インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19日も雪の可能性50% 山梨県は大丈夫か?
陸の孤島となった山梨県各地の様子がネットで確認できるのだが、あまり報道で騒がれていないような気がしている。

記録的降雪で交通遮断、陸の孤島となった山梨県各地の様子

ようやく少しずつニュースになってきているが、日本政府は対策本部を既に設置したのだろうか?

19日、気象庁の予報では東京の雪の確率は50%。

仮に関東圏が同様の予想だと、今から様々なことを想定し、動いていないと、いざ状況が判明し始めた途端、被害は想像以上に悲惨だという事態もありえるのだと思うのだが…。

停電や被害の少ない、そういうことを感じない場所にいる人々でも、14、15日に都心の雪景色を眺めながらソチ・オリンピック観賞を楽しんでいたということはないだろう…たぶん(笑。

美しい国=地球環境とその自然の流れにもある程度は委ねる=自然災害による被害は世界的に増加するし、日本国内においてもすべてはケアーしきれないので、ある程度放置ちます、今後まちゅ、まちゅ。 …そんな感じなのか。

今回現在、山梨県だけでなく、関東地方で雪慣れしておらず、孤立している場所は少なくないのではなかろうか? 孤立というのは大げさでも、流通が止まっている場所は、食品が無くなったら孤島化だろう。

流通が止まっているにも関わらず、19日に雪が再び降ったら、東京はまだしも現在陸の孤島と化している関東圏は今からケアーが必要だが、今の政府の余裕のある感じだと、深刻になる必要はないという判断が働いているか、もう動いているんだろうね、政治的にも行政的にも。

エリートたちが支える国は被害も最少だろうから、私の心配は杞憂に終わるであろう。


今回の関東圏の降雪も気象庁の予想をはるかに超えたようだ。

これまでの経験値、気象予測モデルをベースの予想ではもう予報は厳しくなってくるだろう。

海外の論文は読めて、研究には役立てるのだろうから、世界にはこういう理論もあり、だから予報、予測が厳しいという話を国民に誠意をもってすればいいのになあ。

おそらく来年は今年より激化すると思うよ。



スポンサーサイト

テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

ヤバイ仕事は金になる…?
友人数人、若い衆と、正月明けてしばらくたってから、似たような内容の有難い電話連絡があった。

「ブログの更新がないので、何度も電話しようと思ったんですけど…。 仕事で大当たりがあったら、絶対そちらから電話がある筈なので、これまでも普通に無茶してきたから(喫煙・酒、あるいは行動上?)入院でもしているじゃないかと思っていまして…」

「ブログの更新がなかったので、ちょっと心配して。 仕事関係、色々と奥が深い案件が多いことは聞いていたので、何か相当やばいこと(逮捕とか逃亡か?)にでもなっているんではと勘繰ちゃいましたよ」

・・・・・・・・・・・・・・・おめーら、心配してくれるなら、もっと素早くイージーに連絡してこい。

ヤバイ仕事は金になると世間ではよく言われるが…。
確かに私が近年手掛けている案件は、普通に生きていると、おそらく死ぬまでそんな仕事内容には出会わない人の方がはるかに多いのもしれないが、別に生死にかかわるようなヤバイ仕事ではない。 法に触れてもいないどころか、グレーゾーンでも全くなく、スパイやヤー公が暗躍している世界でもない。 普通にビジネスである。
若干山師的な要素がデカいので、早々、簡単にヒットするものでもない。
しかしながら、アラフィフになったら、世間のことはよく理解出来ているし、仕事の枠や知識、人脈も広がっているので、そういう案件を成立させたいと思うのは、普通の本能だろう。
去年、一昨年もそういう案件を王手寸前に追い込んだ経験が何度もあれば尚更である。
ビジネスに宝くじ同様2等がないのが残念なのだが、それは完全なルールなので致し方あるまい。

友人、知人達の有難い電話。
私のブログは知り合いの一部しか見ていないのだが、ブログをほったらかすと数人の友人、知人には、余計な心配も発生するようである。
う~ん、性格だけでなく、仕事上でも、何か大いに誤解されている部分が多すぎるような気がしてならないが…。 

ヤバイ仕事ではなく、事を成せるかどうかの1年は既に開幕。
まあ心配してくれた方々には、世間が本当はどこで形成されているか、今後も私の考察を楽しめる1年になると思う。
存分に勉強してくれたまえ(笑)!




