーの植物学上の名前は「Swietenia spp」「Swietenia Mahagoni Jacq」「Swietenia Macrophylla」と名称されています。

材質としては非常にスムースできめ細かい肌合いがマホガニー材の特徴です。
商品となった家具としての見栄えはともかく、木材の性質的には、強度が強く、長持ちするチークは男性的で、マホガニーが女性的と思えば良いでしょうか。

インドネシア での価格だと、耐久性のあるチーク材の方がマホガニー材よりも若干高価な商品になります。 マホガニーも家具用、フローリング材などで相当数が伐採され使用されるので、毎年10%位で値上がりしています。

マホガニー2
この家具だと、マホガニー材の特徴が比較的分かりやすいと思います。

マホガニー1
ジャワ島内に多く、オランダ統治時代に植林されていました。 インドネシア のマホガニーは、もともとはヨーロッパから運ばれてきたものです。

マホガニー3
古くからそして現在までも、アンティークな風合いの家具を作製するのに使用されています。

日本では、数年前のハンドメイド家具ブーム時に、品質のあまり良くないマホガニー家具が安価で販売され過ぎた為、良くないイメージを持っている人も多いかもしれませんが、品質のしっかりした家具は、ヨーロッパ、アメリカでは高級品として扱われています。

マホガニー4
マホガニーは、「明るい色」「長持ちする商品」「商品化の際に簡単に彫刻を刻める」ことが魅力的なポイントとなっています。

チーク材は硬質な為、私自身もほとんど経験ありませんが、インドネシアのマホガニー材は乾燥工程が甘いと、虫が出ます。
日本にはこの手の家具が相当数入っており、失敗した輸入会社もそこそこ多かったかと思います。 実際、馬鹿売れしていた直輸入の小売店も、この手の粗悪商品が多かったと思います。 安いからお客さんからクレームが付かなかっただけかな? 何故知っているかというと、虫問題が改善出来ないメーカー社長を知っており、どこの会社に輸出しているか知ってたから(笑)。 メーカー社長と懇意にしていても、私はそこの商品は怖くて扱えなかった。

インドネシア は乱伐が原因で、現在原木の輸出も法律上、禁止になっていますが、元々は木材も輸出品の中では主力商品の一つでした。 チーク、マホガニー、その他の木材を使用した素晴らしい技術を持った家具メーカーもいまだに多く存在しています。

ここまでで、< インドネシア の マホガニー家具 >は終了なのですが、フィリピンでは早くも金融危機が一つの原因でデモが発生しました。

ニューヨークのダウは値下がりでスタートしているようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
絢爛豪華「下着の乱舞」 賃金増求めたデモでブラ投げる

 10月15日、下着メーカーの従業員らがブラジャーなどを空に向けて投げる光景がマニラで見られた。
 世界最大の下着メーカー、トリンプ・インターナショナルのフィリピン人従業員らがブラジャーなどを空に向けて投げる光景が、マニラの金融街マカティで見られた。

 これは世界的な金融危機の中、賃金や手当ての増額を要求する抗議活動の一環。

 従業員らは、抗議文を書いた手書きのプラカードに下着を吊るすデモ行進なども行った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マニラ 15日 ロイター  産経ニュース抜粋

果たしてデモを行った彼女達は、身に着けているブラジャーを外し、空に放り投げたのか、それとも単に手に持っていたブラを空に放り投げたのかの記載がない! 謎は深まるばかりだが、このブログは インドネシア情報局 でフィリピン情報局ではないので、真相追求が出来ない。
そんなことはどうでもいいか(笑)。

新興国、どこもこんな微笑ましくも笑えるデモのレベルで済めば良いのですが...。 世界の金融危機は、更なる津波を何回迎えることになるやら。


ご参考になった方、

  にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

上記を ↑        ↑         ↑ 
ポチッ、ポチッ、ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。