インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアのウナギ
散々報道されている様に、日本では鰻の価格が高騰し、庶民には手が出しづらいものになってきている。
原因はシラス(稚魚)の不漁である。
アンギラ・ジャポニカ種(ニホンウナギ)は2012年に絶滅危惧種扱いとなり、ワシントン条約の対象になる可能性は高い。

ウナギの生態は非常に不思議で、まだ解明されていない点が非常に多い。
ニホンウナギの場合、マリアナ諸島西方沖が産卵場所と言われている。
海域は限られるようだが、ウナギはアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アフリカなど、世界中に生息している。
そしてインドネシアにも。

インドネシアのウナギ 3

インドネシアにはアンギラ・ビカーラ種が存在し、現在注目を浴びている。
既に一部で報道されもしているので綴るが、人が気が付かないうちに新案件に着手するのも、ビジネスを掴む好機というわけで、大手では丸紅が2009年からインドネシアでウナギの養殖を行っている。

インドネシアの人々はウナギを食べない。
そして小さなウナギならジャカルタ郊外の側溝にも住み付いており、時折、近所の子供達が捕獲しているのを見かけることもある。 遊びで捕獲しているだけで、食用ではない。

インドネシアのウナギ 6

インドネシアには数種類のウナギが生息しているのだが、そのうちのアンギラ・ビカーラ種(インド洋からアフリカ東海岸辺りに生息)がニホンウナギに味とサイズが近いということで現在注目を浴びている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ウナギ稚魚、日中向けの密輸横行 インドネシア規制強化へ

 土用の丑の日を前に東アジア一帯でウナギの稚魚シラスウナギの深刻な不漁が続く中、中国や日本の養殖業者向けの稚魚の密輸がインドネシアで横行、同国政府が規制強化に乗り出すことが20日、海洋・水産省や漁業関係者の話で分かった。

 インドネシアは、ウナギ属7種が生息することなどから「ウナギ発祥の地」とされる。日本で一般的なニホンウナギに味やサイズが近いビカーラ種などが密輸の標的になっている。

 通関・検疫体制が貧弱で規制の緩いインドネシアに狙いをつけ、密輸業者が安価な稚魚を国外に売りさばいている実態が明らかになった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年7月20日 47NEWS

お金になると分かると華人を中心に早速動きが出る。

インドネシアのウナギ 5

インドネシアではウナギの稚魚、シラスが大量に捕獲可能。
関係者は皆知っているだろうが、場所はここでは綴らないでおく。

インドネシアのウナギ 4

おそらくインドネシア華僑の人々は過去からもアンギラ・ビカーラ種を中国に輸出していたと思われる。
ビジネスの世界は情報戦でもあり、そのビジネスに旨みがある場合は口外などしない=人にはばらさないということは鉄則である。

今回の報道は、インドネシア政府による密輸業者の取り締まり強化なのだが、インドネシアの通関・検疫体制もまことに酷い。

インドネシアのウナギ 1

シラスがキロいくらするか、私は知っているが、サプライヤー関連や通関の連中は日本のウナギ相場をしっかり調べており、酷い時は価格や袖の下を吊り上げすぎ、ジャポニカ種(ニホンウナギ)の値段と比較した場合、お話にならないよというケースも往々にしてある。

インドネシアのウナギ 2

マグロ問題の次はウナギ。
食に関わるビジネスは、人の生命に関係するので、上手く行えれば継続性が高く、旨みのある商売である。
それ故に食の争奪戦と水の争奪戦は、地球の自然環境とその生態系が大きく変化を見せる中で、増々激化することが想像に易い。


写真は知人が経営している養殖場とそのウナギ達。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


スポンサーサイト

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

立つネコ
ジャカルタSohoに遊びに来るネコは立つ。

立つネコ 3

こりゃ鉄の彼女だったか?
おめーはイタチか?と突っ込みたくなる。

凄く珍しくはないのだろうが、完璧に立つネコはそんなに多くはいないはずである。

立つネコ 1

まあ、なんつー恰好。
仕事に疲れたら伸びをしましょう。

ウチの前ではもはや緊張感は微塵もない。

立つネコ 2

おい鉄、変なところしゃぶっていると勃っちゃうだろう。
タイトルを「立つネコ」から「勃つネコ」に変更要か・・・。

ナメネコならぬ、勃ちネコ商品が一瞬頭に浮かぶも、そんなもん売れるわけねーか!

