インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡水の鯛 ティラピア イカン・ニラ
バリの風葬が残る村トルニャン見学後、日が暮れてきました。

バトゥール湖が目の前なので、キンタマー二での夕食は魚だろというわけで、レストラン探し。 目ぼしい場所が湖畔に見つからなかったので、ぺネロカンの外輪山上で魚をうりにしていそうなレストランを探すも、ほとんどの店が店仕舞い状態に突入していた。

良く考えたら景観を楽しみながら食事をするレストランは、ウリになる光景は闇で消え、更に高原地帯なので気温も下がる。 店を開けていても意味のないことは明白であった。
ホテルには立派なレストランが存在していたので、結局そちらで食事をすることにした。

ウエイトレスに「何がお勧め? 魚だろ?」と聞くと
「ここではイカン・ティラピアですね」と返ってきたので、ティラピアを注文。

淡水の鯛 ティラピア イカン・ニラ 4

ティラピアという魚名を聞いたことがなかったため、聞き直すと「イカン・ニラ Ikan Nilaとかイカン・ムジャエルとも呼びますよ」と教えてくれた。
ティラピア=イカン・ニラなら数回口にした記憶があるのだが、あまり記憶にない。

淡水の鯛 ティラピア イカン・ニラ 5

翌日バトゥール山トレッキング後、湖畔で昼食を食べる機会があったのだが、バトゥール湖ではティラピアを養殖している。

写真はバトゥール湖に自然にいるティラピアなのだが、繁殖力が強いのか、養殖しなくてもいくらでも捕獲できそうな感じであった。

淡水の鯛 ティラピア イカン・ニラ 3

Wikipediaなど勉強がてらに読んでみると、ティラピアは元々アフリカ、中近東に分布していたようだが、食用にするために世界各地に導入。 優秀な適応力と臭みがなく美味のため、分布は世界各地に広がったようだが、在来魚を駆逐するということで、生態系の脅威にもなっているようだ。

過去には日本で「姿や味が鯛にそっくりだった」こともあり、いまなら偽装問題で叩かれかねないが、「イズミダイ」という名で販売されていたこともある。 タイも養殖が成功し、価格が下がったので、販売しているのはすっかり見かけなくなったらしい。

タイという名が出たので綴っておくと、「1960年代、タイ王国の食糧事情が厳しいと知った魚類学者でもある皇太子明仁親王(今上天皇)は、タイ国王にティラピアを50尾贈り、「ティラピアの養殖」を提案。 タイ政府はそれを受け、現在、タイでは広くティラピアが食されている。このエピソードにちなみ、タイでは華僑により「仁魚」という漢字があてられている」そうだ。

1973年のバングラディッシュ食糧危機の際も日本政府はティラピアの親魚を50万匹贈呈している。

淡水の鯛 ティラピア イカン・ニラ 2

雑食性で適応力すぐれた淡水魚で、臭みもなく美味。
インドネシアだけでなく、各国の食卓でも喜ばれている。

ただし生態系を壊す可能性が強く、日本では要注意外来生物なのだが、すっかり定着し野良ピアとなってたくましく生きているようだ。

過去に紹介し忘れているか?
ティラピア=イカン・ニラの皮は革になり、私も一時期財布を利用していた。
また私は関連しなかったが、皮だけということで凄まじい数量の引き合いが存在していたことを記憶しているのだが、それは化粧品会社からだった。 皮からコラーゲン?だか、有効成分が取れるような話を聞いたことがある。

ティラピア。
自然界にはそれぞれ意味があり、個々の生態系が成り立っていると考えるので、それを崩すことには賛成出来ないが、今後世界の食糧難を想定するにあたり、活用性が大いに高そうな魚です。

淡水の鯛 ティラピア イカン・ニラ 1

夕食で頂いたティラピアはいうまでもなく、臭みもなく美味でした。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


スポンサーサイト

テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:海外情報

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII
ファタヒラ広場周辺を散策し、一服するかと思ったら時にお勧めの場所は、Cafe Batavia カフェ・バタビア(バタヴィア)である。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 10

カフェ・バタビアに初めて訪問した際は、私の大好きな映画「カサブランカ」の「Rick’s Cafe Americain」に訪問出来たような錯覚がおこり、とても感動した。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 8

