インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然素材使用のランプ II
最近日本ではあまりウケないせいか、目にする機会も減った気がするのが、天然素材使用のランプである。
ブログ初期の頃に、天然素材使用のランプというタイトルとともに比較的コテコテな商品写真を載せたのだが、そのパートIIです。

日本人には「へえー」と思えるようなユニークな素材を使用しているのでご紹介です。
日本向けの商材としては難しいでしょう。

天然素材使用のランプ II 2

今年、オーナーと突然地方のホテルのロビーでバッタリ出会い、情報交換もかねてビールで乾杯。
「お客さん連れて遊びに来てよ」と言われたので、時間があった時に顔を出しました。

彼の会社は天然素材使用のランプとテラコッタ中心のメーカーで、主な輸出先は米国です。
ヨーロッパやその他、欧米諸国も不景気の影響をうけ、受注量だけでなく、引き合い量も減ったと話していました。

天然素材使用のランプ II 1

奥様はバティックの店を持ち、夫婦でビジネス展開していますが、インドネシアはそんなケースが非常に多いです。

さてこちら。

天然素材使用のランプ II 3

何やら石を張り付けたような…。

天然素材使用のランプ II 7

ムラピ山が噴火した際の火山石だそうです。
大量の採取でなければ許可もいらないだろうし、材料原価はただということなのだろうか?
軽石のような素材なので、貼り付けが可能。

天然素材使用のランプ II 4

ランプの足部分。
天然素材なのだが、見たことのない実で構成されています。

天然素材使用のランプ II 5

こちらはその木の葉や実を輪切りにしたものを貼っています。

その材料はこちら。

天然素材使用のランプ II 6

マホガニーの実だそうです。

マホガニーは世界三大銘木の一つで、高級家具に使用される木材です。
「えっ、マホガニーって実がなったの?」と知らなかった私はビックリ。

インドネシアの人々は手先が器用なだけでなく、アートに関しては、奇抜で面白いものも多く、非常に高い才能を持っている人も少なくない。 私はその様に感じています。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


スポンサーサイト

テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

ランプ インドネシアのインテリア
日本向けには今一つうけが悪くても、インドネシアのインテリア、とりわけランプは欧米向けには人気がある。

ランプ インドネシアのインテリア 1

日本は「個性あるものが売れる時代」になってから時が立つとはいえ、民族調のモティーフが入ったりすると「何かあか抜けない」と拒否されるケースもいまだに多く、何かと難しいマーケットである。

ランプ インドネシアのインテリア 3
 
OEM商品としてモティーフをとってしまえばいいだけのケースもあったりするのだが、人間とは面白いもので、最初に見た商品のイメージが全て。 そのイメージが頭の中に強く残ると、それをどうするかという発想が出来ない人が非常に多くて興味深い。

ランプ インドネシアのインテリア 2
新聞紙などの紙で制作したランプ。

欧米も然りなのだが、インドネシア調に「アジア」やそこから派生するイメージとして「和らぎ」=「癒し」というものがあると思われ、ランプやインドネシアのインテリアはいまだにそこそこの人気がある。 

ランプ インドネシアのインテリア 4

今、「創業当初の初心を忘れないプロジェクト」と自身で称し、天然素材のバッグ然り(こちらは今年完全に満足出来るところまでやったと自負出来たので、弊社からは別に営業はしていない)、家具をOEMで作らす会社2社とお付き合いを始めさせて頂いている。

ランプ インドネシアのインテリア 5
ジャワの定番となっている金色のシルクが素材。 確かにあか抜けない(笑)

家具関連だとインテリアも関係してくる。
よって再び若干の勉強が必要。 勉強と言っても視察がメインで、継続性がどんなビジネスにも必要である。
見ているだけで、その後の発想やお客さんへの対応なども変わってくる。

ランプ インドネシアのインテリア 6

そんなこともあり、地方出張の際に時間が出来たので、目をつけていたメーカーのショールームを訪問し、見学した一部の商品写真の紹介でした。

ランプ インドネシアのインテリア 7
植木鉢として使用するものだそうです。

ここのメーカーも引っかかっているのかまでは知りませんが、来年インドネシアのランプやインテリア関連は日本の大手小売り○○○さんでも扱う可能性が高いようですね。

ランプ インドネシアのインテリア 8
テラコッタ代わり。 ホテルとかレストラン向けかな。

ホテルのロビーバアで友人と雑談していた時に、偶然数年ぶりにインテリアメーカーの社長と会い会談。
彼のところと雑貨・インテリアメーカー数社に4、5人で視察に来たと話を聞きました。

中国の工賃上昇も然り、また変わったものを少し取り入れて需要の喚起なのでしょう。
苦しい景気状況とはいえ日本企業も各社、見えないところでしっかり企業努力をしています。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

マガジンラックとトレイ 合成皮革の商品
久しぶりのインドネシア商品の紹介です。

合成皮革のマガジンラックとトレイ。

もう6年以上前になるだろうか。
持ち運び可能なマガジンラックをイタリア人デザインで発売し、世界的なヒット商品になりました。
当時は今ほど景気も悪くなかったので、本革を使用していたのを記憶しています。

その商品以降、アイディアを模倣した商品が広がりを見せました。

マガジンラック 合成皮革 1

マガジンラック。
拡大写真でも確認は難しいと思いますが、ステッチがとっても美しいのです。

マガジンラック 合成皮革 2

マガジンラックをわざと寝かせて、真正面から撮った写真。
拡大して頂くとお分かりになると思いますが、中々綺麗な仕上がりです。

マガジンラック 合成皮革 3

こんなスタイルのマガジンラックも中々洒落ていると思います。

マガジンラック 合成皮革 4

写真は数点しか所有していませんが、合成皮革はカラーも楽しめますし、デザインも数種類存在します。

トレイ 合成皮革 1

同様の手法で仕上げるトレイ。
こちらも合成皮革。
このトレイにはインドネシアらしいモティーフが入ってしまっています。

トレイ 合成皮革 2

もちろん一色のすっきりした商品も存在します。

トレイ 合成皮革 3

マガジンラックは似たような商品を、日本でも通販で取り扱っているようです。
良く調べていませんが、おそらく中国製でしょう。

インドネシアにはヨーロッパからの受注が多いです。
まあ値段では中国製には負けるのでしょうが、インドネシアの利点は小ロットの注文でも製作してくれるところです。

マガジンラックは嵩張るので、輸送コストが掛かりますが、他の小物商品と出荷することで、輸送コストを軽減する方法もあります。 その辺は経験がモノをいう世界です。
現在取り寄せサンプル選別を行っている最中なので、この大好きなマガジンラックも検討枠に入れようかと、思いついた次第です。 これもブログを書き続けるの効能か(笑)?!



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。



テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報



プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。