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

行きたかったねえ、ポール・マッカートニーのライブ
ポール・マッカートニーの来日公演が終了したのだが、ファンにとっては熱冷めやらずといったところで、いまだにその報道も多い。

その報道を目にする度に、「今回は行きたかったねえ、ポール・マッカートニーのライブ」と溜息がでそうになる。

私はどのミュージシャンが、どのバンドが一番好みかと聞かれると、即答でローリングストーンズなのだが、ビートルズも、そしてポール・マッカートニーもストーンズに劣らず、大ファンである。



元々邦楽から入ったのだが、洋楽は中学2年生の時に、自身で購入してみたエルビスプレスリーと友人が教えてくれ購入したビートルズからスタートしている。
ポール・マッカートニーも新譜が出ればいまだに購入するファンである。



ビートルズはもちろん、ジョン・レノンはかなわなかったが、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターのライブは全て会場に足を運んでいる。

2001年に亡くなったジョージ・ハリスンはエリック・クラプトンとの夢の共演で、これまた素晴らしいライブだった。 1991年12月に開催され、このライブは実質的にジョージ・ハリスン最後のライブ・パフォーマンスとなった。

行きたかったねえ、ポール・マッカートニーのライブ 1

これは息子を事故で亡くして落ち込んでいたジョージへのクラプトンの申し入れで、日本だけの公演であり、クラプトンは全面支援。
二人の友情にはパティ・ボイドという女性が絡んでおり(2人の前妻)、ジョージの「サムシング」やクラプトンファンでは知らない者がいない「いとしのレイラ」にインスピレーションを与えたと言われている。



世界中の多くの人が認めるビートルズは偉大なバンドであると陳腐な表現しか出てこない。
71歳になっても創作意欲の尽ずライブをこなすポール・マッカートニーは明らかに天才である。
ビートルズを考える時、曲の美しさや構成ではポールが天才であり、またソロになってからの曲も考えるとジョンは心の揺らぎや叫び、感情という、むしろ音楽にすると不完全になってしまいそうな部分をも赤裸々までに見事に表現できた、やはり天才ジョン・レノンがいて、天賦の才を持っていたジョージの才能までをも開花させたバンドだと私は思っている。
ごちゃごちゃ綴ったが何がいいたいかというと、天才は天才との狭間で更に才能は飛躍し、また天才は天賦の才を持つ者を開花させる可能性を秘めているという点である。

1990年3月3日、ポール・マッカートニーの来日公演。

行きたかったねえ、ポール・マッカートニーのライブ 2

ポールの表情の変化が確認出来る席に、もちろん私はいた。

Band On The Run

The Man
マイケル・ジャクソンとコラボのこの曲、詩は大好きですね。

年齢ゆえに最後の来日公演とも言われていた今回の公演。
「行きたかったねえ、ポール・マッカートニーのライブ」

旅、読書、バァ通い、時々映画だけが趣味だったような気がしていたが、思えば常に音楽と20代が終了する頃までは、ライブにもかなり酔いしれていたことを、ここ数日のポール関連のニュースを見ていて思い出した。



泣いているおっさんがいるのだが、私のような年齢になると分からないでもない。
音楽と共に歩んだ人は曲ごとでその時の想いを思い出したりもする。
泣きはしないが、あんときゃ、○○ちゃんに惚れてたなあなどと、All my lovingを聴くと思い出したりしますね。

今回のポール・マッカートニーの来日公演は逃したが、もう一度ポールのライブにも酔いしれたい。
元気な姿で再び来日して欲しい。



たとえ叶わなくても、彼が遺した音楽は有難いことにいつでも聞ける世の中なので、それだけでも十分幸せなことなのだが。

ビートルズの曲をあえて極力外し、ポールの中でも好きな曲を選択していったら、アルバム最初の曲だらけになって1人笑った。 彼のアルバムは一曲目の掴みの部分はほぼ完璧なつくりの音楽ではずしがないせいかと思いつつ、久しぶりにチリワインではなく、芋焼酎です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:海外音楽 - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。