インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町
バリ島のシルバーの町というとチュルックになると思うが、ジャワ島のシルバーの町はコタ・グデが有名で、その町はジョグジャカルタの町から車で45分位の場所にある。

ツアー客を受け入れているメーカーもあり、シルバージュエリーの生産工程を見学可能。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 1

日本人もツアーで観光している人はコタ・グデのシルバーメーカーへ連れて行かれる人は多いと思う。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 2

コタ・グデの中でも大手のHSシルバーもその一つで、今年数年ぶりに訪問すると、やはり日本人観光客をチラチラと見かけた。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 3

生産工程を見学後、おみやげでシルバージュエリーはいかがですか?という昔からよくある方法で即売している。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 4

昔ここで少々仕入れをしたことがある。
2階に一般客とは異なるバイヤールームが存在している。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 8

〇十万円レベルの実績を築ける仕入れバイヤーはそちらでの対応になる。
ようするに一般客とはディスカント率が大きく異なるので、隔離した場所でないとまずいからである。

一度実績を築いてしまうと、この後しばらくはミニマムオーダーを満たさなくても、バイヤー用のディスカント率で購入できていた。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 9

その率を知っているので、私はアホらしくて普通に購入する気はまず起きない。
レニーやイタから高級品からバリシルバーまで相当安くいつでも購入できれば、プレゼントしたいと思える人もいないので、尚更触手は動かない。
良く考えると女性が喜びそうなものをいくらでも安く仕入れるルートを豊富に持ちながら、プライベートでほとんど使用したことがない。
ある意味宝の持ち腐れなのかもしれない(笑)。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 5

前回コタ・グデを訪問した時、バイヤー対応時のスタッフと偶然再会。
「よう、まだここにいたんだね。 どうだい、景気は?」と声をかけると
「ヨーロッパ向けのバイヤーが激減しているので輸出は良くないです」と元気がなかった。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 6

確かにシルバーやジュエリーは景気の影響を思いっきり受ける業界であろう。

コタ・グデ ジャワ島のシルバーの町 7

HSシルバーは正面の道路を渡り、右斜めにレストランを所有している。
雰囲気良く食事も結構いけるので、そこのレストランはお勧めである。
ご興味ある方は過去記事「オマ・ドゥウール ジョグジャカルタのレストラン」を参照下さい。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


スポンサーサイト

テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー
ガルーダが遅延することも考慮に入れ、バリ島へは早めのフライトを選択。
こういう時に限って、ガルーダは予定通りにバリ島へ到着。

観光地バリ島のマッサージも悪くはないのだが、いかんせん観光地価格になっており高い。
ジャカルタでいくらでもバリより安いマッサージは楽しめるので、その時はやめにした。

お客さん到着を待つ間「さて、どこへ行くか?」と考えた時、日本の宝飾展示会でよく一緒になるバリのシルバーメーカーのイタを思い出した。
電話をすると「遊びにきて下さいね」と若干拙い日本語がかえってきたので、暇つぶしにイタのシルバージュエリーショップへ。 彼女は結構日本語を知っている。

シルバージュエリーショップ、スアルダナへは初めて訪れたのだが「イタ、お前大金持ちの家の奥さんだったんかい!」というぐらいの広さがあり、びっくり。 通りに面していることも影響しているのだろうが、土地の値段を聞いて更にビックリ。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 1

スアルダナのシルバージュエリーは展示会で必ず一緒で、またレニーの商品同様に、結構な数を私に預けていくので、販売を少々手伝ってあげていることもあり、商品自体は良く知っている。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 2

それでもざっくりとお店の中で商品を見せてもらい、今後どんな感じの商品がいいか、簡単にアドバイス。 あちこちで何度も見学済みなのだが、工房も見学させてもらった。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 3

商品の販売を手伝ってあげていると言っても、ささやかなものだし、私にはボランティアに近く、本業ではない。 バリ人の性格と言ったらいいのだろうか、素直で明るいとってもいい性格をした2児の母なので、来日時にはレニーとともに必ず一度食事に招待してあげている。
それはイタも理解しているので「夜、食事に行きましょうよ」「うちに泊まれば?」と何かと気を遣ってくれた。

「いや、俺、これからお客さんが来るし、もっとハードに働かないとこんな大きな家に住めないからね」というと笑っていた。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 4

スダルハナのお店の隣から裏まで立派な家が建っている。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 5

イタと旦那様、旦那さんのご家族がそちらに住んでいる。

そちらも見学させてもらった。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 6

バリの家らしく神々を祀っており、南国のゆったりたおやかな温かい時が流れているのを感じる空間である。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 7

その後、ジュースと美味しい果物を頂いて、1時間ほど会話して、空港に向かうと調度いい時間になった。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 8

別れ際、持っていって、持っていってというので、頂いたおみやげ。
まだ仕事もスタートしていないのに、持って帰るのが大変な量であった。
与えれば与えられる法則発動だなあと、つくづく思った。

バリ島のジュエリー スアルダナ・シルバー 9

写真はバリ島出張中にいつもお世話になっている運ちゃんへもお裾分けしたあと。
お手伝いさんを含んだジャカルタの友人達へとってもいいおみやげになりました。

名前 Suardana Silver スアルダナ・シルバー
住所 Jl. Raya Celuk Street, Sukawati, Gianyar, Bali, Indonesia
電話 +62-361-298241

場所はバリ島でシルバー工房が並ぶチュルックという場所。
おそらく訪れた方もいらっしゃるでしょうし、これからバリ島へ訪れる方でシルバージュエリーに興味ある方がいらっしゃったら訪問してあげて下さい。

イタから再び商品を預かって欲しいと言われているので、後日、ここで販売するか、お取扱い店を募集するかもしれません。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

白蝶貝の貝殻 輸出先求む
真珠の生産国、インドネシアならではの商材の紹介です。

白蝶貝の貝殻の輸出先を探しています。

白蝶貝の貝殻 輸出先求む 1

白蝶貝の貝殻の大きさは、大きいもので幅18cm。
小さなもので幅15cm。

通常は「ボタン」「ジュエリー」「螺鈿」「かんざし」、最近では「時計の文字盤」などに使用する素材のようです。
私が知らないだけで、他にも用途があるのかもしれません。

白蝶貝の貝殻 輸出先求む 2

この白蝶貝の写真は、貝殻の外側に張り付いた海草やフジツボを取り除いた後の写真で、通常は海草等が付着したまま販売しています。

販売を希望しているのは、現地で真珠の養殖ビジネスを行っている会社です。

白蝶貝の貝殻にご興味ある方は下記にご連絡下さい。

PT. JASIA Daya Creation
info@jasia-daya.com

ブログ上、連絡先は弊社になっていますが、当件において弊社は絡むつもりは全くありません。
お取引をご希望の会社があれば、この商材をお持ちの会社と日本人担当者をご紹介させていただきます。



雑記や単純なインドネシア情報を綴ることが多いですが、たまにはブログ上で、インドネシア商材情報を兼ねて、
弊社PT. JASIA Daya Creationの営業活動も行わせて頂きます。

最近では気分のまま何でもありで綴っているインドネシア情報局。

何故か営業活動を行うと、気のせいかもしれないが、突然その時だけブログの評価が落ちるような気がしないでもない。 確かに面白くないと思う人は少なくないのだろう。

しかしながら、元々インドネシア情報局は、会社の営業活動の一環としてスタートさせているので、めげずに今後もこの手の話も紹介させて頂きます。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。