インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックバンド SLANK スランクが反原発ソング
インドネシアは2016年に原発の着工を目指している。
ジャワ島では原発建設反対デモが発生したため、日本同様の地方、インドネシアでは島であるバンカ島が建設予定地である。
このことからもインドネシアは原発の危険性には気が付いていることが伺える。
何故推進しようとする人がいるかと言えば、日本と同様にお金と利権だろう。

最近、人気ロックバンドのSLANK スランクが反原発ソングを新アルバムに収めた発表した。

原発は稼働してしまうと稼働を止めても冷却し続け、廃炉まで考慮に入れると、莫大な予算がかかり、とても採算が合う設備ではないという話も存在する。
インドネシアの様な発展を続ける国々は電力問題を抱えている国がほとんどなのだが、それでも原発は建設し、稼働させてしまった時点で、大きな、それもその国や地域だけでなく、世界の負の遺産になる。

現時点で若者に影響のあるロックバンド、SLANK スランクが反原発ソングを発表したことは、今後国民にも新たな危機意識を持たせるという点では非常に意味があり勇気のある行動だ。

SLANK スランク 1

インドネシアの多くの人々は、日本で反原発大規模デモが起きていることを知らない。
マスコミも抑えている世界に拡がる「原子力ムラの輪」の力が相当大きいのだろう。
私は普段ほとんどログインしていないが、FacebookなどでUstreamの映像を拡散するのも面白そうである。

天才ニコラス・テスラが発明した交流電流技術と無線送電システム。
天才ゆえの悲劇と言ってしまえばそれまでだが、全ての世界の人々を幸せにする技術は、為政者や権力者によって完膚なきまで叩き潰されるという歴史を人類は繰り返してきている。 中には消されたと思われる科学者も存在する。

いまだにニコラス・テスラの意志を継ぐような科学者も少なくないのだが、しかし彼らの画期的な技術は世の中で報道されることもなく、日の目を見ることもほとんどないが、世界の至る所で団体となり、結束力を強めている。

ニコラス・テスラ

ニコラス・テスラの技術が本物であったことは証明可能であり、応用実用化したものも存在している。
彼の死後、莫大なる彼の開発資料を米軍とFBIが没収していることからも、彼の技術が本物であったことを窺い知り事が出来る。

実は類似した方法で「大麻」も押しやられている。
私は大麻を吸えとは言っていない。
大麻は現在の人類の生活を幸せな方向に一変させ、既得権益を持ち権力を振るう者達を脅かせる存在の一つなのだ。
それ故に大麻吸引の負の部分だけに人の気を向けたというのが現実である。 そのことにまだ気が付いていない人が多いというのは、それだけ人々への洗脳が成功しているということである。 もちろん教育とマスコミを通して。
日本では神事に必要なものの一つが「麻」なのに。

私がニコラス・テスラを知ったのはかなり前。
彼の技術は地震さえも人工的に発生させたという説が妙に気になったのがきっかけであった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インドネシア:人気バンドが「反原発」

 原発建設計画が浮上しているインドネシアで、人気ロックバンドが「原発反対」の曲を発表し、話題を集めている。リーダーのビンビンさん(46)は「福島の原発事故に触発された」とし、歌詞で自然エネルギーの活用を呼びかけている。

 ロックバンド「SLANK」(スランク)の最新アルバムに収められた「ANTI NUKLIRA」(反原子力)は、軽快なリズムに乗って「俺たちは反原子力」、「原子力はいらない」と訴え、「環境に優しいエネルギーを探そう」と語りかける。

 スランクは年間ベストセラーを何度も獲得した同国を代表するロックバンド。20代の若者を中心に熱狂的なファンが多く、日本でもコンサートを行っている。ビンビンさんは「インドネシア政府に、代替エネルギーがあることを訴え、次の世代を守りたい」と話す。

 インドネシアは予測される電力危機の打開策として原発建設を計画。スマトラ島東部沖のバンカブリトゥン州が候補地に挙がっている。福島第1原発事故後、政府内で慎重意見が強まったが、今年4月にハッタ経済担当調整相が「16年着工を目指したい」と語るなど、推進派が巻き返しを図っている。 【ジャカルタ佐藤賢二郎】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年7月25日 毎日新聞