昨日2本アップしたし、少々忙しかったので、お察しの通り手抜きです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ゴキブリ 存在意義と家族愛
南国インドネシアはゴキブリ天国。

ジャカルタの中心部は住む人々があまり気付いていないだけで、絶好の棲家である。
大分以前にテベットにオフィスがあり、そのエリアで蚊を駆除する薬を撒いた時は道路がゴキブリの死骸で埋まり、それはそれで圧巻だった。

その時にはアルビノ。 真っ白なゴキブリもみかけ、こいつは縁起がいいのか悪いのか複雑な気持ちになった。

今いるジャカルタ郊外もゴキブリは存在するが、ジャカルタ中心地程ではない。

インドネシアに来てからゴキブリに関して気が付いたことがあった。
それは「ゴキブリは家族で移動するケースが結構ある」ということ。

大雨が降った日など、側溝などに水が溢れ棲家にいられなくなると、ゴキブリは表に出きて、安全な場所を目指そうとする。
その時、一番大きなゴキブリの近くには連れがいることが多く、更には子供がいたりするケースも少なくない。

そんな風景を見かけても、最初は偶然だろうと考えていたのだが、どうもそうではない。
ゴキブリに家族愛が存在するのかは分からないが、移動の際に妻とその子供が僅かに離れた距離に存在する光景を何度も見かけて確信した。
大きなゴキブリがいると、その後に少し小さなゴキブリ、そして子のゴキブリが追随しているケースが少なくないのだ。

ゴキブリ 存在意義と家族愛 2

駆除する人間としては、一網打尽に出来、悪くはないのだが、ジュラシックパークのティラノザウルスの家族愛を思い出してしまい、少々複雑な気分にならないこともない。
ゴキブリは「生きた化石」とも言われ、また古代ギリシャ時代にも記録が残っている。
生命力の強さでも有名だが、放射能に対してはどうなのか、誰か研究しないかと考えてしまう。

くしくも一部の人間の子供への愛情がおかしくなっている時代でもある。
生命誕生の奇跡を考えることもなく、事故を起こしても何も感じない人々も増えているので、世の中がおかしくなるのは当然だろう。
仮にゴキブリに家族愛があると証明されたら、僅かな人間とはいえ、それらはゴキブリに以下になってしまう。

ゴキブリに家族愛あり。
この学説が発表されていない場合、私が日本のファーブルとして名を馳せる日が遠くないのではと思いつつ、Yahoo知恵袋をみてショックを受けた。

ベストアンサーはボディブローの様に後から効いてきそうな結構な衝撃であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
解決済みの質問

ゴキブリに家族愛はあるのでしょうか?


以前電車のホームで見た感じ親子のゴキブリがいました。

男性が子どものゴキブリを踏み潰してしまったのです。
少し遠くにいた母ゴキブリがすぐさま駆け寄ってきました。ショックだったのかもうすぐ電車が来る瞬間にホームから飛び降りました…

少し涙が出ました…


ベストアンサー

あなた何言ってんの?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

質問者の方と酒を酌み交わしたいと思いました。

常識的に考えるとベストアンサーが正しい、大人であるというのが現代社会であることは、私にも理解は出来る。
反面、科学的に証明できていないことの方が、世の中には圧倒的に多いと言う視点が全く無視されている。

地球上に存在するあらゆる生命に無駄はないのか?
あらゆる生命の存在意義は本当に存在するのか?

ゴキブリ 存在意義と家族愛 1

ゴキブリの家族愛に関してはまだ報告がありませんが、偉大なる人間様の研究成果により、この度ゴキブリの存在意義と価値の証明が一歩前進したようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ゴキブリの脳から有望な抗生物質、大腸菌死滅

ゴキブリがヒトを救うのか
ゴキブリの脳がヒトにとって致死性のある細菌を死滅させる天然の抗生物質を作り出すことを発見した、イギリスのノッティンガム大学のサイモン・リー氏の研究チーム。この研究の予備報告は、ノッティンガム大学で2010年9月6~9日に開催された英国総合微生物学会で発表された。

実験室でゴキブリを解剖し、組織と脳を分析し9種類の抗菌性の分子を調べたところメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や大腸菌を殺傷した。
また同様に3種のバッタも細菌を殺す分子を持っていたという。

不潔だからこその抗生物質
ゴキブリなどの昆虫の生息環境は非衛生的で、様々な細菌から身を守るために生命活動を司る脳が抗生物質を分泌すると考えられている。

実際に虫の脳から医薬品が開発されることになるかはまだ先の話だが、この抗生物質をヒトの細胞に付加する実験では有害性は確認されなかったという。

従来の抗生物質に耐性のある細菌による感染から人類を救うのは、日頃不潔な目で見ていたゴキブリの脳なのかもしれない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年7月22日 QLife Pro

時には常識を疑え!

これからの時代はこれまでの常識を覆すようなことが次々に発表されてくるのはないでしょうか?
例え科学的に証明できなくても多くの人が腑に落ちる話や学説も顕在化してくるような気がしています。

インドネシア情報局では「あなた何言ってんの?」系の人を微力ながら影ながら応援します(笑)。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。