インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の光は米海兵隊の照明弾
沖縄の那覇市で目撃された謎の光は、UFOではなく、在沖米海兵隊の所属機が発射した照明弾だったそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
謎の光は在沖米海兵隊の照明弾 航空機から発射

 23日午後9時ごろ、那覇市の西の上空で目撃された複数の光について、在沖米海兵隊報道部は28日、所属機が発射した照明弾だとの見方を示した。

 本紙撮影の動画を確認した上で、「第3海兵遠征軍が那覇市の南西の射爆撃場で、航空機からの照明弾発射を伴う訓練をしていた」と認めた。

 那覇市の西には出砂島、鳥島、久米島の3射爆撃場があるが、場所は明らかにしなかった。発射した機種も回答していない。

 「謎の光」は、複数の目撃証言が本紙に寄せられた。専門家が天文現象の可能性を否定、航空自衛隊や米空軍も訓練していないと回答していた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年1月29日 沖縄タイムス

軍に関しては機密事項が多い。
しかしながら、映像を見れば見るほど不思議な照明弾で、驚くほど長い時間、上空に滞空出来ている。 米軍としては可能であれば、機密にしておきたかったのだろうか…。
だとしたら、人に気付かれない場所で演習すれば良かった筈である。
沖縄は基地問題がある。
その辺や日中情勢にも関係している演習=意図した演出だったのかもしれない。

第二次世界大戦後、本来ならば完全否定すべきナチスドイツをまるまる受け継いだ米国政府と軍産複合体。 その実態は映画の世界を超えている…?

経済問題では新興国に激震が走っている最中だが、米国も今年は再び経済問題で世界を騒がす気配が濃厚です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


スポンサーサイト

テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

沖縄 那覇の夜空にUFO?
沖縄、那覇の夜空に謎の光が出現。
目撃者多く、専門家は「天文現象と考えられない」と話していることからもUFO(未確認飛行物体)の可能性も考えられている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数

 23日午後9時ごろ、那覇市上空で約10個のオレンジ色の光が漂っていたという、複数の目撃情報が本紙に寄せられた。専門家は「天文現象とは考えられない」と話している。目撃者によると、那覇市通堂町の那覇港上空付近に複数の光が現れ、上下左右に移動を繰り返し、約15分後、全て消えたという。

 石垣島天文台の宮地竹史所長は、動画で確認し「隕石(いんせき)が大気中に入り燃えながら落ちるときは地上から光が見えることがあるが、その場合は、ものすごい速さで飛ぶ。今回のように長時間ほぼ同じ場所に光がとどまるのは、天文現象ではないと思う」と話した。

 浦添市西原から目撃した新垣覚さん(45)は「とても明るい光で、びっくりした。曲線を描きながら動いていたので、飛行機ではないと思う」。那覇市識名から目撃した竹尾慎太郎君(12)は「10個ぐらいの光が動いて、集まったり消えたりしていた」と話した。

 航空自衛隊によると、謎の光についての報告や目撃情報はない。同日は午後7時20分までにすべての訓練を終え「その時間に自衛隊機は飛んでいない」という。(画像は一部加工しています)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年1月25日 沖縄タイムス





世界中で気象撹乱が発生し、洪水、寒波情報の大パレード。
地震、火山活動の活発化、竜巻など、多くの天変地異を多くの人が認識し始めているが、それに呼応するように謎の現象も世界で増加している。

いよいよUFOも見れる確率が非常に高まっているような気がし、時折、空を眺めれど、まだ見ぬUFOよ、君はどこに…。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

夜半にかけて更に注意 雪と強風
東京生まれの東京育ちだったため、子供の頃は雪になると嬉しさを抑えきれなかったが、大人になると迷惑なものに変わってしまうのが雪である。 またそれは都会で生まれ育ったせいであり、雪国の人々の苦労を考えると、同じ年齢の人でも雪に対する考え方や思いは全くことなるのだろう。

関東では12年ぶりの大雪である。
夜半にかけては雪だけでなく強風の注意が呼びかけられているので、ご注意下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
夜にかけてさらに雪増える見込み