インドネシアが原発建設を始めるまで少しだけ猶予がある。

それに関して私はあまり懸念していない。
もちろん原発=電力問題解消だけではなく、原発=核兵器という2つの在り方を見なければならないので、世界が荒廃する中、後者の理論でゴリ押ししようとする人も出てくることを否定することは出来ない。

しかしながら、ここ数年の間に、日本も天の声が聞こえていないので、日本の可能性も残されているが、世界の原発で他にもいかれるところが出てくる可能性が高い。
そして世界中の天変地異が酷すぎて、戦争どころでなくなる可能性も近未来には存在しているかもしれない。
「いつ発生してもおかしくない」イラクとイスラエルが戦争を起こさないのも、そんな背景が隠れているのだろう。
NASAやESAとロシアは宇宙観測からそのことを良く分かっている筈。
世界の最悪の有様を見て、インドネシアにおける原発建設はおそらく実行されないだろうと現時点では思っている。

SLANK スランク 2

ロックバンド「SLANK」(スランク)の反原発ソング。
為政者たちや御用学者よりロッカーの方が、人間としてはるかにまともな精神を有している一つの証明ですね。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


スポンサーサイト

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

代々木公園の「さよなら原発集会」に17万人
昨日16日、猛暑の中、代々木公園で脱原発運動の最大規模のデモが行われた。

主催者の発表では17万人が集結。
警察当局の発表では約75,000人が参加。
当局が正式な数を発表したくないのは馬鹿でも理解するが、いくら小さく発表したくても10万人近くの誤差はまずいでしょう。

さすがにマスコミも17万のデモと綴っているところがほとんどの様だ。
デモがNHKの隣で行われたというのも非常に効果的なデモであり、USTREAMで山本太郎氏が言及していたように、どの程度、放送したかでも国民が信用すべきメディアなのかを問われることになる。 今後、増々風当たりが強くなることは否定できない。

日本の未来とそこに誕生し生活する生命を真剣に考える若者達も増え動き始めている。

日本は世界の雛形でもある国だと思っているので、ここで日本が変わらないと世界の未来も見えなくなるような気もするのだが、中は原発問題、外は経済・金融問題、そして世界中、天変地異という、最終的に地球と太陽の有様が多くの人々の心を改心させる方向に持っていくのかもしれない。
このまま進むと、世界のどこかの原発(日本の可能性もある)が電源喪失で、福島同様の惨事を起こす可能性は非常に高いと考える。
世界の気候や天変地異の記事を見ていると、人類の行方は本当に瀬戸際の状態なのだが、間に合うのだろうかと思う時もなくはない。

16日は野田はいじめを受けていた大津市の中学2年男子生徒の自殺についてテレビで言及。

「尊い命が失われて誠に残念。本当に痛ましい事件だ」
いじめ問題の解決に向けてメッセージを発表し、「いじめている子、いじめられている子がいると分かったなら、見て見ぬふりをしないこと。これが一番大事なことです」と訴えたそうだ。

また、いじめを受けている子どもには、「あなたは1人ではありません。あなたを守ろうという人は必ずいます。それを信じてお父さん、お母さん、先生、友だち、誰でもよいから相談してください」と呼び掛けたそうな。

見て見ぬふりをしないこと。
そんなセリフがよく出るものだ。

野田 竜平
例え僅かな人々でも笑いで人を救う竜ちゃんの方がマシ?

「いじめている子、いじめられている子がいると分かったなら、見て見ぬふりをしないこと。これが一番大事なことです。 ただし、我々は電力会社をいじめている子がいると分かったら、容赦しないか無視します。 被災地及び福島と日本国民の惨状は見て見ぬふりをしていますが、それは大きな利権が絡んでいるので、イジメの問題とは全く次元が異なります。」

また、反原発のデモを行う人々には、「原発は一基ではありません。原発を守ろうという人は必ずいます。それを信じて政府、原子力安全・保安院、御用学者、誰でもよいから相談し、目先は安心しておいてください」と呼び掛けた ってこんな感じかな。

発言を目にした時、そういう風にとれてしまった。

インドネシアの位置を見ると、この資料、大丈夫かよ?と懐疑的にもなるのだが、「政府の信頼度と国をリードする政治家の能力の相関」図です。

政府の信頼度と国をリードする政治家の能力の相関
クリックで拡大可能

インドネシアはともかく、日本のポジション。
日本に関しては、間違いはないようです。

特筆すべき点として、公務員天国で国が潰れたギリシャに近い日本のポジションはもう笑うしかありません。

で、国が見落しの疑いがあるニュースです。
北陸電力志賀原子力発電所1号機(石川県)の原子炉建屋直下に活断層がある可能性が、経済産業省原子力安全・保安院の調査で分かったそうです。

