インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実は映画より奇なり ミナミの帝王
ご覧になったことがなくても「ミナミの帝王」というVシネマのタイトル名ぐらいは聞いたことがあるだろう。
ミナミの帝王は風貌が見事に嵌っている竹内力主演の映画、Vシネマである。

ロケットニュースに、大阪・ミナミに『ミナミの帝王』は本当にいるのか!?なんて記事も残っているのだが、結果「ミナミの帝王」に該当しそうな人は見つからず記事を結んでいる

またWeb上「貴方の知らない日本」では、ミナミの帝王シリーズの主人公である「萬田銀次郎」のモデルとなったのが3度逮捕されている「和田忠浩氏」(2006年9月21日、競売入札妨害などの疑いで逮捕、歌手「和田アキ子」の叔父としても知られる)と綴られていたりもしている。

真実は映画より奇なり。
先日、仕事の打ち合わせ後の飲み会時に出た話のうちの一つなのだが、そんな話だった。

ミナミの帝王 1

「ミナミの帝王って映画あるでしょう? あれって結構実話がベースになっていてね、詳しい人なら何の事件が該当し、どこの会社、組、どんなことが発端でどんな意味があったか分かるんですよ。 観てなかったらみるのも悪くないですよ」

ロケットニュースが大阪ミナミで「ミナミの帝王」を探しても不発するのは当然で、私が聞いた話では、1人の人間が活躍する話ではなく、1話1話にて登場、活躍した者達は別人である。

真実は映画より奇なり。
「普通の人、一般の人々はあれもフィクションだと思うでしょ? あの映画の下敷きになっていると考えられる実話やあまり表沙汰にならなかった事件が実際にいくつか存在して、実話の方が映画よりももっとエグイんですよ」

ミナミの帝王 2

いくつか実話の裏話を全て実名で聞かせてもらったが、映画・Vシネマ「ミナミの帝王」の何巻目に該当するか分からなかったが、実は私は観たことがない、実にエグイ話でした(笑)。
日本の世間の裏はこんなにも物騒か!と、最早笑うしかないね。
ただストーリーそのものは漠然と覚えていても、酒も飲んでいたし、私の仕事には全く関係ないので、登場した会社、組名、人名などは具体的に覚えていません。
まあそんな危ない話はリスナーに徹し、その後は忘れた方がいいケースもあるでしょう。

今年は日本の経営者なら誰もが知る人が、どうやってお金を作ったか脱税、その具体的な方法まで聞いてしまったりもして、何かと怪しい持ちネタが急増した年でした。 ああ、お金を作った人、とっくの昔に亡くなっています。

真実は映画より奇なり。
信じる信じないはあなた次第ですが、きちんとした筋からの情報ですと自信をもって綴っておきます。
年末年始、暇な人は、映画・Vシネマ「ミナミの帝王」づくしなんて過ごし方もあります。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


スポンサーサイト

テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

ニトリの工場はどこにある?
家具とインテリアの勝ち組、ホームセンターの雄と言っても過言ではないニトリ。

海外原材料の仕入→現地生産→輸入→店舗販売→商品お届けまで、ほぼ自社で行う小売製造業のニトリは、勝ち組企業として語られることが多い。

過去、数年以上前に営業上でアプローチ出来ないものかと考え、知人である北海道出身の社長が口をきいてくれたのだが「自社で全て行う方針とインドネシアには既に会社があるので」とあっさり断られた。
それは今の私にはどうでも良いことなのだが、ニトリの工場はどこにあるのだろうとずっと疑問であった。
懇意にさせて頂いている社長達からも「ニトリのインドネシア工場はどこにあるの?」と聞かれても、回答できず、どうでも良いことなのだが、少々気がかり事項となっていた。

今晩、私はスマトラ島のメダンに滞在中。

ニトリの工場は、そのスマトラ島のメダン郊外に存在する。
ニトリという名前は使用しておらず、マルミツという名のニトリの子会社として1994年に設立されている。
タンスやチェスト等の家具の生産を行っているようで、日本人駐在員も勤務している。