私の場合、バァの雰囲気がいいため、近所に存在していると、毎日出没してしまいそうな危険な場所である。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 9

そういえば二十歳頃によく出没し、当時の私よりはるかに年配の人々と知り合い、会話を楽しみ、多くの人々にお世話になったバァは、半円のカウンターをもつバァだった。
いまだに当時知り合った数人の方々とはお付き合いが続いている。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 2
バァは1、2階、両方に存在する。

カフェ・バタビアに最後に行ったのは数年前になってしまうのだが、料理も洗練されていて美味しかった。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 5

その当時は中国系の料理人がおり、チャーハンも中々の味だったと記憶している。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 4

ところ狭しと飾られている写真も中々見物である。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 1

カフェ・バタビア Cafe Bataviaの建物は、1805年に建築開始。
1850年にこの建物は、VOC (Vereenigde Oostindische Compagnie・オランダ東インド会社)のアドミニオフィスとして使用されていた。

1990年にフランス人がギャラリーとして買収。 
1991年にはオーストラリア人が買収し、Cafe Bataviaとして運営することを決定。
1993年に現在のCafe Bataviaのオープンに至った。

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 6

ここは2階に存在する男性トイレが中々ユニークなスタイルである。
自身のイチモツを確認するには調度良い

Cafe Batavia カフェ・バタビア
住所: Jalan Pintu Kecil No.14 Jakarta Kota Jakarta Barat, DKI Jakarta
電話: 021 6915973, 021 6915531

カフェ・バタビア Cafe Batavia ジャカルタ散歩 VII 3

ジャカルタに訪れたらお勧めのカフェである。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

ソトアヤムで確認するブロイラーと地鶏の違い
私の好きなインドネシア料理の中にソトアヤムがある。
何かと出汁に煩い私は、最近はスープを作るにあたり、地鶏を使用させることが多い。

ブロイラーの方が肉は多い。
地鶏=アヤムカンプンはブロイラーと比較し、肉の部分は少ないが、味の濃さや深みが全く異なる。
日本同様にインドネシアでも地鶏は旨い。

地鶏=アヤムカンプンはブロイラーと比較すると日本円で約150~200円程高いだろうか。
近所に綺麗なパサール(市場)が出来て、地鶏はそこで購入することが多い。
生きている地鶏を選択し、その場で食肉にまでしてくれる。
もちろん大きさと毛並みだろうか、大きいサイズの鶏の方が値段は高い。

ソトアヤムで確認するブロイラーと地鶏の違い 3

使用する鶏肉の鮮度の差もあるのかもしれないが、ソトアヤムを作っていて気が付いたことがある。

ブロイラー使用でも地鶏使用でも炊く時間はほぼ同じ。
昼に2時間程炊き、午後に香辛料や生薬を混ぜ、再び炊く。
しばらく寝かし、夕刻に冷蔵庫へしまい冷やして、翌日のお昼や夕刻にソトアヤムを食するケースが私のパターンである。

ブロイラー使用のケースでは冷やしたスープは液体のままである。
しかしながら、地鶏使用のケースでは、冷えた液体は固形、煮こごり状態となっている。
プリンプリンの状態である。
それはそのまま温めると元のソトアヤムスープに戻る。

ソトアヤムで確認するブロイラーと地鶏の違い 1

煮こごりになる。
スープにコラーゲンが豊富な証拠ということだろうか…?

コラーゲンは美肌を作るなんて文句で、ここ数年、日本でもサプリなどが大流行りのようだが、摂取の方法やその分子などでも吸収、効能に差が出るようだ。
コラーゲンは女性には大いに気なるタンパク質の一つのようだが、男の私にはどうでもいい。
おっさんなのにやたら美肌というのも気持ちが悪い気がする。

ソトアヤムで確認するブロイラーと地鶏の違い 2

しかしながら煮こごり状態のソトアヤムスープを見るたびに、ブロイラーより明らかに地鶏の方が、味の濃さや深みだけでなく栄養満点なんだなとほくそ笑みながら、その煮こごりをスープへ戻す作業は幸福感に満ちた時である。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。