原発は稼働を停めても冷却し続けないとどうにもならないので、稼働を停めるだけでは意味はなく(デモが無駄と言う意味ではないので誤解なきように)、お金を食い続ける。 またかなりの危険と技術を必要とする廃炉にする計算をすると、元々原発は負の遺産でしかなかったのだろう。

心ある国民 VS 政府(政治家と官僚)、財界、御用学者、マスコミ
もちろん国民サイドにいない人でも、心ある人々は多い筈だが、そこは経済による縛りと支配で、生活=家族を人質にされている人も多く、国民サイドもそれは然り。
やはり自然=天が国民サイドに味方する最終兵器の役割になるのか、だとしたら悲劇がまだ人類を襲いそうだなと、最近は頭を掠めることもしばしばである。

私の妄想はさておいても、天の声、地球の慟哭が次々に発せられているのに、聞こえない人、まだまだ多そうだよなあ。 特に政府と役人に。

学びの場を教室からだけではなく自然からも学ぶ教育に戻せば、現在世界が抱えているかなりの問題が解決すると思われもするのだが、もう時間がかなり厳しいかな。 そうも悲観していられないので、気が付いた人から少しでも改心、改善していくしかないのだろう。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:海外にて日本を考える - ジャンル:海外情報

紫陽花革命 ライブ映像
NHKは午後6時のニュースで、原発再稼働反対デモには触れなかったようだ。

17時頃からかなりの人が集まり始め、また関電支社前にも人が集まり始めている模様。

「山本太郎の姉 大麻所持で逮捕」と報道されているが、狙ってきたね。
自分達の間違いは嘘で隠そうとするのに、こういうせこせこしたやり方をするから、人心が増々離れる時代になっているということを日本政府は全く理解していない。

TVやマスコミも今回は無視できないと思うが、ライブ映像が観られるので、そちらで確認することをお勧めいたします。

OurPlanet-TV

上記で閲覧できない時のUstream

岩上安見氏のところの地上中継

クリックして頂ければサイトに飛びます。


OurPlanet-TVは上空から疑似生映像。

広瀬隆さんの呼びかけによって、6月29日(金)夕方〜夜にかけて行われる官邸前での再稼働撤回アクションを空から中継します。航空法の関係で、疑似生となります。配信時間は19時頃からとなる見込みです。
 
◎1回目の飛行
リポート:山本太郎さん(俳優)
新木場ヘリポート離陸  18時
官邸上空到着      18時10分頃
官邸上空から新木場へ  18時30分頃
新木場へリポート    18時40分頃
 
◎2回目の飛行
リポート・スチル写真撮影:野田雅也さん(フォトジャーナリスト)
新木場へリポート離陸  19時
官邸上空到着      19時10分頃
官邸上空から佐倉へ   19時40分頃
佐倉へリポート     20時頃
 
ライブ配信について
◎1回目配信:19時頃~19時40分
リポート:山本太郎(俳優)
配信:OurPlanetTV/IWJ
 
◎2回目配信:21時頃&~21時40分頃
リポート:野田雅也(フォトジャーナリスト)
配信:IWJ 


プロデュース:綿井健陽(ビデオジャーナリスト)
配信技術:古田晃司(IWJ)・高木祥衣・小川直也(OurPlanetTV )
リポーター:山本太郎(俳優)・野田雅也(フォトジャーナリスト)
企画プロデュース:広瀬隆(作家)
提供:大飯原発の再稼働撤回を求める多くの市民の皆さん
 
◎官邸上空ヘリ空撮プロジェクトの寄付先
城南信用金庫 営業部本店(店番号:001)
普通預金口座──822069
タダシイホウドウヘリノカイ
名義──正しい報道ヘリの会



自身の目で確認することが大事な時代ですね。


追記 2012年18時20分 インドネシア・ジャカルタタイム

映像を見ている限り、特に混乱もなかったようですね。

デモに参加された方々、ご苦労様でした。
お気をつけてお帰り下さい!

またライブ映像を発信して頂きました関係者全ての方々に、心より御礼申し上げます。




テーマ:海外にて日本を考える - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。