インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀の金融緩和 ジョージ・ソロスの発言
私は経済は生き物だと考えているので、インフレ率を設定し、完全にコントロールをし、目標を達成できるという経済学者の理論は理解出来ても、非常に懐疑的である。

ましてや現在の経済は実体経済が支配するより、いまだにマネーゲームは続いており、先物やヘッジファンド、デリバティブが相場を操縦しているともとれる。
彼らの思惑や実質的な動きが発生する中で、市場を人為的に操作できるというのは、むしろ難しいと考える。 もちろん対米と言う政策もあり、完全に日本を殺しにかかるとはまだ思えないが、日本政府と日銀の思惑通りにはならない未来が待ち受けている気がする。 欧州の金融不安も終了したわけではなく、戦争及び天変地異も発生する中で、人為で市場を操ろうとする政策はどこかでトドメを刺されるであろう。
もちろん日本が今回の様な政策をとらざるを得ない状況も理解しつつ…。

ジョージ・ソロスがCNBCのインタビューに答えている。
そしてソロスのインタビューはブルームバーグでかいつまんで紹介されている。
紙面に乗らず、私が印象深いと思えたポイントを簡単に紹介しておきます。

「日本は活性化され、人々は興奮している。 なぜなら過去25年間、日本は緩慢な死への道を辿ってきたからだ。 日本は今そこから覚めた。 面白いのは、欧州は日本を緩慢な死へ追いやったような政策を、今採用しようとしている点だ」

日銀、黒田総裁の采配について
「センセーションだ。 金融政策のタブーを打ち破っている。
黒田氏にあんなに勇気があり、アグレッシブな政策を打ち出してくるとは誰も思わなかった」

中国に関する見解
「中国は世界で最もダイナミックな国だが、成長のモデルを変更する必要がある。 現在彼らはそれをやっている。 中国が不動産バブルになっていることは誰もが知っており、冷やしてやる必要がある。 しかし政府はそのことを良く分かっているし方策もある。 よってクラッシュは起きないだろう」

ジョージ・ソロス。
喰えない男だが、時には真実をポロッと漏らす部分もあるので、相変わらず興味深い部分がある。
もちろん、彼の台詞を鵜呑みにしてはいけないことを知りつつ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ソロス氏:日銀の新刺激策、円相場の雪崩の引き金に-CNBC

4月5日(ブルームバーグ):著名投資家ジョージ・ソロス氏は日銀による金融緩和の拡大が円相場の「雪崩」の引き金になる恐れがあるとの見方を示した。

ソロス氏は5日CNBCのインタビューで、日銀の景気刺激策の拡大を「センセーション」だと述べ、「非常に大胆な取り組みだ」と論評。政策当局が円安や資本逃避に歯止めをかけられない公算があると述べ、25年間にわたり財政赤字が増加し、経済活性化に失敗した後にこうした新たな政策が採用されたと指摘した。

ソロス氏は香港でのインタビューで、「日本は25年間経済を前進させられずに赤字を積み上げるだけだったため、日本が行っていることは実際のところ非常に危険だ」と発言。「日本の人々が円安が持続しそうだと認識して海外に資金を移すことを望めば、円の下落は雪崩のようになる可能性がある」と話した。

同氏はまた、「彼らの行動で何かが始まれば、彼らはそれを止めることはできないかもしれない」と語った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年4月5日 ブルームバーグ

日本銀行。
55%の株を日本政府と財務省が保有。
残り45%うちの39%の株主の名前は公開されず不明。
株価も発表されているので、基本的には民間の銀行といっても良いだろう。

果たして日本政府の思惑だけで今回の様な大規模金融緩和となったのかは、民間人には知る由もない。

日米実質金利差で見た場合、日本のインフレ率2%を織り込んだ円・ドル相場は1ドル=105円程度と推計されている。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


スポンサーサイト

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

UFOがロシアの隕石から我々を救う?
真偽の程は分かりませんが、UFO SAVES US FROM RUSSIAN METEOR つま「UFOがロシアの隕石から我々を救う」という映像がYoutube上にアップされています。

映像を確認すると確かに不自然なものが映ってはいます。

UFOは天変地異の際や人類が起こすイベント、戦争や核実験などの際に映像に捉えられているケースも多い。
下記は2012年ロンドンオリンピックの際に捉えられた映像。
ただし専門家がどの様に解析したのかに関して私は知りません。



それでは下記がUFO SAVES US FROM RUSSIAN METEOR 「UFOがロシアの隕石から我々を救う」の映像です。
専門家の意見を、UFO云々ではなく、映像自体に手が加えられていないか、聞きたいものです。



AMAZING UFO SAVES US FROM RUSSIAN METEOR AND METEOR STORMS FEBRUARY 15TH 2013 (HD) MAKE VIRAL ALL!!

突然隕石後方に物体が現れて、隕石を貫通し、その後、落下するする隕石よりも早いスピードで飛び去るものが確かに映っています。 そのようなことは地球上の重量ではありえませんね。
その後、隕石は爆発。
この隕石が爆発せずに、そのまま地中へ衝突した場合の衝撃、被害は、今回の負傷者数では済まなかったことは既に発表されている通りです。

映像に手が加えられていなければ、誠に不思議な現象です。
まあ見えない世界を信じている変人の私はこんなこともあるだろうと素直に受け止めますが。



AMAZING UFO SAVES US FROM RUSSIAN METEOR AND METEOR STORM FEBRUARY 2013 (HD) MAKE VIRAL ALL! PART 2

最後のブルース・ウィルスの映画「アルマゲドン」の写真と「俺に電話をするのは止めてくれ」という台詞が、ギャグなのか、映像そのものを胡散臭いものにしているような気もしながら、ああいうギャグは嫌いでないです。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

北朝鮮で揺れ 核実験か?
北朝鮮で揺れが観測され核実験が行われたと騒ぎになっている。

USGSによるとM4.9(日本の報道ではM5.2と報道されている)

北朝鮮で揺れ 核実験か?

震源の深さは1キロ

観測結果からはこれが自然の地震ではなく、地下核実験による揺れであるということが濃厚なようだ。
震源は過去2回、核実験が行われたエリア付近。
また今回揺れたエリアは滅多に地震が発生しない地域。

国際政治の裏では諸々の思惑が働いた結果が今回の北朝鮮の地下核実験に繋がっているので、情報のないことへの言及は避けるが、この核実験による地下への影響を心配する人もいるだろう。

これが核実験なら、地球はさぞかし痛かったに違いない。

現在世界中で、地震の発生と火山活動が増加している。
個人的には今後朝鮮半島もいずれ揺れて来ると考えていたし、白頭山も活火山である以上、いつかは噴火するものと思っていたが、地下まで影響を及ぼしそうな揺れの発生。

完全に天災現象を早めることになったのではと懸念している。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。