マルミツ(PT. Marumitsu Indonesia)という会社名なので、気付かない人も多いようだが、スマトラ島のメダン郊外でコストダウンを行える工場経営がなされているようだ。

日系企業のコストダウン努力にはつくづく頭が下がります。

1時間しか寝ずにメダンへやってきたので、私の瞼も重く下がってきました。
1日で仕事が無事終了したので、本日はメダンでゆっくり出来き、夜もジャカルタSohoの寝床で、久しぶりにゆっくり出来そうです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ユニクロのインドネシア進出の噂と検品工場
アパレル大手で勝ち組と言われているユニクロは、インドネシアにも生産拠点を構えるという噂がある。
まあ仮に取引がなくても、そして現状では噂と言えども、アパレル界の勇、ユニクロの動きは各社結構気にしています。

現在ユニクロは中国やベトナムを生産拠点としているようだが、いよいよインドネシアにも進出してくるようです。
賃金の上昇、元の切り上げ、地方(内陸部)での雇用の拡大で沿岸部のブルーカラーの減少など、様々な悪要因が中国内に漂っているため、中国に生産依存していたアパレルメーカーも新天地を目指す動きが加速している。

その新天地としてインドネシアが相応しいかどうかは別にして。
個人的な見解を述べれば、しばらくはメーカーの分野によっては相応しいかもしれない。
しかしながら、仮に今後、賃金・生産コストの低さのみを追い、生産拠点をインドまで伸ばした以降は、中近東、アフリカしかない。 インフラの問題もあれば、船でも輸送コストはかかる。
それでもこれまで数々の問題を解消し、前進してきた日本企業。 デフレ対応の経営でさえ、世界に誇れる経営をしている会社が多数あるのだが、インドネシア以降の前進はこれまでよりかなり厳しい戦いを強いられると思う。

ユニクロはバングラディッシュメーカーとの契約で断られたという話も聞いているのだが、本当なのだろうか?

それはさておいても、日本と言えばコストダウンだけでなく、過剰とも言える品質水準の高さが求められる。
それはユニクロだけでなく、そしてアパレル企業だけでなく、全ての企業に言えるのだが、技術指導を行うだけで、インドネシアのメーカーで日本向けに耐えられる品質を保てるの?と思いになる方もいるかもしれない。
ユニクロなどの勝ち組企業が、中国生産で培ったノウハウは膨大なものもあるだろうが、実はそれだけではない。

中国には多くの検品工場があり、そこで輸出前の品質検査を行うことで、品質の管理が徹底してなされている。

さてインドネシアなのだが、実はこれまでその検品工場が存在していなかった。
検品工場の経営が成り立つだけの、仕事が少なかったとも言える。

大手企業だと集まる情報の量もとてつもなく、その情報が投資判断に役立ったりもすれば、取引先が取引先を呼ぶ(お金がお金を呼ぶ)という流れさえも発生する。 もちろん、イージーな道はなく、そこに行き着くまでには相当な努力が必要とされるのだが、そんなポジションに存在していれば、大きなビジネス展開も視野に入りやすいということです。 お客さんが別のお客さんを呼ぶのです。 繰り返しますが、もちろん信用を得る上で、相当な見えない努力があったりもする世界です。

そんな訳でユニクロは中国に進出している日系の検品工場と組んで、インドネシアにも検品工場を設立しようとする動きもあるのようだ。

既に公に発表されているようだが、別の会社も来年4月、インドネシアに検品工場を立ち上げる予定です。

検品工場が出来るということは、ようやくインドネシアのローカル軽工業分野もこれから中国並みの近代化が進み、更なるコストダウンが進み、陽の目を見るのかもしれないが、別の視点、世界経済状況から判断する限りでは、決して順風満点にいくとは思えない状況が近づいています。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。