急速に発達している低気圧の影響で、東日本や東北の太平洋側などで雪が降り、東京の都心や横浜市など、関東の平野部でも雪が積もっています。
14日夜にかけて積雪はさらに増える見込みで、気象庁は、雪や凍結による交通への影響、転倒などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、本州の南の海上を低気圧が急速に発達しながら東へ進んでいるため、関東甲信や東北の太平洋側などの広い範囲で雪が降り、沿岸部では風が強まっています。

午後2時の積雪は、山梨県の富士河口湖町で34センチ、横浜市で13センチ、福島市と埼玉県秩父市で12センチ、仙台市で11センチ、東京の都心で7センチ、千葉市で5センチなどとなっています。

横浜市の積雪が12センチ以上になったのは、12年前の平成13年1月以来です。
低気圧はこのあとさらに発達しながら関東の南岸を通過するため、これから15日の未明にかけて東日本と東北の太平洋側を中心に非常に強い風が吹く見込みです。

最大風速は20メートルから30メートル、最大瞬間風速は30メートルから45メートルに達すると予想され、海は大しけになる見込みです。

14日夜にかけて東日本の内陸や東北の太平洋側を中心に湿った雪が降り続き、積雪はさらに増える見込みです。
気象庁は強風、高波、雪や凍結による交通への影響、転倒などに十分注意するよう呼びかけています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年1月14日 NHK NEWS

最近、仕事で人に会わない時でも最低5キロは歩くようにしていたのだが、走り込みをしていないせいもあり、身体がなまり気味だと感じていた。

調度いいタイミングで、雪が降ったので、本日は2度に渡り雪かき。
大学に通った日数よりも工事現場に入っていた日数の方がはるかに多いので、この手の仕事は得意です。

たまたま夜は鍋だし、こりゃ雪見酒だなと思い、TsutayaへDVDを返しにいくついでに、鶴齢の特別純米を買いに酒屋へ。 体も心地よく疲れ、これで明日からの仕事に備えられます。

夜半にかけて更に注意 雪と強風 3

Facebookは参加しているのだが、ほとんどログインしない。
知り合いを探すには調度いいが、知り合った後、何故いちいちコンタクトするのにFacebookに投稿するのか、意味がさっぱり理解出来ない。
ほとんど放置なのだが、インドネシアの仲間達に雪の写真を見せたく、久しぶりに投稿した。

夜半にかけて更に注意 雪と強風 1

Selamat Siang. Hari ini Salju sedang turun di Tokyo, Jepang.

夜半にかけて更に注意 雪と強風 2

Salju lumayan besar. Udah 10cm lebih. Salju kadang-kadang jatuh dari atas. Jadi waktu orang jalan2 harus Hati2.

雪が降ると思い出すのは、「白い想い出」という曲である。
高校時代、日本のバンドでは甲斐バンドのファンでライブもよく通い、甲斐よしひろのラジオ、サウンドストリートも聴いていた。 年末、「これで今年は最後です」という台詞後、ギターとボーカルのみで甲斐が歌ったのが、「白い想い出」だった。

その時のラジオをカセットに録音していたので、歌詞はしっかり覚えていたのだが、甲斐バンドの曲ではなく、誰の曲なのかとずっと疑問だったのだが、ネット時代は便利なもので、歌詞で探し出すことが出来た。
「白い想い出」はダークダックスという男性4人のボーカルグループが歌っていたようだ。
1951年に結成のようなので、私が知る由もない。



白い想い出 鮫島有美子


また雪で思い出すのは小学校の頃に観た高倉健主演の八甲田山。
その中で高倉健が率いる部隊が雪の中の行軍中に歌っていた曲がずっと記憶に残っていた。
今回このブログを綴るに当たり調べてみると「雪の進軍」という明治時代の軍歌だった。



ついでではないのだが、久しぶりに甲斐バンドを聴きたくなったので、2曲ほど添付。





ああ、雪合戦して~。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。